胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん ステージ

胃がんステージ

で、成人T細胞白血病において、IL-2レセプターα鎖に対する抗体療法によって、一部の症例が完全寛解したというものがあります。また、大腸がん細胞由来のがん抗原に対するモノクローナル抗体(17-1A)を用いた、大腸がんおよび膵臓(すいぞう)がんの治療例も報告されています。そして、大腸がん手術後の補助療法として有効であったとの報告もあります。最近、がん遺伝子の1つであるErb-B2に対するモノクローナル抗体を用いた臨床応用がはじまり、注目されています。わが国でも、臨床試験が現在進行中です。
[
副作用、問題点]
モノクローナル抗体は、全身投与すると肝臓などの臓器に集積し、がん組織への特異的な集積の低下が認められています。また、モノクローナル抗体はマウスなどの動物を使って作製されるので、これを患者さんに投与すると、異種由来のモノクローナル抗体に対する患者さん自身の抗体(ヒト抗マウス抗体)が産生されてしまいます。
2回目以降の投与ではモノクローナル抗体が体内から除去されやすくなるために効果が激減したり、アナフィラキシーショック(異種のタンパクを投与することによるショック症状)が起こる可能性がある等の問題点があります。そこで、ヒト型抗体の作製などの試みがなされています。
近年、遺伝子治療が難治性疾患に対する新たな治療法として、注目を浴びてきています。
免疫療法の分野でも、抗がん免疫にかかわる遺伝子を用いて抗がん免疫を誘導、増強することを目的とした研究が盛んに行われ、欧米ではすでに臨床応用も開始されています。ここでは、欧米における免疫遺伝子治療の現状を紹介します。
現在までに、研究および臨床に応用されている免疫遺伝子治療は、大きく2つに分けられます。1つは、抗がん活性を持つリンパ球に、その効果を高める遺伝子を導入して生体内に戻す受動免疫強化療法です。 もう1つは、がん細胞にサイトカインなどの遺伝子を導入したり、がん特異的抗原の遺伝子を正常細胞に導入して、がん抗原特異的な免疫を誘導するワクチン療法です。
1」受動免疫強化療法
最近は若い世代を中心に子宮体がんが全体の45%ほどを占める様になってきています。子宮頸がんは、検診を行えば肉眼で確認できるので、見逃しはまずありません。また、子宮体がんは子宮空内の細胞を採取して検査をします。「わずか数分で終わり、痛みはほとんどない」ので、シンプルな検査です。
子宮がんは、初期の自覚症状がほとんどないので、早めの検診が大切です。子宮がん検診実施医療機関の認定を受けた京都八幡病院で、定期的な検診を心がけてください。子宮がんとは子宮がんは、「がん」が発生する部位より「子宮頸部がん」と「子宮体部がん」とに区別され、両者は好発年齢、発生原因、臨床症状、組織像や治療内容が異なるため区別して取り扱う疾患となっています。子宮頸部がん(頸がん)[ 発生原因 ]現在は、性交渉によりヒト乳頭腫ウイルス(human papillomavirus:HPV)の感染が引き金になるとされています。そのウイルスの遺伝子型(タイプ)100以上あり、子宮頸がんに関連しているのは(高危険群)16型、18型、31型などが考えられています。子宮頸部腫瘍(異形成、上皮内癌、浸潤癌)では、ほぼ全員がHPVに感染していると考えられています。しかし、感染しても全員が発癌するのではなく、免疫状態の低下などによってもたらされることが指摘されています。[ 年齢 ]このHPV感染は、性行為によって引き起こされ、初交年齢が早い場合や、複数・多数の男性との性交渉により「がん」になる危険性が高くなるとされています。このため、最近では若年者(20歳代から)で発見される人が増加しています。初期がんでは「無症状」ですが、病気が進行するに従って「性交後出血」、「不正出血」、「持続的出血」、「多量出血」となります。子宮頸癌は、異形成上皮(軽度→中等度→高度)→上皮内癌→浸潤癌と進行していくことが知られています。(1) 異形成上皮軽度異形成では、大部分が将来消失してしまうと考えられています。高度異形成は、将来3/4は治癒しますが、上皮内癌へ進行が約12.2%、持続が8.1%、浸潤癌へは4.8%が進展するとされています。また、円錐切除により多数標本を作製して観察すると上皮内癌が発見される場合があります。このため、高度異形成の段階になればループ電極切除あるしは円錐切除術で病理組織の確認を推奨します。(2) 0期(上皮内癌)この段階では、「がん」がまだ皮下組織に浸潤が始まっていないため、転移はなく初期癌とされています。妊娠中に上皮内癌と診断された場合には、分娩が終了した後にループ電極切除あるいは円錐切除術を行います。(3) 浸潤癌I期:子宮頸部に限局 Ia1: 深さ3 mm、縦 7 mm 微小浸潤癌で、この段階で脈管侵襲がなければ子宮温存手術が可能 Ia2: 深さ5 mm、縦 7 mm 子宮を残すことは困難で、広汎子宮全摘、あるいは放射線療法が適応となります。挙児希望では広汎頸部切除術の選択もあります。1) 細胞診子宮頸部で、「がん」の好発部位より直接細胞を擦過して行う方法です。a. 採取法 (a)ヘラ、綿棒(自己採取は、初期がんの発見には不適当です) b. 細胞診断:クラス分類 (a). III:正常 (b). IIIaIIIb:軽度/高度異形成 (c). IV:上皮内癌 (d). V:浸潤癌
(2) コルポ診(拡大鏡観察)820倍の拡大初期がんは肉眼では診断できないので、必ずコルポ診で観察し組織診が行われます。専門的な検査法です。
(3) 組織診最終的な診断法で、コルポ診で病変より採取し治療方針が決まります。手術療法、放射線療法、化学療法が中心となります。
(1) 手術療法a. ループ電極切徐 ループ状の電極で病変を切除する方法で、高度異形成、上皮内癌が適応となり、局所麻酔で行い、子宮は温存されます。病変が狭い場合が適応で、将来に妊娠・出産を希望される人には適応となり、術後の妊娠経過も良好です。 b. レーザ蒸散 レーザーで病変組織を気化・蒸散し消失する方法です。診断のための組織が残らないため、当科では行っていません。 c. 子宮頸部円錐切徐:レザ 子宮
して、この例ではここに病変がありますので、ここの組織を採取して病理検査にまわします。(スライド
41 こういう感じでがんができます。子宮体がんの場合見つけるのがなかなか困難ですので、右図のように少し進んだ状態で見つかることが多い。子宮の筋肉の二分の一より少ない浸潤であれば初期がんと言えますが、右の症例のように子宮の壁の半分以上を超えているとやはり転移や骨盤への広がりなどを考えなければなりません。(スライド42 実際の組織は、分泌腺を形成する細胞はそのままですが、ほとんど間質が認められない、腫瘍細胞ばかりの塊になっています。 (スライド43 本題の子宮頸がんの検診の話に戻ります。死亡率が上がっている、受診者が固定化されてなかなか若い方に来てくれない、実際に若い方や新しく初めて受診された方にがんの発見率が高いという現状に加えて、子宮頸がんの原因としてウィルス感染が言われています。ヒトパピローマウィルス(HPV)の感染がほぼ100%原因となっていることが近年わかってきました。そこで感染しているかどうかの検査も大事ではないかという話になってきています。 (スライド44 若年者の罹患率、死亡率が増加しているので、若い人になんとか来てほしい。HPVの感染を考えた場合、30歳以上の方に検診したのでは遅いのではないか。このウィルスは性交で感染することが一番多いので、そこを考えると30歳以上というのはどうも不十分ではないか。(スライド45 そこで一昨年の4月、厚生労働省から子宮がん検診の対象を20歳以上に引き下げ、その代わり2年に1回、検診の内容は今までどおりやってくださいという通達がありました。医者の立場から言えば、20歳以上というのは大いに結構なのですが、2年間隔には問題があります。厚労省が2年間隔とした理由として外国のデータを根拠にしていますが、一番簡単な理由は公的な費用の問題でしょう。経済的な理由からそのデータを持ち出したと僕は思っています。外国の受診率は5080%くらいと非常に高く、そういう地域では2年間隔でそれほど不備はありませんが、厚労省はそれをそのまま日本に当てはめています。日本では20%くらいしか受診率がありませんので2年間隔にはだいぶ無理があります。(スライド46 いずれにせよ、20歳以上が対象になりました。1995年以降がん死亡率がふえています、若い人で上皮内がんの発生もふえています。上皮内がんあるいは前がん状態で発見できれば、円錐切除することで子宮を温存したままほぼ100%の治癒率で治療できます。若い人の治療では子どもが将来産めるかどうかは非常に大きな問題です。上皮内がん、前がん病変でとらえて円錐切除することで子どもを産むことができる治療が可能になるというのに大きな意義があります。特に若い人にはがん検診に来てほしいと願っています。(スライド47 実際のデータをお示しします。2004年4月から2005年3月までの1年間、京都府で地方自治体が行うがん検診を受けた方は6万2171人です。受ける対象人口は763982人ですから、受診率はわずか8.1%でした。そのうち68名にがんが発見され、発見率は0.11%です。平均的なパーセントだと思います。我が八幡市の対象人口は14340人、自治体による公的ながん検診を受けた方が1623人、受診率は11.3%。1名にがんが見つかっています。発見率は0.06%。この方は0期の上皮内がんでした。(スライド48 見つかった68人の内訳をみると、不明な方、分類していない方もいますが、51人がIA期までの初期がん、II期が4人、IV期が1人います。がん検診は症状がない方を対象にしていますので、それでも進行がんが見つかるということですね。そういう意味でも医者のほうでは1年に1回の受診をお勧めしています。厚労省は去年2年に1回と言いました。 (スライド49 実際にがんが見つかった人の受診歴をみると、初めて検診を受けた方または3年あるいはそれ以上の間検診を受けていなかった方にがんが多く発見されています。Ia期までを初期がんとすると、Ia期が8名いるのは仕方ないとして、去年受けて1年しか間があいてないのにII期の方が2人います。では毎年受けてもいっしょかという話にもなりますが、このお二人を詳しく調べてみると、ちょっと見つけにくい頸部腺がんで、診断が困難な子宮頸がんの一種でした。 (スライド50 原因としてほぼ100%、HPV感染によるもので、HPVは性行為によって誰にでも感染する可能性があります。 (スライド51 十代後半から20代の初交後数年以内に子宮頸部にほとんどの人が見ると、子宮と、子宮の前に膀胱があり後ろに腸があります。このような位置にあります。 (スライド8) 子宮をもう少し拡大してみると、子宮本体があり、その前に膀胱、両側に卵巣と卵管があります。こういう形をした、もちろん女性特有の臓器です。(スライド9) 子宮がんとはどんなものでしょうか。子宮がんは子宮に悪性のできものができ、それが広がるという病気です。大きく分けて、子宮頸部(子宮の入り口)にできるものと子宮体部にできるものの2つに分けることができます。子宮頸部にできるがんが多く、それをさらに2つに分けて、子宮頸部の外にできるのが扁平上皮がん、中にできるのが腺がんです。普通子宮がん検診と一言でいった場合には子宮頸がんの検診を指します。体がんは検診では発見が難しい。きょうお話しする子宮がん検診の対象は主に子宮頸がんです。子宮がん検診は1960年代から始まり、1983年に老人保険法という法律によって国の事業として推進されるようになり、現在は地
方自治体の事業として行われています。先程も言いましたように、
1996年から少しずつがんの死亡者数がふえている理由には、受診者数が非常に少ない、また受診者が固定化してその人からがんが見つからないという現状があり、他の国に比べて受診率が非常に悪い。日本全体では受診対象者の20%かそれ以下です。諸外国では5割くらいで、台帳がきちんとできている国では8割くらいの受診者がいます。それに比べると受診率が低いことが日本のがん検診の大きな問題です。 (スライド11 これまでのがん検診は細胞診で、対象は30歳以上の女性、1年間隔で、終了年齢に上限はありません。1960年以来ずっとこういう形でがん検診
が進められてきました。(スライド
12 どういうふうにしてがん検診をするかというと、まず子宮頸部の細胞を採ってきて顕微鏡でがん細胞があるかどうかを調べる細胞診です。それと同時に婦人科の診察をして、例えば子宮筋腫や卵巣腫瘍ができていないかどうか、その検査も併せて行います。細胞の検査で引っかかった場合にはコルポスコープを使って子宮の入り口を8倍から10倍に拡大して診ます。そこで異常が認められるとその組織を切り取って病理検査をし、それよって確定診断をつけます。その手順で行っています。  病理検査をして診断をつけますが、コルポスコープ下で検査用に子宮口の組織全体を切り取るような円錐切
除で治療を兼ねることもあります。つまり前がん病変または浸潤のない0期のがんの場合、あやしいところを全周、
360度を切り取ることで検査用の組織を採ることと治療を兼ねることができる場合も非常に多い。円錐切除については後でもう一度話をいたします。子宮がん検診、主に頸がん検診については細胞診による検査が行われてきました。なぜ細胞診かというと、診断精度が非常に高く9割から9割5分程度の診断精度ががんを切り取ります。カメラによる手術で開腹は必要ありませんが,術後5070%に膀胱の中に再発が認められます。再発予防として,抗癌剤やBCGを膀胱内に注入することがあります。
浸潤性膀胱がんに対しては膀胱全摘除術を行います。膀胱がなくなるので尿流の確保のため尿路変更術が必要になります。尿路変更術としては小腸の一部を利用した回腸導管が一般的です。手術後には臍の右側にストーマができ,採尿バックを貼り付けます。症例によっては尿道から自然排尿が可能な自排尿型代用膀胱を選択することもできます。ストーマがなく術後の不都合が少ない術式として注目されています。
表在性膀胱がんがただちに命にかかわることはありませんが,半数以上の方で膀胱の中に再発します。また,1020%に浸潤性膀胱がんへの進行が認められます。いったん治療がうまく行っても定期的な膀胱鏡検査が必要です。
浸潤性膀胱がんに対して膀胱全摘除術を施行した場合の5年生存率は約60%です。抗がん剤+放射線療法では治療がうまくいけば膀胱を残すことができますが膀胱全摘除術に比べ成績はやや劣ります。転移のある膀胱がんに対しては抗がん剤を中心とした治療が行なわれますが成績はよくありません。
膀胱がんは表在性のうちに発見すれば命にかかわることはまずありません。なにより早期発見が大切です。目で見て赤いオシッコに気づいたとき,健診で血尿を指摘された場合にはすぐに泌尿器科を受診して下さい。 放射線療法では、IMRT(強度変調放射線治療)、重粒子線治療、小線源治療といった、新しい治療法も行なわれるようになってきています。
ところで、膀胱癌の治療法は、自分の家系に膀胱癌の治療法の人がいる場合、その人も膀胱癌の治療法にかかるリスクが高くなることが知られています。
膀胱癌の治療法は、初期の頃は自覚症状が全くありません。それゆえ、早期発見のためには、定期検診をきちんと受けることが大切になります。「がん」とは、精神疾患のうち、重度のストレス障害に分類されるものの一つです。
抗がん剤には副作用が強いという欠点があり、脱毛、吐き気、食欲不振、便秘、さらには肝機能障害や心障害といった症状が起こってきます。.診断時から4期に相当する癌
他のがんと異なり、診断したときから全身に拡がっているので、4期に相当します。
したがって、進行による転移という表現はしません。
.その他の病状
血液の異常細胞の増加、正常細胞の低下による症状。抗がん剤による副作用
貧血、出血、感染症、全身疼痛、肝障害、腎障害、消化器障害、心筋障害、皮膚・粘膜障害など
移植による副作用
生着不全。免疫不全
表皮や真皮などの細胞に発声するガンです。
40歳代以上から発生率が高くなり、70歳代くらいでピークになります。
主に顔など、露出している皮膚によく発生します。
皮膚ガンには有棘細胞ガン、基底細胞ガン、悪性黒色腫(メラノーマ)、ページェット病などの種類があります。
手術でガンを取り除く方法が中心
その際には実際のガンより大きく、深く取り除くことが必要なので皮膚移植が行われることも少なくありません。
またレーザー照射治療や、放射線療法、化学療法なども行われます。
悪性度が高く、化学療法と切除手術を行います。特に小児では化学療法の効果が高いため、比較的長期にわたり化学療法を行って2期以降では、摂食障害が起きやすく、手術後も通過障害や、食欲不振、出血などが継続される場合があります。
スキルス胃がんでは、抗がん剤での副作用が強く出やすいため、吐き気、食欲不振が継続され、飲食が不可能になり、著しく体力が低下することが多くなります。
転移の大多数が腹腔内
早期がんの場合でも、リンパ節転移が起こりますが、手術によって切除可能です。
進行がんでは、腹膜転移(腹膜播種)や肝転移がみられます。
転移のルートの高い検査はできません。また、レントゲンや内視鏡ができる状態でない腸閉塞状態でも、CT検査で腫瘍の状態を把握することがCTはリンパ節転移やがんの周辺への進展の有無を確認するために施行されます。MRIでは前立腺内でがんが存在している場所や前立腺内にがんがとどまっているか、あるいは前立腺外への進展がないか、精嚢への浸潤がないか、など特に治療として手術療法が考慮される場合には有用な情報が得られます。ただ全例に必要というわけではなく、専門医は状況を判断して必要な場合にどちらか、あるいは両方の検査を指示します。
骨シンチでは骨に異常がある場合には集積が強く描出されます。集積の度合いやそのかたよりなどにより骨転移があるかどうかを判定します。
4.病期(ステ−ジ)
触診所見、画像診断の結果などから前立腺がんの病期は決定されますが、前立腺がんの分類は複雑です。これは前立腺肥大症として手術が行われ、その結果、前立腺がんが認められた場合も含めて分類するためです。
またPSA検査の普及にともない、触診あるいは画像検査などで特別がんを疑う所見がなかったにもかかわらず、PSA値の異常を認めたため生検を施行し、その結果がんを認めた場合をどのように分類するかということが必要となりました。
現在の分類では、前立腺がんを疑って検査を受けると、T1c以上の病期と分類され、前立腺がんを疑わず結果的に前立腺がんが発見された場合にはT1a.bと分類されます。PSA値の異常のみで生検を実施し、がんが検出された場合はT1cと分類されます。T2以上は触診、あるいは画像で異常があった場合の分類となります。
ともいうべき器官でもあります。乳房には乳腺と呼ばれる腺組織と周囲の脂肪組織が存在します。乳腺組織は15から20の「腺葉」に、各腺葉は「小葉」と呼ばれる部分に枝分かれし、小葉は乳汁を分泌する小さな「腺房」が集まってできています。各腺葉には乳管と呼ばれる細い管が1本ずつ出ていて、小葉や腺房と連絡しあいながら乳頭(乳首)に到達します。
乳癌はこの乳腺を構成している乳管や小葉の内腔の細胞から発生して、しだいに乳管や小葉を越えて増大していきます。癌細胞が乳管の中や小葉の中にとどまっているものを非浸潤癌、乳管や小葉を越えて外に出ているものを浸潤癌とよびます。この他癌が乳頭で湿疹様に広るパジェット病があります。この乳癌についてこれから説明していきます。
1. 2.
乳癌の疑いと言われた方へ   
A
乳癌が疑われる契機
 乳癌が疑われる契機としては、乳房にしこりがあるという症状が大半です。それから、乳頭から分泌物がでる場合、そして最近では乳癌検診によって異常を指摘される場合も増えてきています。ただしこのような症状があるから必ず乳癌ということではなく、良性疾患が原因であることも少なくありません。良性の場合は多くの場合経過観察のみで治療対象とはなりません。ですからこのような症状があった場合には、あるいは検
診で精査を指示された場合には、必要以上に深刻にならずに、まず専門医の診察を受け、適切な診断処置をうけるようにして3) 扁桃のラジオ波凝固手術とレーザー手術の違い、治療効果期間
を教えていただきたく、お願い申し上げます。
質問B:のどの違和感とラジオ波凝固治療


胃がんステージ

これらの副作用のうち、最も頻繁に現れる副作用は、(
1)吐き気、(2)脱毛、(3)白血球減少の3つですが、副作用の起こりやすさは抗がん剤の種類によっても違いますし、また個人差もかなりあります。

胃がんステージ


2)副作用を知ることについて

副作用には自覚症状の無いものもあります。抗がん剤治療を行っている間は、尿や血液などの定期検査を実施して、目に見えない副作用の早期発見に努めます。


胃がんステージ

あらかじめ予想される副作用を知り、対策をたてておくことで、心の準備ができ、過剰な不安を取り除けます。

また副作用の予防ができますし、実際に副作用が起こったときにも、早く適切に対処できるので症状が重くなるのを防げます。


胃がんステージ

副作用の予防については、患者さん自身が生活上注意したり工夫したりすることで、十分に効果を上げられるものも多くあります。また、抗がん剤の特徴にあわせ、副作用を少なくす

るための薬がいろいろと研究・開発され、実際の診療で用いられています。

胃がんステージ


ワンポイントアドバイス

医師に伝え忘れたことはありませんか?

胃がんステージ


次のような方は医師にあらかじめ伝えておきましょう。薬や食べ物に対してアレルギーのある方

妊娠中、授乳中の方 これから子供をつくろうと思っている方(女性も男性も)

胃がんステージ


すでに薬を使っている方(他の診療科や病院でもらった薬、薬局で買った薬を飲んでいる方

民間療法や健康食品を利用されている方 今までに薬による副作用を経験したことのある方

胃がんステージ


今までに放射線治療や化学療法を受けたことのある方

造血系がんである白血病に対し、細胞表面抗原に対する抗体療法が行われています。その中の報告  


胃がん ステージ

胃がんステージ

卵巣がんは抗癌剤の効果が期待しやすい癌です。早期の場合などでリンパ節に転移がありそうな場合、抗がん剤を投与することにより、手術の規模を縮小することが出来ます。4期のがんでも抗がん剤で縮小してから、手術を行う事があります。術後補助療法として、抗がん剤の投与が行われます。こうした治療を行っても、5年生存率は、1期が80%、2期が60%、3期が30%、4期は10%とかなり厳しい状況であると言われています。 自覚症状自覚症状に乏しく、発見されたときにはすでに、リンパや腹膜播種などである場合が多いがんです。転移のルート卵巣がんのうちの上皮がんは腹膜に転移し、そこから肝臓の表面や大網に広がります。主な転移先肝臓 大腸その他の症状癌の進行による体重の減少・体力の低下、神経の転移による背中の痛み、腰痛・腹痛、腹膜播種による腹水などが見られます。子宮体がんは6割が1期、子宮頸がんは4〜5割が0期で発見されます。子宮体がんは褐色のオリモノがでたり、下着の汚れで気づく事が多いがん不正出血で発見された場合でも子宮体がんの65%が1期で発見されます。子宮頸がんにみられる特徴的な症状に、性交時の子宮膣部への刺激による出血があります。日本では、子宮がんの約80%が子宮頸がんです子宮がんは胃がん、乳がんに次いで多いがんですが、死亡率は年々下がっています。子宮がんは早期の段階で発見されれば、ほとんどが治ります。子宮がんが徐々に増加してくる30歳を過ぎた頃からは、年に1回子宮がんの検査を受けることがとても重要です。 手術が基本です一般には、できるかぎり手術を行って、病巣を摘出する根治的治療法がとられます。この目的のために手術療法と放射線療法を併用する場合もあります。手術が出来ないほど、がんが進行している場合や、重い合併症があったり、高齢者などで手術に耐えられないと診断された場合には、放射線療法が主体となります。化学療法は、現段階では補助的な治療法と考えられており、とくに手術の出来ないW期などの進行例や再発例に対して延命を期待して行われます。 放射線治療 放射線治療は、いずれかのがんに対しても行われます。とくに子宮頸がんの大部分を占める扁平上皮がんには放射線が良く効きます。 採取する生検(せいけん、バイオプシー)が行われます。脳腫瘍という病気は、様々な種類の腫瘍の集まりであり、その種類によって治療法や予後が異なることから、理解の難しい腫瘍といえます。脳という精緻な臓器に発生するために、発生場所のわずかな違いにより全く異なった症状を呈することも理解を一層困難にしています。脳腫瘍についての全般的な知識を述べるとともに、今回のシンポジウムがどのように構成されているかの全体像を示し、「こどもの脳腫瘍」に関する理解を深めていただきます。そのうえで、自然な肛門の機能をつかさどるのに重要な役割を有する陰部神経を縫合した骨格筋によって、新しく肛門括約筋を作り、肛門のあった部位に新たに肛門を作ります。  この手術法は国内外の学会や学術誌で情報公開していますが、現在のところ、われわれだけが行いうる手術法です。(欧米の教科書でも紹介されています)  直腸癌の切除に関して、医師も患者も、悩みながら手術法を決定します。なぜでしょうか。  それは、直腸が大切な働きをしているためです。  大腸癌や直腸癌を治すためには、癌(ガン)をふくめて周囲の組織をいっしょにとる必要があります。大腸癌細胞・直腸癌細胞が目に見えない形で、周りに散らばっていることが、いくつもの研究で明らかになっているからです。つまり、治すためには、癌(ガン)だけくりぬくようなことはできません。  しかし、大腸の中でも直腸の場合は少し話が複雑になります。直腸のすぐそばには、肛門がありますから、肛門まで切除月6日札幌で開催された日本外科学会総会で発表済み.内容は後日発表しますが、その
要約は、
2002年までに新肛門の手術をされた19名と同時期にぎりぎり肛門側から切除し肛門を残した19名との比較で、新肛門には切除部位近くの再発は1例もなかったのに比較し、ぎりぎりで肛門を残した19例中5例で局所再発が見られたというものです.これは、統計学的にも意味のある差(偶然の差ではないという意味です.)でした。)甲状腺は、甲状腺ホルモンという体の代謝速度を調節する、日常生活に不可欠なホルモンを分泌します。このホルモンの過不足は、心拍数や呼吸数、成長、発熱、消化など、生命活動の全般にわたって影響を与えます。  また、甲状腺の裏側には副甲状腺というやはりホルモンを分泌する麦粒代の臓器が左右上下に4つあり、血液中のカルシウム量を一定に保つ働きを持っています。  甲状腺の病気には、バセドー氏病、慢性甲状腺炎(橋本病)、甲状腺がんなどがあります。  鼻腔・副鼻腔の仕組みと働き  空気の通り道となっているのが左右2つの鼻孔で、その奥にあるのが鼻腔です。鼻腔は鼻中隔で左右に分かれ、上咽頭につながっています。鼻腔の左右に眼窩を取り囲むようにあるのが副鼻腔です。副鼻腔は上顎洞、篩骨洞、前頭洞、蝶形骨洞の4つの空洞に分かれ、それぞれの内壁は鼻腔同様に粘膜で覆われていて、穴や管によって鼻腔とつながっています。鼻腔の重要な働きの一つは、吸い込んだ空気を加温・加湿することです。そのため鼻粘膜には腺や血管が多く分布しています。鼻孔には鼻毛があり、塵埃を付着させます。また、鼻のもう一つの働きに嗅覚があります。臭いの分子が鼻腔中の嗅粘膜(鼻介と鼻中隔の間の上部の嗅裂に存在)に付着すると臭いを生じます。   蓄膿症と副鼻腔がん 副鼻腔がんの中でも上顎洞というところにできるがんが鼻のがんの8割を占め、この上顎洞がんは蓄膿症と関係あるのではないかと言われています。抗生物質が普及し、副鼻腔炎が減ってきたと共に、上顎洞がんも減少しています。特に大都市において顕著です。逆に鼻腔癌は増えており、これは大気汚染や喫煙などと関係しているのではないかと言われています。   耳の仕組みと働き  耳は、音を聞く器官であると同時に、平衡感覚を司る器官でもあります。耳の構造は、外耳・中耳・内耳に分けられます。外耳は、耳介(耳たぶ)と外耳道に分かれます。耳介は音波を集めます。集められた音波は、外耳道を通って鼓膜へと伝えられます。外耳道は、ラッパ管のように音を増幅させる働きがあります。鼓膜は外耳道の奥にある薄い膜で、音波によって振動します。その振動が中耳へと伝えられます。中耳は、鼓膜の奥の部分で、鼓室・耳小骨・耳管からなります。鼓室には耳小骨(鼓膜から順に、ツチ骨・キヌタ骨・アブミ骨)が 民間療法は、効果のほどが定かでない。   日本には星の数ほど病院が存在します。 その病院の一つ一つは、各病院ごとのポリシーが存在します。また、各病院には得意としている分野や、最先端を突っ走っている分野が存在します。ですので、どの病院に入るのかによって、治療の方針が違っていることや、治療成績に違いが生じることがあります。した明確な差が出た術後補助化学療法は初めてで、治療の有効性に科学的根拠が得られたことになる。  臨床試験で差が出た10ポイントの意味をもう少し詳しく、がんセンター病院外科医長聞いた。   手術で胃を切除した100人の患者がいた場合、70人はーを飲んでも飲まなくても3年生きる。生存率の差の10ポイントは、ーのおかげで3年生きられる人が10人いるということ。残る20人は、たとえ薬を飲んでも3年未満で亡くなる、という意味らしい。    つまり、患者100人全員にを飲ませた場合、薬の恩恵を受けるのは10人だけ。しかし事前にその10人を特定できないから、100人全員に飲んでもらう、というわけだ。      も他の抗がん剤と同様、吐き気や食欲不振、口内炎、下痢などの副作用がある。臨床試験では重い副作用が現れる頻度は少なかったが、軽くても人によってはつらい場合がある。体力が衰えている人ならなおさらだ。  胃がんの専門医は、臨床試験の結果が出て以来、胃がんのステージ2と3で手術を受けた患者には、を飲むよう勧めているという。の差は、『生存』というかけがえのない恩恵であり、意義は大きい」と。記者がもし患者でも、「薬が有効な10%の群に自分も入るかもしれない」と考え、やはり飲むだろう。     しかし、だからといって、標準治療を受ける義務が患者にあるわけではない。薬を飲まなくても生きる70人と、飲んでも亡くなる20人は、結果から言えば、副作用に耐えるだけ損だったことになる。  「科学的な根拠がある標準治療」は、「必ず効果が現れる治療法」とは限らない。がん治療に限らず、この点はよく理解して治療を受けたい。     胃がん手術後の抗がん剤 進行胃がんで胃を切除した患者は、手術後に(ティーエスワン)という経口抗がん剤を服用した方が、手術単独に比べて死亡のて紹介している。自身も大腸がんを経験した「がんのエキスパート」であり、日本のがん治療の頂点に立つ一人である海老原氏だからこそできる仕事であろう。その海老原氏が第一部でがんへの考察、患者、医者の心構え等をやさしく述べ、第二部で診断能力、手術の技能、最新治療への精通度などから氏が評価している医師を部位別に紹介する画期的な本である。がん治療の最前線がよくわかる。    抗がん剤について調べたんですが、製薬と比べると抗がん剤の臨床試験の数が少なかったような気がしました。 でも、抗がん剤には、興味があります。新しいシステムの抗がん剤なのです。IR情報を見ると「細胞増殖をG1フェーズで阻害することにより、アポトーシス(自己細胞死)を誘導します」と書いてあります。がん細胞はアポトーシスが働かなくなって、無限に増殖を繰り返してしまうというのを以前TVで見たのですが、もしこのインジスラムが商品化されれば、自然にがん細胞が消滅してくれるようになるのでは・・・?などと、思わず妄想してしまったりするわけです。(頭が悪い私が妄想しているだけですので、実際にどうかはわからないですが・・これって日本でいつくらいに承認されるんだろうと思って、※フェーズを見てみたら、第U相でした。でも、「あぁ、第U相なんだ〜」って思ってもう一度見直してみたら、米国・欧州って書いてありました・・・。   お薬が実際に患者さんに処方される前には、治験が行われます。 この治験の結果によって、その薬の安全性とか副作用とか効果とかをしっかりとチェックするわけです。治験の結果が思わしくなければ、治験の段階でその医薬品の承認は見送りになりますので、治験が滞りなく行われるというのは、非常に重要なことだったりします。   ところで、この治験にはいくつかの決まった段階があり、それを順序良くクリアしていくことで、初めてお薬として承認されます。この段階のことをフェーズといいます。治験中のお薬やフェーズの段階については、製薬メーカーさんのIR情報で見れたりします。 ガン治療には手術や抗がん剤による化学療法や放射線療法だけではなく、「免疫療法」というものがあります。免疫療法とは、「NKT細胞」を利用するガン治療のことです。NKT細胞の働きを高めて、ガン細胞を攻撃させるのです。また、これと似たようなガン治療として「ワクチン療法」も存在します。ワクチン療法とは、全てのガンに共通して存在する「WTI」というたんぱく質の断片をワクチンとして利用するガン治療のことです。さらに、ワクチン療法の進化版として「HER2」というたんぱく質を利用したワクチン療法もありますこの他、クローン技術を利用して作られた「モノクーロナル抗体」を利用してガン治療を行う研究も進んでいるようです。ちなみに、モノクロナール抗体を使った治療を行う上で大切な「ヒト抗体」についてですが、免疫療法は、現段階では大きな副作用もないため、患者さんへの負担も少ないガンの治療法です
ので、今後一層の普及が待たれます。
ところで、このガンの免疫療法ですが、確か保険適用はなかったように思います。健康保険適用されないということは、多額の治療費を全額自己負担しなければならないということになりますので、金銭的には結構辛いような気がします。ただ、お金や財産はあの世には持っていけないですので、もし、免疫療法を行うことになったら、財産は全て医療費として支払っても良いかと思います。海外では承認されている薬が日本には承認されていないケースは多いです。例えば、抗がん剤の新薬「アバスチン」です。アバスチンは、米国ジェネンテック社(日本ではロシュグループである
「中外製薬」が開発・販売独占実施権を取得)の開発した商品で、大腸ガンに治療薬としてアメリカで承認されている医薬品です。このアバスチンは、
胃がんは、外科手術、放射線治療、抗がん剤という三大療法が標準治療となっております。 しかしながら、胃がんでは外科手術、放射線治療、抗がん剤という標準治療だけでは、  太刀打ちできないケースがあることも事実です。 免疫細胞療法には、活性化リンパ球療法や樹状細胞療法、自家がんワクチン療法など 多くの治療法がありますが、胃がんに対しては、NK細胞療法が有効との症例がすでに 報告されています。クリニックではこのNK細胞療法と、自律神経免疫療法とを組み合わせた「複合免疫療法」により、胃がんに対して身体にやさしい治療、あきらめない治療を積極的に行っています。進行性胃がんに対する標準治療の限界とは…胃がんに関しては、ことに進行がん、再発がん、転移がんといった場合、ほとんどのケースで 根治治療(完全治癒を目指す治療)としての外科手術が適応外となり、化学療法(抗癌剤治療)が中心となります。しかしながらこの抗がん剤治療は、治癒を目指すものではなく、腫瘍の縮小が その目的となります。腫瘍の断面積が2分の1になった状態が4週間続けば、奏功したと表現されます。 完全に治るということもありますが、通常「抗がん剤が効く」という場合、「がんは治らないが寿命が延びる」、あるいは「寿命は延びないけれども、がんが小さくなって苦痛が軽減される」といった効果を表現しているのが現状です。   もちろんそれで満足しているわけではなく、がんが完全に治ることを目指しています。   しかし、難治性のがんの多くれ、精査の結果がんがみつかることもありえます。   ただし、以上のことは甲状腺分化がんの場合であって、未分化がんでは急激な増大、痛み、息苦しさなど多彩な症状を呈します。       5.甲状腺がんの診断      手で触る触診以外に超音波検査(エコー検査)、CT検査などが補助診断法として有用です。また、しこりに細い針をさしてがん細 手術後の再発予防に抗がん剤の膀胱内注入療法も実施されます。また放射線療法を用いることもあります。 初期では、膀胱刺激症状(痛みや頻尿)を伴わない血尿が現われます。約75%に、目で見ても分かる肉眼的血尿がみられ、顕微鏡的血尿も含めると血尿は必ず起こる症状です。進行すると排尿障害、排尿痛、膀胱部の痛み、頻尿などが見られ、さらに進行すると貧血や全身衰弱などが出てきます。 QOLを考える!さて、今後何を基準に考えていけばよいのでしょうか?それは、QOL(生活の質)をいかに守り、暮らしていくことではないでしょうか。

胃がんステージ

攻撃的な癌治療から、病人を守るディフェンス的な治療へ、そして癌を休眠させ、最終的に共存共生を行い、癌があっても
QOLを下げず暮らしていける生活を基準に治療に当たっていくことと考えます。早期は症状がありません

胃がんステージ

早期では無症状ですが、進行すると前立腺肥大症と同じで、夜中に何度も排尿したり、排尿の勢いが弱くなったり、排尿そのものに時間がかかるようになります。
 手術とホルモン療法
胃がんステージ


前立腺ガンは男性ホルモンが症状を悪化させ女性ホルモンが症状を改善します。
そのため薬や手術で男性ホルモンの分泌を抑えたり、女性ホルモンの投与を長期間行います。

胃がんステージ

早期なら前立腺を摘出する手術によって完治も可能です。
 病状が進行すると、昼間で10回以上、夜間で3回以上の頻尿、残尿感が見られることがあります。

胃がんステージ

血尿と腰痛が見られることもあり、前立腺肥大症とほぼ同じ症状が出ます。また精液に血が混じることもあります。
3期であれば、5年生存率は30%、4期になると、5年生存率は10%に低下すると言われています。

胃がんステージ

手術は治療と同時にがんの進行度を調べるのが目的です。
卵巣がんの手術は、がんの摘出を兼ねて「がんの進行度」を把握する目的で行います。
胃がんステージ



現状の西洋医学の治療方法は、
(1)手術 (2)放射線 (3)抗癌剤 となります。
胃がんステージ


卵巣がんの場合は、がんの摘出も兼ねて、治療と同時にがんの進行度を調べるのを目的で行われます。
見た目は卵巣内にとどまる早期がんのようであっても、調べてみるとすでに、リンパや腹膜は主などである場合が少なく無いと言われています。

胃がん ステージ

胃がんステージ

管とから成り立っており、小葉と乳管は腺葉というちょうどブドウの房のような単位を作って一つの腺葉から1本の主乳管が乳頭に開口しています。このような腺葉が15~20個集まって一つの乳腺となっており、前からみるとひとつひとつの腺葉は乳頭を中心とした扇状に分布しています。ほとんどの乳がんは乳管の壁から発生し、乳管の中を広がる「乳管内進展」と、乳管の壁を破って乳管の外に広がる「浸潤」という、2パターンの発育をします。乳管内進展は腺葉に沿って進むので、扇形に広がることが多くなります。浸潤の部分は腫瘤として触れやすいのですが、乳管内の部分は触診では全く触れない(非触知)かぼんやり硬くふれるだけのことが多く、マンモグラフィや超音波などの画像検査が重要となります 乳がんの種類 乳がんは、非浸潤がん、浸潤がん、パジェット病の大きく3つに分けられますが、普通のしこりを触れる乳がんのほとんどは浸潤がん(前述の「浸潤」が一部にでもあるがん)で、硬がん、乳頭腺管がん、充実腺管がんなどの一般的ながんと、粘液がんなどの特殊型とがあります。非浸潤がんは、前述の「乳管内」の部分のみから成り立っているがんで、しこりを触れない段階で乳頭分泌や画像検査で見つかったがんが多く含まれます。非浸潤がんは転移をおこさないごく早期のがんですが、日本ではとても少なく、1997年の全国統計で5%程度、癌研ではかなり多い方ですが2000年で13%です。マンモグラフィでの検診が進んだ欧米ではこの非浸潤がんが20%をしめており、このようなごく早期の発見が増えることをめざしています。パジェット病は、乳頭のびらんでみつかり多くはしこりを触れない早期のがんで、全乳がんの1%未満の稀なものです。 Chapter.2: 乳がんの進行度と生存率   乳がんの進行度(病期分類) 乳がんの進行度は主に腫瘤の大きさとリンパ節転移の有無で0~4期に分けられます。0期と1期が「早期乳がん」と呼ばれますが、0期は100%1期なら90%の生存率が期待でき、早期発見がきわめて重要と言えましょう。 ちに雑草が生えてきた場合は、雑草をすべて刈り取ることは不可能なので、田んぼ全体に薬をまき、除草します(全身療法ー薬物療法)。1)局所療法外科療法、放射線療法等があります。 外科療法は、がんを含めて正常細胞の一部を切り取って、がんをなくしてしまう治療法ですから、原発巣(がんが最初にできたところ)にがんがとどまっている場合には完全に治すことができます。 がんのあるところへ高エネルギーの放射線を照射したり、あるいは小さな放射線源をがんの近くの体内に埋め込んで、がんをなくす方法です。放射線療法も同様に、原発巣にとどまっているがんの場合には完全に治すことができる場合もあります。基本的に、外科療法も放射線療法も治療目的で行う場合は、がんが局所(原発巣)にとどまっている場合に適応となります。それ以外にも、症状緩和の目的で使われる場合もあります。例えば、骨転移などによって患者さんの疼痛(とうつう)が非常に強い場合には、その部分への放射線照射によって痛みを緩和することができます。 局所への効果をねらって行う薬物療法もあります。例えば、がんが必要とする栄養を送っている血管(栄養動脈)に、選択的に抗がん剤を注入する「動注療法」も局所療法に当たります。2)全身療法抗がん剤やホルモン剤等の薬剤を、静脈内注射や内服等の方法で投与する薬物療法が主体になります。がんには、抗がん剤によく反応するタイプのものと、そうでないものがあります。白血病、睾丸腫瘍等のがんに対しては、薬物療法によって完全に治すことが期待できます。完全に治すことができない場合でも、がんの大きさを小さくすることで、延命効果や痛みなどの症状を和らげることが期待できます。しかし、薬物療法で使われる抗がん剤の多くは副作用を伴うことが多く、その使用には高度の専門知識が必要です。3.がんの化学療法とは化学療法とは、20世紀の初頭にドイツのエールリッヒ博士がはじめて使った言葉です。がんの化学療法は、化学物質(抗がん剤)を用いてがん細胞の分裂を抑え、がん細胞を破壊する治療法です。抗がん剤は、投与後血液中に入り、全身をめぐって体内のがん細胞を攻撃し、破壊します。どこにがん細胞があってもそれを壊滅させる力を持っているので、全身的な効果があります。がんは全身病と呼ばれるように、早期にはある部位に限定している局所の病巣が、次第に全身に広がって(転移)、全身的な病気になります。主ながんの治療法のうち、外科療法と放射線療法は局所的ながんの治療には強力なのですが、放射線を全身に照射することは、副作用が強すぎて不可能ですし、全身に散らばったがん細胞のすべてを手術で取り出すことはできません。全身病を治すということからすると、化学療法は全身くまなく治療できる点で、より適した治療法と考えられます。 抗がん剤のそれぞれの長所を生かし、いくつかを組み合わせて併用することで、手術の不可能な進行がんも治療できるようになりました。これからも新薬の開発と併せて、併用療法(抗がん剤を2剤以上組み合わせて行う治療法)の研究が重要になると考えられます。4.「抗がん剤」とはがんに対する薬は現在約100種類近くあり、その中には飲み薬(経口薬)もあれば、注射(注射薬)もあります。また、その投与期間や作用機序もさまざまです。がんに対する薬のタイプを2つに分類してみると、わかりやすいかもしれません。1つは、それ自身ががんを殺す能力を持ったもので、抗がん剤が相当します。一方、自分自身はがんを殺すことはできないけれども、がんを殺すものを助ける機能を持つ薬で、免疫賦活剤と呼ばれるものがそれに当たります。 「薬」は、一般に「効果」と「薬物有害反応(副作用)」の2つの作用があります。通常、私たちが薬として使っているものは、効果のほうがずっと強くて、薬物有害反応がほとんどないか、軽度です(例:ノートをとったり、使ってよいか尋ねるのもよいでしょう。家族や友人に同席してもらい、話し合いに参加、をとったり、ただ聞くだけでもよいのです。 次に治療をはじめる前によく尋ねられる質問を列記しました。どれを推薦しますか? それは何故ですか?3.治験は自分の場合適切でしょうか?4.それぞれの治療法の利点は何でしょうか?5.それらの危険性と副作用は何ですか?    治療の決定は複雑です。診療計画については複数の医師のアドバイスを受けることも役立ちます。の助言を受ける医者を探すにも自分の主治医から婦人科腫瘍専門医を紹介してもらうなどいくつか方法があります。 ・治療方法  卵巣癌の治療方法には手術、化学療法、放射線療法があります。このうちの一法のみが用いられる場合と併用で治療がすすむ場合があります。   .化学療法は手術に続き補助療法として行なわれ、体内に残存する癌細胞を殺そうとするものです。これは後に再発徴候のあるときにも用います。  .放射線療法は頻度は少ないですが、術後骨盤内に癌細胞が残る場合に用いられることがあります。   手術療法では卵巣、子宮、卵管を摘出します。この方法は子宮摘出術、付属器摘出術といいます。(もし極めて初期癌で、発育が遅く、子供が後に生めるようにしておきたい場合、腫瘍のある卵巣のみを摘出します。) 癌が広がっている場合、可及的腫瘍切除術としてできる限りの癌腫を取り除くようにします。アの方法で腫瘍の量を減らし、化学療法や放射線療法を行ないます 化学療法では普通複数の薬剤を併用します。抗癌剤は静脈内注射か、経口投与で行なわれます。いずれにしても化学療法は薬が血流にそって体内にゆきわたる全身療法になります。化学療法は周期的に行なうことが最も多く、治療期間、休薬期間を繰り返してゆきます。場合によっては通院で、又は自宅で治療を受けることもあります。主治医の選んだ薬、投与法、全身状態によっては、治療中数日の入院を必要とすることがあります。  その他の投与法として腹腔内化学療法があります。これは薬をカテーテルを通じて直接お腹の中に投与するものです。この方法では薬は直接癌に到達します。治療は入院で行ないます。 卵巣は一対の女性生殖器です。骨盤内で子宮の両側に位置しております。いずれもアーモンドのような形と大きさをしています。卵巣には2つの機能があり、卵の発育と女性ホルモンの産生を担っています。  毎月の性周期の中で、片方づつ排卵がおきます。この卵は卵管を通って子宮へ移動します。卵巣はまた女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)の発生源であります。このホルモンが乳房、体型、体毛など女性特有の発育をコントロールしています。女性ホルモンはまた、性周期や妊娠も調整します手術できる割合が低い癌肺がんは、診断されたときに小さな腫瘍でも、進行癌が多いので、手術ができるのは10-15%と少ない癌です。非小細胞がん・抗がんの効き難い癌非小細胞がんでは小細胞がんに比べ抗がん剤の効果が低く、抗がん剤のみでがんが治癒することは稀です。非小細胞癌34期では放射線療法は難しい胸水があったり、半分以上癌が広がっている場合、放射線治療を行うことが難しくなります。それは、間質性肺炎を起こす危険が高いからです。また、肺がんの中で一番多くを占めている腺がんは、放射線の感受性が悪く、大きな効果は期待できません。非小細胞癌の6-7割は手術不能非小細胞癌の6-7割は、すでに手術不能の段階で発見されます。手術適応になる人は、そう多くはありません。また、術後の5年生存率は、術後病期で見て1:80%2:60%3:40%4:10%未満です。転移しやすく、再発率の高い癌早期の発見し難いばかりではなく、他の臓器や骨に転移が多く見られる癌です。また、幸いに手術ができたとしても、再発率の高い癌です。手術後で約2割に局所再発、56割に遠隔転移が見られるほどです。転移のルート肺がんの特色は、いろいろな臓器に遠隔転移(がん細胞が血液に入って流れて行き、離れた臓器に転移をつくること)をおこしやすいことです。肺がんが遠隔転移をおこしやすい臓器は肺、脳、骨、肝臓、副腎などが代表的です。腫瘍が小さいうちは症状がありません腫瘍がある程度大きくなると血尿やわき腹の疼痛などが出てきます。血尿は自然に止まることもよくありますが、血尿が止まっていても病状は進行するのが一般的です。 外科手術によって腎臓を摘出する方法が中心です腎臓は二つあり。片方を取り去っても残りが機能します。ただし残る腎臓に障害がある場合、病巣部とその周囲だけを部分的に取り去ることもあります。手術できない場合は動脈塞栓術を行います転移のある場合は外科療法に放射線療法や免疫療法を併用します。またインターフェロンやインターロイキンを投与する生体反応活用法もあります。化学療法はあまり効果が期待できません。 血尿、腹部のしこり(腫瘍)、わき腹の持続的な痛み(疼痛)、発熱、体重減少、貧血のほか疲れやすく感じることがあります。腫瘍が小さいうちは症状がありません最初は自覚症状がほとんどなく、現われるのは血尿です。診断に際しては、尿に悪性細胞が含まれているかどうかを見る細胞診、膀胱鏡検査、正検、膀胱・尿道造影検査、リンパ管造影検査などが行われています。 癌の性質や病状によっても治療法は異なります手術に関しても膀胱を残せるかどうかで内容が異なってきます。小児死亡原因の構造を変えるほどの十分な治療効果が得られていないのが現実です。小児死亡の原因となる腫瘍は、後にも述べますように、悪性脳腫瘍に分類される一群の腫瘍であり、今回のシンポジウムはこのような腫瘍に対する治療が主たるテーマになっています。   脳腫瘍の治療が、白血病のような血液腫瘍に比べて困難であるのはなぜでしょうか? 理由はいくつか考えられます。   白血病のような血液がんは血液中に存在し、固まりを作らず、細胞も均一な性質を有しています。一方、脳腫瘍は固まりを作る実質性腫瘍であり、内部組織が均一ではありません。また、脳腫瘍という一つの腫瘍があるわけではなく、極めて多くの種類の腫瘍からなっており、それぞれの性質が異なります。 血液から脳への薬物移行を制限する血液・脳関門という特殊な性質があるために、血液中に投与した薬が脳腫瘍に十分に行き渡りません。 脳腫瘍の細胞自体が薬剤に抵抗性を有しています。 発達期にある脳が、治療手段である放射線や薬剤によって障害されやすいために、治療に制限があります。また、脳の解剖学的構造は複雑であり、外科的治療が困難です。 3. 発達期の脳の特徴 脳腫瘍の治療を理解する上で、発達期の脳の特徴を理解することが重要です。こどもの脳は急速に発達しています。発達が著しいことは、頭の大きさを示す頭囲曲線の推移を見れば一目瞭然です(図1)。この間に、神経細胞は軸索を伸ばしたり、他の神経細胞との間にシナプスを形成したりして大きくなります。また、神経細胞から出る電線に相当する軸索の周囲を、ミエリンという物質が何重にも取り囲む、髄鞘化という過程が進行します。このような時期に放射線照射が行われると、将来様々な脳障害を生じる可能性が高くなることが知られています。一方、可塑性(脳障害からの回復力)が大きいという利点もあり、しばしば驚異的な神経機能の回復・発達を示します。    4. 脳腫瘍の種類 脳腫瘍とは脳に出来た腫瘍の総称であり、一つの腫瘍を示すものではなく、脳に存在する様々な細胞から腫瘍が発生します。脳の中には、まず、神経細胞がありますが、分裂能を持たない細胞のため腫瘍が生じることは稀です。一方、神経細胞と神経細胞の間に膠(にかわ)のように存在する、神経膠細胞(しんけいこうさいぼう)は、様々な刺激によって分裂する能力を持つこと、また数が多いことから、高頻度に腫瘍を形成します。神経膠細胞から生じる一群の腫瘍を神経膠腫(グリオーマ)と呼びます。グリオーマには、星状神経膠細胞、乏突起神経膠細胞などの種類があり、それぞれ異なった性質の腫瘍が発生します。また、それぞれのグリオーマの悪性度によってもグレード1から4まで(高いほど悪性)分類されるため、グリオーマ一つをとっても、実に様々な病理診断が下されることになります。病理診断は手術によって摘出した腫瘍組織を薄い切片にして、様々な染色法を加えて病理専門医が決定します。治療はこの病理診断に基づいて成されるため極めて重要です。    小脳には胎生期の未分化な神経上皮細胞、すなわち神経細胞と神経膠細胞に分かれる前の細胞が存在し、その細胞からは髄芽腫(ずいがしゅ)が発生します。一方、松果体部や神経-下垂体部には、非常に未熟な胚細胞(はいさいぼう)が存在し、それから胚細胞腫が発生します。胚細胞腫には様々な種類の腫瘍が含まれており治療に対する反応も異なります。下垂体の周囲には、下垂体腺腫や頭蓋咽頭腫(ずがいいんとうしゅ)というような腫瘍も発生します。グリオーマ、髄芽腫、胚細胞腫に関してはそれぞれ先生、先生、先生からお話があります。   脳腫瘍は細胞の起源により大きく分類を示されます(図2)。脳が形成される過程の非常に早い時期に存在する神経上皮細胞から分類に示す様々な細胞が分化します。   グリオーマと髄芽腫は、いずれも神経上皮系腫瘍に分類されますが、髄芽腫はより未熟な細胞に由来します。分類2以下の腫瘍も様々な種類の腫瘍に細分類されることから、脳腫瘍の組織分類は膨大なものになるため、ここにはその一部を示すにとどめます。    こどもに多い脳腫瘍  早期がんで発見されても、転移、浸潤が早い癌食道は、頸から腹部までの、25cm程の管。周辺部には多くの血管やリンパ節、また気管支、肺、胃の噴門部がありますので、それだけ早期から転移、浸潤が早いのです。嚥下(飲み込み)時の疼痛や嚥下困難、声のかすれ、体重減少などがある方はすぐ検査をお勧めいたします。早期と進行がんでは5年生存率の格差が大きい1期では80%の生存率でも、2期、3期前半になると40%弱となってしまいます。転移、浸潤が早く、また治療による副作用や後遺症で、飲食の摂取量が少なくなり、体力低下、感染症を引き起こしやすいためです。早期発見、早期治療がきわめて重要です。  治療法 単独での治療成果が期待できない癌現状の西洋医学の治療法は、手術、抗がん剤、科学放射線(抗がん剤と放射線の併用)がありますが、初期と後期については、単独治療が標準治療となっています。しかし中期の治療については、生存率を上げるため、術後に抗がん剤治療を行います。科学放射線治療の長短科学放射線は、抗がん剤と放射線(3次元照射)を同時に併用していく治療法です。最近では、タキサン系やシスプラチン誘導体(アクプラ)などの組み合わせの臨床試験が行われています。抗がん剤や放射線の副作用も高く、耐えられるだけの体力が必要です。再発しやすいため、照射量を落として手術の負担を軽くする方法がとられています。病 状1)転移しやすく、再発率の高い癌周囲には、多くの血管とリンパ節があり、また周囲の臓器に浸潤が起きやすいため、診断された段階で、転移が多く見られます。    2)転移のルート リンパからの転移周辺のリンパ節浸潤よる転移のど周辺から咽頭、甲状腺へ 横隔膜、胃、膵臓、脾臓へ   3)その他の病状 癌の進行の早さや抗がん剤、放射線の副作用による体重減少、体力低下。嚥下困難、消化障害。呼吸困難。胸水、骨転移による、頚椎の痛み。声帯の消失。アドバイスQOLを考える!さて、今後何を基準に考えていけばよいのでしょうか?それは、QOL(生活の質)をいかに守り、暮らしていくことではないでしょうか。攻撃的な癌治療から、病人を守るディフェンス的な治療へ、そして癌を休眠させ、最終的に共存共生を行い、癌があってもQOLを下げず暮らしていける生活を基準に治療に当たっていくことと考えます。大腸は盲腸から直腸までを言いますが、直腸に出来るのが直腸ガン。盲腸と直腸を除いた長い部分である結腸に出来るものを結腸ガンと読んでいます。進行するまで自覚症状はほとんどありませんが、進行すると便が黒くなったり出血があります。痔の出血と間違いやすいのですが、痔では便の表面だけに血がついていることが多いのに対して、大腸ガンでは便の中に血が含まれてる状態が多くあります。また便秘と下痢が交互におこったり、腹痛や体重減少などがおこります。仕組みと働き甲状腺は気管前面、いわゆる「のど仏」の下方にあり、右葉・左葉に分かれ、中央で結合しています。のど仏の下部にちょうど蝶ネクタイ状に張り付いています。正常な状態では、かろうじて触れることができる程度ですが、甲状腺の病気の有無は熟練した医師の触診によって、ほぼ判断ができます。子宮頚癌の検診は、まず、子宮頸部の細胞診で行います。結果は、 Vと分けられます。 は正常。は、軽度異形成。高度異形成。は、

胃がんステージ

直腸癌の切除に関して、医師も患者も、悩みながら手術法を決定します。なぜでしょうか。
  それは、直腸が大切な働きをしているためです。 

胃がんステージ

大腸癌や直腸癌を治すためには、癌(ガン)をふくめて周囲の組織をいっしょにとる必要があります。大腸癌細胞・直腸癌細胞が目に見えない形で、周りに散らばっていることが、いくつもの研究で明らかになっているからです。つまり、治すためには、癌(ガン)だけくりぬくようなことはできません。
  しかし、大腸の中でも直腸の場合は少し話が複雑になります。直腸のすぐそばには、肛門がありますから、肛門まで切除せざるを得ない場合には、人工肛門(ストーマ)が必要になってしまうというわけです。 

胃がんステージ

[注:大腸とは、結腸と直腸をあわせて言う呼び名です。結腸は、直腸はで、大腸に見合うの専門用語はありません(強いてあげれば、
でしょうか。)が、とても便利な日本語です。]  では、人工肛門 ストーマと呼ばれるものは何でしょうか。それは、大腸の切離断端が腹壁に口を開けた、腸の開口部のことです。つまり、腸の一部が腹部に露出し、そこの孔から便が出てくるものを、人工肛門と呼んでいます。でも、これは肛門でも何でもありません。便が出るということでは、肛門に似て

胃がんステージ


いるのかもしれませんが、それ以外の肛門の働きはありませんので、便はただただ意識せずに、出てくるだけです。このごろでは、人工肛門と呼ばずに、単に「ストーマ」と呼ばれることが多いのもこのためです。
   多くの方は、ストーマにビニール袋をつけて便をためます。近年は、装具[袋や皮膚保護剤]の発達が目覚しく、ストーマをつけた人々の生活は格段に改善されました。しかし、それでも、肛門を失うのは辛いことです。それが証拠に、直腸癌の手術方法は術後の排便機能が悪くなる危険をおかしても、出来る限り肛


胃がんステージ

門を残す方向で発達してきました。出来るだけ肛門の近くで腸を吻合し、人工肛門にならないように、手術術式と手術器械が発達してきたのです。
  しかし、それらの発達にもかかわらず、今でも、肛門を切除しなければならないような直腸癌の患者さんがいることは、事実です。そして、あなたが、その患者さんの、ひとりになるかもしれないと、主治医にいわれたのなら、手術によってお尻を失う可能性は高いでしょう。(かつて、そして今でも、医者は、


胃がんステージ

患者さんに控えめに言うことが多いものです。
もし、あなたもそういう方のひとりであるのなら、以下の手術方法は、あなたが選ぶ手術法の1つの選択肢となります。
胃がんステージ



つまり、手術によって失った肛門をもう
1度作る手術です。  手術法に名前をつけるのは、開発者の特権と考えていますが、実は今も、この手術方に、決定的な名前をつけていません。(たぶん、手術法の名前を問うだけの無意味な試験問題に記憶力のなさで悩ませられ続けたの苦い思い出が、手術法に名前をつけることためらわせているのだと、私は自己分析しています。)
胃がんステージ


基礎研究が始まった、
1990年代半ばには、「機能的会陰部人工肛門と呼んで発表していました。その後、手術内容は異なるのですが、似た名前の手術法があったため、それと区別する必要から、「生理的直腸肛門再建術 と呼んで、専門誌に発表しました。

胃がん ステージ

胃がんステージ

場合は、これを特にヒト白血球抗原(Human Leukocyte AntigenHLA)と呼び、大きく分けてクラスIHLA-ABC)とクラスIIHLA-DRDPDQ)があります。また、HLAは他人からの臓器移植の生着率に影響します。このHLAに抗原がペプチド(アミノ酸がいくつか結合したもの)の形で結合し、T細胞に提示されると、T細胞はその表面にあるT細胞レセプターと呼ばれる受容体(抗原とぴったり凹凸が合致するようになっている)によって、これは抗原だと認識します。ただし、T細胞が活性化するにはこれだけでは不十分で、抗原提示細胞上にあるいくつかの補助分子(細胞表面に存在し、細胞と細胞の接着に関与する分子や細胞内に刺激を伝える分子等)を介する作用が必要となります。すべての条件がそろうと、例えばHLAクラスIに結合した抗原ペプチドは、特にCD8陽性T細胞と呼ばれるT細胞に提示され、これを認識したT細胞は、活性化してキラーT細胞に変身します。また、HLAクラスIIに結合したペプチドはCD4陽性T細胞に提示され、ヘルパーT細胞を活性化させます。抗原提示細胞としては、マクロファージ、B細胞、あるいは樹状細胞(Dendritic CellDC)がありますが、その中でも特に樹状細胞は、最も強い抗原提示機能を持っています。 免疫療法とは、免疫担当細胞、サイトカイン、抗体等を活性化する物質を用いて免疫機能を目的の方向に導く治療法です。がんの治療では、現在広く行われている外科療法、化学療法、放射線療法に続き、免疫療法が第4の治療法として期待されています。 免疫担当細胞を用いたがんの治療は、T細胞を増殖、活性化させる因子であるインターロイキン2(Interleukin-2IL-2)と呼ばれるリンフォカイン(サイトカインの中で特にリンパ球が産生するもの)の発見により、発展してきました。がん患者さん自身のリンパ球を体外でIL-2と培養して、がん細胞を殺傷する作用の強いリンパ球を大量に増やして、この活性化したリンパ球を患者さんに戻す治療法は「リンフォカイン活性化キラー細胞(Lymphokine Activated Killer cellsLAK)療法と呼ばれています(項を参照してください)。                         一方、宿主(患者さん)の免疫が、病原体と同じようにがん細胞を特異的に認識し、排除することができるのかどうかは不明でした。しかし1991年に、がん細胞に特異的な抗原が存在することが明らかになりました。それ以降、数十個のがん特異的抗原が同定されました。これらの発見により、がん細胞も病原体と同様に、宿主(患者さん)の免疫によって排除されることが明らかになってきました。これらの研究成果をもとにして、がんの樹状細胞を用いた細胞療法の項を参照が試みられるようになってきました。  T細胞が抗原提示細胞の存在下にがん抗原を認識し、がん細胞を殺すメカニズムを模式的に表したものが右の図です。  この他に、免疫担当細胞を活性化したり、それ自身でがん細胞を殺す作用のあるサイトカインを用いた治療法(項を参照してください)や、B細胞が産生する抗体を用いた治療法(項を参照してください)、免疫力を賦活(ふかつ)するような薬物を用いた治療法(参照してください)等が行われています。また、最近の遺伝子工学技術の発達に伴い、抗がん活性を増強するような遺伝子をがん細胞に導入したり、サイトカイン遺伝子を免疫担当細胞に導入したりする「免疫遺伝子療法」も試みられています。 図中用語の説明CD2B7CD40CD40L等は、T細胞や樹状細胞などの抗原提示細胞の膜表面上にある補助刺激分子(項を参照してください)です。IL-2Rは、T細胞などのリンパ球表面上にあるIL-2に対する受容体です。IL-2は、この受容体を通してリンパ球の増殖、活性化刺激を伝えます。パーフォリンは、キラーT細胞やNK細胞などの細胞障害性リンパ球がつくるタンパク質です。これらのリンパ球ががん細胞などの標的細胞に接触するとリンパ球から放出され、標的細胞に穴が開き、標的細胞は破壊されます。2.細胞免疫療法1)非特異的免疫療法(1)リンフォカイン活性化キラー細胞(LAK)療法インターロイキン2IL-2)は、1970年代にT細胞の増殖を促進する因子として見出されたサイトカイン(あるいはリンフォカイン)の一種です。IL-2は、T細胞のほかにも、がん細胞を殺傷する作用のあるナチュラルキラー(NK)細胞も活性化と増殖させる作用があります。1980年代前半に、患者さんのリンパ球を体外に取り出して高濃度のIL-2とともに培養すると、がん細胞をよく殺傷するようになることが報告されました。これをリンフォカイン活性化キラー細胞療法と名づけました。わが国でも、このLAK細胞を大量に培養し、増殖あるいは活性化させた後に生体内に戻す治療法がすでに試みられています。この方法は、一度リンパ球を体外に取り出し、培養増殖してから再び体内に戻すので、養子免疫療法とも呼ばれています。 [効果、副作用、問題点]LAK細胞を維持するために、患者さんの体内にLAK細胞を戻すと同時に、大量のIL-2を静脈注射することが行われました。しかしその結果、血管壁から血液が漏れ出たり、発熱、悪寒(おかん)、震え等IL-2によると思われる副作用が多くみられました。またその後の検討で、LAK細胞はがん内部への集積性が悪いことが明らかになりました。ばくだいな経費と人手がかかることや、期待されたほどの効果が確認されなかったため、広く普及するには至りませんでした。しかし、手技が比較的煩雑(はんざつ)ではないので、高度先進医療の一環として続けている施設があります。このような反省から、対象症例を絞って他の薬剤や治療法と併用したり、がん内部への高い集積性を期待して、次項に述べるような腫瘍組織浸潤リンパ球(しゅようそしきしんじゅんりんぱきゅう:Tumor-infiltrating LymphocyteTIL)を用いた養子免疫療法へと引き継がれていきました。 (2)腫瘍組織浸潤リンパ球(TIL)療法がんに対する特異性を高める(がんだけにより強く作用させる)ために、末梢(まっしょう)の血液ではなく、がん組織そのものに集まっているリンパ球を採取します。それを、LAK療法と同じようにIL-2とともに数日間培養した後に、再び患者さんに投与する治療法です。LAK療法と比べ、がん細胞をより特異的に認識して攻撃するのではないかと期待されました。実際の臨床での成績はまだはっきりしませんが、TILの中にはがんを特異的に攻撃するT細胞も実際に含まれていて、これらの細胞の利用が、後のがん特異的抗原の発見に結びついた側面もあります。手技が比較的煩雑ですが、高度先進医療の一環として続けている施設があります。 [効果、副作用]Rosenberg博士らは、悪性黒色腫20例中11例で有効であったと報告しています。乳がんの局所再発、がん性胸水、腹水の制御に有効であったとする報告や、肝細胞がん、大腸がん、非ホジキンリンパ腫に有効とする報告もみられます。副作用はLAK療法と同様です。 [問題点]手術で取り出したがん組織からリンパ球を回収する方法が煩雑であり、長期間培養することでがんへの集積性、抗腫瘍活性が低下してしまうことや、抗がん効果を逆に抑制してしまう細胞が出現するなどの問題が指摘されています。有効性を改善するために、種々の工夫がなされています。TIL細胞を患者さんのがん細胞と一緒に培養したり、抗がん剤と併用したり、あるいはある種の抗体(例えば、がん細胞とリンパ球を同時に認識できる双特異性抗体)と併用することによって、TIL細胞ががんにより強く集積するようにする方法が試みられています。また、サイトカイン遺伝子を導入する遺伝子治療との組み合わせも試みられています。 2)樹状細胞(Dendritic CellDC)療法抗原に特異的なT細胞が活性化してキラーT細胞になるためには、抗原提示細胞と呼ばれる細胞によって刺激される必要があります。抗原提示細胞は抗原をペプチドに分解して、HLAクラスI、あるいはクラスIIに結合させて提示します。また、T細胞を活性させるのに必要な補助分子と呼ばれるものを発現しています。抗原提示細胞の中で、特に抗原を提示する能力が高い細胞は樹状細胞と呼ばれています。1個の樹状細胞で数百から数千個のリンパ球の刺激が可能なことから、従来免疫療法で用いられてきたリンパ球よりも、むしろ樹状細胞を用いるのが効果的ではないかと考えられるようになっています。樹状細胞は生体内の臓器に広く存在しているものの、末梢血には白血球の0.10.5%程度と少数しか存在せず、治療に必要な量を採取するのは困難であると考えられてきました。しかし、血液中から樹状細胞を大量に採取する技術が発達し、さらに樹状細胞を増殖、活性化させる培養方法も進歩したため、がんの治療に樹状細胞を使用できる環境が整ってきています。また、がん細胞に対して免疫反応を引き起こすがん特異的抗原なども明らかとなってきていて(項を参照してください)、これらの知識や技術を利用した樹状細胞療法が、最近の話題となっています。 患者さん本人から採取した樹状細胞を、体外でがん特異的抗原ペプチド、あるいは破壊したがん細胞とともに培養し、樹状細胞のがんに対する免疫誘導能力を増強します。その後に患者さんの体内に戻し、患者さんの体内でがんを攻撃するリンパ球を誘導し、がんを排除する免疫力を高めることを期待するものです。動物実験では悪性リンパ腫、悪性黒色腫、前立腺がん、大腸がん等でがんの発育を抑える効果や生存期間の延長等が報告されています。欧米をはじめとして、わが国でもヒトの悪性黒色腫、前立腺がん、悪性リンパ腫等で臨床試験がはじまっています。  樹状細胞の採取方法は、患者さん本人の血液から血液成分分離装置を用いて樹状細胞そのものを採取する方法と、まず未熟な細胞を採取し、それをサイトカインの一種であるGM-CSFIL-4TNF等を用いて樹状細胞へ分化させる方法とがあります。どちらの方法で採取した細胞がより有益であるかは、今のところ不明です。 この治療法は、免疫能力の保たれていると思われる患者さんが対象として想定されています。また、外科的な療法で病巣を除去した後の再発を予防する効果も期待され、従来の治療法と併用した臨床試験も検討されています。 [効果、副作用、問題点]樹状細胞療法は欧米でも前立腺がん、悪性リンパ腫、悪性黒色腫等で臨床試験がはじまったばかりです。一部の患者さんでがんの縮小を認めたとの報告がありますが、今のところその効果と副作用についての評価は定まっていません。また、患者さん自身に対して不利益な免疫反応を引き起こす可能性が指摘されています。3.ワクチン療法1)腫瘍細胞ワクチン患者さんのがん細胞そのものを破壊したり、あるいは殖えないように処理してから本人に接種し、がんに対する特異的な免疫を誘導する治療法です。しかし、がん細胞のみではT細胞の活性化に必須である分子が存在しないので、がん特異的抗原に対する免疫反応の誘導が十分に行われない可能性があります。最近では、がん細胞に免疫反応に必要な補助分子などの遺伝子やサイトカインの遺伝子を導入し、治療に用いる試みが行われています(項を参照してください)。2)がん特異的抗原ペプチドによる免疫療法患者さん本人の免疫ががんを排除できるかどうかは、長い間わかりませんでした。しかし、TIL中にがんを認識するキラーT細胞が存在することが明らかになり、続いて、このキラーT細胞が認識することのできるがん細胞に特異的な抗原のあることが明らか遺伝子があって、無制限に増殖しないようにブレーキをかけるのですが、何らかの原因で遺伝子に傷がついて、細胞の増殖をコントロールできなくなると、細胞は無秩序に増え続けるようになります。これががん細胞の特徴です。 がんは、体のさまざまな臓器や組織に発生します。がんの多くはかたまりをつくって大きくなっていきますが、造血器がん(血液がん)のようにかたまりをつくらないものもあります。体のどこかにがんが発生して、それが周囲にしみ出るように広がる「浸潤(しんじゅん))や、体のあちこちに飛び火する「転移)など、次から次へと新しいがん組織をつくることもがん細胞の特徴です。 がんの治療をして治ったようでも、そのときは残ったがん細胞がおとなしくしていただけで、時間が経って再びがん細胞が増殖してくる「再発」もあります。 また、がん組織はどんどん増殖しているので、他の正常な組織のための栄養をどんどん奪ってしまい、体は必要な栄養がとれず、衰弱してしまいます。 がん治療では、がんの種類や大きさ、部位、かたまりなのかそうでないのかなどによって、手術、抗がん剤、放射線などを単独で、もしくは組み合わせて行います。 がんの種類や進行の度合いにもよりますが、抗がん剤治療は次のような目的で行われます。            がんを治癒させるため             がんが転移・再発するのを防ぐため             がんの成長を遅らせるため             体のほかの部分へと転移しているかもしれないがん細胞を殺すため             がんによって起こっている症状を和らげるため 3.抗がん剤について1)抗がん剤治療とは抗がん剤治療は、内服や注射によって全身にくまなく抗がん剤を行き渡らせることにより、全身に広がる可能性のあるがん細胞や、すでに他の場所へ転移していたり、全身に広がっていると考えられるがん細胞を治療するものです。がんの種類によっては、第一選択の治療法として抗がん剤治療を行うことがあります。また、手術や放射線と組み合わせて補助的に抗がん剤治療を行うことや、がんを小さくするために手術の前に抗がん剤治療を行うこともあります。2)抗がん剤の種類「抗がん剤」は、その作用の仕方、作用する部位などによって、いろいろな種類に分類されます。いわゆる「抗がん剤」とは、がん細胞の細胞分裂過程に働き、がん細胞の増殖を妨げたり、細胞が成長するのに必要な物質を作らせない、あるいは過剰に産生させてがん細胞の死滅を促す「化学療法」のことをいう場合が多いです。この他にも、ある特徴を持ったがん細胞を攻撃する「分子標的薬」や、体内のホルモンの影響を受けて増殖するがんに対しては、そのホルモンを調節することによりがん細胞の増殖を抑える「ホルモン療法」なども、抗がん剤に含まれます。抗がん剤の多くは体のなかの正常な細胞にも作用するため、それが副作用となって現れてきます。化学療法は、分子標的薬やホルモン療法に比べて、一般的に副作用が強いのが特徴です。 がんの種類や状態、また個々の患者さんの健康状態によって、どのような抗がん剤治療が選ばれるかが異なってきます。がん細胞に対してより効果を発揮させるために、作用が異なる抗がん剤を組み合わせて用いることもあります。3)抗がん剤の投与方法抗がん剤には、錠剤やカプセル剤といった内服薬(飲み薬)と、点滴のように血管へ直接投与する注射薬があります。静脈のなかに点滴、注射するのが一般的ですが、がんの種類、状況によっては、動脈内、腹腔内、胸腔内、髄液中に投与することもあります。治療によっては、携帯用のポンプを使って、数日間にわたって持続的に抗がん剤を注入する方法もあります。 どのような間隔でいつまで抗がん剤治療を続けるかは、がんの種類、治療の目標、抗がん剤の種類や副作用の程度によって異なります。多くの場合、抗がん剤を投与する日と休む日を計画的に組み合わせ、そのスケジュールに沿って、繰り返し治療していきます。投与を休む日を加えることは、副作用を防止したり、体力や免疫力の低下などに注意する必要があるからです。もし抗がん剤の副作用が強く出た場合には、その量を減らしたり、投与を中止することもあります。 また、抗がん剤治療中に他の薬を使うと、薬によっては抗がん剤の効果や副作用に影響することがあります。以下に当てはまる場合には、医師またはその他の医療スタッフにお伝えください。            現在服用している薬がある。             健康食品や民間療法を行っている。 4)抗がん剤投与中の注意点抗がん剤の点滴は、腕の静脈や中心静脈という大きな血管に、プラスチック製の軟らかい針や、カテーテルと呼ばれる細いチューブを挿入して行います。この軟らかい針やカテーテルに、点滴用の管をつなげて点滴をはじめます。 点滴は、無理のないリラックスした体勢で治療を受けることができます。点滴の間、体や腕をまったく動かさずにいる必要は得ることは難しいと予想されていますが、免疫遺伝子治療は研究の段階で、その治療効果を期待するにはさらなる解析が必要と思われます。 がんの代替療法健康食品やサプリメントをはじめとした、がんの代替療法(民間療法)の有効性や安全性を科学的な方法で評価しようという気運が世界的に高まっています。これまでに行われた研究を検討して、がんの代替療法の有効性と安全性についてどこまでわかっているかを整理するという試みも始まっています。 その中で最も組織的で詳しい研究の1つとして、アメリカ、ハーバード大学の研究グループによる報告をご紹介します。がんに対する「相補代替療法」の有効性と安全性をまとめたものです(「相補」とは「補う」という意味で、通常のがん治療を補う意図で行われる治療のこと。代替とは「代わり」という意味で、通常のがん治療の代わりに行われる治療法を指しています)。 この報告の中で、がんに対する相補代替療法として取り上げられているのは、「食事になりました。現在までに、数十種類のがん特異的抗原が見つかっていて、その遺伝子も明らかとなってきました。最近では、さらにがん特異的抗原の中でHLAに結合しやすいペプチドや、がん特異的抗原そのものを用いた新しい免疫療法が行われるようになってきました。先に述べたような樹状細胞を用いてがんに特異的なキラーT細胞を誘導する方法や、がん特異抗原あるいはそのペプチドを、免疫反応を増強させる補助物質(アジュバントと呼びます)とともに皮下に投与する治療法もあります。 [効果]主に、悪性黒色腫を対象にしています。がん特異的抗原による治療によって、肺にあった転移巣が消失した例や、IL-2の併用によってがんが消失した例等が報告されています。しかし、臨床的有用性に関する結論はまだ得られていない状況です。 [問題点]がん特異的抗原ペプチドはHLAクラスIによって提示されるために、HLAクラスIを発現していないがんに対しては効果が期待できません。 また、HLAの種類によって結合するペプチドが限られているために、特定のHLAを持つ患者さんにしか使用できないという問題点があります。4.サイトカイン療法  サイトカインは、免疫を担当する細胞がつくる物質です。免疫応答を調整するものや、免疫担当細胞を活性化、あるいは増殖させる作用のあるもの等があります。また、直接がん細胞を殺傷する作用を持つものもあります。 1」インターロイキン2(Interleukin-2IL-2)によるサイトカイン療法  IL-2は、T細胞を増殖させる物質として最初に発見されました。しかしそれだけでなく、ナチュラルキラー細胞ががん細胞を破壊する作用を強めることも明らかとなっています。   このような効果を期待し、IL-2用いてこれまで約400人の治療を行い、局所の治療としては優れた効果をあげています。 同様に、リニアックを用いた定位放射線照射を行うサイバーナイフ(cyberknife)は米国で開発された放射線治療装置で、135kgの超小型リニアックを6軸制御の日本製産業ロボットに取り付けた装置です。X線透視用カメラで患者さんの動きをモニターし、正確な治療を行うように工夫されています。従来のリニアックによる定位放射線照射と比較してリニアックが自由に動くので、病巣の形に応じた治療が可能です。 小さな肺がんや転移性肺がん等に対しても定位放射線治療が応用され(体幹部定位放射線治療)、平成16年4月1日に保険適用になっています。  温熱療法は、がん細胞が正常細胞と比べて熱に弱いという性質を利用した、がんの治療法です。顔に発生した肉腫が丹毒(たんどく)による発熱で消失したことや、自然治癒したがんのうちおおよそ1/3で発熱していたという報告等、がんが治ることと発熱の間には、何らかの関連がありそうだと昔からいわれていました。本格的な研究がはじまったのは、1960年代になってからです。現時点では研究段階の治療で、まだ標準的治療とはいえません。この治療法の対象となるのは、通常の治療法では治すことが難しい局所進行がんや再発がんです。2.方法温熱療法には、全身を加温する方法(全身温熱療法)と、がんやその近くを温める方法(局所温熱療法)があります。一般には局所温熱療法が主に行われる方法で、マイクロ波や電磁波を用いた装置で局所を温めます。体の外から加温するのが最も多く行われる方法ですが、その他に食道、直腸、子宮、胆管といった管腔(かんくう:空間のある場所)内に器具を入れて加温する方法や、がん組織の中に数本の電極針を刺し入れて加温する方法が試みられています。がんに対する効果は41以上で得られますが、42.5以上で特に強くなることが知られています。体の表面に近いがんは目的の温度まで比較的容易に温めることができますが、体の奥深いところにあるがんは、脂肪、空気、骨が邪魔をして十分に温めることが難しい場合が多く、温熱療法の効果が不十分になる可能性があります。 温熱療法は通常は単独で用いるのではなく、放射線や抗がん剤の効果を強めることを目的に、放射線や抗がん剤と併せて使います。最も研究が行われているのは局所温熱療法と放射線を併せて行う治療で、脳腫瘍、食道がん、乳がん、大腸がん、膀胱がん、軟部組織腫瘍等のがんで試みられています。 加温時間は長ければ長いほど効果が増しますが、一方、治療を受ける患者さんの負担が大きく、4560分くらいが普通です。毎日治療をするとがん細胞が熱に強くなり、温熱療法の効果が下がりますので、3日くらいは間隔を空けて治療します。週に1〜2回治療するのが一般的です。 放射線は通常の放射線療法と同じく週5回照射する場合と、温熱療法を施行する日に合わせて週1〜2回照射する場合があります。週1〜2回の照射では1回の放射線量が多く、副作用が強くなることがありますので、治療する場所が限られます。3.副作用温熱療法に伴う副作用には、加温した部位のやけど、痛みがあります。体の深いところを治療するのに適した高周波の加温装置を使用した場合は、頻脈、体温上昇といった全身の症状が出ることがあります。放射線と併せて用いたときには、放射線の副作用を増悪させないという報告が多くみられます。国内で放射線治療の臨床経験を基礎として開発されているものですが、がんの治療に適した特徴を持つ治療法として期待されています。2.粒子線治療の歴史  X線やγ線(これらは光子線とも呼びます)による外照射放射線治療は、コバルト照射装置やリニアック等の高エネルギー深部治療装置が普及した現在、がんの放射線治療法の主役を担っています。  一方、粒子線治療については、1946年にWilsonというアメリカの物理学者が「高速陽子線の医学への応用」として陽子線のがん治療への応用を提唱し、1954年にアメリカのローレンス・バークレイ研究所で陽子線の治療への応用が開始されました。 以来、世界各地で、主に物理研究施設の加速器から得られる陽子、ヘリウム、パイ中間子やネオン等の、重粒子によるがん治療の研究が行われてきました。なお、現在治療に用いられている粒子は、陽子と炭素の2つです。  粒子線治療の特徴粒子線治療は、サイクロトロンやシンクロトロン等の加速器から得られる陽子線や重粒子(重イオン)線を、がんという標的にねらいを絞って照射する治療法です。   粒子線のうち電荷を持つもの(荷電重粒子線)の特徴は、一定の深さ以上には進まないということと、ある深さにおいて最も強く作用するということです。   これらの特徴から、陽子線や重粒子(重イオン)線では、光子線に比べてがん病巣にその効果を集中させることが容易になります。したがって、がん病巣周囲の組織に強い副作用を引き起こすことなく、十分な線量を照射することができます。   治療に適しているとされる腫瘍陽子線や重粒子(重イオン)線はがんに限局して照射できることから、進行していない限局したがん病巣の治療に適していると考えられています。がんのまわりに放射線に弱い組織がある場合の治療に、特に有効性が発揮できると思われます。  今までの実績から、眼球内の悪性黒色腫(あくせいこくしょくしゅ)、中枢神経系(ちゅうすうしんけいけい)の近くにできた脊索腫(せきさくしゅ)や軟骨肉腫、一部の頭頸部(とうけいぶ)がん、I期非小細胞肺がん、肝細胞がん、前立腺がん等に対する有効性が明らかになっています密封小線源治療外部照射法に対して内部照射法ともいわれますが、この用語はあまり使われません。管、針、ワイヤー、粒状などの形状となった容器に密封されたラジウム、セシウム、イリジュウム、金などの放射性同位元素を放射線源として使います。口腔、舌、乳房、前立腺などのがんでは、がん組織やその周囲組織に直接放射線源を挿入します(組織内照射法)。食道がん、子宮頸部がん、肺がんでは、食道、子宮腔、気管などの腔内にあらかじめチューブを適当な位置に装着し、その後放射線源を挿入して(腔内照射法)治療します。放射線がたくさん照射されるのが、がん組織やその周囲のわずかな正常組織であるため、がんを治す確率が高く、しかも副作用が少なくできる治療法です。一般的には小さながんに効果が高い治療法です。外部照射と組み合わせて使われることもあります。放射線源の強さにより、24時間から7〜8日にわたって治療する場合と、数分の治療を数回繰り返す場合があります。長時間治療する方法を時間あたりの線量が低いので低線量率といい、短時間治療する方法は高線量率といいます。低線量率で長時間治療している間は、他の人に放射線があたらないように特別の部屋に入っている必要があります。高線量率の場合は治療するのは治療室内ですが、数分で1回の治療が終わりますので、それ以外は一般病室で過ごすことができます。高線量率治療では放射線源が強いので、医師、技師、看護師が放射線に被曝しないように、あらかじめ患部にチューブを入れておき、遠隔操作で線源を挿入します(高線量率遠隔小線源治療)。この治療法では線源が非常に小さくなったことや、コンピュ−タ−の発達などで従来治療が困難であった部位のがんへの治療が可能になってきています。 多くの放射線源は一時的に体内に挿入し、治療が終了すると抜去しますが、粒状の線源である金、ヨードでは刺入したままにしておきます(永久刺入)。永久刺入された場合は、身体から出る放射線が周囲の人に危険のない範囲に下がるまでの数日間、患者さんは特別の部屋に隔離されます。3)非密封の放射性同位元素による治療ヨードを体内に投与すると甲状腺組織に取り込まれることを利用して、ヨード131という放射線の一種であるβ線(ベータ線)を出す放射性同位元素(アイソト−プ)を、甲状腺機能亢進症や肺などに遠隔転移した甲状腺がんの治療に用います。 まだ、我が国で認可されていないアイソトープでの治療としては、痛みのある骨転移へのストロンチウム89による治療があります。また、悪性リンパ腫などの抗体と、アイソトープ(ヨード131やイットリウム90など)を結合したものを使用する放射線免疫療法は、我が国でも研究がはじめられています。5.放射線治療をがんの治療として決めるまでにはがんにかかった方が放射線治療医を直接受診することは非常にまれで、ほとんどが外科、内科などから紹介されて放射線治療医を受診します。紹介医に放射線治療についての大まかなことを聞いている場合がほとんどですが、専門医である放射線治療医とよく相談して実際に治療をするかどうかを決めることが大切です。放射線治療医は診察し、これまでのX線検査、血液検査などをよく検討し、これらに基づき放射線治療を施行する意義について、治療を受ける方及びご家族とよく相談します。放射線治療を施行するとしたらその目的は何か、治癒を目指すのか、がんによって生じている症状を和らげることなのか。治療によってどのような副作用がおこりうるのか。放射線以外の治療法にはどのようなものがあるのか。治療を受ける方は放射線治療のメリットとデメリットを納得するまで、放射線治療医に聞き、治療をす


胃がんステージ

るのか、しないのかを決めるのがよいと思います。6.放射線治療にかかわっている人たち放射線治療を実際に行っていくには、いろいろな職種の人たちのかかわりが必要です。例えば、国立がんセンター中央病院放射線治療部では、放射線治療医、放射線技師、放射線物理技師、看護師、受付事務が協力して治療を行っています。放射線治療医は放射線治療の方針決定、治療計画、治療中、治療終了後の診察


胃がんステージ

などを行います。放射線技師は、担当医によって決定された治療部位へ放射線を照射します。治療機器の保守管理なども行っています。放射線物理技師は最適な照射方法、線量分布などを担当医とともに決めます。看護師は治療開始時に治療についてのオリエンテーションをしたり、治療期間中の副作用への対応などについてかかわります。受付事務は治療スケジュールを説明したり、診察日以外の医師診察を

胃がんステージ


希望した場合などの窓口となります。7.放射線治療が標準治療となっている主な疾患根治治療と緩和治療に大別して、放射線治療が標準治療となっている主な疾患の治療の概略を以下に示します。他の疾患、状態でも放射線治療の対象になることはあります。実際の治療方法、詳細な治療成績などについては担当医からよく説明を受けることが必要です。1)根治治療
(1)頭頸部領域のがんIII期の早期がん


胃がんステージ

では、はじめに行う治療が放射線治療でも手術でも治癒率に大きな差はありません。形態と機能が保たれる可能性がある放射線治療が主体となる治療が、まず勧められることが多くあります。放射線治療で治らなかった場合は手術が行われます。放射線治療は6〜8週の外部照射で治療することがほとんどですが、舌がんでは密封小線源治療が主に行われます。密封小線源治療が行われる場合があります。解剖


胃がんステージ

学的部位が手術を施行することが難しいので、どの病期でも放射線治療が主に行われます。7週前後の外部照射で行われることが主ですが、密封小線源治療を加えることもあります。
 進行したがんでは手術が治療の主体となりますが、手術ができないほど進行した場合は、放射線治療が行われます。抗がん剤と併用して行われる場合もあります。手術が施行されても腫瘍の残存が疑われた場合には手術後に放


胃がんステージ

射線治療を行います。非小細胞肺がんでは、
III期は手術が行われ、III期が放射線治療の対象となるのが一般的です。放射線治療は6〜7週の外部照射で行われます。肺門部のがんでは、密封小線源治療で治療を行うことがあります。抗がん剤と組み合わせて治療すると、放射線単独よりも生存期間が延長することがわかってきました。III期非小細胞肺がんの5年生存率は10%前後です。III期では全身状


胃がんステージ

態がよくなく、手術に耐えられない場合は放射線治療が行われ、
2040%の5年生存率が得られます。 遠隔臓器転移のない小細胞肺がんは、抗がん剤とあわせて治療を行います。放射線治療は4〜6週の外部照射で行われます。我が国でも乳房温存治療が増加してきました。乳房温存治療は、乳房部分切除手術に外部照射をあわせて行うのが一般的です。5〜6週の外部照射での放射線治療を行います。乳房


胃がんステージ

部分切除のみの場合の乳房内再発
2040%を5〜10%まで低下させることができます。進行した乳がんでは乳房切除術後、放射線を切除した胸壁や頸部に照射することがあります。我が国では、放射線治療の対象となるのは主にIII期です。外部照射と密封小線源治療を組み合わせて治療します。5年生存率は50%前後です。III期は、我が国では主

胃がん ステージ

胃がんステージ

残念なことに、婦人科検診を全く受けず、不正性器出血や、悪臭を伴う帯下等、進行子宮ガン特有の症状を呈してから、産婦人科外来を受診する方がまだ居ます。  平均的な日本女性は、50歳前後で閉経(月経が止まること)ですが、その後40年間生き続けます。閉経は、女の店仕舞い(ミセジマイ)ではありません。閉経は、女の人生の折返点です。  今日、60歳代、70歳代の女性も、上手に化粧をしています。お肌(ハダ)の手入れ、それは大切です。ただ、一年に一回は、お股(マタ)の手入れもお忘れなく。子宮ガン検診を受けましょう。 子宮頸がん検診は胃がん検診とともに最も古くから始められたがん検診であり、ほぼ40年の歴史を持っています。古くは胃がんに次いで第2位の死亡率であった子宮頸がんも検診の普及に伴い減少してきましたが、さきにお話ししたように最近は逆に増加傾向にあります。その原因のひとつに我が国の検診受診率の低さ(これは子宮頸がんにかぎりません)にあります。欧米諸国における子宮頸がん検診の受診率は約80%で、それに較べ我が国の受診率は15%にとどまり最近はさらに減少傾向にあります。2004年、厚労省により検診は2年に1回でも良いという指針が出され今後さらに低下に拍車をかける可能性があります。ほとんどの自治体では隔年の検診を実施していますが、これは受診率の高い海外のデータを基にした指導で、そのまま我が国に当てはめることは疑問です。港区では20歳よりの毎年の検診を実施しております。また受診率の向上をめざしていままで病変の検出率の低さが問題になっていた自己採取法にHPV検査を組み合わせた新しい検診のシステムも検討されています。港区がん検診のHPV検査はそのパイロットスタディーの意味合いもあります。子宮がんの治療子宮がんの治療は飲んだり塗ったりして直る薬があればいいのですが基本的には手術療法が主となり、進
行がんに対しては放射線療法や化学療法も行います。最近は晩婚化と少子化のため進行がんであっても子宮を残すような術式の研究や、PDTという光線療法も行われていますが、前がん病変やごく初期のがんで
あれば子宮の出口を少し切り取るだけの手術(円錐切除術)で完治し、妊娠出産にも影響を及ぼしません。そのためにも毎年の検診を心がけましょう。タバコと子宮がん子宮頸がん検診は通常子宮の出口(子宮腟部、頸部)から綿棒などで細胞を擦り取って顕微鏡で観察する
細胞診検査を行います。しかし従来の方法では前がん病変の検出感度が5060%という報告もあり、米国では一時期、検査の精度の低下が社会問題となったため、さまざまな試みのひとつにHPV検査を導入しま
した。ハイリスク型のHPVが確認されればこれからがん化する可能性のある病変を検出できることになり、細胞診検査と併用することで診断の精度を向上させることができます。港区では昨年より自治体とし
ては全国にさきがけてHPV検査の併用による調査をおこなっております。子宮がん検診喫煙が子宮頸がんの原因のひとつであることをご存知ですか。詳しいことは解明されていませんが、HPV感染と関係してなんらかの影響を及ぼし、実際ニコチンは頸がんのがん細胞の増殖速度を高めることが示
されています。またパートナーの喫煙も受動喫煙と精液中のニコチンの作用が影響すると考えられます。私たち港区医師会の取り組み2000年における我が国の女性のがん死亡数は116,344人であり、そのうち子宮がんは5,216人で4.5%、部位別では8位でした。1950年以降、検診の普及により子宮がんの死亡数と死亡率は年々低下し、1950年に比べ、それぞれ0.62倍、0.41倍となっていますが、1993年を最低に以降増加傾向にあります。この原因のひとつが若年者の子宮頸がんによる死亡数の増加です。20代の子宮がん最近20代の子宮頸がんが増加しています。頸がんの発生率は50歳以上の中高年層ではこの20年間で順調に減っていますが、逆に2024歳では約2倍に、2529歳では34倍に増加しています。これは最近の性行動の低年齢化、多様化にともない10代、20代の女性のクラミジアや淋病など性感染症の急増とともに性感染症としてHPVに感染する機会が著しく増えたことによります。HPV(ヒトパピローマウイルス)子宮頸がんの約95%以上にHPVhuman papilloma virus)ヒトパピローマウイルスというウイルスが検出され、HPV感染が子宮頸がんの原因であることがわかっています。HPVはヒトの皮膚や粘膜に感染しさまざまな疣(イボ)をつくるウイルスで100種類以上が知られており約30種類が女性性器に感染します。 このHPVは性交渉によって感染しますが性交経


胃がんステージ

験のある女性の約
80%に感染するありふれた感染症で、そのほとんどは排除され消えてしまいます。しかし感染した女性の10%にウイルスが残り感染が長期化(持続感染)し子宮頸部の細胞に異常を引き起こします。
胃がんステージ


子宮がんの検査
性交渉の経験が有る御婦人は、毎年1回、子宮ガン検診を受けることをお勧めします。毎年受診していれば、たとえ子宮ガ


胃がんステージ

ンになっても、早期発見が可能です。手術で100%治すことができます。
 子宮ガン検診は、細胞診と言う方法で検診を行います。子宮の出入口を、綿棒(又はヘラ)で擦って、そこから採取した


胃がんステージ

細胞を顕微鏡で調べる、そういう検査です。検査の所要時間は約1分間。
 子宮ガンは子宮の出入口(子宮頸部)に発生する子宮頚ガンと子宮の奥(子宮体部)に発生する子宮体ガンとに分けられ

胃がんステージ


ます。子宮ガンの7〜8割は、子宮頚部に発生します。一般に子宮ガン検診と言えば子宮頚ガンを指している場合が多いです。
 
胃がんステージ


しかし、最近、子宮体ガンの発生頻度が徐々に増加しています。そのため、昭和62年から子宮体ガン検診も、同時に施行されるようになりました。ただ、子宮体ガン検診は、子宮頚ガン検診に比べれば、検査精度が少し低く、若干の見落とし

胃がんステージ


が有ります。
 30〜40年前迄は、「不正性器出血が有ったら子宮(頚)ガンを疑え」と言われていました。しかし、最近では、子宮

胃がんステージ


頚ガンの大部分が、検診で発見された無症状の子宮頚ガンです。それら無症状のうち、早期発見・早期治療された子宮ガンは、治っております。

胃がん ステージ

胃がんステージ

薬です。通常量の10倍くらい投与しても、それによって命を落とすことはありません。これに対して抗がん剤は、効果を表す量と薬物有害反応を出す量がほぼ同じ、あるいは場合によっては、これが逆転している場合さえあります。すなわち、投与量が少ないところですでに薬物有害反応が出て、さらに投与すればやっと効果が出るといったような場合です。したがって、抗がん剤で効果を得るためには、薬物有害反応を避けられないことが多いのです。「この抗がん剤はよく効く」と書いてあれば、おそらく「これでがんが治る」と考えられるかもしれません。しかし多くの場合、そういうことはありません。抗がん剤で治療して、画像診断ではがんが非常に小さくなり、よく効いたように感じたとしても、残念ながらまた大きくなってくることがあります。それでも見た目には著明に効いたようにみえますので、「効いた」といわれるわけです。例えば肺がんの効果判定では、CTなどによる画像上で、50%以上の縮小を「効いた」と判断します。脳腫瘍てんかんもちろん、抗がん剤でがんが完全に治るということもありますが、通常「抗がん剤が効く」という場合、「がんは治らないが寿命が延びる」、あるいは「寿命は延びないけれども、がんが小さくなって苦痛が軽減される」といった効果を表現しているのが現状です。 ようになってきており、人口1,000人あたり1人くらいが小児がんの既往歴をもち、成人に達するようになるといわれています。一方で小児がんは、小児期の死亡原因の2位となっています。主な小児がんは、白血病、神経芽腫、脳腫瘍、悪性リンパ腫、ウィルムス腫瘍(腎芽腫)なことで、子ども自身が持つ病気に立ち向かう力を引き出し、本人が納得して前向きに治療にのぞめると考えられています。お子さまが小児がんと診断され、ご家族のみなさまは大変心配されているでしょう。人それぞれに捉え方は異なりますが、重い病気を持つ子の親は共通した経験をし、同じような感情を抱くことが多々あります。不安や悩みを一人で抱え込まず、似た経験をした親同士で体験や感情を分かちあうことも、ときには必要になります。お子さまが入院されて心配なさっていることと思います。気持ちが少し落ち着いてきましたら、入院されたお子さまのきょうだいのことも気にとめていただきたいと願います。きょうだいも幼いなりに自分のきょうだいを心配しており、気持ちも不安定になることがあります。トナムなどのジャングルにすむ鳥の口中から発見されたとされています。クラミジアよ』という所でした。病院の周りはおいしいレストランが立ち並んでいるので、毎日食べ歩きをして過ごしました。いつもお天気がよくて、お日様の光を浴びながらリラックスして入院生活を送るうち、体重が4kgも増えて、これにはさすがに怒られました(笑)『うちの病院は、ガン患者さんに対して放射線治療も抗ガン剤治療
もがんばりません。自然療法もやりたかったらやってください』という先生のもと、抗ガン剤も放射線も治療に入ったものの、体調を慎重に観察してどちらもまもなく打ち切りの判断がされました。 それでも入院して2ヵ月の時点で、MRIと細胞診の結果から子宮頚は改善されているものの、子宮の奥や卵巣、リンパ組織まで浸潤しており、V・Bの末期寸前という状態でした。そして手術日が翌月に決まったのです。手術までの1ヵ月余りの時間を自宅で過ごすことになってから、新たな微生物の力を借りようと
思いました。日本冬虫夏草を使用したのはそれからです。そして一月後、ガン細胞が皆消失する不思議を目の当たりにすることになるのです」 「一旦退院し、自宅で過ごすことになってから、酵母エキス(コーボン)に加えて日本冬虫夏草を飲み始めました。体液を浄化して免疫力を高めるのにさらなる微生物の力を借りようと思ったからです。 手術まであと5日に迫った頃、友人に誘われて千葉の
気功の先生のもとを訪ねました。その世界ではジーパンをはいた神様と呼ばれている有名な方らしいのです。みてもらっているうちに先生は『あなたのガンは皆消えてますよ』とおっしゃるんです。そして『手術したらもったいないですよ』とさえ。そう言われても、わずかひと月前にはV・Bの末期寸前と言い渡されたのですから、この短い間に悪いところが全て無くなるとはとても信じられる話ではありませんでした。この期間、病院の治療は一切やっていなかったわけですし、薬剤も一切服用していませんでした。1997124日。予定通り、子宮、卵巣、リンパ組織の摘出手術を行いました。摘出部はすぐに病理検査にまわされました。そして返ってきた検査結果 は、ガン細胞がどこにも見つからないというものでし
た。そんなはずはないので必死に探したけれど
も、摘出部のどこをきざんでもきざんでもガン細胞は出てこなかったというのです。担当の先生からは『追加治療の必要はありません。再発の心配も多分無いでしょう。退院してください』と言われました。気
異型増殖症という状態です。
  期は、がんが子宮体部のみにとどまるもの、 は子宮頸部にまでがんは広がっていますが、まだ子宮の外に出ていないものです。がんが子宮の外にまで広がったものを・期、骨盤を超えてがんが広がったものを・期としています。
子宮体がんは、頸がんに比べて自覚症状が現れにくいため、診断が遅れる傾向があります。そのためにも定期的検診が必要なのですが、I期までに治療できれば治りやすいがんに入ります。0期はほとんどの人が治っていますし、 期でも90%前後の人が治っています。
子宮がんには、地方自治体などで行われる集団検診があります。とくに子宮頸がんの集団検診は歴史が古く、早期頸がんの8割以上が集団検診で発見されています。この機会を利用することはもちろんですが、多くは頸がんは30歳以上、体がんは不正出血があった50歳以上の人といった条件のもとに行われています。しかし、頸がんは性交渉を持つようになれば、その危険が出てくるわけですから、若い人は自己負担でも検診を受けた方が安心です。
また、子宮体がんは必ずしも不正出血があるとは限らないので、とくにリスクの高い人は不正出血がなくても40代になったら検診を受けることが勧められます。なお、子宮がんの検査を受けた場合でも、実際には子宮頸がんの検査だけを行っている場合もありますから、注意して確認してください。
子宮頸がん
細胞診とコルポスコープ検査が中心です。
細胞診
綿棒やブラシなどで子宮頸部をこすり、細胞を採取して顕微鏡でみる検査です。がん細胞は、正常細胞とは異なる形をしているので、かなり正確にがんの危険性をみることができます。
痛みがなく短時間で検査が行えることも大きな利点で、集団検診でも行われています。
コルポスコープ検査と組織診
細胞診で疑わしい兆候があった場合に行われる検査です。コルポスコープという拡大鏡のような機器を使って、子宮頸部の疑わしい部分を詳細に観察します。さらに、異常があればその部分の組織を取ってきて、検査をします。
ほとんど痛みもなく、多少出血があってもすぐに止まります。
この他、組織診のために円錐切除術という手術が行われることもあります。これは、子宮頸部を円錐上に切除して組織を検査する方法です。早期がんの場合は、治療をかねて行われることもあります。この場合は、検査目的でも入院が必要です。
子宮体がん
体がんは子宮の奥にできるので、頸がんの検査では発見できません。
内膜細胞診
細いチューブを腟から子宮の中に入れて子宮内膜の細胞を吸引採取したり、挿入したブラシでかきとった細胞を調べる検査です。多少痛みがあります。
組織診
細胞診で疑わしい兆候があった場合、あるいは体がんの疑いがある場合は最初から組織診が行われることもあります。
キューレットと呼ばれる細い金属棒の先に小さな爪のある道具で、子宮体部の組織をかきとり、顕微鏡で検査する方法が中心になっています。
少し痛みがあり、出血が数日続くこともあります。
がんの進み方や希望などに応じて、それぞれの治療法が選択されます。子宮がんも外科治療によって、がんを根こそぎ切除するのが基本的な治療法ですが、これが難しい場合は放射線や抗がん剤


5)治療終了時のこと1)晩期障害小児がんの治療成績は近年向上してきました。しかしその反面、小児がんを克服した子どものなかには、治療の影響でさまざまな二次的な問題が生じていることが明らかになってきています。 は、0.3ミクロン程度の大きさで、細菌とウイルスとの中間的な病原体(細菌の一種)です。クラミジアは現在3種類ありますが、性行為感染症の原因として問題になるのは、クラミジア・トラコマチスという種類です。 世界的に増加している性病、性行為感染症とも言います)で、世界中で今一番多い性病です。19歳以下の女性では、に感染があるというデータがあります。 ほぼ4人に1人ということです。あまり症状がでないため、どんどん広がっていきます。特に男性はあまり症状がでず、次から次の女の子に移します。女性も子宮の出口にいるときは、あまり症状がひどくなく、少しおりものが増えたぐらいのことが多いようです。それが、子宮頚管、子宮内腔、卵管を通って卵管炎や盤内の炎症を起こすとお腹が痛くなります。ひどくなれば、入院したり、手術になることがあります。もちろん不妊症の原因にもなります。この腹痛を虫垂炎と間違えて外科で手術をしてしまった話は、時々あります。特に最近増えている感染ルートは、風俗店で、口でするものがありますが、ここでもらうルートです(口でする場合は、)。忘年会の帰りなどに、気軽に行ってしまうケースがあるようです。クラミジア感染は、一度感染すると、ずっと骨盤内にとどまっています。 検査は、女性は、子宮頚管からクラミジアそのものをみる、抗原検査と血液でクラミジアの抗体を見つける検査を同時に行うのが一番いいのですが、保険では、同時に検査はできません。一方のみが保険適応です。そのため、抗原検査を始めに行うことが一般的です。脳腫瘍自覚症状ヒトパピロ-マウイルスは、子宮頚癌の原因ウイルスであり、ほぼ全ての子宮頚癌の組織から検出されます。ヒトではこれまで100以上の型が報告されていますが、HPVは型により子宮頚癌に高率に検出される型(ハイリスク)から病因と関連性がないと報告されている型まで確認されています。子宮頚癌の検診は、まず、子宮頸部の細胞診で行います。結果は、 Vと分けられます。 は正常。は、軽度異形成。高度異形成。は、上皮内癌。Vは、浸潤癌とクラス分けします。まで場合でも切除します。切除した大網を手術後検査すると、顕微鏡的な転移が見つかることがあります。転移があれば、II期ではなくIII期ということになります。後腹膜リンパ節は、手術時に転移が疑われる場合、サンプリングをしてすぐに病理検査をします。病理検査の結果、転移があれば骨盤リンパ節と傍大動脈リンパ節を郭清します。転移があれば、II期ではなくIII期ということになります。
手術後、大網とリンパ節の顕微鏡的検査の結果、転移していないことがわかれば、はじめてII期であることが確定します。
このような手術によってII期であることが確定した場合、手術後、化学療法を予防的に行って治癒率を改善しようとする試みは臨床試験として行われます。
期のがんは進行がんとして同じように治療が行われます。IIIIV期のがんは転移が広範囲にあるため、手術によって完全に切除することはできません。しかし、一部のがんが残ってもできるだけ多くのがんをとり除いたほうが症状を改善できるため、全身状態が耐えられれば、できるだけ多くのがんを切除します。病状によっては手術で大部分のがんがとれる場合もありますが、開腹したけれどほとんど何もとれ
ずに終わる場合もあります。手術前の検査によって、開腹しても切除は難しいと予測される場合は、まず化学療法を行ってがんを縮小させてから手術する方法もあります。 手術は両側の卵巣、卵管、子宮を、転移のある骨盤腹膜を含めて切除する方法で行われます。直腸にがんの浸潤がある場合には、直腸を含めて切除することもあります。大網、後腹膜リンパ節、脾臓、大腸、小
腸の一部を転移したがんと一緒に切除することもあります。
手術後、残された腫瘍に対する治療として化学療法が行われます。化学療法の際は、標準的治療法で行うか、新しい治療法を臨床試験として行うかを選ぶことができます。
成分を足し算してスコアー化します。これがグリーソンスコアーで
す。たとえば最も多い成分が「3」で次に多い成分が「4」の場合、「3+4=7」と評価されます。グリーソンスコアーの解釈ではスコアーが「6」か、それ以下は性質のおとなしいがん、「7」は前立腺がんの中で最も多いパターンで中くらいの悪性度、「8」〜「10」は悪性度の高いがんと理解されます。この分類は治療法を考えるうえでとても大切です。
画像診断
前立腺がんと診断された場合、病気の広がりを確認するため、(CT、身体をエックス線で断面を調べる方法)あるいは、(MRI、強い磁場の中で生ずる電磁波をコンピューターでとらえて断面像を得る方法)、骨シ
ンチグラム(アイソトープの静注によって骨転移の有無を調べる方法)が施行されます。これらにより局所での進行の程度、リンパ節転移、あるいは骨転移の有無を確認します。
CT
はリンパ節転移やがんの周辺への進展の有無を確認するために施行されます。MRIでは前立腺内でがんが存在している場所や前立腺内にがんがとどまっているか、あるいは前立腺外への進展がないか、精嚢への浸
潤がないか、など特に治療として手術療法が考慮される場合には有用な情報が得られます。ただ全例に必要というわけではなく、専門医は状況を判断して必要な場合にどちらか、あるいは両方の検査を指示します。
骨シンチでは骨に異常がある場合には集積が強く描出されます。集積の度合いやそのかたよりなどにより骨が、良性。からが悪性となります。つまり軽度異形成は、ほぼHPVの感染所見のことが多く、が自然治癒し、11%がくなり、最終的に0.3%が癌になります。32%が自然治癒し、56%が存続、14%が進行するとされています。HPVの型には、より子宮頚癌になりやすい型(ハイリスク)とそうでない型があります。 そのハイリスク型は、。HPVの感染率は、統計により異なりますが、1020代は、約50%、3040代は、約30%。そのHPV陽性者の約半分にハイリスク型HPVが検出されております。HPV陰性例においては、異形成から癌の存在は、きわめてまれであるとされています。このため、子宮頚癌検診では、特に細胞診と思われます。ですが、このHPV型測定は、保険適応なく、で行っております。また、型はわかりませんが、ハイリスク群のみの測定は、。良性腫瘍は身体の他の部分に広がることも、生命を脅かすこともありません。多くは外科的に切除されますが、再発することは 殆どありません。 ガンとは悪性腫瘍のことです。悪性腫瘍には次の三つの特徴があります 浸潤:周囲の健康な組織や器官に染み込むように発育し破壊します。 転移:ガン細胞が腫瘍から分かれて、血管やリンパ系に入ることがあります。その結果、身体の他の場所に広がり、新しい腫瘍を作ることを転移といいます。 再発:原発腫瘍を切除しても、すでに ガン細胞が全身に広がっている場合や、切除した場所に



胃がんステージ

ガン細胞が残っている場合、ガンが再び発現することになりますそもそもミネラルは人体構成の元素であり、命のみなもと なのです。

胃がんステージ


生命は海から発生し、数千万、数億年と進化し続け、強いもの、抵抗力があるものだけが生き残って来ました。人類はその1つです。

胃がんステージ


その人間は免疫システムを確立し 免疫細胞によって殆んどの病気に対して抵抗力を持っていることがわかってきました。そして免疫システムが正常に働いているうちは、難病であるエイズも発病しません。

胃がんステージ


しかし、年と共に抵抗力がなくなると発病する事がわかって来たのです。若者に ガン患者が少ない事で理解出来るものと思います。人は生まれつき ガン細胞を殺す能力を持っているのです。

胃がんステージ

その免疫を左右するのが遺伝子ミネラル(微量元素)です。がんに対する薬は現在約100種類近くあり、その中には飲み薬(経口薬)もあれば、注射(注射薬)もあります。また、その投与期間や作用機序もさまざまです。がんに対する薬のタイプを2つに分類してみると、わかりやすいかもしれません。1つは、それ自身ががんを殺す能力を持ったもので、抗がん剤が相当します。一方、


胃がんステージ

自分自身はがんを殺すことはできないけれども、がんを殺すものを助ける機能を持つ薬で、免疫賦活剤と呼ばれるものがそれに当たります。「薬」は、一般に「効果」と「薬物有害反応(副作用)」の2つの作用があります。通常、私たちが薬として使っているものは、効果のほうがずっと強くて、薬物有害反応がほとんどないか、軽度です(例:風邪薬に対する胃もたれ)。しかし、「抗がん剤」と聞いてすぐ頭に浮かぶのは、「副作用ばかりが強くて全然効果がない」ということかもしれません。例にあげた風邪薬は、大半の人に非常によく効いて薬物有害反応がほとんどありませんので、効果と薬物有害反応のバランスが取れています。しかし抗がん


胃がんステージ

剤の場合は、効果と薬物有害反応が同じくらいという場合もありますし、また効果よりも薬物有害反応のほうが多い場合もあります。したがって、普通の薬と違って非常に使いにくく、治療を受ける側にとっては困った薬であるといえます。抗がん剤の薬物有害反応が、他の薬に比べて非常に強いことは確かです。悪心(おしん)、嘔吐(おうと)、脱毛、白血球減少、血小板減少、肝機能障害、腎機能障害等の症状が現れます。薬によって薬物有害反応の種類や程度は異なり、また個人差もあります。これらの薬物有害反応を何とか軽くしようという努力、あるいは一人一人の状態での薬物有害反応を予測し、軽く済ませるための努力が行われていま


胃がんステージ

が、完全になくすことはまだできていません。なぜ、普通に使われる薬と抗がん剤とではそんなに違うのでしょうか。薬は一般に、投与量を増やすと効果が出てきます。もっともっと投与量を増やすと、今度は薬物有害反応が出てきます。この、効果と薬物有害反応が出現する投与量の幅が非常に広いのが、一般の 

胃がん ステージ

胃がんステージ

からヨードを取り込み、細胞内に濃縮します。 ほとんどの甲状腺癌細胞は、このヨードを取り込み、濃縮する能力をそのまま保っています。ここから、完全な“化学療法”の戦略が生まれるのです。放射性ヨードが患者に与えられると残存した甲状腺細胞(そして甲状腺癌細胞にもこの能力が残っています)がそれを取り込み、濃縮します。体の他の細胞はどれもこの毒性のあるヨードを取り込みことはできないため、何ら害を受けません。しかし、甲状腺癌細胞は自分自身の中にこの毒物を集積し、その放射能によって内部から破壊されます。気分が悪くなることもなく、髪が抜けることもなく、吐き気も下痢もありません。また痛みもないのです。もっと詳しいことは、個々のタイプの甲状腺癌についての頁に載せてあります。
甲状腺癌患者のすべてが手術後に放射性ヨード治療を必要とするわけではありません。これは知っておくべき大事なことです。しかし、それ以外の人は治癒を期待するならばこの治療を受けなければなりません。誰が必要で、誰が必要としないかについて、ここでちょっとだけ詳しく言いますと、髄様癌患者は通常ヨード治療を必要としませんが、これは髄様癌はまったくといってよい程放射性ヨードを取り込まないからです。甲状腺全摘術で治療を行った小さな乳頭癌の中にも同じようにヨード治療を必要としないものがありますが、それはまた別の理由からです。これらの癌は単に(完全な)手術のみで治ることが多いのです。大事なことは、これは患者により、また癌により様々であることです。ここに安易な答えを捜してはなりません。この決定は外科医と患者の間で、内分泌病専門医または内科の意見を参考にした上でなされるものです。放射性ヨード治療はきわめて安全なものであることを覚えておいてください。そして、必要ならば、その治療を受けるべきです。
甲状腺結節は年齢とともに増加し、成人のほぼ10%に存在します。検死で調べたところ、50%の人に甲状腺結節があり、かなりありふれたものであることがわかりました。孤立性甲状腺結節の95%は良性です。すなわち、悪性の甲状腺結節は5%しかないということです。良性の甲状腺結節で多いタイプは、腺腫(“正常な”甲状腺組織が発育し過ぎたもの)や甲状腺嚢胞、そして橋本甲状腺炎です。良性の甲状腺結節で希なタイプは、亜急性甲状腺炎や無痛性甲状腺炎、片側の葉の非形成またはリーデル甲状腺腫によるものです。前の頁で述べたように、数少ない癌性の結節は大体において“分化度の高い”甲状腺癌によるもので、これが甲状腺癌の中で一番多いタイプです。乳頭癌が約60%、濾胞癌は12%、そして乳頭癌の濾胞変異があるものが6%を占めています<注釈:日本では乳頭癌が90%、濾胞癌は45%です>。これらの分化度の高い甲状腺癌は大体治りますが、まず最初に見つけなければなりません。細針生検(穿刺吸引細胞診)は、甲状腺の結節が癌性のものであるかどうかを確かめる安全で、効果的かつ簡単な方法です。
甲状腺癌は、普通、目立った孤立性の結節として存在し、患者が自分で触れたり、家族や友人が首にしこりがあるのに気付く場合もあります。これは上の図に示してあります。
甲状腺結節の入門編で指摘したように、良性の結節と癌性の孤立性甲状腺結節とを見分ける必要があります。
病歴や医師による診察、検査室検査、超音波、そして甲状腺スキャンは、どれも孤立性の結節に関する情報を与えてくれるものですが、甲状腺結節が良性か悪性かを見分けることができる唯一の検査は、細針生検(穿刺吸引細胞診)です(生検とは組織のサンプルを採取して、その細胞に癌の特徴があるかどうかを顕微鏡で見て調べる検査のことです)
このような状況では、甲状腺癌は体の他のあらゆる組織から生じたものと何ら違いはありません。…何かが癌性であるかどうかを見る唯一の方法が生検を行うことなのです。しかし、甲状腺は針を使って簡単にアクセスでき、そのためナイフで切り開いて組織の一部を採ることはせずとも、非常に細い針を甲状腺に刺して、顕微鏡検査用の細胞を採ることができます。この生検の方法は細針吸引生検(穿刺吸引細胞診)またはFNA”と呼ばれます。
コールド結節とは何でしょうか?甲状腺細胞はヨードを取り込み、そのためヨードを原料として甲状腺ホルモンを作ることができます。放射性ヨードを与えると、甲状腺の外形を示すチョウチョのような形の画像がX線フィルム上に得られます。結節が甲状腺ホルモンを作らない細胞(ヨードを取り込まない)からなっていれば、X線フィルム上に“コールド”として現れます。甲状腺ホルモンを作り過ぎている結節は、まわりより暗い領域として現れ、“ホット”と呼ばれます<注釈:ホット結節はわたしの次のページを参考にしてください>。
孤立性結節の評価には、かならず病歴と医師による診察を含めるべきです。病歴や医師の診察のある側面から良性か悪性かを窺い知ることができます。ただし、何らかの形の生検が、確定診断を下す唯一の方法であることを覚えておいてください。橋本甲状腺炎の家族歴 良性の甲状腺結節または甲状腺腫の家族歴 甲状腺機能亢進症または甲状腺機能低下症の症状 結節に痛みや圧痛がある。 やわらかく、滑らかで可動性の結節 特に大きな結節がない多結節性甲状腺腫(結節がたくさんあるが主要なものがない) 甲状腺スキャン上で、“ウォーム”な結節として現れる(正常な量の甲状腺ホルモンを作り出している) 超音波診断では単純な嚢胞である。甲状腺癌が全身に広がることはめったにありません。ほとんどの甲状腺癌は最初の手術で治ります。甲状腺癌が頸部のリンパ節に広がることはありますが、そのようなリンパ節は取ってしまえばよく、それで治すことができます。頻度は少ないのですが、癌が肺や骨に広がることがあります。そのような場合はX線やスキャンによる画像診断で見つけることができます。また放射性ヨードやX線による治療が必要になり、時に外科的に取ってしまうことも必要になります。まれですが性質の悪いタイプの癌に対しては、化学療法やX線治療が勧められることがあります。
皮膚癌以外では、すぐに治療した場合、他のあらゆるタイプの癌に比べ、いちばん多いタイプの甲状腺癌がもっとも長期成績がよいのです。ほとんどすべての患者が治療により完治します。腫甲状腺癌は患者が首のシコリに気付いて見つかることが多いのです。そのようなケースの半分は医師が別の癌とは無関係な病気の診察をしている時に見つかります。甲状腺癌では痛みがなく、症状もめったに出ません。実際に甲状腺癌患者はすべて代謝と甲状腺検査所見が正常です。甲状腺癌の通常の治療は、小さな切開を入れて甲状腺の必要な部分だけ、あるいは全部を取ってしまうことになります。手術の後、患者の声に障害が出るとか、カルシウムバランスの乱れが起こるようなことはまれです。リンパ節を取る場合はもっと切開を大きくしなくてはならないことがあります。しかし、それは首の下の方に入れますし、見かけもそんなに悪くなりません。大事なのは甲状腺や頸部のシコリを早いうちに正しく診断してもらうことです。まず家庭医に診てもらうべきで、その医師が状況を判断して、診断を確かめ、正しい治療を行なうため適切な専門医へ紹介することになるでしょう。しかし、他の多くの癌とは対照的に、早期発見と早期治療により必ずといってよいほど癌の根絶と完治がもたらされます。その通りです。6週間止めなくてはなりません。TSHレベルが上がっている場合にだけ、放射性ヨードが甲状腺に「入り込み」、作用することができるのです。甲状腺ホルモン剤を止めるとそうなります。残念ながらその間、不活発な甲状腺の影響で、疲労や筋肉のつり、むくみ、便秘などの症状が出る可能性が高いのです。研究ではヒトTSHの注射の使用が試験されていますが、これは有望のようです。できればこの薬が利用できるようになって、甲状腺ホルモン剤を止めずに放射性ヨード治療ができるようになることを願っています。甲状腺は、頸部中央で下の方に、気管の上を覆うような形で存在します。ほぼ左右対称な、蝶々のような形をしており、新陳代謝をつかさどるホルモンを分泌しております。
ホルモンが過剰に産生される甲状腺機能亢進症の代表的な病気がバセドウ病です。反対に、徐々にホルモンが減少する病気もあり、その代表的なものが慢性甲状腺炎(橋本病)です。
ホルモンが過剰になると、汗をかきやすくなり、動悸がしたり、いらいらしたりします。食欲旺盛なのに体重が増えないといった症状もあります。バセドウ病では、この他に眼球が飛び出してきたり、甲状腺そのものが腫れてきたりします。
逆にホルモンが減少すると、疲れ易くなったり、寒がりになったりします。食欲がないにも関わらず太ってきたり、体がむくんだりします。コレステロールなどの脂肪が代謝されずに体に残り、しいては動脈硬化の原因となったりします。
甲状腺がんの頻度は、全悪性腫瘍の1%とされ、頭頸部がんの中では比較的多い病気です。日本では治る確率の高い乳頭がんが多い一方で、欧米では遠隔・転移しやすい濾胞がんが多いという地域性があります。
日本で甲状腺がんの90%以上を占める乳頭がんはおとなしい癌で、特に直径が1cm以下のものは一生を通して大きくならないばかりか、消失してしまうものもあるとされています。他の領域で用いられる「早期がん」といった概念は甲状腺がんにはなく、1cm以下のものは「微少がん」と呼ばれ、そのほとんどは生命に影響を与えないと考えられています。
ただしその乳頭がんも、高齢になるにつれて周囲へ拡がったり、遠隔転移をしたり、未分化がんへ姿を変えたりする率が高くなるとされています。同じサイズ、同じリンパ節転移でも、45歳を境に病期分類を変えているほどです。ほとんどは症状がありません。したがって、甲状腺がんのほとんどは、検診や、他疾患で診察を受けた際に偶然発見されます。
進行し、周囲の反回神経(声帯を動かす神経)や気管、喉頭に浸潤すると、声嗄れが起こったり、咳が生じ、その進行が顕著になれば呼吸困難を生じます。
食道に浸潤すれば、嚥下時の違和感、嚥下障害も引き起こしますが、ここまで進行したものはハイ・リスク癌と呼ばれ、治療も難しくなり、再発も起こりやすくなります。
稀ではありますが、急速に頸部の腫れが進行することがあり、未分化がん、悪性リンパ腫が発見されることがあります。頸部から細い針を刺して腫瘍から細胞を吸引する「穿刺吸引細胞診」によって、ほとんどの癌は診断可能です(一般に90-95%)。
癌の広がりは超音波検査、CTで行います。従来から行われてきたシンチグラムは癌の診断や病期確定には無力です。
日本では、甲状腺外科学会が提唱する「甲状腺癌取扱い規約」によって病期を決定しています。分化がんには切除可能であれば手術を行います。たとえ遠隔転移があっても、甲状腺を全摘した後にアイソト−プ治療という放射線治療に期待できる場合が多く手術が選択されます。
通常は癌の存在する側を半分切除し、気管・食道近傍のリンパ節郭清を行います。外側頸部のリンパ節転移があれば必要に応じた頸部郭清を行います。
甲状腺の切除範囲、リンパ節の郭清範囲については、日本と欧米では大きく異なります。また、日本でも施設によって異なるのが実情で、これを統一する目的で、最近治療のガイドラインが作成されようとしています。
当科では、必要最小限かつ十分な甲状腺切除とリンパ節の郭清を行っています。全摘を可及的に避け、転移がない場合には外側頸部のリンパ節には手をつけないというものです。
そして、長期にわたって経過を追跡し、経過中にリンパ節への再発を認めた場合にはそのときに手術を行うものです。
未分化がんは非常に悪性度が高く、手術をしても助からないと考えられてきましたが、中には手術、放射線治療、化学療法を組み合わせた治療(集学的治療)で延命が望めたり、QOLが維持できたりする症例もあります。当科では、治療の可能性を追求して、症例によっては手術を行っています 当科では、年間約20-40人の甲状腺がんの手術を行ってきており、1986年から22年間に行った症例数は700例を越えるまでに至りました。
ここ10年ほどは微少がんの手術を避けることを原則としてきたためか、手術症例数は以前よりも減少しております。
がんの10年生存率は95%を超えていますが、最近は高齢者のハイ・リスク癌が増えており、今後の動向が注目されます。
1
年生存率が10%もないとされてきた未分化がんにも積極的に手術を行っており、QOL維持に効果があるという印象を持っています。膀胱癌はどのような癌ですか?
膀胱癌は全悪性腫瘍の1%ほどで、比較的希な癌です。男性に女性の4倍くらい多く認められ、年令的には60歳以上に多く認められます。
昔は染色工場で働いている人に多い癌として知られていましたが、現在はそのような職業とはまったく関係がない膀胱癌がほとんどです。
膀胱は移行上皮という粘膜で覆われており、そこから発生するので、膀胱癌のほとんどは移行上皮癌と言われるものです。

膀胱癌になった場合の自覚症状はありますか?

痛みなどを伴わない血尿が認められた場合は膀胱癌も疑って検査を受ける必要があります。まれに下腹部不快感や排尿時痛、頻尿などの膀胱炎と似た症状を伴う事があります。腫瘍が膀胱の出口にできると、尿線がとぎれるような症状を呈することがあります。
検診や人間ドックなどで顕微鏡的血尿を指摘された人は尿の中に癌細胞が混入していないかどうかを調べる尿細胞診を受けておくことをおすすめ致します。

膀胱癌の診断はどのようにおこなわれますか?

膀胱の中を観察する膀胱鏡検査を行うことで大部分の膀胱癌の診断が出来ます。
膀胱癌の組織の一部を顕微鏡検査することにより確定診断が出来ます。
膀胱癌の進み具合を診断する進行度診断は超音波検査やCT検査などを用いて行います。

治療はどのように行われますか?

膀胱癌は早期癌である表在性膀胱癌と膀胱壁の筋層に浸潤した浸潤膀胱癌にわけて治療計画が立てられます。

表在性膀胱癌の治療
表在性膀胱癌の治療ではまず経尿道的に膀胱癌を電気メスでけずり取ってしまう手術(経尿道的膀胱腫瘍切除術)を行います。
必要があれば、その後膀胱内に抗癌剤などを注入する療法を行います。
症例によっては結核の予防に使用しているBCGの膀胱内注入療法が非常に有効です。
表在性膀胱癌は治療した後にも再発してくることがありますので、治療後も定期的な膀胱鏡検査などが非常に重要となってきます。

浸潤性膀胱癌の治療

浸潤性膀胱癌の治療は抗癌剤を用いた治療、放射線の治療、膀胱全摘除術などの手術療法など効果的な治療を組み合わせて行われます(「集学的治療」と言います)。
膀胱癌は集学的治療が非常に有効な癌で浸潤性膀胱癌でも完治する患者さんも多くいます。

「尿路変向」の問題

しかし、このような集学的治療で膀胱を取ってしまわなければならなくなった患者さんには重大な問題が残ります。
膀胱には尿を貯める「蓄尿」という機能とたまった尿を体の外に出す「排尿」という機能があります。
膀胱がなくなる事により、これらの機能もなくなりますから、尿を貯めたり出したりする機能をどのようにするかという重大な問題がおこります(「尿路変向の問題」といいます)。
このように膀胱全摘除術を行った後の尿路変向術は、以前には尿がお腹のわきから常に流れ出る尿失禁状態の尿路変向術(集尿器を必要とする尿路変向術)しかありませんでした。
最近、新しい手術法が開発され、今では尿失禁を起こさないような尿路変向術(集尿器を必要としない尿路変向術)、さらには自分の尿道から排尿出来る自然排尿にちかい尿路変向術(自排尿型代用膀胱造設術)も行われるようになってきております。
たとえ進行膀胱癌であっても、治療後は病気になる前とあまり変わらない生活ができるようになってきました
膀胱は骨盤内にある臓器で、腎臓でつくられた尿が腎盂、尿管を経由して運ばれた後に、一時的に貯留する一種の袋の役割を持っています。膀胱がたまった尿で伸展されると、それを尿意として感じ、筋肉が収縮することによって排尿して、膀胱より尿を出しきるといった働きがあります。膀胱の表面は移行上皮という名前の上皮でおおわれ、伸縮性に富むことが特徴的です。膀胱がんは、この移行上皮ががん化することによって引きおこされ、組織学的には移行上皮がんが全体の90%を占めています。膀胱がんの統計
人口10万人あたり毎年約17人発生し、それほど多いがんではありませんが、年々若干増加の傾向にあります。男女比では女性より男性に多く、女性の約3倍多いといわれています。多くは40歳以上に発生しますが、若年者にもときにみられます。膀胱がんの原因
喫煙者は、非喫煙者の2〜3倍の割合で膀胱がんになりやすいといわれています。また、化学薬品や染料を扱う職業にも発症率が高いことが知られています。膀胱がんのタイプ
膀胱がんは、大きく分けて3つのタイプがあります。
@肉眼的に、ちょうどカリフラワーか、いそぎんちゃくのように表面がぶつぶつとなっているかたちをしたがん(乳頭がんともいいます)で、膀胱の内腔に向かって突出しています。しかし、がんの病巣は、膀胱の粘膜にとどまっていることが多く(表在性がん)、転移や浸潤(しんじゅん:がんが周囲に拡がること)をしないものです。
A前記のタイプのがんと異なり、がんの表面は比較的スムーズ(非乳頭がん)で、こぶのように盛り上がったものから、膀胱粘膜下に進展して粘膜がむくんで見えるものまでさまざまです。このがんは、膀胱を貫いて、壁外の組織へ浸潤しやすく、また転移しやすい特徴があります。
B膀胱の表面には、ほとんど隆起した病変を生じませんが、膀胱粘膜壁に沿って悪性度の高いがん細胞が存在している状態(上皮内がん)です。初期のがんではありますが、無治療でいると浸潤性のがんになっていきます。
膀胱がんは膀胱内に多発する傾向があるばかりか、尿の流れの上流である尿管や腎盂にも同様の病変が存在している場合がありますので注意が必要です。膀胱内にできる腫瘍で、悪性度の低い表在性膀胱癌と悪性度の高い浸潤性膀胱癌に分けられます。表在性膀胱癌は、乳頭状の発育をすることが多く、根が浅く浸潤や転移傾向が少ないため内視鏡で切除できることが多い腫瘍です。一方、浸潤性膀胱癌は膀胱の壁に深く浸潤しているもので、肺、骨、リンパ節などに転移を来すことも多あり膀胱全摘を中心とした抗癌剤投与や放射線療法などが選択されます。

◎どういう時に膀胱癌が疑われるでしょうか?
主な症状として、痛みを伴わない血尿があります。普通は排尿痛や残尿感を伴う血尿では膀胱炎を疑うのですが、抗菌剤を投与しても難治性であったり、症状が繰り返しおこる場合は、膀胱癌が見つかることがあります。ぜひ泌尿器科専門医の受診をお勧めします。

◎検査
まず尿検査が行われます。これはコップに尿をとるだけの簡単な検査ですが、血尿や炎症の有無や悪性の細胞の有無などをチェックできます。
エコー(超音波検査)は、体表にゼリーを塗って機械をあてる検査です。腎臓、膀胱、前立腺などがチェックできます。特に十分尿が貯まっている膀胱であれば直径5~10 mm程度の膀胱癌も発見可能です。
胱鏡癌の最終診断は内視鏡で膀胱の中をのぞく膀胱鏡です。これはやはり多少痛みを伴いますが、当院では柔らかく細い軟性鏡で検査をするためほとんど痛みはないようです。この検査で膀胱内の腫瘍が表在性か浸潤性か大体検討がつきます。
以上が主な検査ですが、浸潤性が疑われる場合はCT検査やMRI検査、骨シンチなどで浸潤の程度、転移の有無などを検討します。

◎当院での治療方針
1) 表在性膀胱癌の場合

腫瘍の根が浅いと考えられれば十分な麻酔下(主に腰椎麻酔)、尿道から内視鏡を挿入し切除します。通常術後数日で退院可能です。この治療で根治可能なことが多いのですが、この癌の特徴として膀胱腔内に再発しやすいことがあり、慎重な膀胱鏡検査による経過観察が必要となります。癌が多発していたり、再発しやすいときには予防的に膀胱内に抗癌
剤を注入することもあります。
一般にこの表在性癌は細胞の悪性度が低いことが多いのですが、例外として上皮内癌(CIS)というものがあります。これは隆起性の腫瘤を作らず膀胱粘膜をはうように発達し悪
性度が高く、発見が遅れると深く浸潤したり転移したりします。当院では主にBCGを
膀胱内に注入することで治療しています。この治療は外来で可能であり有効率も高いものですが人によっては、排尿時痛、頻尿などがひどかったり、膀胱容量が低下することもあり良く経過をみながらおこなっています。
2) 浸潤性膀胱癌
この癌は浅い浸潤で転移がない場合、原則として膀胱全摘をおすすめしています。一方、癌の浸潤が深くまた転移が認められれば、膀胱を摘出しても癌が残存することとなるため
1)新膀胱造設
(2)回腸導管
(3)尿管皮膚瘻などがあります。

術前に抗癌剤を投与し癌の縮小を得てから手術を検討することがあります。東北大ではタキソテールやジェムザールなどの新規抗癌剤も積極的にとりいれており治療成績も上がってきています。しかし患者さんの年齢
や全身状態によっては侵襲の大きな治療になることがあるためご本人の希望などいろいろな方向から検討しなければなりません。十分インフォームドコンセントによりよく相談し決定しています。
膀胱を摘出した場合当然排尿の仕方が変わります。これを
尿路変向(再建)といいますが当院の主な方法として
1)は小腸などを用い新しい膀胱を作成し自然な排尿を目指すものです。(2)は回腸の一部を尿を導く管として用いこれがストーマとなるものです。(3)は尿管を直接皮膚に開口させる方法です。(2)(3)はお腹に袋をはる必要があります。これ以外にも尿路変向にはいろいろな方法がありますが、東北大では患者さんに最適と思われることであ
れば適応として行っています。さて、これらの尿路変向にはそれぞれ長所短所があります。また癌の拡がり(尿道に進展していないか)や仕事などの生活パターンにより制約を受けることもあります。一生の生活の質(QOL)を左右することですのでご本人の希望を尊重し、よく相談の上納得した手術をうけていただいております。甲状腺乳頭癌や甲状腺濾胞癌の手術を受けた患者には、定期的にフォローアップ(経過観察)のための診査を必ず行なうようにします。それは、間違いなく成した手術の後で、何年も経ってから再発してくることが時々あるからです。
フォローアップのための再診時には、丁寧に病歴を採取し、定期的な胸部X線写真だけでなく、特に首の領域に注意しながら身体的診査を行なうようにします。
首と全身の影像を得るための超音波検査と放射性ヨードスキャンニングも役に立ちます。手術後、時々血液中のサイログロブリンのレベルの測定を行なうのも役立ちます。この物質は、正常な甲状腺組織から放出さ
れ、また分化度の高い癌細胞からも放出されます。甲状腺の全摘出を行なった後、また甲状腺の手術の後に甲状腺ホルモンを服用している患者ではサイログロブリンの血中レベルが非常に低くなります。サイログロブ



胃がんステージ

リンのレベルが高いまま、あるいは上がってきた場合は、一般的に甲状腺癌がまだ残っているか、または成長を続けていることをうかがわせるものですが、必ずしも予後が悪いということではありません。フォローア
ップの検査でサイログロブリンレベルが高くなっていることがわかったら、これは医師に対する警戒信号であり、腫瘍が再発していないか確かめるために他の検査も必要となることがあります。残念ながら、甲状腺癌

胃がんステージ


の患者の中には、抗サイログロブリン抗体の存在により、サイログロブリンの正確な測定ができない者もいます<注釈:この抗体があると測定系に影響を与えるためです。甲状腺のほとんど、または全部を取り除いた
場合、当然ながら体の機能を正常に保つために甲状腺ホルモンを服用しなければなりません。甲状腺の一部が残っていたとしても、甲状腺癌の患者ではサイロキシンを使った治療がフォローアップの際に行なう治療の


胃がんステージ


重要な部分となります。これは、手術後にサイロキシンの投与を受けなかった患者に癌の再発が起こりやすいという研究結果が出ているためです。甲状腺ホルモンは、医学的に禁忌症である場合を除き、TSHレベルを正常値以下に抑えるよう十分な量を投与しなければなり

胃がんステージ


ません。感度の高いTSHの新らしい測定法は、TSH濃度のモニターや、患者の血清TSHが正常値よりわずかに下であれば患者の再発の危険性は少ないことを確かめるのに非常に役に立ちます。より浸潤性の強い形の乳頭癌や濾胞癌の患者に対しては、TSHを検知レベル以下に抑えるため、もっと量を増やして投与するべきでしょう<注釈:今では、TSHを検知レベル以下にする程、甲状腺ホルモン剤を増やすと、閉経後の女性では


胃がんステージ

骨が弱る可能性を指摘する人もいます。ほとんどの甲状腺癌は非常に治癒率が高いのです。事実、いちばん多く見られるタイプの甲状腺癌(乳頭癌と濾胞癌)がもっとも治癒率が高いのです。若い患者では、乳頭癌と濾胞癌のどちらも、適切な治療が行われれば95%以上の治癒率が期待できます。乳頭癌と濾胞癌のどちらも癌がある側の甲状腺葉を完全に取り除いた上に、もう片方の葉大部分、あるいは全部を切除する方法で行われ


胃がんステージ

るのが普通です。
甲状腺の髄様癌ははるかにまれなものですが、予後は悪くなります。髄様癌は非常に早い段階から多数のリンパ節に広がる傾向があり、したがって乳頭癌や濾胞癌のように局所に限局する傾向の高い癌に比べ、はるか


胃がんステージ

に侵襲度の高い手術が必要になります。この癌は、甲状腺の全摘に加え、頚部の前方と側方のリンパ節郭清が必要になります。
いちばん頻度の少ないタイプの甲状腺癌は、未分化癌で、その予後はきわめて不良です。これはすでに広がってしまった後に見つかることが多く、ほとんどは治りません。手術では腫瘍をすべて取りきれないことが

胃がんステージ


よくあります。甲状腺癌は癌の中でもユニークなものです。甲状腺細胞それ自体が人間の体の細胞の中でもユニークなのです。その細胞は唯一ヨードを取り込む能力を持った細胞です。ヨードは甲状腺細胞が甲状腺ホルモンを産生するのに必要で、そのため血液中

胃がん ステージ

胃がんステージ

病因と発生病理
ウイルスは動物にいくつかの型の白血病を起こすが,人間における役割は不明である。2つのウイルスの関与だけが同定されている;(1DNAウイルスであるエプスタイン-バーウイルスがバーキットリンパ腫に関連し(139章参照),(2)ヒトT細胞白血病/リンパ腫ウイルスと称されるRNAレトロウイルスであるヒトT細胞リンパ好性ウイルスI 型が,ある種のT細胞白血病とリンパ腫に関連しており,これは日本人とカリブ人に最もよくみられる。電離放射線やある種の化学物質(例,ベンゼンや抗腫瘍薬)への暴露が,白血病になるリスクの上昇に関係がある。ある種の遺伝子欠損(例,ダウン症候群,ファンコニ貧血)も,白血病の素因となる。
悪性腫瘍への転換は(2つ以上の段階を経て)たった一個の細胞に起こり,その後増殖しクローン性に拡大する。通常,悪性化は多能性幹細胞レベルで起こるが,ときにはより限定された分化能をもつ単能性幹細胞にかかわることもある。クローンは遺伝的に不安定な傾向にあり,多様性と表現型進化という特徴を示す。一般的に,白血病細胞は正常な骨髄細胞よりも長い細胞周期を有し増殖分画も小さいが,アポトーシス(計画された細胞死)が遅れるために蓄積する。
白血病の臨床的および検査上の特徴は,正常の血球形成の抑制と臓器浸潤によって生じる。白血病細胞がつくる抑制因子や白血病細胞による骨髄腔の置換により,正常造血が抑制され,結果として貧血,血小板減少と顆粒球減少が起こる。臓器浸潤の結果,肝,脾,リンパ節が腫大し,ときには腎や性腺も腫大する。髄膜に浸潤すると,頭蓋内圧上昇に関連した臨床症状が出てくる(例,脳神経麻痺)。 分類
白血病は本来,予測生存期間によって急性または慢性と称されてきたが,今では細胞の成熟度によって分類されている。急性白血病は未成熟な細胞が大部分を占める(通常芽球型);慢性白血病はより成熟した細胞形態をとる。急性白血病はリンパ芽球性(ALL)と骨髄性(AML)に分類され,FAB分類(表138-1参照)や遺伝子表現型(表138-2参照)にしたがって形態学的および細胞化学的所見からさらに細かく分類される。B細胞やT細胞および骨髄系抗原に特異的なモノクローナル抗体は,フローサイトメトリーによってALLAMLを分類するのに役に立ち,治療にとって重要である
はリンパ性(CLL)または骨髄性(CML)と表される。ALLAMLCLLCMLの概括的な特徴は表138-3に示してある。
通常,急速に進行する型の白血病で,正常の骨髄が造血幹細胞の悪性転化から生じたクローン性の芽球で置き換わることを特徴とする。
急性白血病には急性リンパ芽球性白血病(ALL)と急性骨髄性白血病(AML)がある。
白血病細胞は骨髄中に蓄積し,正常な造血細胞を置換し,肝臓,脾臓,リンパ節,中枢神経系,腎臓,性腺へと広がる。細胞が血液由来なので,あらゆる臓器や部位に浸潤する。ALLはしばしば中枢神経系に浸潤し,急性単芽球性白血病は歯肉に浸潤し,AMLはあらゆる部位に局所的に集積する(顆粒球肉腫や緑色腫)。白血病浸潤は,中枢神経系や骨髄を除く臓器の機能を通常はほとんど損わずに,未分化円形細胞の広がりとして現れる。髄膜浸潤により頭蓋内圧が上がり,乳頭浮腫や脳神経麻痺を伴う。骨髄中の正常造血の置換を伴う骨髄浸潤により,貧血,血小板減少症,顆粒球減少症が起こる。 は進行性の骨髄不全を示すが,AMLの明確な診断には芽球数が不十分である(30%未満);4060%の症例がAMLに進展する。急性白血病症状と徴候
 症状は通常,非特異的で(例,疲労,発熱,倦怠感,体重減少)正常造血の障害を反映する。発熱は原因不明であることが多いが,顆粒球減少症によって明白な,しばしば重症の細菌感染が生じる。出血は通常点状出血と粘膜出血(例,鼻出血)を伴う易傷性,または月経不順によって示される。血尿や胃腸管出血はまれである。初期に中枢神経系が侵されること(頭痛,嘔吐,被刺激性亢進を生じる)はまれである。特にALLでは,ときおり骨や関節の痛みが生じることもある。 臨床検査所見と診断
 貧血と血小板減少はかなりよくみられる(7590%)。白血球数は減少することもあれば,正常あるいは増加していることもある。白血球数が著しく減少していなければ,通常血液塗抹標本で芽球が見つかる。通常は血液塗抹標本から診断できるが,常に骨髄検査を行うべきである。ときどき骨髄穿刺による検体が低形成であることもあり,針生検が必要とされる。重症の汎血球減少症の鑑別診断においては,再生不良性貧血,感染性単核球増加症,ビタミンB12欠乏,葉酸欠乏を考慮に入れなくてはならない。
 ALLの芽球は組織化学検査,および細胞遺伝学,免疫表現型,分子生物学などの検査によってAMLの芽球と識別すべきである。通常の染色による塗抹標本に加えて,ターミナルトランスフェラーゼ,ミエロペルオキシダーゼ染色,ズダン・ブラックB染色,特異的および非特異的エステラーゼ組織化学染色がしばしば有用である。 予後と治療
 ALLAML両疾患の,特に若年の患者における現実的な目標は治癒である。核型による下位分類は予後を明確にするのに有用である(表138-4参照)。
 最初の目標は完全寛解で,異常臨床所見の解消,正常血球数回復,骨髄造血正常,骨髄中芽球5%未満,白血病性クローンの消失である。特異的治療法の継続的改善がなされている(後述「急性リンパ芽球性白血病」と「急性骨髄性白血病」参照)。治療計画と臨床状況は複雑に関連しているので,経験のある治療チームが要求される。可能なときはいつでも,特に危険な段階(例,寛解導入)の間は専門の医療センターで患者を治療すべきである。
 支持療法:支持療法は,特にAMLの患者に重要であるが,一流の血液バンク,薬剤部,検査室と看護サービスを必要とする。通常血小板減少の結果である出血は,一般的に血小板投与に反応する。貧血(86%未満)は濃厚赤血球輸血で治療するが,大量出血による貧血の場合は,全血容量を回復させるために全血輸血が必要である。
 好中球の減少した免疫抑制患者では,感染は重症となる。臨床的に感染の証拠がないときでも,細菌性敗血症が起こる可能性があるので,好中球数500/μL未満の患者では,グラム陽性微生物に対する適用を含む広域殺菌性抗生物質療法(例,セフタジジム,プリマキシン)を始めるべきである。同様に,好中球減少患者の発熱には,適当な検査と培養を行った後すぐに抗生物質併用療法をするべきである。真菌感染の頻度は増加しており,診断は難しい。抗真菌薬による経験的治療は,抗生物質療法が4872時間で効果がみられなかった場合に適応がある。不応性肺炎の患者ではニューモシスチス-カリニやウイルス感染の可能性を疑い,気管支鏡検査や気管支肺胞洗浄によって確認し,適切に治療すべきである。しばしば顆粒球輸血と併用する,トリメトプリム-スルファメトキサゾール(TMP-SMX),アムホテリシン,アシクロビルによる経験的治療がしばしば必要である。顆粒球輸血はグラム陰性敗血症のある好中球減少症の患者に有用だが,予防投与としての効果は立証されていない。薬物誘発性の免疫抑制状態にある患者で日和見感染のリスクを有する場合は,ニューモシスチス-カリニ肺炎を予防するためにTMP-SMXを投与すべきである。
 白血病細胞が急速に破壊される初期治療期の患者における高尿酸血症,高リン酸血症,高カリウム血症は,補液や尿のアルカリ化や電解質モニタリングによく注意することによって予防できる。高尿酸血症は,キサンチンから尿酸への転換を抑制するためにアロプリノール(キサンチン酸化酵素阻害剤)を化学療法開始前に与えることにより,最小限に抑えられる。
 ALLAMLの治療の基本的原則は同様だが,薬物投与方法は異なる。急性リンパ芽球性白血病
(急性リンパ性白血病)
 ALLは小児に最も一般的な悪性腫瘍であり,発病のピークは35歳である。思春期にも起こり,成人に2番目の小さなピークがある。
 予後良好因子には,年齢37歳,白血球数25,000/μL未満,FABL1形態(表138-4参照),白血球細胞核型で染色体数50以上および t1221),診断時に中枢神経系病変がないことが含まれる。予後不良因子には,白血球細胞核型で染色体数は正常だが形態が異常である(偽性2倍体),高年齢の成人,B細胞免疫表現型で細胞表面や細胞質内免疫グロブリン陽性などが含まれる。
 危険因子に関係なく,初回寛解の可能性は小児で95%以上,成人で7090%である。小児の3分の2は再発することなく継続的に5年無病生存し,治癒すると思われる。治療の危険性と毒性が高くなるよりも,治療がうまくいかずに死にいたる危険性が高くなる方が重大であるので,大部分の研究プロトコルでは危険因子の少ない患者にもより強力な治療を選択する。
 いくつかのプロトコルは,初期に強力な併用化学療法を導入することを強調している。連日経口プレドニゾンと毎週のビンクリスチン静注にアントラサイクリンかアスパラギナーゼのどちらかを加えることにより,寛解へ導入できる。初期治療に導入される他の薬物やその組み合わせは,シタラビンとエトポシド,およびシクロホスファミドである。一部のプロトコルでは,メトトレキサート中等量または大量静注がロイコボリンで解毒しながら投与される。薬物の組み合わせと投与量は,危険因子が存在すれば変更される。白血病性浸潤の重要な場所は,髄膜であり(176章の「亜急性および慢性髄膜炎」参照),予防と治療には,メトトレキサート,シトシン-アラビノシド,コルチコステロイド脳脊髄腔内大量投与がある。脳神経系または脳全体の放射線照射が必要であることもあり,ハイリスクの患者の中枢神経系病変には必須である(例,高白血球数,高血清LDHB細胞表現型)。
 大半のプロトコルにメトトレキサートやメルカトプリンによる維持療法が含まれる。治療は通常2.53年継続するが,初期段階での治療がより強力なプロトコルでは短くなる。2年半完全寛解を持続した患者の治療停止後の再発危険率は約20%で,通常1年以内に起こる。このように,治療中止の際に大半の患者は治癒している。
 再発は通常,骨髄に起こるが,中枢神経系や睾丸において単独に,または骨髄に併発して起こることもある。骨髄再発はゆゆしき事象である。小児の8090%の患者で再寛解を得ることができるが(成人では3040%),その後に続く寛解は短い傾向にある。しかし,遅い骨髄再発をした患者のごく少数は,2度目の長期無病寛解に入り治癒することもある。HLAの一致する兄弟がいれば,2度目の寛解中に多くの患者に骨髄移植(BMT)を行うことが勧められる(149章参照)。
 効果的な中枢神経系予防をした患者においても,中枢神経系白血病が再発の最初の徴候であることもある。治療にはメトトレキサートを(シタラビンまたはコルチコイドとともに,あるいはなしで)すべての徴候が消えるまで,週2回脊髄腔内に注射する。全身に芽球が広がる可能性があるので,大半のプロトコルでは,全身性再寛解導入化学療法を行う。連続脊髄腔内薬物投与や中枢神経系照射の役割は明らかにはなっていない。睾丸再発は,睾丸の無痛性の堅い腫大で臨床的に明らかなこともあれば,ルーチン生検でわかることもある。片側の睾丸再発の臨床的証拠があれば,外見上異常のな急性骨髄性白血病
(急性骨髄系白血病,急性骨髄球性白血病)
AML
の罹患率は年齢とともに高くなる;AMLは成人により多くみられる急性白血病である。AMLは化学療法と放射線照射に随伴することもある(続発性AML)。
最も重要な予後因子は年齢,先行する骨髄異形成期,続発性AML,白血病細胞核型(表138-4参照),白血球数,およびアウエル小体の存在である。FAB分類だけでは治療反応性を予測できない。寛解導入率は5085%である。50歳以上(特に65歳以上)の患者は寛解に到達することが少ない。寛解に到達しないのは,死亡あるいは感染に対する薬剤耐性,低形成期の出血による。
長期間の無病生存は2040%の患者でみられることが報告されており,骨髄移植を受けた若い患者では4050%と高くなる。続発性AMLを発症した患者は,予後が悪い。
初期の治療目標は寛解導入である。AMLに有効な薬物はより少ないので,AMLの治療はALLと大きく異なる。基本的な導入療法は,シタラビンの57日間の連続点滴静注である;ダウノルビシンまたはイダルビシンは,この間3日間静注で与えられる。6-チオグアニン,エトポシド,ビンクリスチン,プレドニゾンを含むプロトコルもあるが,これらがどれほど貢献しているかは不明である。AMLの治療は通常重大な骨髄抑制を引き起こし,しばしば骨髄が回復するまで長引く。この間には注意深い予防措置と支持療法が必須である(前述参照)。
急性前骨髄球性白血病APL)と他のAMLの症例では,初診時に汎発性血管内凝固症候群(DIC)が生じ,白血病細胞溶解によって凝固因子が放出されるにつれ悪化する。APLでは,DICは全トランス型レチノイン酸によって25日で治療され,ダウノルビシンやイダルビシンと併用すれば患者の8090%が寛解に達する。
多くのプロトコルでは寛解後も,同一あるいは他の薬物による一定期間の強化療法が含まれる;シタラビンの高用量療法は,特に60歳以下の患者の強化療法として行うと寛解率を改善させる。全身性白血病がうまくコントロールされるようになれば,中枢神経系白血病が合併症として頻発しなくなるので,中枢神経系白血病の予防は通常行われない。強化療法を受けたAMLの患者における維持療法の役割は立証されていない。髄膜外の部位における単独再発はあまりない。 いもう一方の睾丸の生検を行うべきである。治療は,睾丸の放射線照射であり,中枢神経系単独再発についていえば全身性再寛解導入療法である。慢性リンパ球性白血病
(慢性リンパ性白血病)
リンパ節やリンパ組織を侵す成熟した外観をもつリンパ球のクローン性増殖で,骨髄への進行性浸潤と末梢血での存在がみられる。病理
 リンパ球の蓄積はおそらく骨髄で始まり,リンパ節や他のリンパ組織に広がってゆく。脾腫が生じる。通常,疾患晩期で造血異常により貧血,好中球減少,血小板減少が生じ,免疫グロブリン産生が低下する。多くの患者が低γグロブリン血症と抗体産生異常を生じるが,それはときにサプレッサーT細胞活性の増加に関係があるように思われる。他の免疫調節異常は,免疫性溶血性貧血(通常クームズ試験陽性),血小板減少によって特徴づけられる自己免疫疾患を伴いやすいことである。二次性の悪性腫瘍の危険性はある程度高い。
 伝統的にCLLに対する記述は最も一般的な亜型(つまりB細胞型)に対するものであった。そして,その亜型は,ほぼ全ての症例を占めている。23%の症例ではT細胞のクローン性増殖があり,このグループにさえも亜型がある(例,汎血球減少を伴う大顆粒リンパ球)。それに加えて,他の白血病の型もCLLに分類されてきた:すなわち,前リンパ球性白血病,皮膚のT細胞リンパ腫の白血病期(すなわちセザリー症候群),有毛細胞白血病,白血性リンパ腫(すなわち悪性リンパ腫の進行した段階でみられる白血病性急性転化)である。典型的なCLLとこれらの亜型の識別は通常簡単である。 症例の75%が60歳以上で診断される。CLLは男性の方が女性より2倍多く罹患する。原因は不明だが,症例によっては家族性のこともある。CLLは日本と中国ではまれであり,日本人の米国移住者の間では増加していないようであるので,遺伝因子が示唆される。症状と徴候
 CLLの発症は通常徐々に起こり,最初はしばしば付随的な血液検査から,または無症状のリンパ節腫大の評価中に診断される。症状のある患者は通常非特異的な訴えを有する。それらは,疲労,食欲不振,体重減少,労作時の呼吸困難,および(脾腫や蝕知可能なリンパ節による)腹部膨満感である。初期所見には全身性リンパ節腫大と軽度から中等度の肝腫と脾腫がある。進行性となると,貧血による顔面蒼白を示すこともある。皮膚浸潤がT細胞CLL患者の特徴となることもある。細菌,ウイルス,真菌に対する易感染性は低γグロブリン血症と顆粒球減少症によって疾患後期に生じる。  検査所見と診断
 CLLの特徴は持続するリンパ球の絶対的増加(5000/μL以上)と骨髄中のリンパ球増加(30%以上)である。診断時には,まれに骨髄浸潤(症例の10%),脾腫,または免疫性溶血性貧血と免疫性血小板減少によって中等度の貧血と血小板減少が存在することもある。低γグロブリン血症を生じる患者もおり(症例の15%以下),ときには白血病細胞の表面にみられるものと同じ型の単クローン性血清免疫グロブリンのスパイクがみられる(症例の24%)。
 無症状の患者の場合,CLLは異常血球数で診断がなされる。その他には,前述のような非特異的症状が潜行性に始まり,全身のリンパ節腫大のある患者ではCLLを疑うべきである。全血球計算と骨髄穿刺で診断が確定する。ウイルス感染に関連のある反応性リンパ球増加症は,臨床像と血液塗抹標本上での異型リンパ球の存在によって区別できる。B細胞CLLの白血病細胞はB細胞マーカーとCD5CD23をともに示す。鑑別診断は免疫表現型によって容易になった。リンパ球性リンパ腫の白血病期では,CLLにみられるよりも大きい特徴的な切れ込みの入った核をもつ細胞が循環血中に存在する。セザリー症候群(すなわち,大脳様の核)や有毛細胞白血病(すなわち,細胞質突起)の細胞も十分特徴的である。
臨床的病期分類は,予後や治療法に役立つ。2つの一般的な病期分類は,主に血液学的変化に基づくRai分類と,病気の広がりに基づくBinet分類である(表138-5参照)。予後と治療
B
細胞CLLあるいはその合併症の患者の生存期間中央値は約10年である。病期0からII と診断された患者は治療なしで520年生きることもある。病期III あるいはIV の患者は診断後34年以内に死亡しやすい。進行して骨髄不全になると,通常生存年数は短い。CLL患者も二次性悪性腫瘍を起こしやすい。

胃がんステージ

CLL
は進行性であるが,何年も無症状の患者もいる;進行性が明白になり,症状が生じるまで治療は適応とならない。支持療法には,貧血に対する濃厚赤血球輸血,血小板減少に伴う出血に対する血小板輸血,細菌,真菌,ウイルス感染に対する抗生物質が含まれる。感染は通常,好中球減少や無

胃がんステージ

γグロブリン血症と関連する;そのため殺菌的抗生物質を使用すべきである。帯状疱疹がよくみられ通常皮膚分節まで侵される。通常アシクロビルと関連の抗ウイルス薬によく反応する。低γグロブリンで無反応性の感染症の患者に,また6カ月以内に2つ以上の重症感染症が生じた患者には予防のた

胃がんステージ

めに,γグロブリン点滴療法を考慮すべきである。
特異的療法には化学療法,コルチステロイド,放射線療法がある。治療が生存期間を延長することは証明されていない。過剰な治療は過少な治療より

胃がんステージ

危険である。
アルキル化剤,特にクロラムブシル単独またはコルチコステロイドとの併用による治療法が,長い間B細胞CLLの通常の治療法であった。し

胃がんステージ

かしながら,フルダラビンがより効果的である。生存期間を延長することは証明されていないが,他の治療よりも寛解は延長される。インターフェロンα(IFN-α)とデオキシコホルマイシン,および2-クロロデオキシアデノシンは有毛細胞白血病に非常に有効である。前リンパ球性白血病やリンパ性白血

胃がんステージ

病の患者は通常,多剤化学療法を必要とするが,しばしばわずかに反応するだけである。
免疫性溶血性貧血や血小板減少症はコルチコステロイド療法の適応である。プレドニゾン1mg/kg/日により,進行したCLL

胃がんステージ

患者にときに著明で急速な改善がもたらされるが,反応はしばしば短い。代謝異常が生じたり,感染症の頻度と重症度が悪化するので,プレドニゾンを長く用いるときは注意が必要である。プレドニゾンをフルダラビンと併用するとニューモシスチス-カリニやリステリア感染の危険性を高める。

胃がんステージ

局所照射がリンパ節腫大部位,肝や脾の病変に対し,一時的な症状軽減のために行われることがある。低線量での全身照射がときおり成功を収めている。

胃がん ステージ

胃がんステージ

<患者さんの日常生活上の工夫>吐き気・嘔吐の予防            抗がん剤治療を受ける日は食事の量を少なめにしたり、治療の数時間前は食べないようにするなどの工夫で、軽減できることがあります(特に乳製品は消化時間が長いので、控えたほうが良いでしょう)。             体をしめつける衣服は避けたほうが良いでしょう。  吐き気・嘔吐が起きたとき            安静を心がけ、横向きに寝て体を内側に曲げると良いでしょう。また、冷たい水でうがいをしたり、氷やキャンディーなどを口に含むと効果的です。             においに敏感になっている場合には、花や香水などのにおいが強いものは避け、また室内の換気をよくして、リフレッシュすると良いでしょう。             音楽を聴いたり、テレビを見たり、ゆっくりと腹式呼吸を行うことで吐き気が楽になることがあります。 食事の工夫            無理せずに食べられるものを探し、食事はゆっくりと時間をかけたり、少量ずつ可能な範囲で食べると良いでしょう。             料理では、とくに揚げ物、煮物、煮魚や焼き魚などを避けることで、吐き気が軽減することもあります。また料理は冷やしたり、冷まして食べることで、においが軽減し食べやすくなることもあります。             市販の栄養補助食品などで、少量でもカロリーや栄養素を補うことができるものがあるので、試してみても良いでしょう。 食べやすい食品の例            冷たくて口当たりがよく、飲み込みやすいもの:卵豆腐、茶わん蒸し、絹ごし豆腐、ゼリー、プリン、シャーベット             消化によいもの:お粥、煮込みうどん、雑炊、野菜のスープ煮             ビスケット、クラッカー、クッキー 腸管粘膜が薬により刺激を受け、また抗がん剤投与により消化管の粘膜が傷害され、下痢が起こります。薬の種類によって急に起こるものがありますが、多くは抗がん剤投与後2〜10日ぐらいに起こることが多いです。 <患者さんの日常生活上の注意>            消化の良いもの(お粥や煮込んだうどんなど)を食べ、食事は何回にも分けて、少しずつとると良いでしょう。             脂肪分の多い食べ物、牛乳や乳製品は避け、また香辛料を多く使った料理や、炭酸飲料などの刺激物は避けたほうが良いでしょう。             十分な水分補給を心がけてください。冷たすぎる飲み物は避けましょう。             スポーツドリンク類は電解質補給にもなる。             カリウムの多い食品(バナナ、果物ジュースなど)をとるとよいでしょう。             トイレのあとは必ず陰部を洗浄する(感染防止) 3)便秘腸の働きを調節している自律神経への抗がん剤の作用、直接的な障害やある種の制吐剤などによって、腸の運動が弱くなり、いつもより便が出にくくなることがあります。 <病院で処方される便秘の薬>            腸の運動を強める下剤            便の水分を保ち、便が硬くなるのを防ぐ下剤 <患者さんの日常生活上の注意>            水分を十分にとり、繊維の多い食べ物をとると良いでしょう。             十分に時間をかけて、お腹を時計方向にさすりながら排便したり、排便を我慢せず、毎日同じくらいの時間にトイレに座ってみると効果的です。             また、無理のない程度の軽い運動を心がけると良いでしょう。             口内炎には、抗がん剤の粘膜に対する直接的な障害と、抗がん剤によって骨髄機能*が抑制され(骨髄抑制)、局所感染する二次性障害の2つがあります。 *骨髄機能:骨髄では、血液の成分である赤血球・白血球・血小板が作られています。骨髄機能の抑制により、赤血球が減少すると貧血になりやすくなり、白血球が減少すると感染症にかかりやすくなり、また、血小板が減少すると出血しやすくなります。 <口内炎の治療>            治療前に歯科を受診し、入れ歯の点検やブラッシング、うがいの指導を受けておくことをお勧めします。             痛みが強い場合には、消毒作用や痛み止めの作用のあるうがい薬を使うこともあります。             炎症を抑えたり、鎮痛効果のある塗り薬・貼り薬を使用することもあります。 <患者さんの日常生活上の注意> 口内炎ができたときの食事の工夫            料理は熱いものを避け、冷まして食べると炎症部位への刺激が少なくなります。塩分や酸味、香辛料の強いものは避けると良いでしょう。             やわらかい料理(お粥や、やわらかく煮込んだうどんなど)を多めにしたり、とろみをつけたり、裏ごしすると食べやすいです。             牛乳や卵豆腐などは、口にしみにくく食べやすいです。 予防            必要に応じてうがい薬でこまめにうがいをしたり、食後あるいは寝る前にうがいをし、歯磨きなどで口のなかを清潔にするとよいでしょう。             口のなかを乾燥させないように心がけてください。(口を開けて寝る癖のある方はマスクをつけて寝る、アルコール分を含んだうがい薬や洗浄剤は使用しないなど)             歯ぐきの傷つきを防止するため、歯ブラシは小さめの柔らかいブラシのものを使うと良いでしょう。また、刺激の弱い歯磨き粉を用いるとよいでしょう。 成人の正常な白血球の値は2,0008,000/ml(1ml あたり2,0008,000個)といわれています。一般的には、抗がん剤の投与を受けてから7〜14日目ごろに白血球の数が減少し、感染しやすい状態になります。 抗がん剤治療においては、体のことや薬の副作用を患者さん自身がよく知り、私たちと一緒に治療し、つらい副作用を防いだり、少なくしたりして、安心できる日常生活を送ることが最も大切です。安心してがん治療を続ける方法を、私たちと一緒に見つけていきましょう。 ここでは、「がん」と「抗がん剤治療」がどのようなものかということや、代表的な「抗がん剤の副作用」とその具体的な「対策」について紹介します。 また、「日常生活における注意点」も参考にして、より安全に、安心して抗がん剤治療を受けることに役立てていただければ幸いです。 内容は簡単にまとめてあるため、ここに書かれていないこともあります。 疑問や質問がありましたら、どうぞ遠慮なく医師や看護師、薬剤師などの医療スタッフにお尋ねください。 主な抗がん剤の副作用とその対策1)吐き気・嘔吐抗がん剤による吐き気(悪心(おしん))や嘔吐は、脳のなかにある神経が刺激されることで起こります。また、放射線治療と併用して抗がん剤治療を行うと、照射部位によっては、食道や胃に粘膜炎を起こすことで吐き気や嘔吐が起こることがあります。 <病院で処方される吐き気・嘔吐の薬>制吐(せいと)剤(吐き気を抑える薬)決められた指示どおりに内服してください。また、吐き気が強い場合に飲んでいただくものもあります。吐き気が強く内服が難しいときには、ご相談ください。坐薬(ざやく)を用いることも可能です。また制吐剤は、我慢せずに積極的に内服しましょう。   胃がんステージ 薬の影響で骨髄機能が障害され、白血球の数が少なくなると、病原菌(細菌)に対する体の抵抗力が弱くなり、いろいろな部位(口、肺、皮膚、尿路、腸、肛門、性器など)で感染症を起こす可能性があります。ときには、菌血症*、敗血症*などの全身の感染症を引き起こすことがあります。  胃がんステージ 血液検査(白血球数、好中球数、ヘモグロビン、血小板数) (白血球の数値によっては、治療を延期する場合がある) 白血球を増やすための薬の投与 抗生物質の投与   胃がんステージ 口や皮膚、尿路、肛門からの感染に注意する手洗い(食事の前、トイレの前と後、外出から帰ってきたとき)をしっかり行い予防に努めましょう。指の間もよく洗うことを心がけてください。   胃がんステージ うがい(朝起きたとき、外出から帰ってきたとき、食事の前など頻回に)をしましょう。必ずしも殺菌・消毒作用のあるうがい薬を使う必要はありません。水道水でもよいので、つらくない方法で、なるべくうがい回数を多くするようにしてください。  胃がんステージ 体を清潔に保つこと(入浴、シャワー)、またトイレの後、陰部を洗浄することや、皮膚を乾燥させない(ローション・クリームなどで保湿する)ことなどを心がけてください。 口のなかを清潔に保つために、食後、寝る前の歯磨きを行いましょう。  胃がんステージ 風邪、百日咳、水ぼうそうの人には近づかない方が良いでしょう。また、抗がん剤治療中には予防接種は避けてください。 切り傷に気をつけてください(ひげそりは電気カミソリで行うと良いでしょう)。また、庭いじり、ペットの入浴には手袋を使う、果的です。  胃がんステージ 抗がん剤の影響で骨髄機能が障害され、赤血球の数が少なくなると、貧血症状を感じることがあります。  胃がんステージ 具体的な症状としては、だるさや疲れやすさ、めまい、息切れなどです。

胃がん ステージ

胃がんステージ

甲状腺の場所と働き 

 甲状腺は首の気管前面にくっついた形で存在し、いわゆる「のど仏」の下方にある臓器で重さは約15gです。男性では女性に比べてやや低い位置にあります。甲状腺の後両側には反回神経という声を出すのに必要な神経が走っており、気管後面には食道が、またすぐ近くに頚動脈、頚静脈などがあります。

 

 甲状腺は甲状腺ホルモンという日常生活に必要不可欠なホルモンを分泌する臓器です。そして、そのホルモンレベルは脳にある下垂体という臓器の指令により調節されています。なお、甲状腺の裏側には副甲状腺というやはりホルモンを分泌する米粒大の臓器が左右上下計4個存在し、血清中のカルシウム値を一定に保つ役割を担っています。

 

 甲状腺の病気としては、バセドウ病、甲状腺腫瘍(良性・悪性)、慢性甲状腺炎など多彩なものが含まれますが、ここでは悪性の甲状腺腫瘍、すなわち甲状腺がんについて解説します。

 

2.甲状腺がんの特徴  

 

 甲状腺がんには他のがんと比べていくつかの特徴があげられます。

 

 まず、性別ですが男女比が1:5と圧倒的に女性に多いのが特徴です。次に、年齢層ですが、若年者から高齢者まで広い年齢層に分布し、20歳台やあるいはもっと若年者でもさほど珍しくありません。また、後述する未分化がんを除き、一般に進行が遅く治りやすいがんであるのも大きな特徴でしょう。特に若年者のがん(乳頭がんというタイプが多い)でたちがいいのも一般のがんの常識とかけはなれています。

 

 乳がんなど多くのがんではリンパ節転移の程度などがんの進行程度により治癒率が大きく左右されますが、甲状腺がんの場合後述する組織型(顕微鏡検査での分類)が最も運命を左右する因子です。

 

 甲状腺がんのうち1%程度を占める髄様がんというタイプのがんは遺伝性のことがあり、また副腎や副甲状腺の病気を伴うことがありますので治療にあたって特別な配慮が必要になります。

 

3.甲状腺がんの種類  

 

 甲状腺がんは組織型により乳頭がん、濾胞がん、髄様がん、未分化がんに分類されますが、このいずれであるかによって病態や悪性度が大きく異なります。このうち、乳頭がんが全甲状腺がんの約80%を占め、ついで多いのは濾胞がんです。この両者(分化がんと総称します)は予後も良好です。髄様がんはリンパ節転移を起こしやすく約1/4が遺伝性です。髄様がんは分化がんに比べると悪性度は高いのですが、未分化がんほど悪性度は高くありません。一方、未分化がんはおそらくあらゆるがんのうちでも最も増殖スピードの速いもので、治療成績も大変悲惨なものです。未分化がんはこのように恐ろしいがんですが幸いその頻度は低く、もとからあった分化がんが長年のうちに変化したものと考えられます。

 

なお、本来リンパ系の腫瘍である悪性リンパ腫が甲状腺にできることもありますがここでは詳細に触れないことにします。

 

4.甲状腺がんの症状  

 

 甲状腺がんの症状は通常前頚部にしこりを触れるだけです。長年放置して大きなしこりとなると目でみただけでわかるサイズになりますし、また周囲臓器への圧迫症状を呈することもあります。ただ、前頚部のしこりで甲状腺の腫瘍と判明してもそのすべてががんではなく、良性のもの(腺腫、腺腫様甲状腺腫など)とがんとの比率は約5:1です。また、まれに声が嗄れたり、頚部のリンパ節転移などを契機に甲状腺がんが発見されることもあります。また、何らかの理由によりとった胸部CT検査で偶然甲状腺腫瘍が発見され、精査の結果がんがみつかることもありえます。

 

 ただし、以上のことは甲状腺分化がんの場合であって、未分化がんでは急激な増大、痛み、息苦しさなど多彩な症状を呈します。

   胃がんステージ  

5.甲状腺がんの診断  

 

 手で触る触診以外に超音波検査(エコー検査)、CT検査などが補助診断法として有用です。また、しこりに細い針をさしてがん細胞の有無を調べる穿刺吸引細胞診は信頼性も高く、組織型の推定にも有力な情報を提供してくれます。また、目的に応じて甲状腺シンチグラフィ、MRI検査などもおこなわれます。

  胃がんステージ  

 また、髄様がんでは血中のカルシトニンやCEAといった検査値が高くなりますので、診断は容易です。また、髄様がんでは遺伝性のことがあるので、その家族の方で無症状の髄様がんが発見されることがあり、髄様がんの遺子診断も技術的に可能になってきています。

 

6.甲状腺がんの治療  

   胃がんステージ  

甲状腺がんの手術

 

 乳頭がん、濾胞がん、髄様がんはすべて手術の対象となります。病変の広がりにより甲状腺を全部取る(甲状腺全摘術)、大部分取る(甲状腺亜全摘術)、左右いずれか半分を取る(片葉切除術)など切除範囲にバリエーションがあります。頚部のリンパ節は原則として切除(郭清)しますが、その範囲もがんの進み具合により判断されます。きわめて微小な分化がんではリンパ節郭清を省略しうる場合もあります。

  胃がんステージ  

 遠隔臓器に転移をきたした分化がん(ことに濾胞がん)では甲状腺全摘後、ラジオアイソトープを投与が行われます。分化がんに対する有効な化学療法(抗がん剤治療)はありません。

 

 一方、甲状腺未分化がんに対しては、手術よりも放射線療法と化学療法が中心的な治療となります。

  胃がんステージ 

甲状腺がん手術の合併症

 

 甲状腺の手術に特徴的な合併症としては、反回神経麻痺、副甲状腺機能低下などがありえます。反回神経麻痺(片方)では声が嗄れる、水分を飲むとむせる、などの症状がでます。したがって、この神経ががんに巻き込まれているとかよほど特殊な状況にないかぎり反回神経は残します。また、副甲状腺4個のうちいくつかは切除されることが多いのですが、3個以上の摘出では血液中のカルシウムが低下し、指先や口の周囲のしびれ(テタニーと呼びます)がおこることがあります。テタニーがおこればカルシウム剤の補充を行います。

    胃がんステージ 

甲状腺がん術後の投薬

 

 甲状腺全摘術や大部分を切除した場合には、残った甲状腺が十分な甲状腺ホルモンを作れないので、チラージンSという甲状腺ホルモン剤を服用する必要があります。ただ、ホルモン剤といっても本来身体に不足している分を補うだけのことですので、副作用の心配はまったくいりません。また、甲状腺全摘術などで副甲状腺の機能低下がおこり血清のカルシウム値が低下している場合にはカルシウム製剤や活性化ビタミンD3を服用する必要があります。

 

1.甲状腺がんの治療成績  

   胃がんステージ 

 未分化がんを除き甲状腺がんの予後は良好です。特に、大部分をしめる乳頭がんでは術後10年生存率が90%を越えますのでがんのうちでも最も治りやすい部類に属します。濾胞がんもこれに準ずる高い治療成績が得られます。髄様がんは分化がんに比べるとやや不良ですが、それでも一般のがんに

   胃がんステージ 

くらべると予後は良好です。ただ、未分化がんの治療成績はきわめて悪く今後の研究課題です。

胃がん ステージ

胃がんステージ

多くの種類とタイプがある癌

悪性リンパ腫には、多くの種類とタイプがありますが、種類によって、悪性度も治療法も違いがあります。

大きく分けると、非ホジキンリンパ腫とホジキン病に分けられます。

違いは、リード・シュテルンベルグ細胞といわれる、異常におおきなリンパ球がない場合は非ホジキンリンパ腫。ある場合はホジキン病です。

日本人は圧倒的に非ホジキンリンパ腫が多く、ホジキン病は10%程度です。

 抗がん剤が効くホジキン病

日本でのホジキン病の治療は、抗がん剤+放射線によって、6割から8割の長期生存が望めます。抗がん剤は4種類を組み合わせた併用療法(ABVD療法)になります。

B細胞かT細胞で分ける非ホジキンリンパ腫

非ホジキンリンパ腫は大きく2種類に分けます。

B細胞(抗体を作るリンパ球)の癌化したものの中で、月単位で進行する、びまん性大細胞型リンパ腫は日本人の約35%を占めるといわれています。

この場合は、3種の抗がん剤+ホルモン剤のCHOP療法や、分子標的治療薬のリツキサンを足した、R−CHOP療法をします。

T細胞(細胞性免疫)の癌化したものの中で、最も悪性度が高く、週単位で悪化していく、成人T細胞型リンパ腫。

B細胞に比べ、治療が難しく、抗がん剤の多剤併用をしても生存期間は1年前後のため、造血幹細胞移植を行ってから、大量の抗がん剤治療をします。

 1)接続して進行するホジキン病

ホジキン病の進行は、首のリンパ節から脇の下のリンパ節、脾臓という順番で進行していくのが特徴です。

2)飛び離れたところにも出現し、リンパ節以外の臓器や、皮膚、粘膜にも出現します。

そのため、部位や臓器によって、さまざまな症状になります。

進行がん・・・肝臓、脾臓の肥大

消化器系・・・腹部の塊、腹痛、嘔吐、腸閉塞、出血

骨髄系・・・・貧血、感染症、皮膚からの出血

泌尿器系・・・腎不全

脳、目、耳、鼻・・皮膚および、脳内の腫瘤

移植による副作用・・・生着不全。免疫不全

 QOLを考える!

悪性リンパ腫の治療は、種類によってさまざま。特に悪性度が高い場合は、すばやく治療を開始しなくてはならず、悩む時間はありません。

移植のドナーと出会える確立は、とても低いのが現状です。

その間、何を基準に考えていけばいいのでしょうか。

それはQOL(生活の質)をいかに守り、暮らしていくことではないでしょうか。

治療中も、また治療後もQOLを下げず暮らしていける生活を基準に、治療に当たっていくことと考えます。

骨髄中の造血幹細胞の癌

血液細胞の遺伝子レベルの異常により引き起こされ、異常な白血球が無制限に増殖します。

しかし、遺伝子が関係していても、遺伝はしないと考えられています。

■血液検査でしかわからない癌

白血病は、癌化した血液が全身にまわりますので、からだ全体に症状が出始めます。

初期では、風邪に似た症状で、だるさ、疲れ、貧血、出血などが出ます。

しかし、画像ではわからないため、血液検査で初回診断をします。

さらに、骨髄穿刺、染色体検査、免疫検査などを行い、急性か慢性か、骨髄性かリンパ性かを診断します。

■発症頻度はとても少ないが、年齢層は広範囲の癌

発症年齢は小児から高齢者まで、どの年代にも発症します。しかし高齢者ほど発症頻度が高くなっています。

 ■強力抗がん剤・造血幹細胞移植・グリベック

白血病の治療法は種類によって、少しずつ異なります。

急性は、強力な抗がん剤で完全完解を目指し、完解後に造血幹細胞移植を行います。

しかし、移植を行うためには、骨髄の中の細胞を空にしなければならず、様々な副作用に耐えうる体力が必要となり、一般的には50歳以下とされているのです。

また、どんなに希望しても、ドナーが見つからなければ移植は成立しません。

さらに移植後も、リンパ球が体を攻撃する病気(移植片対宿主病)が起こります。

高齢者や臓器に障害がある場合は、この病気の利点を利用した、ミニ移植という方法も一部行われています。

慢性の場合は、抗がん剤治療に、グリベック(イマチニブ)という分子標的治療薬を服用することで、完全完解に導く割合が多くなってきました。

 .初期の段階では、風邪に似た症状で、だるさ、疲れ、発熱、貧血、出血などがあります。

.診断時から4期に相当する癌

他のがんと異なり、診断したときから全身に拡がっているので、4期に相当します。

したがって、進行による転移という表現はしません。

.その他の病状

血液の異常細胞の増加、正常細胞の低下による症状。抗がん剤による副作用

貧血、出血、感染症、全身疼痛、肝障害、腎障害、消化器障害、心筋障害、皮膚・粘膜障害など

移植による副作用

生着不全。免疫不全

表皮や真皮などの細胞に発声するガンです。

40歳代以上から発生率が高くなり、70歳代くらいでピークになります。

主に顔など、露出している皮膚によく発生します。

皮膚ガンには有棘細胞ガン、基底細胞ガン、悪性黒色腫(メラノーマ)、ページェット病などの種類があります。

 ■手術でガンを取り除く方法が中心

その際には実際のガンより大きく、深く取り除くことが必要なので皮膚移植が行われることも少なくありません。

またレーザー照射治療や、放射線療法、化学療法なども行われます。

皮膚ガンは紫外線や放射線、外傷などによる誘発があるほか、傷、やけどの跡や色素性乾皮症から皮膚ガンを生じることもあります。

西欧人は紫外線に弱いタイプの皮膚を持つために皮膚ガンになりやすい傾向があります。

 QOLを考える!

さて、今後何を基準に考えていけばよいのでしょうか?それは、QOL(生活の質)をいかに守り、暮らしていくことではないでしょうか。

攻撃的な癌治療から、病人を守るディフェンス的な治療へ、そして癌を休眠させ、最終的に共存共生を行い、癌があってもQOLを下げず暮らしていける生活を基準に治療に当たっていくことと考えます。

皮膚は私たちの全身を温度や湿度の変化、紫外線、ほこりなど様々な外部の刺激から守っています。

皮膚の構造は上から表皮、真皮、皮下組織の3層から成り立っています。

大人の皮膚の総面積は約1.6平方mであり、厚さは表皮が約0.060.2mm、真皮を合わせると、0.41.4mmです。

日本では、年間1000人から1500人ほどの人が悪性黒色腫に罹っており、年々増加傾向にあります。

 

20歳代からやや多くなり、40歳代から急に増えてきます。60歳代がピークですが、最近は70歳代の方も多くなっています。

 

男女比では、女性の方が若干多くなっています。

(1) 平滑筋肉腫

平滑筋はいわゆる不随意筋に属するもので、消化管・子宮など臓器や血管に付随する筋肉です。従って全身いたるところに発生する可能性があります。

中年以降に多く、小児ではまれに発生します。化学療法の効果が余り期待できないため、切除手術が中心となります。

(2) 線維肉腫

線維組織ががん化するもので、中高年に多く発症します。

(3) 脂肪肉腫

中年以後に多い肉腫です。脂肪腫に似た外観のものは悪性度が低く、転移・再発の危険性が余りありません。その他のものは、切除した後化学療法を行います。

(4) 悪性線維性組織球種

軟部肉腫の中ではもっとも多い肉腫です。中年以降に多く、高齢者の軟部肉腫の大部分を占めます。この中でも悪性度の高いものから低いものがあります。

(5) 横紋筋肉腫

小児に多く発生する腫瘍で、リンパ節転移や肺転移の頻度も高い腫瘍です。

悪性度が高く、化学療法と切除手術を行います。特に小児では化学療法の効果が高いため、比較的長期にわたり化学療法を行ってから切除します。

 

(6) 悪性末梢神経鞘腫瘍

手術前より抗がん剤治療を行うのが標準的です。

(7) 滑膜肉腫

関節の近くに多く発生しますが、関節そのものには発生しません。悪性度は高く、早期治療が望ましいものです。

(8) 血管肉腫・血管外皮腫

血管から発生する腫瘍で、骨にも軟部組織にも発生します。悪性度が高く、化学療法は一般的にあまり効果がありませんが、放射線治療は有効な場合があります。手術は骨肉腫と同様です。

  

<strong>胃がんステージ </strong>

どうすればがんを克服することができるのか?

医療の進歩がうたわれている今日においてもこの難問への取り組みは、西洋医学、東洋医学を問わず、いまだに世界中で議論が続いています。

 

<strong>胃がんステージ </strong>

現状では「がん」に対して100%効果がある特効薬はまだみつかっていません

 

<strong>胃がんステージ </strong>

私たちはこれまで10年以上にわたり「東洋医学からのがんの治療法」を提唱し続けております。東洋医学のがんに対する治療法をひと言で言うとすれば、「病気ではなく病人に対する治療」ということになります。

 

<strong> 胃がんステージ</strong>

西洋医学による「がん治療」

他にもガンの種類によって様々な「治療法」が有りますが、これらはどれもがん細胞を切除、消滅させることが、その目標です

 

<strong>胃がんステージ </strong>

ですから、がんという病気に侵されていない部位については基本的に無関心です。その意味で「病気に対しての治療法」といえるでしょう。

 

<strong>胃がんステージ </strong>

抗がん剤の目的はがん細胞を消すことが第一目的であり、強い副作用が幾つ出たとしても、延々と「熱が出たら解熱剤。痛みが出たら鎮痛剤…。」といった対症療法を繰り返す他はありません。

東洋医学による「がん治療」

 

<strong> 胃がんステージ</strong>

東洋医学による「がん治療」は、東洋医学では上記の西洋医学に対して「病人の治療」を念頭に考えます。病人の体全体を、トータルにとらえるのです。

 

<strong>胃がんステージ </strong>

そしてまず体力があるかないか、食欲があるかどうかに注目し体力、食欲がない場合は第

一段階としてその回復にあたります。

胃がん ステージ

胃がんステージ

父がスキルス胃がんになり、胃がんステージあと残り少ない命と告知されました。食欲がないと1ヶ月前に入院し、最初にみぞおちの背中側に悪性の腫瘍がみつかりました。たくさんの検査を重ね、スキルス胃がんが発見されたのです。肝硬変で肝臓が悪いため、手術はできないと言われました。健康な人でもできないと言われました。抗がん剤の治療をすると、肝機能が低下し命を縮めることになるかもしれないと言われてます。まだ、父はガンのことを知りません。私は、父に告知するべきか迷っています。治療をするにも、胃がんステージしないにも父の人生を私たち家族が決めてしまっていいのか・・・。告知することによって、父は、どうなってしまうのか・・・。とても考えていますが、答えがでません。少ない命を好きなように生きてほしいけど、どうしたらいいか分かりません。

胃がんステージ



昨年私の伯母もスキルス胃癌を患い、永眠しました。伯母は比較的若かったのですが、見つかった時に既に肝転移を起しており、手術は当然無理で、結局TS-1のみを使用しました。私の場合家族(伯母の子供ら)や親戚一同の説得や説明が大変だったので少々事情が違いますが、結論から言いますと告知はしませんでした。胃がんステージそれは家族の強い希望があったためで、それで薬剤も経口剤にこだわりました。胃潰瘍という事で最後まで通しました。幸い主治医は大変親切で熱心な方だったので私としては病院側の対応には不満はありませんでした。告知は難しい問題なのですが、お父さんが入院しているかどうかにもよると思います。告知してそれが原因で一気に弱る人もいます。胃がんステージむしろその方が多いように思います。スキルスはとにかく進行が早いため、ショックから立ち直った時にには身動きが取れない、となりかねません。個人的には伝えない方が良いように思います。ご事情もありましょうから、あくまで私の意見としてお聞きください。

胃がんステージ
あいさん、お気持ちお察しします。私の母は、5年前に大腸がんで他界しました。主治医から、余命3ヶ月の宣告を受けてから、本人に告知するべきか本当に悩みました。とうとう言えませんでした。でも、本人は気づいていました。私たち家族にはそれをいいませんでした。しかし、何人かの外科のお医者さんに診てもらっていましたが、その中の一人のお医者さんが病室に様子を伺いに来た時、胃がんステージ「私は死ぬんでしょ?」と言ったそうです。言われたお医者さんは何も言えずに退室したそうです。その話を主治医から聞きました。きっと母は退室したお医者さんから「そんなことはありません」という言葉を期待してそんな事を尋ねたのではないかと思います。誰でも死は怖いと思います。態度がしらじらしくても事実を言わないほうが希望になることもあると思います。胃がんステージとてもお辛いでしょうがお父様と一緒に頑張って乗り越えて下さい。決してあきらめないでください。それがお父様への励みにもなると思います。

胃がんステージ

私の母は、スキルス胃がんと宣告され胃を三分の二切除し、まわりのリンパも切除、そして脾臓も取ってしまいました。術後五年五ヶ月病気と闘い今年五月に永眠しました。最後までスキルスとは言えなかった。だって癌の中でも一番性質の悪いものだから。告知ってとっも重いものだと思います。

胃がんステージ

私の母は(60歳)、9月にスキルス胃がんで亡くなりました。告知を受けてから約1年でした。本人が告知を希望していなかったこともあり、母の性格も考えたうえで余命や本当の病状は知らせませんでした。
しかし、抗がん剤の治療やさまざまな薬や点滴、たくさんの薬を体に入れるのに痛みや不快感が一向に改善されないのです。想像を絶する痛みとの戦いです、胃がんステージ本人が気が付かないわけがありません。私は、母はわかっていたと思います。
告知は、難しい問題ですが家族や主治医のドクターや精神科のドクターとよく話し合い選択するべきではないかと思います。家族で力を合わせないとガンとの治療には立ち向かえません。葬儀の際に和尚様から、「人はどんなに長く生きたかではなく、どのように生きたかなのです。」親族一同、その言葉を聴き何か胸のつかえが取れたような気持ちになりました。
最後まで、胃がんステージあきらめずみんなで乗り越えてください。

胃がんステージ


私の妻は、昨年3月にスキルス胃癌StageW、多発性骨転移と診断され、即刻告知の上、抗癌剤治療に入りました。
胃内壁からの継続的出血のため、一時は姑息的な胃摘出さえも検討されましたが、抗癌剤が奏効し、5月に退院。高いQOLを維持して、外来による治療に入りました。
予後3月〜半年との見積もりでしたが、胃がんステージ胃がんステージ

ウラシル系のTS-1の相効率は、50〜60%と高くはありますが、必ず耐性がついてきます。その時に、SECOND-LINE,THIRD-LINEとして、CPT-11(イリノテカン)やタキサン系薬剤が必ず必要になります。抗癌剤治療を行わないという選択枝をとるのならともかく、胃がんステージQOLを維持しての延命を求めるのであれば、”告知”は必須となります。
患さんの心の負担は、家族が一緒になって乗り越えることが、必ず可能です。専門家にも相談して、告知を行い、胃がんステージ出来る限りの治療を続けられることを、経験者として、強くお勧めします。

胃がんステージ

主人(35)がスキルス胃がんのステージVと診断されました。リンパの転移が確認され、まだその他の臓器には転移は見られません。抗がん剤を先に使うか手術の後に抗がん剤を使うかまだ検討中との事です。今は食欲もありとても元気です。胃がんステージ癌という事が信じられないくらいです。主人には長く生きていて欲しいです。やはりスキルスの場合、生存率は低いのでしょうか?抗がん剤を先に使う事でメリットはあるのでしょうか?よろしくお願いします。
私は去年2月スキルス胃がんで手術を受けた患者本人です。
ちぃさんやうさぎとかめさんのご主人よりちょっとだけ年上です。
私もTS-1による化学療法を受けています。
他にも胃がんの抗がん剤はいろいろあって、胃がんステージシスプラチン、タキソール、タキソテール、イリノテカンなど。
それらの併用療法があります。私はそれ以外に、免疫賦活剤クレスチンも飲んでいます。
ただこれは単剤ではほとんど効き目は期待できないので、抗がん剤と併用するのだそうです。
今一番使われているのはTS-1だと主治医に聞きました。

ちぃさん、胃がんステージ確かにスキルス胃がんは難治がんの代表選手です。
はっきり言って予後はよくないようです。私は手術は出来ましたが、既に他臓器に遠隔転移があり、ステージ4ですから、再発も時間の問題かなと思っています。
でも、可能性はゼロではありません。この掲示板の、別のスレッドで教えていただいた話ですが、胃がんステージスキルス胃がんで余命宣告された方が、10年たった今も元気で働いておられるケースがあるようです。
私も術後もうすぐ1年になりますが、今の所ほぼ普通の生活が出来ています。元気ですよ。
ちぃさん、落ち着いてくださいね。家族の笑顔は患者にとって一番の支えですからね。


胃がんステージ


ありがとうございます。
そうですよね。私がジタバタしたら駄目ですよね。しっかりしなくちゃ駄目ですね。
10年経っても元気に働いてる方がいらっしゃるんですね。そしてsusuさんも元気との事。胃がんステージ希望がもてます。先月癌が発見、今入院している前の病院で余命半年と宣告されオロオロするばかりでした。少しの可能性でもそれに賭けたいと思います。susuさんはTSー1が効いているという事ですよね?副作用などはありましたか?

胃がんステージ

 副作用は個人差がありますので、全然なんともない方から、副作用が強すぎて使えない方もいらっしゃるようです。
私はスキルス胃がんが分かる1年半前に乳がんもやっていて(ステージ2)、化学療法はやらずにホルモン療法だけだったんですが、乳がんの化学療法がきつい事を聞いていましたので主治医に尋ねたところ、胃がんの抗がん剤は乳がんの程きつくないって言われました。胃がんステージ
まあそれもひとそれぞれですが。
私は、食欲不振、味覚障害、色素沈着、手足の荒れ、なんともいえない倦怠感、白血球の減少が出ました。
白血球の減少の為、胃がんステージそれまで2週投薬1週休薬(基本は4週投薬2週休薬ですが、そのバリエーションです)だったのが、2週投薬2週休薬になってしまいました。
決して楽ではありませんが、嘔吐や脱毛などはなく、1日中寝込むようなことはありません。

 私も入院中は、あっという間に死んじゃうのかなって思っていましたが、1年近くたってこんなに元気です。
旅行だっていけます。胃がんステージ毎日を楽しんでいます。大変な状況におられる方も多い中、私はラッキーなのかな。
ステージ4だって、1パーセントでも可能性がある限り、諦めませんよ。
ありがとうございます!!すっごく励みになります!抗がん剤に賭けるしかないと思っていましたが、胃がんステージ使わなくても大丈夫な事もあるんですね。主人はスキルスの事は知りませんが手術してみて癌の悪性度、進行状況などを知り5年生存率がかなり低い事は分かっています。覚悟はしている様です。スキルスとは中々言えず…言ってたら絶対この掲示板を見せています。今まで経験した事ないくらい楽しんで笑って過ごしたいと思います。質問ですがUFTとはなんでしょうか?初歩的な質問ですみません。

胃がんステージ


今もずっと病院から処方されている飲み薬で、ユーエフティE顆粒
代謝拮抗剤 と箱に書いてあります

でも5年前から同じ薬なので、胃がんステージ今はもっといいものがあるのかもしれないです。
術後3年くらいで担当の先生が転勤された事もあって、その後引き継がれた先生は
勝手に薬を変えてはいけないと思ったのかもしれないし…
どっちにしても抗がん剤としては極軽いものです。
当時の先生の説明は胃がんステージ
『現時点で絶対に効果があると思われる抗がん剤はなく、費用や副作用等のリスクを考えた場合
それを受けるか否かは自分で判断されてはどうか』というものでしたので
私は効き目があるかどうかわからないものに正常な細胞まで壊されてしまうのは
嫌だと考えてやめることにしました。
先生も承諾してくれましたが、胃がんステージせめてこの薬だけは飲んで下さい…と出してくれたのがUFTです。
飲み始めは髪がかなり抜けましたけど、それ以外に副作用はなかったですよ。

もし今だったら…免疫(NK細胞かな)を取り出して培養して増やしてから体内に戻すという治療法とかを
選んだかもしれないです。
時々、胃がんステージ私が今こうして生きていられるのは何故だろう?と思うことがあります。
『頑張ってね!』泣きましたが、私は泣かなった。泣いてる場合じゃない。息子を残して死んでる場合じゃない。死んでたまるか!
って。泣いてくれる友達のため、愛する家族のために絶対に生き残ってやる!って。そういう気持ちの持ち方は大事だと思います。
本当にその他にこれといって特に何もしなかったです。
食事も術後早いうちから胃がんステージ周りの心配をヨソになんでも好きなもの食べました。
食道と腸のつなぎ目によく詰まっては吐いて、吐いたらまた食べる(笑)
癌だから…とか胃がないから…とか、そういう気持ちも姿勢もイヤでしたから。

胃がんステージ




お返事ありがとうございます。確かに抗がん剤で元気な細胞までやられてしまうので使う事には抵抗があります。効くかどうかも分からないし…。でもインディさんは効いているんじゃないでしょうか!前向きな所も良いんだと思います。是非見習わせて頂きます。胃がんステージ術後、どんどん元気になって行く姿を見ると信じられませんよね。うちにもまだ三歳の子供が居ます。この子の為にも頑張ってもらいます。

胃がんステージ

主人が退院しました。まだ食事には慣れ無くて大変そうです。傷口もまだ突っ張る様で歩き方もぎこちなく座って居る事が多いです。歩くとフラフラするらしいのですが、普通の事なのでしょうか?貧血では無い様なのですが少しの事でも心配で心配で…。胃がんステージよろしくお願いします。


胃がんステージ


お久しぶりです。その後、体調はどうですか?
主人が退院して一週間が経ちます。食事は苦労していますが思っていたより食べれて驚いています。胃がんステージ来週から抗がん剤が始まるので体力をつけています。寝たきりが続いていたので足が細くなりお尻のお肉もなくなってしまいました。筋肉を付ける為に何かやった方が良いのでしょうか?

胃がん ステージ

胃がんステージ

母がスキルス胃がん(ステージW=他臓器転移)との告知を受けたのは平成17年2月3日のことでした。
父が急性骨髄性白血病で10ヵ月間闘病胃がんステージ(虎ノ門病院)の末他界してから僅かに1年3ヵ月後のことでした。
父は鳥取県から上京後、毎日毎日一生懸命に働き、現在の会社(潟tジユキ)を創業いたしました。母は30年以上傍らで父を支え私たち兄弟を育ててくれました。父に加えて母までもが「がん」に侵された、しかも末期がんに。
私は10年以上勤めた朝日生命保険相互会社を年度末(平成16年3月末)で退職し母の看護に専念することを決意いたしました。そのときから私のがんとの闘いが始まりました。

平成16年8月頃より胃がムカムカするとのことで医院に通院しておりました。胃がんステージバリウム検査の結果は「胃潰瘍」との診断で薬を処方されていたものの、回復の兆しもなく病状は悪化の一途を辿っておりました。その後も数回バリウム検査を行っていましたが、平成17年1月初旬、1日中ムカムカする状態に不安を感じ、胃カメラ検査を決意しました。母の友人間で評判の良いKU胃腸科東京都を受診したところ、
先生は名医だから大丈夫!うちでは検査できない」と門前払い。後日、医院では皮肉を言われたとのことでした。セカンドオピニオンはもはや常識と思っていましたが…。

平成17年1月23日夜半、胃がんステージ胃に激痛が走り、翌日、に胃カメラ検査を予約、
28日胃カメラ検査後「胃がん」との告知を受けました。
2月3日、病院にて詳しい説明を受けたところ、手術不能の末期のスキルス胃がん、肝臓・腹膜転移、臀部の骨盤に腹水が大量に溜まった状態でした。余命3ヵ月、ターミナルケア(緩和治療)を勧められました。この3〜4日は水も飲めない程悪い状態でした。

その日のうちにがんセンター胃がんステージを受診、手術不能、抗がん剤による化学療法しかないとの診断でした。ただ、ベッドが空いていないので…、治験に参加するならば空きがないこともないとのこと。参加の意思表示をしたところ、翌日から入院との医師の指示がありました。空いてない筈ではないのか?

治験の内容は母と同じような末期のスキルス胃がんの患者に抗がん剤「5FU+ロイコボリン+メソトレキセート」を定量投与(全ての人に一律)したらどの程度延命効果があるものかというもので予想生存率は1年後で10%程度というものでした。胃がんステージ治験の意義は理解できるが、治療としてはどうなのか?病院の皮を被った研究室ではないか!
「母はどれ位生きれますか?」と聞いたところ「さあ、神のみぞ知るですね」と言われました。
「何とも言えませんが、全力で闘いましょう!」と言って欲しかった!
批判的になってしまいましたが、がんセンターで手術や治療を受けて、がんを克服されている方々もたくさんいらっしゃいます。日本でも最高峰のがん専門病院であるという認識は勿論持っております。

さらに衝撃的な事実を知りました。胃がんステージスキルス胃がんは「低分化型」の胃がんで一般的な「高分化型」の胃がんの様に胃壁が盛り上がり腫瘍が突起するものではなく、胃壁の中を這うように横に進行するがんである為、胃全体の動きが目視できるバリウム検査の方が胃カメラより発見しやすいということでした。バリウム検査で撮影した写真の読影力(技術)の差が医師によって大きなものであるということでした。もっと早い段階でがんセンターに来ていたら、胃の全摘手術で根治も可能だったのだが…。胃がんステージどうにもこうにも悔やまれます。

思い返すと父も発熱と軽い咳の為、内科医院を受診したところ、血液検査も行わずにインフルエンザとの診断で白血病の発見が遅れました。
数週間で病状が好転しない場合、どのような症状であれ、専門医が複数名在籍する検査設備の整った病院を受診すべきと強く確信します。

がんセンターでの治療胃がんステージ(治験)を始めてから数週間、医師から近い将来の為にホスピスを探すのも選択肢と言われ、私たち兄弟は都内で待ち期間のないホスピスを探し回りました。K病院(東京都杉並区)のみホテルのような部屋が空いていました。「もしものときはお願いします」と登録のみ済ませました。このとき始めて知ったのですが、

ターミナルケアを行う病院(ホスピス病床)が少ないことにも驚きました。予約待ちベッドが空く前に亡くなる方も多数いらっしゃるとのことでした。
苦痛を緩和し、胃がんステージ安らかな死を迎える権利は誰にでもあるのに…、それは「人権」であり、人としての「尊厳」ではないだろうか?

そもそも手術ができない進行がんの患者の受け入れを何故病院は渋るのか?
手術の評価点数が高く病院の利益が大きい為、手術を受ける患者は病院にとって「患者様」なのです。それに対して、抗がん剤の投与は高度なテクニックを要するにもかかわらず、胃がんステージ評価点数もなく薬代は製薬会社の利益となるのです。抗がん剤治療は手術後の患者へのアフターサービスであり、手術不能の末期がんの患者は、病院にとって「招かれざる客」なのです。こうして「がん難民」は受け入れてもらえる病院もなく、実験材料となるかがんと闘うことすらできずに亡くなっていくのです。

抗がん剤治療と聞くと吐き気や脱毛といった副作用を連想しませんか?実際、私もそうでした。
がんセンターの○○階(治験参加者のフロアー)は夜になると他の物音がない中で吐き気と格闘する患者で溢れかえり「蛙の合唱」の様相を呈します。
この時点では、副作用を抑え込んだ抗がん剤治療が、その道の専門医なら可能だということを知りませんでした。胃がんステージ

母のがんセンターセンターでの入院生活は3週間続きました。
強い吐き気で水も飲めず、栄養ルートが確保できていないにもかかわらず、2月下旬に退院となりました。
あとは、週1回の通院による抗がん剤治療(定量投与)を繰り返し、どれ位延命できたかを測定するだけです。母の体重は10`以上減少し、このままで良いのかという思いは日増しに強くなる一方でした。

そんな折に手にしたのが先生の執筆した本でした。
そこには、胃がんステージ今まで受けてきた治療とは180度違う、患者本位で実践的な治療についてが記されていました。3月中旬、先生と面談、翌週より病院(現CH病院)に入院する運びとなりました。
「がんと闘おう!」私たちは心新たに誓いました。告知を受けてから始めて私たち家族に笑顔が浮かびました。

先生の治療は毎日夜に回診があり、胃がんステージ治療はそのあと寝ている間に行われます。患者の中には会社員の方もいて、夕方入院して治療が終わった翌朝そのまま病院から出社するといった方もいらっしゃいます。
「クロノテラピー」という夜の抗がん剤投与です。昼は正常な細胞が活動し、夜はがん細胞が活動するという細胞の性質を利用し、夜患者が寝ている間に抗がん剤を投与します。正常な細胞を傷つけることが少なくがん細胞が抗がん剤を吸収する為、胃がんステージ効き目がよく、副作用が抑えられる治療法です。しかし、深夜に点滴を取り替えながら治療を行う為、看護士の方の負担も大きなものです。、そもそも病院に利益のない抗がん剤治療を負担感の重い夜間に行う病院はほとんどありません。
また、徹底的に副作用を抑える為の投薬も行われます。副作用(特に吐き気)が強いと抗がん剤の投与量を減らさざるを得ず、がんの治療において大きなマイナスとなるからです。例えば、の吐き気止めは恐ろしくよく効きます。胃がんステージ乳がん等の治療に使われる「ヒスロン」は、その薬の副作用として過食症気味になるほどの食欲増進作用があります。消化器系のがんの患者が服用することで食欲が出てきます。母も例外ではありませんでした。栄養ルートを確保しつつ治療を続けました。抗がん剤治療が苦痛を伴うものではなく、寝ている間に終わるのです。母の身体状況はみるみる回復し始めました。
また、抗がん剤治療の副作用で白血球の減少がありました。ノイアップという白血球を増加させる作用のある薬(注射)があります。この薬で感染症の恐怖から開放されます。病院では、毎朝血液検査をすると昼過ぎに結果がパソコンに反映されます。自らパソコンをチェックして、白血球が少ないようだと夜の治療の前にノイアップを注射します。細心の注意を払いつつ治療が行われるわけです。入院中は、毎日必ず先生の回診があります。身体状況と自覚症状を整理し、胃がんステージ具体的な治療(抗がん剤の種類、投与量)が決定します。
前の病院とは異なり、治療が患者個々人で全く違う非常に細やかなものです。抗がん剤も薬剤耐性ができる前に種類を変えていきます。
全てに理解・納得できる、正に患者本位の医療がここにありました。

母は4月中旬に退院、そのあとは週1回1泊入院で治療していくことになりました。
自宅には往診でまりあ東京都の先生が隔日でいらしてくださいました。胃がんステージ寧な診療と温かいお人柄で母は大変励ましていただきました。
自宅では、妻の作る料理をしっかり一人前食べれるようになるほど、目を見張る回復でした。
6月以降は自転車で買い物に行けるまでになり、度々家族で外食にも行きました。8月には、故郷の秋田(男鹿)に帰省、9月には仙台へと遠出ができるようにもなりました。腫瘍マーカーも基準内の数値を示すほどでした。
母が切望した「普通の生活」ができる貴重な時間を手に入れることができたのです。

平成17年11月2日母は9ヵ月間の闘病の末、胃がんステージ他界いたしました。死因は、胃がんを原発とする腸閉塞および腹膜炎でした。

最後の闘いの最中、ベッドの上で痰がからみ自発呼吸ができなくなった為、緊急で人工呼吸器を挿管しました。
私たちはもはやこれまでかと覚悟を決めていました。挿管した当日夜11時半ごろ、暫し外出して病室に戻って来ると真っ暗な病院の廊下に人影がありました。病室の前の椅子に座り、頭を抱える先生でした。先生はまだ諦めていませんでした。胃がんステージ結局は起死回生の逆転はなかったのですが、一人の人間として母と向き合い、全力で治療する先生の姿を拝見し胸に熱いものがこみあげてきました。
誤診をする不足の医者もどきもいれば、患者が信用・信頼できる「お医者様」もいらっしゃいます。

がんと闘われている方とそのご家族にお願いがあります。
諦めないでください。一生懸命に「お医者様」を探してください。そして、理解・納得できる患者本位の治療を受けてください。私は医療とは「納得」だと思います。胃がんステージ

日本には、がん治療の専門医が500名いません。その中でも世界水準の治療を行う医師は50名いるかいないかとも言われています。米国の1割以下の数です。未承認の抗がん剤も多く、健保適用の医療では世界水準の治療が受けられないのが実状です。日本の医療制度の問題点にも目を向けてください。
私は、ライフワークとしてがんと闘い続けます。胃がんステージ

胃がん ステージ

胃がんステージ

 胃は,「胃袋」とも言うように,胃がんステージ食道に続く嚢状の器官で,食べたものを一時蓄えたり消化したりする働きをしています。食道に続く部分(噴門と言います)と十二指腸に続く部分(幽門と言います)は周囲の臓器に固定されていますが,それ以外の部分は割と自由に動きますので,体の位置(横になっているか,立っているか)や食べたものの重さによって胃の位置が変わります。空腹で寝た状態では臍よりも上方(頭の方)に胃があるのが普通ですが,満腹で立った状態では胃の大部分が骨盤の中にまで落ち込むことも珍しくはありません。
胃がんステージ

す】 胃の内側は粘膜で覆われ,外側は腹膜(漿膜とも言います)で覆われています。その間に胃を動かす筋肉の層(これを固有筋層と言います)があります。また,この3つの層の間には細胞が少なく繊維が多い組織があります。粘膜と固有筋層との間の層を粘膜下層,漿膜と固有筋層との間の層を漿膜下層と呼んでいます。即ち,胃がんステージ胃の壁は内側から,粘膜,粘膜下層,固有筋層,漿膜下層,漿膜の5層から成り立っているわけです。

 胃がんは胃の粘膜から発生してきます。胃にはそのほか肉腫や悪性リンパ腫なども出来てきますが,胃の悪性腫瘍の大多数(95パーセント以上)は「がん」によって占められています。したがって,胃の悪性腫瘍といえば「がん」のことを指していると言っても過言ではないでしょう。

 それでは,胃がんステージこの胃がんはどれぐらい発生しているのでしょうか。厚生省がん研究助成金「地域がん登録の精度向上と活用に関する研究班」の平成6年から8年にかけての統計によれば,全国で男性66,440名,女性34,402名が胃がんに罹っていて,あらゆる悪性腫瘍のなかで男女ともトップになっています。愛知県ではどうでしょうか。県の衛生部で毎年発行しています「愛知県」によりますと,平成10年に21,126名の人が新たに悪性腫瘍に罹られ,そのうち4,020名,約5分の1が胃がんでした。胃がんに罹られた人の性別は,男性2,618名,女性1,402名で,やはり男性ではトップ,女性では乳がんに次いで2番目にランクされています。このように,胃がんは私たちにもっとも身近な悪性腫瘍であると言えましょう。

胃がんステージ

2.胃がんの症状

 胃がんそのものによる症状と,胃がんに付随して起きる胃炎などによる症状とがありますが,その区別はなかなか困難です。

●食思不振,胃がんステージ悪心・嘔吐:食欲がなくなったり,ムカムカして吐いたりすることです。
胃がんによって消化管の内腔が狭くなり,食べたものの通過が悪くなって胃が重い感じがし,そのため食欲がなくなったり,吐いたりすることがあります。また合併している胃炎や潰瘍のために悪心・嘔吐が起こることもあります。

●るいそう,全身倦怠:いわゆる「痩せる」ことと体がダルイことです。
食思不振や悪心・嘔吐によって痩せたり倦怠感が出ることもありますが,よく食ベていても,がんに栄養を取られたりがんからの出血のために,痩せたり脱力感に陥ることがあります。

●吐血・胃がんステージ下血:血を吐いたり便に血が混じったりすることです。
がんの表面が崩れて出血するために起こる症状ですが,胃炎などでも起きることがあります。少量でも持続的に出血していると貧血になります。

●腹痛:臍の上や,時には腰が痛む場合があります。がんに特有な症状ではありませんが,多くの患者さんに認められる症状の一つです。


●腫瘤触知:仰向けに寝て全身の力を抜き,そっと臍の周囲を触ってみると硬いシコリを触れることがあります。がんそのものを触れている可能性が高いです。

このほかいろいろな症状がありますが,症状の有無にとらわれず,定期的に健康診断を受けられることをお勧めします。

3.胃がんの診断胃がんステージ

 胃がんの診断には,上で述べてきた症状と全身の診察(視診,触診,聴診など)の結果を参考にし,種々の検査を行います。

●胃内視鏡検査:いわゆる「胃カメラ」と呼ばれる検査です。
直径1cmほどの長い管(ファイバーと呼んでいます)を口から胃の中に挿入して,胃の粘膜面を直接細かく観察したり,組織の一剖を採取したりします。胃がんステージこのように組織を採取して顕微鏡検査を行うことを生検といい,がんの確定診断をするうえで極めて重要な検査です。また,内視鏡の先端に小型の超音波装置を取り付けた超音波内視鏡検査がよく行われるようになってきました。がんの広がりを判定するのに有効です。胃カメラというと辛い検査と思われがちですが,最近は器械が改良されてきたのと鎮静剤を使用するようになって楽になってきました。安心して検査を受けてください。

●X線透視:バリウムを飲んで行うレントゲン検査のことです。
粘膜の細かい観察能力では内視鏡に劣りますが,胃全体を一度に見られることから,大きな病変の観察や小さな病変の正確な位置判定に適しています。内視鏡検査とX線透 視とは車の両輪のようなもので通常は両方の検査を行います。 胃がんステージ

●腹部CT,超音波検査
転移の有無を知るために行います。この二つは性格が異なりますので,どちらか片方だけ検査するときもありますが,正確を期するために両方行うときもあります。

●注腸透視
バリウムをお尻から入れて大腸の変化を見るための検査です。胃がんが腹膜に転移しますと大腸の形がイビツになることがありますので,腹膜転移の診断に役立ちまず。

●MRI,血管撮影ほか
通常は行いませんが,胃がんステージ上記の検査の結果で行うこともあります。

●腫瘍マーカー
すべてのがんで見られる現象ではありませんが,胃がんでも一部のがんでは血中に特定の物質を分泌しています。これを腫瘍マーカーと呼んでおり,がんの進行や再発の判定に役立ちます。

一口に胃がんの診断と言っても,胃の病変ががんであるかどうかといった質的な診断のほかに,それががんであった場合には早期がんなのか進行がんなのか,ほかへの転移はないのかといった,がんの広がりについての量的な診断が必要になってきます。そのために,上に述べてきたような検査を適宜組み合わせて行う必要があります。

胃がんステージ

4.胃がんの病期(ステージ)

●早期がんと進行がん
胃がんは胃の粘膜から発生します。粘膜は血管やリンパ組織に乏しいので,がんが粘膜にとどまるあいだはほとんど転移を起こしてきません。粘膜下層には血管やリンパ組織が豊富にありますので,がんが粘膜下層まで浸潤しますと転移が起きてきます。しかし転移が認められるリンパ節は大部分が胃に接したものですので,この時期の胃がんは手術によりほとんど治癒します。がんの浸潤が固有筋層に達したり,あるいはこれを越えて深くまで浸潤するほど転移が激しくなり,胃がんステージ手術してもがんを取りきれなかったり,取りきれたと思ったがんが再発してきたりします。そこで,がんの浸潤が粘膜と粘膜下層までのものを早期がん,それ以上のものを進行がんと呼んで区別しています。

●病期(ステージ)
がんが胃壁のどこまで浸潤しているか(深達度),リンパ節転移がどこまで及んでいるか(リンパ節転移程度),リンパ節以外の臓器への転移(遠隔臓器転移,腹膜転移,肝転移など)の有無などによって,4つの病期(ステージ)に分けられています。ステージ1は早期のがん,ステージ2は軽い進行がん,ステージ3はかなり進んだ進行がん,ステージ4は末期のがんということになります。


胃がんステージ

5.各種治療法とその特徴

 胃がんに対する治療法にはいくつかあります。手術療法が一般的ですが,抗がん剤を用いた薬物療法もあります。放射線療法は,特殊な場合には行われていますが,胃がんステージ胃がんに対する治療法としては一般的ではありません。

●手術療法
がん細胞をすべて取り除くことによってがんを治癒させようとする治療法です。しかし,手術はあくまで局所療法ですから,がんがその局所にとどまっている間は最も確実な治療法ですが,がんがその局所を越えて広がっている場合には,胃がんステージがんを全部取り除くことはできません。再発が必至ということになります。

1)内視鏡的粘膜切除
一部の早期がんに対して,内視鏡を使ってがんを切除することが行われています。麻酔もなく,お腹を切ることもなくがんが治るわけですから,こんなに楽なことはありません。ただし,リンパ節はまったくの手つかずになるため,リンパ節転移の可能性がある人に対しては行えません。本治療法の対象となるのは粘膜内だけにとどまっていると思われるがんで,組織型が分化型で肉眼的に隆起した形をとり,胃がんステージ直径が2cm以下で,潰瘍を合併していないものとなっております。
胃がんに対するEMRの手技としては,1)2 channel 法(ストリップバイオプシー法),2)Cap 法 (先端フード法),3)ERHSE 法・ITナイフ切除法,の3種類が代表的なものです。2 channel 法の実際の手技を図に示します。


2)腹腔鏡下胃(局所)切除術
全身麻酔をかけて,お腹に2cmほどの小さな孔を数カ所あけ,そこから腹腔鏡をお腹の中に入れて,胃がんステージモニターの画面を見ながら胃の部分切除を行うことが行われています。また最近では,お腹の傷をもう少し大きくして,胃切除まで行われるようになってきました。術後の疼痛が少なく早く退院できますが,お腹を大きく切ってリンパ節郭清(リンパ節を解剖学的にきちんと取り除くこと)を行うのに比べて郭清の程度が落ちるため, 内視鏡的粘膜切除の適応か,それからややはずれた程度の早期がんが対象となっています。

3)通常の手術療法胃がんステージ
お腹の中を十分に観察でき,あらゆる状況に対応でき,手術操作が確実にできることから,今でも胃がん治療の中心になっています。がんが胃のどこにあるかやその進行度によって,胃を全部摘出したり,胃の一部を残したりします。胃の一部を残す場合には噴門に近い方を残す方法と幽門に近い方を残す方法との2通りがありますが,多くの場合には噴門の方を残します。また同様にリンパ節の郭清の範囲も変わりますが,胃から少し離れたリンパ節まで郭清するD2郭清が基本となっています。以前には大動脈周囲リンパ節に転移があると治癒しないものと諦めていましたが,最近ではこのリンパ節も積極的に郭清するようになり,胃がんステージそれなりの効果(治癒例の増加)も出てきています。胃は食べたり飲んだりした物を一時蓄えておくところです。胃がんの手術をしますと,胃が小さくなったり無くなってしまったりします。消化や吸収には大きな変化はありませんが,1度にたくさん食べられなくなりますので,1日の食事の回数を増やすなどの工夫が必要になってきます。

●薬物療法
いわゆる抗がん剤を使用する化学療法のことです。胃がんに使用される抗がん剤にはいくつかありますが,注射や飲み薬として5-FUとその仲間が最も多く使われています。胃がんステージこの化学療法は手術に次ぐ第2の治療法とされていますが,手術が可能な人に化学療法だけを行うことはありません。化学療法を第1に選択したとしても,がんの進行度と手術のタイミングを考慮して治療するのが普通です。化学療法は抗がん剤を使用する目的によって,(1)肉眼的には手術でがんが取りきれているが再発を予防する(これを補助化学療法と言います),(2)がんがあることが証明されていて治療目的で使用する,の2つに分類されます。また,対象とする部位によって,(3)全身化学療法と(4)局所化学療法の2つに分類されます。また,手術の時期との関連で,(5)術前化学療法,(6)術中化学療法,(7)術後化学療法の3つに分類されることもあります。胃がんステージ

最も多く行われていますのは,(1)または(2)の目的で(3)を(7)の時期に行うことです。(1),(3),(7)の組合せは術後補助化学療法と言われますが,当センターはこの草分け的存在です。の教授を退職して当センターになり,を組織して(厚生省今永班),術後補助化学療法の有効性を研究したのが30年前でした。これは厚生省のバックアップを受けた最初の研究であり, 以来,多くの研究が実施されてきております。ところが最近,手術の精度が向上するとともに手術だけで治る人が増えてきており,抗がん剤の有効性に疑問を持たれるようになってきました。
そのため,現在では,胃がんステージ全国の施設で共同して抗がん剤の有効牲を再検討しており,センターもそれに参加しておりますが,まだ結論は出ておりません。したがって,現時点においては術後補助化学療法が有効であるかどうかについては,どちらとも言えません。
 ただ,(2)と(4)の粗合せになりますが,肝転移があるひとに対する抗がん剤の肝動脈内注入法(肝動注法)は,現在その効果が確認されている唯一の化学療法であろうと考えております。

薬物療法の一つに免疫療法があります。胃がんステージこれは,人間には自分に不利なものを認識して排除しようという生まれつきの能力(免疫)が備わっていますが,この免疫力を高めることによってがんを治そうとする試みです。副作用が少ないという利点はありますが, 効果ははっきりしません。

●放射線療法
放射線は,胃がんに対する効果が弱いうえに,正常な大腸や小腸を損傷しやすいため,通常は胃がんに対して放射線を照射することはありません。しかし,脳や骨やリンパ節などに転移が起きたときに,胃がんステージその転移部位に放射線をかけることがあります。


6.胃がんの治療成績

 センターでは毎年およそ200名ほどの胃がん患者さんの手術をしています。全国的にも十指に入る手術数で,現在までに延べ7,000名を超えました。

 がんセンターが開設された30年前には,手術できた人でもその多くが進行がんであり,胃がんステージせっかく手術をしてもがんを切除できない人も多くおられました。それが現在では手術例の半数以上が早期がんであり,切除できないほど進んだ進行がんのひとはほんの僅かになってきました。会社や地域での検診の普及と第一線で活躍しておられる内科の先生方の努力の結果だと思います。

 胃がんに対する治療成績は通常5年生存率で表します。手術した人の何パ‐セントが5年後に生存しているかを示すもので,当センターの5年生存率をステージ別に述べてみましょう。

胃がんステージ

 1991〜1995年の間に胃切除した985例の手術成績です。ステージIA(493例)が99.0%,ステージIB(115例)が88.9%,ステージII(96例)が71.3%,ステージIIIA(87例)が57.6%,ステージIIIB(32例)が25.8%,ステージIV(162例)が7.6%でした。

 胃がんステージ腹腔鏡を使った手術は最近行われるようになった治療法で,まだ長期成績の報告はありませんが,内視鏡を使った粘膜切除の成績をお示しします。センターでは消化器内科が担当しています。およそ100例の患者さんに粘膜切除を行った結果,約3分の2の患者さんでがんが完全に切除されたことが確認でき,この患者さんからは再発がありませんでした。腫瘍が大きくて2,3回に分けて切除を繰り返したひとの一部と不完全切除と判定されたひとの三分の一に再発が見られ,内視鏡による再切除や外科での開腹手術を要しました。


7.その他胃がんステージ

 胃がんは治る病気になりつつありますが,ある境界を超えるとまだまだ恐ろしい病気です。この病気から身を護るためには,やはり早期発見が最も大切なことだと思います。症状が出る前に,年に1度の検診を積極的に受けられることをお勧めいたします。

 また,がんが見つかった場合に慌てないことです。がんは慢性疾患ですので1カ月や2カ月で急に進むものではありません。信用のおける病院でしっかりとした検査を受けてがんの広がりについて正確な診断をしてもらい,それに基づいて過不足のないしっかりとした手術を受けられることをお勧めいたします。

 また,胃がんステージご自分の体のことですから,納得してから検査や治療を受けるべきです。医者が言うからとか家族の誰それが言うからといった姿勢では治るものも治りません。自分から積極的に病気と戦うのだという気持ちになってください。

 もし私たちでお役に立てることがありましたら何でも相談してください。別にがんセンターで治療を受けるおつもりがない場合でも相談だけで結構ですので気軽にお越しください。その時には,何も資科がないと正確なご返事ができませんので,胃がんステージ紹介状や写真などをお持ちいただけると幸いです。







 
 

 

 

 



胃がん ステージ

胃がん ステージ

胃がん ステージの知りたい情報。胃がん ステージと診断されると、直後の心理的ショックに続いて、すぐに現実的なさまざまな胃がん ステージの問題に直面することになります。たとえば胃がん ステージで悪いことを本人にどうやって伝えればよいのか、医師が示した胃がん ステージそのまま受け入れてよいのか、あるいは子どもたちに胃がん ステージどのように話せばよいのか、といったことです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。