胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

ピロリ 菌 胃がん

ピロリ菌胃がん

ピロリ菌はヒトなどの胃に生息するらせん型の細菌で、ヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori)のことである。1983年 オーストラリアのロビン・ウォレン(J. Robin Warren)とバリー・マーシャル(Barry J. Marshall)により発見された。その後この二人はピロリ菌の発見により、

 従来から、胃の内部は強酸性のため、細菌が生息できないと考えられていた。しかしピロリ菌はウレアーゼというある種の酵素を産生し、それによって生じたアンモニアで胃酸を中和して、胃へ定着(感染)している。この発見により動物の胃に細菌が生息できることが明らかになった。

 ピロリ菌は、胃の出口付近に生息し、らせん形をしている。また、体長は4マイクロメートル程度で、身体には4〜8本の鞭毛(べんもう)を持ち、これを回転させながら、活発に活動する。

 ピロリ菌への感染により慢性胃炎、胃潰瘍、胃がんなどの発生が報告されている。細菌の中でがんの原因になることが明らかな唯一の病原体である。

ピロリ菌の感染と症状
 もともとは世界中ほとんど全ての人がピロリ菌に感染していたが、先進国では衛生管理の徹底によって、ピロリ菌に感染していない人が増えてきており、2005年には、世界人口の40-50%程度がピロリ菌に感染していると考えられている。

 日本は先進国のなかでもピロリ菌保菌率が高いといわれており、日本人の20歳以下では20%の感染率、50歳以上ではなんと70%が感染しているといわれている。

 ピロリ菌の感染経路はまだ解明されていないが、胃内に定着することから経口感染が考えられている。主に子供の時にピロリ菌に感染している親との濃密な接触(離乳食の口移しなど)や食事を介して感染し、その後一生涯にわたり感染が続いているという説が有力である。

 ピロリ菌はヒトおよびネコに感染することが明らかになっているが、ヒトやネコ以外の動物の胃にもそれぞれ、他のヘリコバクター属細菌が定着していることが知られている。

 また、ピロリ菌は自然環境においては動物の胃内だけで増殖可能で、それ以外の場所では、生きた螺旋菌の形では長時間にわたって生存することは出来ない。しかし、ピロリ菌感染者の糞便中から球菌様の形態に変化したものが分離されることがあり、この形態では増殖はできないものの、一部が再びヒトの体内に入って蘇生する可能性が考えられる。これもピロリ菌の感染に関係している可能性が提唱されている。

 ピロリ菌が、宿主であるヒトの胃に感染した場合、それが初めてのときには急性の胃炎や下痢の症状を起こし、ほとんどの場合はそのまま菌が排除されることなく胃内に定着し、宿主の終生にわたって持続感染を起こす。持続感染したヒトでは萎縮性胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍などの症状がでるリスクが上がる。

 ピロリ菌は国際がん研究機関が発表しているIARC発がん性リスク一覧では、グループI(発がん性がある)に分類されている。ただし症状が現れるのは、保菌者の約3割程度といわれており、残りの7割の人は持続感染しながらも症状が現れない健康保菌者(無症候キャリア)といわれている。
ピロリ菌胃がん
 また、胃炎治療のためにピロリ菌の除菌治療を行った人の一部で食道炎の症状の発生や、それに伴う食道がんのリスクが増加する可能性が報告されており、ピロリ菌胃がんピロリ菌の持続感染は胃がんとは逆に食道がんのリスクを低下させているのではないかという見解もある。しかし、この現象についてはまだ一致した見解が得られていない。ピロリ菌胃がん

 ピロリ菌の検査には、内視鏡による生検組織を必要とする検査と、内視鏡による生検組織を必要としない検査があるが、ここでは後者の検査について述べる。ピロリ菌胃がん

 内視鏡を必要としない検査
●尿素呼気テスト(urea breath test, UBT)
 13C-尿素を含んだ検査薬を内服し、服用前後で呼気に含まれる13C-二酸化炭素の量を比較する。ピロリ菌に感染していると、呼気中の二酸化炭素における13Cの含有量が、非感染時より大きく増加するため、間接的な診断ができる検査。ピロリ菌胃がん

●血中・尿中抗H. pylori IgG抗体検査
 ピロリ菌が感染すると、本菌に対する抗体が患者の血液中に産生される。血液や尿を用いてこの抗体の量を測定し、抗体が高値であればピロリ菌に感染していることを診断出来る。尿を検体とする検査の場合は判定が迅速で20分程度で判定が可能。ピロリ菌胃がん

●便中H. pylori抗原検査
 診断や研究用途に作られたピロリ菌に対する抗体を用いた抗原抗体反応による検査。この抗体が、生きた菌だけでなく死菌なども抗原として認識し、特異的に反応することを利用し、糞便中抗原の有無を判定する。
ピロリ菌胃がん
 ピロリ菌の除菌治療は、慢性の胃炎患者などに対して行われ、良い結果を得ている。除菌治療は胃炎などの症状のある患者に対してのみ行われ、無症候のピロリ菌保菌者に対して行うことはまれである。

 除菌治療では抗生物質2剤と、一過性の胃酸過多による副作用を防止するためのプロトンポンプ阻害薬の併用が標準的である。日本ではピロリ菌の除菌治療に保険が適応されるのは胃潰瘍と十二指腸潰瘍のみで、ピロリ菌保有でも潰瘍のない場合は適応不可。そして、この組み合わせによる除菌の成功率は80%程度とされてきたが、近年耐性菌株が増え、除菌率が低下してきているとの報告もある。副作用は、軟便、下痢、皮疹などであり一般に軽微である。

 一方、食道に対するピロリ菌の生理的意義を考慮する立場から、この細菌が存在することによる健康リスクと存在しないことによる健康リスクを天秤にかけ、人間側の遺伝的特性とピロリ菌の株ごとの遺伝的特性を比較し、リスクを最小限にするような組み合わせで感染を成立させる治療法が提案され、研究されつつある。ピロリ菌胃がん

ピロリ菌と食品、ヨーグルト、lg21
近年、食品によるピロリ菌の除菌効果が確認されている。 発芽3日目のブロッコリースプラウトを2ヶ月間継続して食べた感染者において、胃の中に住むピロリ菌が減少したとの報告がされている。これは、ブロッコリースプラウトに含まれるスルフォラファンに殺菌効果があるためである。 このほか、フコイダンやヨーグルト(LG21乳酸菌)、マヌカハニー、ココアなどでもピロリ菌の抑制が確認されている。



フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。