胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん 治療

胃がん治療


骨は、肺・肝に次いでがんが転移しやすい部位。乳がんや前立腺がんでは65〜75%、肺がんで30〜40%、多発性骨髄腫では95〜100%に骨転移が発生する。
骨転移は骨痛、病的骨折、脊髄圧迫などによる四肢の麻痺を引き起こし、患者さんから普通の生活や治療の意欲を奪う。
「ゾメタ」は幅広い種類のがんの骨転移による骨病変治療薬として適応を有する、日本で初めての治療薬。
ノバルティス )は、本日、既に発売している骨吸収抑制剤「ゾメタ(R)注射液4mg(一般名:ゾレドロン酸水和物)」について、多発性骨髄腫による骨病変および固形がん骨転移による骨病変の治療薬として、新たな適応症の承認を取得しました。
ゾメタは、強力な骨吸収(骨を溶かす)抑制剤である「ビスホスホネート」で、悪性 腫瘍骨転移による骨病変の治療薬として、世界90カ国以上で承認されています。今回の承認によって「ゾメタ」は、乳がんだけでなく、肺がん、腎がん、肝がんなどの幅広い固形がんの骨転移による骨病変、および多発性骨髄腫による骨病変に対する適応症を有する、日本で初めてのビスホスホネートとなりました。
がん細胞が骨に転移すると、骨痛、病的骨折、脊髄圧迫による四肢の麻痺などの骨病変を引き起こし、患者さんのクオリティー・オブ・ライフ(QOL)を著しく低下させることが問題となっています。この骨転移に対する直接的な治療としては、放射線療法、手術療法、薬物(ビスホスホネート)療法が行われます。
しかし日本では、ノバルティス ファーマが発売している骨吸収抑制剤「アレディア注」が、乳がんの溶骨性骨転移の治療薬として承認されているのみで、肺がんや前立腺がんなど幅広いがん種を対象とした骨転移の治療薬として、適応が承認されている薬剤はありませんでした。
「ゾメタ」は、
ノバルティス ファーマの「ゾメタ(R)注射液4mg」
骨は、肺・肝に次いでがんが転移しやすい部位。乳がんや前立腺がんでは65〜75%、肺がんで30〜40%、多発性骨髄腫では95〜100%に骨転移が発生する。
骨転移は骨痛、病的骨折、脊髄圧迫などによる四肢の麻痺を引き起こし、患者さんから普通の生活や治療の意欲を奪う。

胃がん治療
「ゾメタ」は幅広い種類のがんの骨転移による骨病変治療薬として適応を有する、日本で初めての治療薬。

胃がん治療
本日、既に発売している骨吸収抑制剤「ゾメタ(R)注射液4mg(一般名:ゾレドロン酸水和物)」について、多発性骨髄腫による骨病変および固形がん骨転移による骨病変の治療薬として、新たな適応症の承認を取得しました。
ゾメタは、強力な骨吸収(骨を溶かす)抑制剤である「ビスホスホネート」で、悪性 腫瘍骨転移による骨病変の治療薬として、世界90カ国以上で承認されています。今回の承認によって「ゾメタ」は、乳がんだけでなく、肺がん、腎がん、肝がんなどの幅広い固形がんの骨転移による骨病変、および多発性骨髄腫による骨病変に対する適応症を有する、日本で初めてのビスホスホネートとなりました。

胃がん治療
がん細胞が骨に転移すると、骨痛、病的骨折、脊髄圧迫による四肢の麻痺などの骨病変を引き起こし、患者さんのクオリティー・オブ・ライフ(QOL)
ノバルティス ファーマの「ゾメタ(R)注射液4mg」
骨は、肺・肝に次いでがんが転移しやすい部位。乳がんや前立腺がんでは65〜75%、肺がんで30〜40%、多発性骨髄腫では95〜100%に骨転移が発生する。

胃がん治療
骨転移は骨痛、病的骨折、脊髄圧迫などによる四肢の麻痺を引き起こし、患者さんから普通の生活や治療の意欲を奪う。
「ゾメタ」は幅広い種類のがんの骨転移による骨病変治療薬として適応を有する、日本で初めての治療薬。

胃がん治療
は、本日、既に発売している骨吸収抑制剤「ゾメタ(R)注射液4mg(一般名:ゾレドロン酸水和物)」について、多発性骨髄腫による骨病変および固形がん骨転移による骨病変の治療薬として、新たな適応症の承認を取得しました。
ゾメタは、強力な骨吸収(骨を溶かす)抑制剤である「ビスホスホネート」で、悪性 腫瘍骨転移による骨病変の治療薬として、世界90カ国以上で承認されています。今回の承認によって「ゾメタ」は、乳がんだけでなく、肺がん、腎がん、肝がんなどの幅広い固形がんの骨転移による骨病変、および多発性骨髄腫による骨病変に対する適応症を有する、日本で初めてのビスホスホネートとなりました。
胃がん治療

がん細胞が骨に転移すると、骨痛、病的骨折、脊髄圧迫による四肢の麻痺などの骨病変を引き起こし、患者さんのクオリティー・オブ・ライフ(QOL)を著しく低下させることが問題となっています。この骨転移に対する直接的な治療としては、放射線療法、手術療法、薬物(ビスホスホネート)療法が行われます。
胃がん治療

しかし日本では、ノバルティス ファーマが発売している骨吸収抑制剤「アレディア注」が、乳がんの溶骨性骨転移の治療薬として承認されているのみで、肺がんや前立腺がんなど幅広いがん種を対象とした骨転移の治療薬として、適応が承認されている薬剤はありませんでした。
「ゾメタ」は、「アレディア」に優る有用性を示すとともに、15分間という短時間での投与が可能となるため利便性の面でも優れた薬剤として、患者さんのQOLの向上に貢献できることが期待されています。
胃がん治療
を著しく低下させることが問題となっています。この骨転移に対する直接的な治療としては、放射線療法、手術療法、薬物(ビスホスホネート)療法が行われます。
しかし日本では、ノバルティス ファーマが発売している骨吸収抑制剤「アレディア注」が、乳がんの溶骨性骨転移の治療薬として承認されているのみで、肺がんや前立腺がんなど幅広いがん種を対象とした骨転移の治療薬として、適応が承認されている薬剤はありませんでした。
「ゾメタ」は、「アレディア」に優る有用性を示すとともに、15分間という短時間での投与が可能となるため利便性の面でも優れた薬剤として、患者さんのQOLの向上に貢献できることが期待されています。

「アレディア」に優る有用性を示すとともに、15分間という短時間での投与が可能となるため利便性の面でも優れた薬剤として、患者さんのQOLの向上に貢献できることが期待されています。


フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。