胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん 予後

胃がん予後

胃癌手術後、病理学検査の結果により最終病期が決定します。病期により再発予防のために術後補助化学療法を行う場合があります。術後補助化学療法については、現在のところ治療法 ・適応など確立されていない部分が多いのですが、当科では多くの場合は、外来通院で治療を継続できる経口化学療法剤を選択しています。
 当科では、手術適応、手術方法、補助化学療法までを含め、日本胃癌学会が発行する胃癌治療ガイドラインに則って治療しています。胃癌は病期によって大きな予後の差があります。早期胃癌の予後は極めてよく、IA期の5年生存率(*注)は98.2%、IB期でも96.4%となっています(表-2)。病期が進むにしたがって生存率も低下していますが、一般的な施設の治療成績とほぼ同等の結果でした。最近50例の術後平均在院日数は、幽門側胃切除術で22.4日、胃全摘術で28.7日でした。
*注:5年生存率とは、術後5年経過時点で生存している割合を示しており、亡くなった方の死亡原因は必ずしも胃癌再発による癌死とは限りません。当科での胃切除後の合併症でもっとも多い合併症は創感染で3.8%、つぎに消化管をつないだ部分が漏れる縫合不全で3.0%に認めました。縫合不全を合併した場合、その程度に応じた治療を行います。多くの縫合不全は1〜2週間の絶食、腹腔内ドレナージ等で保存的に軽快しますが、ときに再手術が必要になったり、重症化する場合があります。一般的な施設での縫合不全合併率は5%前後といわれています。表-1に当科での胃癌手術に伴う主な術後合併症発生率を示します。を切除した後は、新しい食物の通り道をつくり直します(再建)。幽門側胃切除術では主に胃と十二指腸をつなぐ(吻合する)ビルロートI法を行います。残った胃が小さい場合や十二指腸との吻合が困難と考えられた場合には、胃がん予後十二指腸を閉鎖し、胃と空腸を吻合するビルロートII法で再建することもあります。胃全摘術では食道と空腸を吻合する 法を行っています。胃がん予後噴門側胃切除術は、食道と残った胃を吻合する方法がとられます。胃癌では胃のみならず、胃周囲のリンパ節に転移している可能性もあるため、予防的にそれらのリンパ節も郭清します。標準的には、胃を養う血管に沿ったリンパ節(2群リンパ節)までを郭清する手術が行われますが、病状により拡大、縮小が考慮されます。胃がん予後
胃癌が胃に連続する臓器(例えば食道)や隣接する臓器(例えば膵臓や大腸)胃がん予後などに及んでいる場合は、それらの周辺臓器を合併切除することがあります。胃切除の範囲は、胃癌の部位と病期(ステージ)によって決められます。胃の出口に近い部位(幽門部)に限局して病巣がある場合は、胃の出口側の 2/3を切除する幽門側胃切除術を行います。病巣が胃の入り口に近い部位(噴門部)胃がん予後にある場合や広範囲な場合は胃を全て切除する胃全摘術を原則としています。噴門部に限局した早期癌には、胃の入り口側の約半分を切除する噴門側胃切除術を施行します。 当科では2004年から、IA・IB期の早期胃癌には、手術侵襲が少なく術後の回復が早い腹腔鏡補助下胃切除術を導入して治療しています。早期胃癌が全体の約半数を占めるようになった今日においても、大半の胃癌では外科療法が最も有効な治療手段となっています。外科療法は、胃がん予後病巣を含めた胃の切除、周辺のリンパ節の徹底的な切除(リンパ節郭清:かくせい)、食べ物の通り道の再建からなっています。肉眼的に完全に癌が切除できる場合に胃の切除、郭清、再建のすべてが行われるものを根治(こんち)胃がん予後手術と呼びます。これに対して、癌が進んでいて根治手術が不可能な場合、主病巣である胃の切除と再建だけを行ったり、狭窄部位にバイパスをつくる手術が行われますが、このような手術は姑息的(こそくてき)手術と呼ばれています。
 胃がん予後図1は過去10年間の当科での胃癌手術症例数を示しています。2000年の病院移転に伴いその前後で症例数が減少していますが、近年は年間およそ50〜60例の切除を行っています。


フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。