胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃潰瘍 胃がん

胃潰瘍胃がん

潰瘍は、ストレスなどの刺激因子で調節機能が乱れ、胃の中の攻撃因子と防御因子のバランスが崩れた時にできます。胃液の中の、塩酸とペプシンの消化力は非常に強く、胃から取り出した、体温程度の胃液の中に、動物の肉を入れておくと、一晩のうちに肉の形はなくなってしまうほどです。しかし、健康な胃では、強力な胃液やペプシンなどの攻撃因子も、胃粘膜の粘液、血流などの防御因子とバランスがとれていて、潰瘍はできません。このバランスが崩れた場合、胃壁は白己消化され、潰瘍になってしまいます。社会の多様化、複雑化がすすむ現代では、多くの方がストレス性の潰瘍に悩まされています。

胃潰瘍の原因

自分の胃液によって、胃・十二指腸の粘膜を自己消化してしまい、部分的に組織の欠損が起きた状態が、胃・十二指腸潰瘍で、消化性潰瘍とも呼ばれています。胃潰瘍は、中年以降に多く、また、十二指腸潰瘍は、青年・壮年に多くみられます。男女差では、男性に多いのが特徴です。

消化性潰瘍と一口にいっても、短期間で治るもの、手術が必要なものなど、程度によって治療の方法は異なります。精神的ストレスが、多くは、その主因であるため、胃・十二指腸潰瘍の治療や再発防止には、医師の指示のもとで、しっかりした治療を受けなければなりません。

最近、欧米ではヘリコバクター菌(Helicobacter pylori)が胃潰瘍や十二指腸潰瘍の再発や悪化に関係があるとされ、その除菌治療が十二指腸潰瘍の再発防止に極めて有効とする報告が数多くなされています。一方、胃潰瘍では除菌と再発防止の関連は十二指腸潰瘍ほどはっきりした成績は得られていません。現在のところわが国ではヘリコバクター除菌の是非についてのコンセンサスは得られていませんが、ヘリコバクターの影響がある症例も現実で、今後の課題でしょう。

ヘリコバクタ-とは?

Helicobacter pylori菌は15年以上前オ-ストラリアの医師により 発見された、胃の強い酸の中で生きられる細菌です。感染経路などはまだ十分理解 されておらず、どこから何を媒介にしているかも証明されていません。 この菌は尿素からアンモニアと炭酸ガスを作り出すために 酸を中和して胃の粘膜にもぐって生きています。そして環境の変化によってはボ-ル のようになって潜むことが出来るのです。(川の水の中で1年以上生きられる) そして胃の中でラセン状に戻り、さらに尻尾に4〜8本の鞭毛 を持つて動き回ります。日本の中高年の75%が感染しているそうです。 感染者の15%が潰瘍を発症するのではと考えられています。

ヘリコバクター・ピロリと病気

慢性胃炎では90%、胃潰瘍、胃癌ではやはり90%前後、十二指腸潰瘍でも90% 陽性率だそうです。

ヘリコバクター・ピロリ陽性の胃炎、胃-十二指腸潰瘍の治療法

まず、H.ピロリの感染を証明するため血液検査で抗体を計る方法があります(血清学的診断)。次に 胃ファイバ-スコ-プで組織を採つたり、それを培養して証明する方法があります。胃潰瘍胃がんでは、H.ピロリをどうやって除菌すればよいのか。欧米でH.ピロリの切り札とされるビスマス剤、メトロニダゾ-ル(抗原虫薬)がともに使えない。 (保険治療で!)その代わりになる薬がプロトンポンプ阻害剤、H2拮抗剤、及び抗生剤(アモキシシリン、クラリスロマイシン)です。これらの2〜3剤を併用することで、80%近くの除菌率が証明されて きました。他にファイバ-スコ-プで直接胃の中に薬剤を入れて洗浄する方法も試されております。 胃潰瘍胃がんところが、保険診療が認められた内服治療ですが、外国の治療法の中には日本では保険が利かない組み合わせのものもあり、いつもながらの行政の立ち遅れが気になります。またH.バクタ-と胃癌との関係もこれから大いに研究されつつあるところです。胃潰瘍には、まだまだストレスや薬剤によるものもあることをお忘れないでください!最後に、治りにくい潰瘍は、患者と医師のインフォ-ムド.コンセントが最重要であることも つけ加えておきます。
胃潰瘍胃がん

胃潰瘍の症状

一般症状・局所症状ともに胃潰瘍に特異的なものはありません。潰瘍の自然歴のなかで、比較的古い、再発を繰り返した潰瘍においては食後の心窩部痛(みぞおちの痛み)、胸やけなどの定型的な症状を示しますが、高齢者では痛みを自覚しない場合もあり、不定愁訴や吐血が初発症状のこともあります。

胃潰瘍の診断胃潰瘍胃がん

図1:活動期(A2 stage)
胃潰瘍胃がん
自覚症状だけでは胃潰瘍の確定診断は出来ませんし、胃癌などでも心窩部痛、胸焼けもありますので、必ず検査が必要です。検査としては胃X線透視と胃内視鏡検査があります。胃透視はバリウムという液体を飲み、レントゲンで潰瘍部のバリウムの溜まり(ニッシェ;影)を見つけます。胃透視だけでの診断には限界がありますので、このように内視鏡の併用が必要です。

図2:慢性退行期(H1 stage)
胃潰瘍胃がん
このように潰瘍縁や周辺の粘膜の不整な状態から,良悪性を鑑別できますし、悪性の可能性が有ればすぐに生検(顕微鏡による病理検査)も行えます。出血を伴う胃潰瘍では内視鏡的な止血術も可能で、胃潰瘍胃がん胃潰瘍の検査には欠かすことは出来ません。初めての方は検査に少し苦痛はありますが、最近の内視鏡は細く、苦痛も減り、最近の電子内視鏡検査では、検査中や検査後にもビデオや写真を見ることが出来ます。胃潰瘍胃がん




フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。