胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん 腹水

胃がん腹水

JCOG消化器がん内科は、胃がん腹水日本人に多い消化器がんの新しい内科的な標準的治療の確立を目指して各種臨床試験を意欲的に行っているです。
当初は進行期の胃がんの治療を対象とした「胃がん内科」として発足し、胃がん腹水その後対象を大腸がんや食道がんにも拡大したため、より「消化器がん内科」と名称が変更されました。
は、現在全国の消化器がん内科治療の中心となっている29施設で構成され、胃がん腹水最近は全体での登録が年間200人ペースに近づき、さらに試験の対象を膵がんにも拡大する予定です。

胃がん
の臨床試験はから開始され、胃がん腹水当初切除不能進行・術後再発胃がんを対象とした化学療法の第U相試験を展開してきました。種々の併用療法により奏効率の向上はみられたものの、生存への寄与が不明であったため、胃がん腹水胃がんに対してわが国で初めて3群比較による化学療法の本格的な第V相試験(JCOG9205)を行いました。この結果は、世界的にも高く評価されています。
さらに、からは、胃がん腹水9205で今後の対象アームとして選定された5FU単独群を対象に、新規に開発されたTS-1単独と、イリノテカンとシスプラチンの併用療法の3群による新しい第V相比較試験(JCOG9912)を開始しております。
現在順調に試験が進行中で、新しい標準治療の確立が期待されています。
 また、胃がん腹水胃がんの腹膜播種は主な進展形式であるにもかかわらず、腹水や水腎症の併発のため経口摂取や全身状態が不良の場合が多く、各種治療法の効果や安全性の評価が他の場合と異なります。
JCOGでは腹水貯留例に対するメソトレキセートと5FUの併用療法(MF療法)の評価を行い(JCOG9603)、胃がん腹水35%の奏効率が得られたことから、胃がん腹膜播種例を対象に5FU単独とMF療法の第V相比較試験(JCOG0106)を開始しています。このように、がんの生物学的特性や実際の臨床上の問題に応じて臨床試験を展開できるのがJCOGの特徴ともいえます。

胃がん腹水

食道がん
 食道がんの治療は、近年抗がん剤と放射線の併用による化学放射線療法の出現により内科的な治療成績の飛躍的な向上がみられます。胃がん腹水JCOGにおいても切除可能なステージを含むすべてのステージでの化学放射線療法の臨床試験を展開中です。特にステージ I の症例では、化学放射線療法の第 II 相試験が終了し、胃がん腹水現在食道がんと共同で外科手術と化学放射線療法との第V相比較試験を計画中です。また、内視鏡的粘膜切除と化学放射線療法の併用による非外科的治療の臨床試験も計画し、食道がんに対する内科的な治療の進歩に貢献できるエビデンスを日本から世界へ発信できるよう参加施設が一致して努力しています。
胃がん腹水

大腸がん
イリノテカンやオキサリプラチンなどの新薬の開発により、切除不能進行大腸がんの化学療法にも世界的に明らかな治療成績の向上がみられています。現在、胃がん腹水JCOGでは肝転移症例に対する成績向上を目指して肝動注+全身化学療法併用の第T/ U相試験を計画中です。
大腸がんでは欧米と比べて新薬の臨床開発状況がかなり遅れており、JCOGで行える試験には制約がありました。しかし、胃がん腹水昨今の薬事法改正により医師主導治験が行える可能性が高くなったことから、胃がん腹水今後大腸がんでもより新しい治療法の臨床試験が行えるようになることが予想されます。



胃がん 腹水

胃がん腹水

大腸がんは、大腸(結腸、直腸)胃がん腹水に発生する悪性腫瘍で近年増加傾向にあります。大腸がんの多くが、状結腸がんと直腸がんです。胃がん腹水女性より男性にやや多く発生し、早期発見によりは完全に治療できる比較的予後がよいとされているがんです。
 大腸がんの直接的な原因はまだはっきりわかってはいませんが、欧米風の生活様式と深い関連があることが知られています。つまり欧米風の特徴である高脂肪、胃がん腹水高タンパクで、かつ低繊維成分の食事をとる機会が増えるのにしたがって、大腸がんの発生頻度も高くなってきているのです。高脂肪・高タンパク食そのものが発がん性をもっているわけではなく、消化管内を通過しているうちに胆汁酸や腸内の細菌の作用によって、胃がん腹水発がん性をもつ物質に変化するのではないかと考えられています。

◆症状と特徴◆
 大腸がんは、早期がんと進行がんとでは症状が異なります。また、上行結腸などの右側の結腸がんと、胃がん腹水下行結腸、状結腸などの左側の結腸がんとでは症状もかなり違います。
 まず、早期がんではほとんど自覚症状はありません。しかし、早期がんで最も重要な症状は、S状結腸、直腸などにできたがんのときの血便、下血などです。S状結腸がんでは、黒っぽいタール便となります。直腸がんの場合は、便に粘液が混じったり、胃がん腹水鮮血が付着します。便柱に血液が付着していたり、大便に血液が混じっているときは、痔からの出血だろうなどと安易に考えないで精密検査を受けることが大切です。また、とくに食事内容、生活習慣などが大きくかわったわけでもないのに、便秘がちになったり、胃がん腹水逆に下痢ぎみになったりすることが続くときも大腸がんの可能性を考えて精密検査を受けましょう。便潜血反応を調べ、陽性者に対してさらに精密検査を行います。X線検査、内視鏡検査は、診断のために必ず行います。
 進行がんとなるといろいろな自覚症状がでてきますが、右側結腸がんと左側結腸がんとでは多少症状に違いがあります。右側結腸は腸のなかが広く、また腸管内の便もまだ液体状であるため症状が現れにくい傾向にありますが、右下腹部の軽い腹痛、胃がん腹水不快感があり、そのうちがんが大きくなって腫瘤(しこり)として体の外から触れられるようになったり、体重減少やがんからの出血による貧血症状が現れてきます。これに対して、左側結腸は腸のなかが狭く、腸管内の便は普通の大便のように固形化しているため、胃がん腹水腹痛や便秘傾向さらには腸閉塞を起こすこともあります。また、肛門に近いのでがんからの出血が便に、鮮血の付着としてみられることもあります。
 なかでも直腸がんは肛門から最も近いので、比較的早期に自覚症状が現れます。胃がん腹水便柱が細くなり、排便時の違和感や不快感を感じます。大便がなんとなく出しきれないような感覚もあります。しかし、最も重要な症状はがんからの出血による便への血液の付着です。痔疾をもっている人は、痔による症状とよく似ているため、発見が遅れがちになります。痔からの出血は赤い新鮮血、がんからの出血は便に付着した暗赤色の血液とおおまかに分けられますが、いずれにしても専門医の診察を受けてください。胃がん腹水
 大腸がんが進行していくと、大きな腫瘤として体の外から触れられるようになり、さらに腸管ががんによって狭窄して腸閉塞症状を起こすようになります。胃がん腹水がんによる腸閉塞は、生命にかかわる事態です。また、腸閉塞から大腸に穴があいて腹膜炎を起こすこともまれではありません。腸閉塞症状がみられたら、緊急手術の行える医療機関へすみやかに移送する必要があります。

緊急時の応急処置
 大腸がんで緊急事態となるのは、胃がん腹水腸閉塞を起こしたときです。腸閉塞を起こすと排便や排ガスがみられなくなり、腹痛、腹部の膨満、悪心、嘔吐などが出現します。
 胃がん腹水老人では腹痛を訴えることが比較的少なく、排便、排ガスの停止後、急激に腹部が膨満してきます。このまま放置すると、大腸穿孔、腹膜炎と進展して死に至ることもありますので、緊急手術のできる医療機関に移送することが必要です。胃がん腹水この際、患者さんがのどの渇きや空腹感を訴えても、絶対に口から水分や食物を与えてはいけません。

胃がん 腹水

胃がん 腹水

胃がん 腹水の手術がうまく確実な胃がん 腹水の仕事をする。上部消化器の症例で何かあれば、自信をもって胃がん 腹水の手術をすすめられる人物だ。すべての、がんの治療に期待できるかも、まずは、胃がん 腹水の診察をおすすめ、胃がん 腹水アドバイスがあるかも、

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。