胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん 5 年 生存率

胃がん5年生存率

ある一定の調和を保っています。がん細胞はこのような正常細胞が変化して出て くるもので、からだ全体の調和を無視して無秩序に増え続けるのが第一の特徴です。さら にがん細胞はまわりの正常な組織に侵入したり(浸潤)、血管やリンパ管を通って体のい たるところに定着し、そこで増殖する(転移)性質があります。がんが他の病気と大きく 異なるのはこれらの性質によります。またこれらの浸潤や転移をする性質のため、がんは 悪性の病気であるといえるのです。
 近年、がんの発症には喫煙や食習慣などの生活習慣が関係していることが明らかになり、 これからは従来からのがん検診などに加え、個人の生活習慣の改善がより重要となってき ています。
食物は、がんの危険因子としてもっとも重要と考えられています。とくに、(1)ある種の 食品(例えばワラビ、ソテツの実)は発がん物質を含んでいる、(2)食物自体やその成分に 発がん物質がなくても、それらの成分をもとに体内で発がん物質が合成されるものがある、 (3)高脂肪・低繊維食は、胆汁酸の代謝異常を介して大腸がんを促進する、(4)食塩の摂りす ぎは、胃がんの促進因子となる、などがいわれています。また、ある種の食品はがんを抑 制するという報告もあります。すなわち、β−カロチンやビタミンC、ビタミンEなどの ビタミン類には、発がんを抑制する作用がある、というようなことがいわれています。
がん疫学調査事業によると、本県において、平成10年(概数)では、4,924人が“がん ”に罹っています。この中で一番多いのが、胃がんで1,103 人となっています。胃がん5年生存率
 胃がんは、胃の粘膜から発生し、外側の粘膜層や筋肉層に向かって進行します。“がん ”が粘膜層、粘膜下層だけにとどまっている状態を「早期がん」といい、この時期に発見 し、手術できれば90%以上治癒します。しかし、筋肉層まで“がん”が進行すると「進行 がん」と呼ばれ、生存率は小さくなり、治りにくくなります。
 このようにがん克服に必要なことは、早期発見、早期治療なのです。
胃がん5年生存率
 ・胃がん5年 生存率(昭和60〜平成3年症例)
がん”が発見されたきっかけと、発見された“がん”の状況を、胃がんでみると、自 覚症状によるものより、検診によるものの方が、早期の割合が高くなっています。胃がん5年生存率検診によるものは、早期がんのほかに、比較的治癒しやすい臓器限局型のがんも含める と、約4分の3を占め、早期発見にがん検診が非常に効果があることがわかります。胃がん5年生存率 検診が済んで検査結果が出揃うと、検診機関から医師の所見が添えられた検査結果通知 票が送付されてきます。検査結果で、要精検(精密検査が必要)の指示があった場合、精 密検査(二次検査)を必ず受診しましょう。胃がん5年生存率
 がん検診において、精密検査は“がん”を早期発見するうえで、重要な検査です。この 検査を受けなければ、最初の検診が無駄になってしまいます。検査結果通知票をもらった胃がん5年生存率 らできるだけ早く受診しましょう。


フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。