胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん 検診 受診 上 注意 事項

胃がん検診受診上注意事項

手術、抗がん剤、放射線治療に次ぐ「第4のがん治療」として注目される「免疫療法」。人間が元来持っている自己の免疫力を科学的に高めてがん細胞を押さえ込もうという治療法で、近年多くの医療機関が導入している。そんな免疫療法のなかでも最近注目されているのが、「樹状細胞」を使った治療法だ。
 がんに対する免疫療法で重要な働きをするのがリンパ球。これは体内に侵入してきたがん細胞などの異物を攻撃して撃退する役割を持つ免疫細胞だ。がん患者のように免疫力の落ちている人はこのリンパ球の数が少なかったり、勢力が衰えているなどの状態にある。
 そこで患者の血液からリンパ球を取り出し、人工培養することで活性化して、再び患者の体内に戻すというのが、がん免疫療法の仕組みだ。
 では「樹状細胞がん免疫療法」は、従来とはどんな点が異なるのか。医師が解説する。
 「リンパ球はすべてのがん細胞を認識できるわけではありません。中には見逃してしまうケースもある。そこで『樹状細胞』に着目して開発されたのがこの治療法です」
 その仕組みとはこうだ。免疫反応を起こさせる“異物”である抗原を取りこんで断片に分割し、他の免疫細胞が認識できるようにする役割を持つのが樹状細胞だが、それに患者自身のがん細胞を食べさせることで患者のがん細胞固有の特徴を認識させる。樹状細胞はリンパ球に指令を出す役割も担っているので、リンパ球には情報が送られ、リンパ球はそれに基づいてピンポイントでがん細胞に集中攻撃をかけることができる。
 狙ったがん細胞だけを攻撃することから別名「特異的免疫療法」とも呼ばれているが、一体どうすればそんなことができるのか。
 「この治療法は、手術などでがん組織を採取しておくことが先決です。つまり、取り出したがん組織を冷凍保存しておき、免疫療法の必要性が生じたときに、その患者自身のがん組織を解凍して使うのです」
 あとは従来の免疫療法と同じで、患者の血液から必要な成分を分離して「樹状細胞ワクチン」をつくり、2週間ごとに皮膚の表面近くに注入する。まれに微熱が出ることがある程度で、ほとんどの患者は副作用らしい症状はない。
 ある程度進んだがんで再発の危険性が高いケースや、すでに転移している可能性がある場合は、将来的な樹状細胞療法を見越してがん組織を保存しておくことも、これからのがん治療におけるひとつの考え方といえる。また、肉眼ではがんがとりきれてはいても、体内に散らばっている微小ながんをたたく、だめ押しの治療にもなり得る。
 「樹状細胞療法をするには、小指の先ほどの大きさのがん組織が必要です。それが不可能な時には、がん組織の代替物を使うこともできますが、制限があるので、やはり自分のがん組織を使うのが理想的です」

胃がん検診受診上注意事項
 これまでの治療ではメラノーマ(悪性黒色腫=皮膚がん)、甲状腺がん、消化器がん、乳がんなどで、全体の約3割の症例でがんの進行を抑制、または小さくなる効果が確認されている。患者の大半が手術不能で、抗がん剤や放射線も効かなかった状態ということを考えると、良好な成績といえよう。

胃がん検診受診上注意事項
 他の免疫療法と同じく保険外の自由診療となるため、1クール(ワクチン5回接種)で147万円の全額が自己負担となるが、「医療廃棄物として処分していたがん組織を苦痛のない治療に役立てて、何よりがんを抑制する効果が期待できるわけで、無駄のない治療といえます」と医師も自信を見せる。
 自分のがん細胞を食べさせた免疫細胞でがんを攻撃する―。SFの世界のような話が、すでに臨床では導入されていることを、知っておいて損はない。

胃がん検診受診上注意事項
食道がんは、胃がんや大腸がんに比べると少ない病気ですが、進行が早く、手術不能のがんが多い
ので、早期発見、早期治療が大きな決め手になります。
食道がんは、先進諸国のなかでは日本に目立って多く、現在でも増加する傾向があります。50〜70代に特に多く、平均年齢は65才前後、女性よりも男性に4〜6倍も多く発生しています。

胃がん検診受診上注意事項
食道がん特有の症状はありませんが、初期には食後に胸にしみる感じがあることが多く、このような症状がある人は早く精密検査を受けるようにします。

【原因・症状】
すべてのがんに共通することですが、明らかな原因はわかっていません。しかし、統計資料によれば、強いアルコール飲料を連用したり、熱い飲食物が好じきな人、喫煙者に発生する頻度が高くなっています。特に男性に食道がんが多い理由として、アルコール飲料の多飲とタバコの影響が最も大きいと指摘している研究者が多いようです。

胃がん検診受診上注意事項
さらに、咽頭がん、喉頭がんなどの頭頚部がんとの合併や、胃切除後に食道がんの発生が多いことが、最近の研究でわかってきました。アルコール類や熱い飲食物は食道粘膜を刺激して炎症を起こしたり、粘膜がはがれやすくなり、このような障害が繰り返されていると、食道粘腺が変性を起こし

胃がん検診受診上注意事項
がんの発生する場所によって多少、症状も異なりますが、食道がんの症状として最も多いのは、食
事の際に胸につかえるような感じがあることです。

胃がん検診受診上注意事項
初めは固形物がときどきつかえる感じがある程度ですが、徐々につかえる感じが多くなり、流動食
も通りにくくなってきます。

胃がん検診受診上注意事項
また、初期に胸にしみる感じや胸やけがあり、精密検査を行って食道がんが発見されることがありますが、全く無症状のこともあります。


フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。