胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

ピロリ 菌 胃がん

ピロリ菌胃がん

慢性胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃癌・胃MALTリンパ腫は、ヘリコバクタ・ピロリという細菌が関与している病気です。日本人は40歳以上で7〜8割の人の胃内にピロリ菌がいるといわれております。

ピロリ菌がいると慢性胃炎が生じ、胃潰瘍や十二指腸潰瘍は何回でも再発を繰り返すので、一生その病気と付き合っている方が以前は大勢いました。ピロリ菌を除菌すると胃潰瘍や十二指腸潰瘍はほとんど再発しなくなりますので、潰瘍と縁を切る事が可能になります。

またピロリ菌は胃癌の原因の一つと言われていますが、ピロリ菌を除菌する事で胃癌の予防効果があるかどうかは、大規模な研究が行われている最中で、もう少し待たないと結論が出ません。

胃癌の治療をした残りの胃にピロリ菌がいる場合は、除菌をすると胃癌の再発率が減るといわれています。胃MALTリンパ腫はピロリ菌を除菌すると改善する事が多く、最近は手術をせず経過観察となる事が多いようです。

早期胃がんの症例

ピロリ菌の除菌に伴うデメリットは1割の人に胸焼けなどの逆流性食道炎の症状が残る事です。十二指腸炎も発生しますが、一時的でしかも症状が無いので特に問題にはなりません。

除菌に使うペニシリン系の抗生物質で下痢が生じたり、みぞおちの痛みが生ずる事があり、我慢してのんでいると出血性腸炎になる事があります。下痢が生じた場合は、ペニシリン系の抗生物質の量を減らすと、大半の人は2〜3日で下痢が改善してきますが、それでも改善しない場合や、みぞおちがひどく痛む場合は、ペニシリン系の抗生物質だけ中止する必要があります。
ピロリ菌胃がん
胃癌は、スキルス胃癌以外、早期発見・早期治療で治る病気です。癌の死因の一位は、男性は肺癌にその座をあけ渡しましたが、発生頻度は相変わらず胃癌が一位です。
ピロリ菌胃がん
大半の胃癌は治るはずなのに大勢の方が毎年命を落としているのは、胃内視鏡検査で患者さんに苦痛を与え、胃内視鏡検査を受けずらくしている医師にも責任があると考えています。ピロリ菌胃がん

当院の内視鏡検査は苦痛のない検査ですので、胃・大腸内視鏡が必要な時は、是非一度、内視鏡検査を受けてみてください。
今年の9月初め、ピロリ菌胃がん厚生労働省の大規模疫学調査により、ヘリコバクター・ピロリ菌と胃がんとの因果関係が発表されました。厚生労働省では、1990年から15年にわたり、全国の40〜69歳の男女約4万人を追跡調査。それによると、ピロリ菌の感染者は非感染者にくらべ、5.1倍、胃がんになりやすいことがわかりました。また、過去に感染歴のある人の胃がんリスクは10.2倍に上っています。
ピロリ菌胃がん
 ピロリ菌感染があっても、胃がんを発症する人は、ごく一部ですが、なんらかの因果関係があることが濃厚になったといえるでしょう。ピロリ菌は、生活環境の衛生面などの関係から、ピロリ菌胃がん40歳以上に感染者が多く、70%が感染しているともいわれています。あなたがその年齢でなくても、気になるピロリ菌について、知っておきたいものですね。今年の9月初め、厚生労働省の大規模疫学調査により、ヘリコバクター・ピロリ菌と胃がんとの因果関係が発表されました。厚生労働省では、1990年から15年にわたり、全国の40〜69歳の男女約4万人を追跡調査。それによると、ピロリ菌の感染者は非感染者にくらべ、5.1倍、胃がんになりやすいことがわかりました。また、過去に感染歴のある人の胃がんリスクは10.2倍に上っています。ピロリ菌胃がん

ピロリ菌胃がん 


フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。