胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

進行 性 胃がん

進行性胃がん

一般には手術による治療が中心です。

早期であれば内視鏡を使って切除できます。

粘膜下組織に浸潤している場合は病変がある腸管を部分切除します。

さらに化学療法や放射線療法を組み合わせます。

肛門部近くに進行した直腸ガンの場合、人工肛門を使用することもありますが、QOL(生活の質)を考慮し、現在ではできるだけ肛門括約筋を残す温存手術が行われています。

 

病 状

腸が腫瘍で細くなってくると便そのものが細くなったり、便秘したりします。さらに体重減少、腹痛、腹部膨満、食欲不信、倦怠感がおこります。

アドバイス

QOLを考える!

さて、今後何を基準に考えていけばよいのでしょうか?それは、QOL(生活の質)をいかに守り、暮らしていくことではないでしょうか。

攻撃的な癌治療から、病人を守るディフェンス的な治療へ、そして癌を休眠させ、最終的に共存共生を行い、癌があってもQOLを下げず暮らしていける生活を基準に治療に当たっていくことと考えます。

肝臓がんの発見

C型、B型肝炎 → 肝硬変 → 肝臓がん  

または、アルコールの多飲者→ 肝硬変 → 肝臓がん、

およそ9割が肝硬変を経て、発症する病気です。

つまり診断時からリスクの高い状態で治療が始まることの多い癌といえます。

■「沈黙の臓器」と呼ばれるほど、障害があってもあまり症状が出ません。

肝炎・肝硬変などによる肝臓の障害としての症状(高熱、黄疸、腹水、しこり)が主なものです。

診断には血液検査、腫瘍マーカー(AFP、PIVKAII)、画像検査として超音波検査、CT検査、MRIなどが用いられます。

治療法

■手術療法

大きく切除可能な臓器であるが肝臓の予備力が問われる。

すでに肝機能の低下が起き、処置に至れないケースが存在します。

■局所療法

原則として、腫瘍の大きさが3cm以下、3個以内の場合。

すでに肝機能の低下が起き、処置に至れないケースが存在します。

■血管カテーテル

手術や局所療法ができない場合、または癌が散在した状態に適応。

しかし、あらかじめ肝炎、肝硬変によって肝機能が低下しているケースも非常に多いです。肝臓の機能が十分でない場合、選択肢は限られてきます。

 

病 状

■自覚症状

肝硬変の症状とほぼ同様、全身倦怠感、易疲労感、食欲不振、やせ、腹痛、微熱など。

進行した場合、肝腫大、腹水、黄疸、体重減少、胃・十二指腸潰瘍からの大量出血

また、リンパ節、肺、骨、副腎などへの転移後は咳、血痰、リンパ節の腫大や、骨痛など

 

アドバイス

QOLを考える!

まずは多くの場合すでに肝硬変が有ることからも、まず、前提として肝機能の維持が大変に重要です。

西洋医学はあくまで病気の治療を目標としており、この維持に役立つ治療の少なさが問題です。

さらにそこへ加わる日本で行われる攻撃的な癌治療とともに、病人を守るディフェンス的な治療を行うこと、そして癌を休眠させ、最終的に共存共生を行い、癌があってもQOLを下げず暮らしていける生活を基準に治療に当たっていくことと考えます。

 

発見が難しく、診断されにくい癌(即ち誤診の多い癌)

膵臓癌の発見には、「黄疸」によるもの「腰痛・腹痛」によるものに大別されます。

「腰痛・腹痛」の場合、胃腸科や整形外科により診察を受け、他の病気と間違えられ、その方面での検査・治療にあたることにより発見が更に遅れることが多い癌です。

■発見されても9割近くが手術の出来ない癌

膵臓癌は上記しましたように非常に見つけ難い癌で、発見された時には、多臓器への転移・浸潤があり9割近くが手術することができない癌です。

■発見時に余命を宣告される癌

膵臓癌は「がんの王様」と呼ばれています。膵臓癌と診断を受けた時、多くの場合余命も宣告されています。一般的に1年以内、転移があれば6ヶ月程度と言われます。

 

治療法

■放射線治療が難しい癌

現状の西洋医学の治療方法は、

(1)手術 (2)放射線 (3)抗癌剤 となります。前記したように手術は多くの方に行うことが出来ません。

残る2つの内、放射線は、膵臓が胃・肝臓等の臓器に隠れた臓器であるために照射が邪魔され、なかなかと効果が上がりません。ただ、手術時に開腹をし、照射を行う直接照射は効果が見られます。

■抗癌剤の効果が表れにくい癌

手術・放射線が難しいとなれば、残る治療は抗癌剤治療になります。

使用される抗癌剤は、ジェムザール、TS-1の単剤や併用で使われます。

ただ、ジェムザール、TS-1にしても有効率は3割程度で、目的も癌の完治と言うよりは、延命を図るためと言えます。 3割程度の有効率に対して6割程度の方に副作用が見られます。副作用が強ければ、先にあげた延命効果も損なわれてしまいます。言い換えれば、癌の進行を抑える抗癌剤治療ではイコール延命にはならないのです。

 

病 状

■転移しやすく、再発率の高い癌

 発見し難いばかりではなく、膵臓は膜が薄く他の臓器に転移・浸潤が多く見られる癌です。また、幸いに手術ができたとしても、再発率の高い癌です。

■その他の病状

癌の進行の早さによる体重の減少・体力の低下、神経の転移による背中の痛み、腰痛・腹痛、胆管の狭窄による黄疸(膵頭部癌に限る)、腹膜播種による腹水などが見られます。

胆嚢がんの発見

50〜60代で近年増加している癌です。

胆のうは他臓器の後ろに位置し非常に発見されにくく、他の病気で胆のうを摘出したあとに発見されることも有ります。4〜7割の高い確率で胆石が確認されます。

他の胆嚢疾患である胆嚢炎や胆石発作などと共通した腹痛、黄疸、腹部腫瘤などが症状として現れます。

診断には、CT、血液検査、MRIERCP、生体病理検査、PTCなどが用いられます。

切除に成功した場合の5年生存率は、

I期90%、II期35〜45%、III期15〜20%、IV期5〜7%程度です。

治療法

■手術療法

切除が基本であり手術不可の4期に対しては化学療法が行われますが、有効性は低いものです。

胆のう嚢摘出術と、リンパ節郭清。さらに癌の進展に合わせ肝臓の部分切除を行い、更に進展した状態では胃、十二指腸、すい臓、大腸の切除も試みます。

 

4期で特に切除不可能な場合、化学療法が検討されますが、あくまで肝機能の維持が前提です。ジェムザールが奏功率わずか17.5%(国内第II相試験)かつ1年生存率25%と、良く効く抗癌剤が無いのが実情です。

  

<strong>進行性胃がん </strong>

病 状

■自覚症状

他の胆嚢疾患である胆嚢炎や胆石発作などと共通した腹痛、黄疸、腹部腫瘤などが症状として現れます。

■転移のルート

リンパ節、肝臓、腹膜など

■その他の症状

黄疸、癌の進行による体重の減少・体力の低下、肝転移による発熱、右わき腹のしこり、背中の痛み、腹膜播種による腹水などが見られます。

 

<strong> 進行性胃がん</strong>

胆管がんの発見

比較的初期から黄疸を伴います。他、尿・便の色の異常、発熱、上腹部や右脇腹の痛み、かゆみ、倦怠感、食欲低下、異常胆道系酵素の上昇で、発見に至ります。

超音波、CTMRIERCPMRCPなどで診断されます。

治療法

 

<strong>進行性胃がん </strong>

■手術療法

体力の低下や何らかの事情で「黄疸への処置が速やかにできない」場合が恐ろしいことです。

1期、2期は切除が基本。診断時に転移が無い確率が5割強と高いため、切除が基本です。

また、周囲の血管に浸潤していても、血管合併切除再建を行って切除可能です。

 

<strong>進行性胃がん </strong>

.4期で特に切除不可能な場合、化学療法が検討されますが、あくまで肝機能の維持が前提です。ジェムザールが奏功率わずか17.5%(国内第II相試験)かつ1年生存率25%と、良く効く抗癌剤が無いのが実情です。

病 状

 

<strong> 進行性胃がん</strong>

■自覚症状

比較的初期から黄疸を伴うため診断は容易とされています。

 

<strong> 進行性胃がん</strong>

■転移のルート

リンパ節(手術時50%確率で発見)、肝臓、腹膜など

 

<strong> 進行性胃がん</strong>

■その他の症状

黄疸、癌の進行による体重の減少・体力の低下、肝転移による発熱、右わき腹のしこり、背中の痛み、腹膜播種による腹水などが見られます。

 

<strong> 進行性胃がん</strong>

黄疸から処置という流れを何度も繰り返すことがあり、その複数回の何れかにおいて、体力の低下や、胆管の詰まりの度合い、他の事情で「黄疸への処置が速やかにできない」場合が恐ろしいことです。



フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。