胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん 病態

胃がん病態

肝臓など遠隔臓器に転移した4期、あるいは再発の場合。延命治療という意味では、抗がん剤が中心になります。大腸がんは肝臓に転移することが多いのですが、手術で完全に摘出できれば治る可能性もあります。手術後には化学療法が行われます。しかし、こうしたケースはそう多くはありません。  1)内視鏡的治療 内視鏡で観察し、ポリープがあれば切除します。茎のあるポリープはスネアと呼ばれる針金を、首の部分に引っかけ電気で焼き切ります。この方法をスネアポリペクトミーと呼びます。無茎性、つまり平坦なポリープの場合は、周辺の粘膜を浮き上がらせて広い範囲の粘膜を焼き切る内視鏡的粘膜切除術(EMR)で摘出します。スネアポリペクトミーでは入院は不要ですが、EMRでは出血や穿孔の可能性もあるため短期間の入院が必要となる場合があります。摘出したポリープの病理学的(顕微鏡)検査が重要です。ポリープ(腺腫)や粘膜内にとどまる早期のがんは、これらの方法で簡単に治療することができますが、病理検査で病変が深くまで(粘膜筋板を越えて)拡がっていれば、リンパ節転移の危険性が10%前後生じるため外科療法が必要となります。  腹腔鏡手術 なります。吸う:はく(1:2)の割合では、はくときはゆっくりが重要です。しかし、酸素もとり過ぎたら注意!深呼吸は1回1分の1日3回までに               薬は怖い薬を使うと必ずといっていい程、体力も落ちていき副作用で精神的なストレスも重くのしかかって来て食欲も無くなり、更に体力が落ち、寝たきりの状態になる。おそらく患者さんの多くが同じような治療をし、同じような薬を使い同じように倒れていくのだと思います。私の身内、知り合い、友人の父親も皆同じように亡くなってがん治療の最前線がよくわかる。    抗がん剤について調べたんですが、製薬と比べると抗がん剤の臨床試験の数が少なかったような気がしました。 でも、抗がん剤には、興味があります。 発見し難いばかりではなく、膵臓は膜が薄く他の臓器に転移・浸潤が多く見られる癌です。また、幸いに手術ができたとしても、再発率の高い癌です。その他の病状癌の進行の早さによる体重の減少・体力の低下、神経の転移による背中の痛み、腰痛・腹痛、胆管の狭窄による黄疸(膵頭部癌に限る)、腹膜播種による腹水などが見られます。胆嚢がんの発見50〜60代で近年増加している癌です。胆のうは他臓器の後ろに位置し非常に発見されにくく、他の病気で胆のうを摘出したあとに発見されることも有ります。4〜7割の高い確率で胆石が確認されます。 他の胆嚢疾患である胆嚢炎や胆石発作などと共通した腹痛、黄疸、腹部腫瘤などが症状として現れます。診断には、CT、血液検査、MRIERCP、生体病理検査、PTCなどが用いられます。切除に成功した場合の5年生存率は、I期90%、II期35〜45%、III期15〜20%、IV期5〜7%程度です。治療法手術療法切除が基本であり手術不可の4期に対しては化学療法が行われますが、有効性は低いものです。胆のう嚢摘出術と、リンパ節郭清。さらに癌の進展に合わせ肝臓の部分切除を行い、更に進展した状態では胃、十二指腸、すい臓、大腸の切除も試みます。  4期で特に切除不可能な場合、化学療法が検討されますが、あくまで肝機能の維持が前提です。ジェムザールが奏功率わずか17.5%(国内第II相試験)かつ1年生存率25%と、良く効く抗癌剤が無いのが実情です。    病 状自覚症状他の胆嚢疾患である胆嚢炎や胆石発作などと共通した腹痛、黄疸、腹部腫瘤などが症状として現れます。でしょうか。ガンは、細胞にある遺伝子の破損(異常)によって発生すること、また、遺伝子の破損は細胞分裂時の遺伝子のコピーミス、発ガン物質や活性酸素、放射線などが原因となることが確実視されるようになりました。だとすれば、ガン細胞はすべての人の体内で常に発生しているということになります。 まだ超えられないガン治療のその一線ただ、多くの場合は体に備わった免疫作用でその初期のガン細胞は排除されてしまうのですが、排除に失敗して生き残ってしまうと細胞分裂を繰り返し10年、20年の間に臨床的にわかる大きさに成長するのです。その段階になって見つかるのですから、ずいぶん遅い早期発見ですし、すぐに治療を始めたとしても、決して早期発見ではありません。すでにあちこちへ転移していると考えるのが妥当であります。しかし、同じガンでも中には転移しないものがあることがわかってきました。病理診断でそれを判断するのは非常に困難なので一律に積極的治療法として「殺ガン」を目的に切除手術、抗ガン剤投与、放射線照射が行われてきたのです。危険を承知の上で仕方なく選択されたとはいえ、このままでよいはずはありません。フコイダンは、この矛盾を解くものとして期待されたのです。  4ガン細胞を「自殺」へ追い込むガンは秩序を失った無法者集団私たちの体を構成している60兆個もの細胞の一つ一つは、DNAという遺伝子をわれていることがあげられるでしょう。実際、がんの痛みをとる治療は、今まで積極的に行われてはいませんでした。がんの進行とともに痛みが起こることは多くなりますが、痛みを経験するのは70%の方です。末期になっても、30%の方には痛みは起こりません。現在では、痛みされる場合がいまだに多くみられます。血便、排便異常、腹部の膨満などの症状がある場合は、迷わず肛門科または大腸肛門病の専門外来のある病院を受診し、診察を受けることが必要です。
 手術が必要な場合、直腸がんの手術は熟練を要し、また術後の管理が必要になります。
 痔を含めた大腸疾患の専門外来のある病院、人工肛門の外来のある病院、ETと呼ばれる人工肛門ケア専門看護師がいる病院を受診することをすすめます。前立腺がんは、高齢者に多い男性のがん。前立腺は、膀胱(ぼうこう)の下方にあり、前立腺液を分泌するなど男性機能を支える。欧米人に多いが、日本でも高齢化や食生活の洋風化などを背景に増えている。 年間死者数は、8400人余り(2003年)。10年前2万人足らずだった新規患者は、2020年には7万8000人に達するとの予測もあり、男性では胃がんを抜き、肺がんに次いで2位になると見られる。 読売新聞では、泌尿器手術の国の施設基準などを参考に、全国426医療機関に対し、2004年の前立腺の治療実績をアンケートし、333施設から回答を得た(回収率78%)。紙面の制約から、患者数の多い約200病院を一覧にした。表は、患者数のほか、転移のないがんについて、主たる治療が「手術」、「放射線治療」、「ホルモン単独治療」の数を掲載した。 前立腺がんは、自覚症状が出にくく、かつては進行して骨などに転移して見つかる患者が4割を占めた。しかし血液で調べるPSA(前立腺特異抗原)検診の普及によって、早期で見つかるケースが急増した。早期なら10年後の生存率は90%以上とされ、手術でも放射線治療でも良好な治療成績をあげている。手術は開腹のほかに、腹部に開けた数か所の穴からカメラなどを差し込んで行う腹腔(ふっくう)鏡手術もある。放射線では、通常の照射のほか、前立腺に針を刺して放射線を出すカプセルを埋め込む小線源治療が一昨年から始まった。さらに、重粒子線や陽子線といった特殊な放射線治療や、超音波の熱
します。病理専門医は、集学的治療チームの中で極めて重要 な地位を占めています。 病理診断に必要な組織は、主として開頭による腫瘍摘出で得られますが、時に開頭手術が困難な部位に腫瘍が存在する場合があります。このような場合には、定位脳手術(ていいのうしゅじゅつ、図12)や内視鏡により腫瘍の一部を採取する生検(せいけん、バイオプシー)が行われます。 脳腫瘍という病気は、様々な種類の腫瘍の集まりであり、その種類によって治療法や予後が異なることから、理解の難しい腫瘍といえます。脳という精緻な臓器に発生するために、発生場所のわずかな違いにより全く異なった症状を呈することも理解を一層困難にしています。脳腫瘍についての全般的な知識
を述べるとともに、今回のシンポジウムがどのように構成されているかの全体像を示し、「こどもの脳腫瘍」に関する理解を深めていただきます。2. 脳腫瘍の頻度と治療上の特徴 白血病による小児死亡が1970年代半ばから急速に減少しているのに比べて、脳腫瘍による死亡は1980年代からほとんど
変化していません。CTスキャンやMRIにより脳腫瘍の診断精度が向上して、診断される数が増えたということも一つの要素ではあります。個々の腫瘍では治療成績が向上しているものが確かにあるにもかかわらず、脳腫瘍全体としてみれば小児死亡原因の構造を変えるほどの十分な治療効果が得られていな
いのが現実です。小児死亡の原因となる腫瘍は、後にも述べますように、悪性脳腫瘍に分類される一群の腫瘍であり、今回のシンポジウムはこのような腫瘍に対する治療が主たるテーマになっています。
脳腫瘍の治療が、白血病のような血液腫瘍に比べて困難であるのはなぜでしょうか? 理由はいくつか考えられます。 白血病のような血液がんは血液中に存在し、固まりを作らず、細胞も均一な性質を有しています。一方、脳腫瘍は固まりを作る実質性腫瘍であり、内部組
織が均一ではありません。また、脳腫瘍という一つの腫瘍があるわけではなく、極めて多くの種類の腫瘍からなっており、それぞれの性質が異なります。 血液から脳への薬物移行を制限する血液・脳関門という特殊な性質があるために、血液中に投与した薬が脳腫瘍に十分に行き渡りません。
損なうことなく、癌に直接大量の放射線が照射されることになります。甲状腺が存在しており、正常な量の甲状腺ホルモンを産
生している場合は、下垂体のTSHの産生量は比較的低いままに留まっています。しかし、甲状腺全体が取り除かれたり、破壊されたりして甲状腺ホルモンのレベルが下がってくると、下垂体はTSHの分泌を急激に増やします。次にこのTSHが甲状腺癌を刺激し、40~50歳台の女性に多いようです。家族に甲状腺の病気(橋本病、バセドウ病、腺腫様甲状腺腫など)の方がいる人に多い傾向があります。原発性副甲状腺(上皮小体)機能亢進症1.副甲状腺と副甲状腺ホルモン 甲状腺に対する自己抗体(自分の甲状腺の細胞を外敵と間違って攻撃してしまう抗体(リンパ球))が原因で、甲状腺に慢性の炎症が起こり、甲状腺全体が腫れて硬くなり、次第に甲状腺ホルモンが不足してきます。
マンモグラフィーは、乳房をはさみこんでレントゲンをとるとき多少痛みますが、強い痛みではありません。)また乳頭から分泌液がでるタイプの方には乳管造影検査(乳頭の分泌液のでる穴から造影剤を注入してレントゲンをとる)や乳管鏡検査(分泌のある穴から細いカメラを挿入して乳管の中を直に観察する)を行います。これらの検査は多少の痛みを伴いますが、正確な診断のために必要な検査です。乳腺のCTMRI検査を行うこともありますがこれはむしろ乳癌と診断されたあとの拡がりを把握するためにおこなうことが多く、診断のために必ず必要というわけではありません。
C組織検査・細胞検査 
 さてこれらの検査で乳癌が疑われる場合、必ず細胞診あるいは組織診とよばれる検査を行い顕微鏡でみて癌細胞が存在することを確認しなければなりません。細胞診とは、注射器をしこりに刺して吸引することによって病変部分の細胞を採取する検査です。通常診察に引き続きその場で行います。痛みは伴いますが数秒でおわります。多くの場合はこの検査によって乳癌の診断を得ることができます。
組織診断は細胞診で確定診断が困難な場合に行います。針生検と摘出生検にわかれます。針生検は注射器の針よりも太めの針を用いて病変部位に針を刺し病変部分を採取する検査です。この検査は局所麻酔が必要ですが、麻酔後の痛みはありません。通常診察室にて行います。時間は、採取する量にもよりますが、数分から数十分かかります。また最近は針生検でも専用の吸引式の装置を用いて行うことがあります。この方が多くの組織を採取でき確実な診断ができます。毎週金曜日にこの検査を行っております。所要時間は約1時間で、検査後問題がなければ帰って頂けます。どちらの方法をとるかは担当医師の判断によります。
40~50歳台の女性に多いようです。家族に甲状腺の病気(橋本病、バセドウ病、腺腫様甲状腺腫など)の方がいる人に多い傾向があります。骨吸収と骨形成人体内のカルシウムの99%は骨にあります。骨は丈夫で硬く、一度出来上がるとコンクリートのように変わらない印象がありますが、実は日々少しずつ、溶けては(骨吸収)新しく作られる(骨形成)という変化をしています。骨にPTHが働くことにより、骨吸収が促進され、血液中に骨のカルシウムがイオンとなって溶け出してきます。2.原発性副甲状腺機能亢進症とは 副甲状腺に異常が生じて、副甲状腺ホルモンが過剰になり、その結果血液中のカルシウムが異常に増加してくる病気が原発性副甲状腺機能亢進症です。
甲状腺の病気同様女性に多くみられます。ほとんどの場合、原因は不明ですが、一部遺伝性のものがあります。3つの症状、3つの病態原発性副甲状腺機能亢進症の症状病気の程度により、以下のような症状が出現することがあります。
最近では軽症で見つかることが多く、ほとんど自覚症状がない場合もありますが、治療して血中カルシウムが正常になると、体調が以前よりもぐっとよくなっていることに気がつくことが多いようです。骨の症状 過剰の副甲状腺ホルモンにより、骨が溶け(骨吸収>骨形成)、もろくなります。いわゆる骨粗しょう症の状態になり、骨折しやすくなります。腰痛や肩やひざなどの関節痛、骨のみのほか、背骨の圧迫骨折により背が縮んでしまう場合もあります。特に更年期以降の女性では大きな問題となります。腎臓の症状 前現れてきます。 (スライド22 一方、これも子宮頸がんですが、子宮頸部の入り口からかなり内側にできる腺がんです。腺がんは子宮の外から直視できない内側にできるので非常に見つけにくく、診断は扁平上皮がんと比べると難しい。ある程度進行しないとがん細胞が出てこないというちょっとややこしい性質を持ったがんです。男山病院でも何例かあります。最近はこの頸部腺がんがふえています。今までは1割もないだろうと言われていましたが、最近の報告では子宮頸がんのうち1〜2割が内側にできる子宮腺がんではないかと言われています。(スライド23 採取された細胞から実際に異常が出てくると、今度はコルポスコープによる検査をします。コルポスコープは膣拡大鏡といって、子宮の入り口を8〜10倍に拡大して観察する低倍率の顕微鏡と思っていただければいいと思いST439などの腫瘍マーカーがありますが、これは他の腫瘍や病気の場合でも上昇することがあり、また早期では上昇せず、診断には役立ちません。ただ術後の治療効果、再発のチェックには有用です。   一般的には腫瘍の切除が必要になります。直腸では、がんの浸潤の程度と、肛門括約筋との位置関係が手術方法を決定するうえで重要です。
 小さい腫瘍の場合は、内視鏡的粘膜切除術(EMR)が行われます。
 腫瘍が大きく、進達度(粘膜下へのがんの広がり)が浅い場合は経肛門的切除が行われます。肛門から約8cmまでは経肛門的に切除できます。
 それ以上の場合は、経肛門的に内視鏡と腹腔鏡(ふくくうきょう)用の鉗子(かんし)を用いた手技(TEMUS、TESなど)での切除を選択できます。熟練した外科医が行えば肛門から20cmまでが対象になります(どの施設でもできるものではない)。
 それ以上の直腸がんで比較的進達度が浅い場合(早期)は、腹腔鏡補助下直腸切除術が行われます(これもどの施設でもできるものではない)。
 いずれの場合も、切除した標本におけるがんの病理検査(分化腺がんか低分化腺がんか)と壁浸潤度により根治性が決定されます。
 直腸の進行がんで部分切除では根治の可能がない場合、または部分切除で不十分であった場合ます。子宮の入り口を膣のほうから見ると、白い組織が扁平上皮でできている組織、赤い組織が円柱上皮でできている組織です。円柱上皮というのは子宮内膜の組織です。その扁平上皮と円柱上皮の間ががんになりやすく、子宮頸がんの場合はコルポスコープでちょうど直視できる位置にあります。そのために診断的価値が非常に高い。粘液をぬぐうか3%の酢酸で細胞を少し軽く凝固させて観察しやすくして見ます。この白くなっているところは円柱上皮で、内側の細胞が外に出てきています。何もないように見えているところは扁平上皮です。その間が子宮がんになりやすいところです。(スライド24 この例ではこのへんが白く見えます。下の写真ではこのへんが白く見えます。こういうところを切り取って病理検査をします。先程の円錐切除をする場合にはこの外側をぐるっと切り取ります。そして組織検査に回します。(スライド25 子宮の外の皮膚である扁平上皮、中の皮膚である円柱上皮、この間に正常はこのような平面的なシート状の配列で薄い胞体をもった像がとらえられています。これは一つの細胞で、いくつも集まっています。これでも比較的平面的な配列になります。 (スライド37 これは分化型の内膜腺がんです。がんになると重なったような配列になったり配列の端ではごじゃごじゃして飛び出したりしています。非常に立体的になってしかも核が濃く染まっていびつな、先程の扁平上皮がんと同じような特徴を持っています。ただしこのように少し並んだ配列は腺細胞といって腺を作る細胞ですので、その配列を残したままいびつな立体的な配列を持つことが多い。 (スライド38 一方超音波Bスコープでは比較的痛みなく子宮内膜を観察ます。我が八幡市の対象人口は14340人、自治体による公的ながん検診を受けた方が1623人、受診率は11.3%。1名にがんが見つかっています。発見率は0.06%。この方は0期の上皮内がんでした。(スライド48 見つかった68人の内訳をみると、不明な方、分類していない方もいますが、51人がIA期までの初期がん、II期が4人、IV期が1人います。がん検診は症状がない方を対象にしていますので、それでも進行がんが見つかるということですね。そういう意味でも医者のほうでは1年に1回の受診をお勧めしています。厚労省は去年2年に1回と言いました。 (スライド49 実際にがんが見つかった人の受診歴をみると、初めて検診を受けた方または3年あるいはそれ以上の間検診を受けていなかった方にがんが多く発見されています。Ia期までを初期がんとすると、Ia期が8名いるのは仕方ないとして、去年受けて1年しか間があいてないのにII期の方が2人います。では毎年受けてもいっしょかという話にもなりますが、このお二人には液体成分とリンパ球が流れていて、やがて血液と合流します。リンパ系組織は全身に分布しているため、悪性リンパ腫、特に非ホジキンリンパ腫は全身で発生する可能性があります。
悪性リンパ腫という病名は、さまざまなリンパ系組織のがんを大きくまとめて呼ぶ名前で、その中に含まれる個々の疾患の臨床経過や治療反応性、あるいは予後は大きく異なります。ですから、自分にとって最適な治療を選択するためには、「悪性リンパ腫の中のどのような病型(タイプ)ですか?」と、まずは医師に質問することが重要です。
I
期の治療法は以下になります: 臨床経過観察。
通常、骨盤リンパ節郭清術と根治的前立腺摘除術。手術後、放射線療法を併用することもあります。勃起不全を起こさないように神経を温存して前立腺を摘除することもあります。
外照射。  組織内照射 高密度焦点式超音波治療の臨床試験。 
放射線療法の臨床試験。 新しい治療法を評価する目的で行われる臨床試験。
このまとめのセクションでは、現在臨床試験を行っている治療法について個々に触れますが、最新の臨床試験をすべて網羅できていない可能性があります。アメリカで実施されている臨床試験に
ついての情報はNCI Web siteにアクセスすれば、入手できます。
II
期の治療法は以下になります: 
通常、骨盤リンパ節郭清術と根治的前立腺摘除術。手術後、放射線療法を併用することもあります。勃起不全を起こさないように神経を温存して前立腺を摘除することもあります。
臨床経過観察。 ホルモン療法併用または非併用する外照射。 組織内照射。
ホルモン療法併用または非併用する放射線療法の臨床試験。 超音波を用いた凍結手術療法の臨床試験。
ホルモン療法後に根治的前立腺摘除術を評価する臨床試験。 新しい治療法を評価する目的で行われる臨床試験。
このまとめのセクションでは、現在臨床試験を行っている治療法について個々に触れますが、最新の臨床試験をすべて網羅できていない可能性があります。アメリカで実施されている臨床試験についての情報はNCI Web siteにアクセスすれば、入手できます。
III
期の治療法は以下になります: 外照射単独、あるいはホルモン療法との併用。
ホルモン療法。  通常、骨盤リンパ節郭清術と根治的前立腺摘除術。手術後、放射線療法を併用することもあります。
臨床経過観察。  がんによる症状を和らげる緩和的療法としての放射線療法、ホルモン療法、あるいは経尿道的前立腺切除術。
放射線療法の臨床試験。  超音波を用いた凍結手術療法の臨床試験。
新しい治療法を評価する目的で行われる臨床試験。
自分自身のため、そして大切な家族のために、定期的な検診を習慣づけたいものです。卵巣がんの検診は膣内からの超音波検査(エコー)と血液検査(腫瘍マーカー)の併用が理想的です。子宮頸がんをはじめ、ほとんどの婦人科がんは検診の効果が科学的に証明されています。本来であれば国の責任において毎年集団健診を実施するべきなのですが、財政上の問題で隔年にしているは非常に難しいので、じゅくじゅくしてきたり、盛り上がってきて、何か変だなと思ったらまず皮膚科に相談するのがよいと思います。皮膚癌の予防でもっとも大切なものは太陽光線に含まれる紫外線対策です。黄色人種は白人よりも紫外線に強いのですが、それでも過度の紫外線暴露を避けるように若いときから注意することが大切です。特に高齢者の日光にあたるところによくみられる日光角化症と呼ばれる、癌の前触れの病変は紫外線との関連が深いといわれています。サンスクリーンや帽子などを上手に活用しましょう。また熱傷(やけど)や放射線照射部位にも皮膚癌ができやすいことが知られています。 皮膚癌の予防でもっとも大切なものは太陽光線に含まれる紫外線対策です。黄色人種は白人よりも紫外線に強いのですが、それでも過度の紫外線暴露を避けるように若いときから注意することが大切です。特に高齢者の日光にあたるところによくみられる日光角化症と呼ばれる、10回以上、夜間で3回以上の頻尿、残尿感が見られることがあります。血尿と腰痛が見られることもあり、前立腺肥大症とほぼ同じ症状が出ます。また精液に血が混じることもあります。QOLを考える!さて、今後何


胃がん病態

を基準に考えていけばよいのでしょうか?それは、
QOL(生活の質)をいかに守り、暮らしていくことではないでしょうか。攻撃的な癌治療から、病人を守るディフェンス的な治療へ、そして癌を休眠させ、最終的に共存共生を行い、癌があってもQOLを下げず暮らしていける生活を基準に治療に当たっていくことと考えます。具体的な薬剤活用方法(1) 西洋の抗癌剤を受ける時サポートとして A)副作用


胃がん病態

を抑える 
B)抗癌剤の効果を子宮頸がんは4〜5割が0期で発見されます。子宮体がんは褐色のオリモノがでたり、下着の汚れで気づく事が多いがん不正出血で発見された場合でも子宮体がんの65%が1期で発見されます。子宮頸がんにみられる特徴的な症状に、性交時の子宮膣部への刺激による出血があります。日本では、子宮がんの約80%が子宮頸がんです子宮がんは胃がん、乳がんに次いで多い

胃がん病態


がんですが、死亡率は年々下がっています。子宮がんは早期の段階で発見されれば、ほとんどが治ります。子宮がんが徐々に増加してくる30歳を過ぎた頃からは、年に1回子宮がんの検査を受けることがとても重要です。
 手術が基本です一般には、できるかぎり手術を行って、病巣を摘出する根治的治療法がとられます。この目的のために手術療法と放射線療法を併用する場合もあります。手術が出来な

胃がん病態


いほど、がんが進行している場合や、重い合併症があったり、高齢者などで手術に耐えられないと診断された場合には、放射線療法が主体となります。化学療法は、現段階では補助的な治療法と考えられており、とくに手術の出来ないW期などの進行例や再発例に対して延命を期待して行われます。
 放射線治療放射線治療は、いずれかのがんに対しても行われます。とくに子宮頸がんの大部分を占める扁平

胃がん病態


上皮がんには放射線が良く効きます。その治療成績は手術療法と大差ないので初回治療を放射線療法単独で行うこともあります。しかし、一般に腺がんでは放射線の効果が劣るので、ほとんどが腺がんである子宮体がんでは手術療法が優先されます。
 子宮体がんの5年生存率は、1期も2期も95%、3期で65%、4期で35%といわれています。 子宮頸がんにみられる特徴的な症状に、性交時の子宮膣

胃がん病態


部への刺激による出血があります。子宮体がんの場合には、月経以外に出血(不正性器出血)がみられます。特に閉経後に不正性器出血をみたときは、すぐに検査を受けたほうがよいでしょう。
 転移のルートがんが子宮体部にとどまっているのがI期、子宮頸部に浸潤しているのがII期、子宮外に浸潤しているのがIII期で、 IV期は膀胱・直腸に浸潤しているか、肺・肝臓・骨などに遠隔転移がみられる段階で


胃がん病態

す。
 がんの進行にともなう症状がんの進行にともなって不正性器出血や、帯下の増加をみるようになります。また、がん組織の壊死と腐敗菌の感染のための水様性・血性・膿性の帯下が増え、悪臭を発するようになります。がんが膀胱粘膜に浸潤すると頻尿、血尿や下腹部痛がみられ、尿管(腎臓と膀胱を結ぶ管)が腫瘍で圧迫されると、腎臓からの尿の流出が困難になり末期には尿毒症を併発します。 


胃がん病態

血球の中のリンパ球の癌悪性リンパ腫は白血病と同じ全身の癌で、全身のリンパ節や皮膚、目、内臓にも腫瘤を作ります。
 血液検査と生検でわかる癌首やその周辺、脇の下、足の付け根のリンパ節が、痛みも無く、1ヶ月以上に渡り腫れている場合。または他の臓器に腫瘤が出来た場合に、血液検査や、


胃がん 病態

胃がん病態

30才以下の女性では、卵巣の腫大でも通常は良性であり、水溶液の貯留した袋状になり、いわゆる嚢胞と呼ばれています。この嚢胞は、女性の性周期の中で起こり、治療せずとも消失します。嚢胞でも自然消失しない場合、特に問題があったり、嚢胞に変化が見られる場合その摘出をすすめられることがあります。また時には、超音波その他の検査法により、経過を観察することもあります。  悪性腫瘍とは癌のことです。近傍の正常組織や臓器に浸潤しこれらを破壊してゆきます。   また癌細胞は卵巣の腫瘍本体から離れ、腹腔内の他の臓器にたどりつき新しい腫瘤を形成します。卵巣癌は特に大腸、胃、横隔膜などに進展します。癌細胞はまた、リンパ経路や血行路にも入りこみ、これを伝って他の部位へも移行します。この癌の移行を転移と呼びます。1. 造血器腫瘍の血清学的、分子生物学的解析 1. 造血器腫瘍の血清学的、分子生物学的解析血液細胞は造血幹細胞と呼ばれる細胞からいろいろな段階を経て、最終的に酸素を運ぶ赤血球やウイルスをやっつけるリンパ球、出血した血液を固める血小板などの血液細胞に分化します。(図1) これらの分化の途中で、分化、増殖を制御する遺伝子に異常をきたすと白血病やリンパ腫などの造血器腫瘍になります。造血器腫瘍でよくみられる遺伝子異常は染色体の一部が他の染色体に間違って移動してしまう「染色体転座」です。遺伝子医療研究部ではこのような染色体転座に伴う遺伝子異常を見つけています。さらに、単クローン抗体を作って造血器腫瘍の診断に役立てると共に、実際の治療に応用するためにこの遺伝子の機能を抑える研究を行っています。また、腫瘍細胞内での蛋白質間の相互作用の異常についても解析をすすめています。   マントル細胞リンパ腫とサイクリンD1発現  血液細胞のうち抗体をつくる細胞はB細胞と呼ばれますが、それがリンパ節でがんになったものはB細胞リンパ腫といいます。B細胞リンパ腫はさらに細かく分けられますが、その理由は診断をはっきりさせることが、治療方法や、予後の判定にとても大切だからです。たとえば、マントル細胞リンパ腫とういうリンパ腫では、私たちが原因遺伝子BCL1の本態を明らかにしましたが、この遺伝子異常があると、現在の治療法ではほぼ6年くらいにほとんどの患者さんが死亡することを、病院遺伝子病理診断部、血液化学療法部との共同研究で明らかにしました。      bMALTリンパ腫とMALT1遺伝子異常  B細胞リンパ腫のなかで消化管などにできるMALTリンパ腫の原因遺伝子MALT1も発見しました。この遺伝子を発見するときに、いま話題になっているヒトゲノム計画の研究成果が大きな役割を果たしました。また、国際的な共同研究による成果でもあります。私たちが世界に先駆けてこの原因遺伝子を発見できた理由は、インターネットの発達のおかげでもあります。MALT1遺伝子のはたらきは世界中で調べられており、リンパ球の中で重要な役割を担っていることがわかってきました。私たちもが細胞の中で移動する特別なシステムがあることを報告しています。遺伝子は細胞を死ににくくする機能をもったAPI2という遺伝子とくっついて、腫瘍にしかないAPI2-MALT1融合遺伝子を作ることもあきらかにしました。(図3)  しかし、この融合遺伝子の機能はほとんどわかっていませんでした。私たちは、プロテオミクスと呼ばれる最新技術を利用して、このAPI2-MALT1に結合する分子を調べました。その結果、が細胞死に深く関わっていることが知られているTRAF2, Smac HtrA2などと結合することで、細胞が死ににくくなっていることを証明しました。さらに最近が巧妙なシステムで自分自身の量を増やすことも明らかにしました。このようにが細胞を癌化させる方法の一端が明らかになり、MALTリンパ腫を初めとする悪性リンパ腫の新たな診断、治療法の開発が期待できます。  び慢性リンパ腫とBCL6遺伝子異常  B細胞リンパ腫のなかでは、約半数を占めるびまん性大細胞型リンパ腫には、BCL6遺伝子が異常をきたしています。その異常を引き起こす遺伝子の一つにリンパ球をつくるときに大切な働きをするイカロスという遺伝子も関係していることを見つけました。このリンパ腫の原因であるBCL6遺伝子が活性化していることはわかっていますが、その結果、なぜ、がんになるのかもまったくわかっていません。この理由をあきらかにするために、ヒトゲノム計画の成果の一つである新しい研究方法、cDNAマイクロアレイ法を用いた解析  をはじめています。BCL6遺伝子が活性化したときとそうでないときを比べて、どのような遺伝子が変化しているかをしらべ、がんの原因を探ろうとするものです。この2つの状態を比べて、変化する遺伝子を丁寧に調べていけばがんに関係する直接の原因遺伝子をあきらかにすることができるかも知れません。下の図4に見られるように、色の変化を比べることで変化した遺伝子がわかります。どのような遺伝子ががん化に関係するのか、悪性度に関係するのかなど、激しい勢いで進む科学の進歩をうまく取り入れながら成果をだして行きたいと努力を続けています。    型小児白血病の発症機構解析 その間、何を基準に考えていけばいいのでしょうか。それはQOL(生活の質)をいかに守り、暮らしていくことではないでしょうか。1. 造血器腫瘍の血清学的、分子生物学的解析血液細胞は造血幹細胞と呼ばれる細胞からいろいろな段階を経て、最終的に酸素を運ぶ赤血球やウイルスをやっつけるリンパ球、出血した血液を固める血小板などの血液細胞に分化します。(図1) これらの分化の途中で、分化、増殖を制御する遺伝子に異常をきたすと白血病やリンパ腫などの造血器腫瘍になります。造血器腫瘍でよくみられる遺伝子異常は染色体の一部が他の染色体に間違って移動してしまう「染色体転座」です。遺伝子医療研究部ではこのような染色体転座に伴う遺伝子異常を見つけています。さらに、単クローン抗体を作って造血器腫瘍の診断に役立てると共に、実際の治療に応用するためにこの遺伝子の機能を抑える研究を行っています。また、腫瘍細胞内での蛋白質間の相互作用の異常についても解析をすすめています。   マントル細胞リンパ腫とサイクリンD1発現  血液細胞のうち抗体をつくる細胞はB細胞と呼ばれますが、それがリンパ節でがんになったものはB細胞リンパ腫といいます。B細胞リンパ腫はさらに細かく分けられますが、その理由は診断をはっきりさせることが、治療方法や、予後の判定にとても大切だからです。たとえば、マントル細胞リンパ腫とういうリンパ腫では、私たちが原因遺伝子BCL1の本態を明らかにしましたが、この遺伝子異常があると、現在の治療法ではほぼ6年くらいにほとんどの患者さんが死亡することを、病院遺伝子病理診断部、血液化学療法部との共同研究で明らかにしました。      bMALTリンパ腫とMALT1遺伝子異常  B細胞リンパ腫のなかで消化管などにできるMALTリンパ腫の原因遺伝子MALT1も発見しました。この遺伝子を発見するときに、いま話題になっているヒトゲノム計画の研究成果が大きな役割を果たしました。また、国際的な共同研究による成果でもあります。私たちが世界に先駆けてこの原因遺伝子を発見できた理由は、インターネットの発達のおかげでもあります。MALT1遺伝子のはたらきは世界中で調べられており、リンパ球の中で重要な役割を担っていることがわかってきました。私たちもが細胞の中で移動する特別なシステムがあることを報告しています。遺伝子は細胞を死ににくくする機能をもったAPI2という遺伝子とくっついて、腫瘍にしかないAPI2-MALT1融合遺伝子を作ることもあきらかにしました。(図3)  しかし、この融合遺伝子の機能はほとんどわかっていませんでした。私たちは、プロテオミクスと呼ばれる最新技術を利用して、このAPI2-MALT1に結合する分子を調べました。その結果、が細胞死に深く関わっていることが知られているTRAF2, Smac HtrA2などと結合することで、細胞が死ににくくなっていることを証明しました。さらに最近が巧妙なシステムで自分自身の量を増やすことも明らかにしました。このようにが細胞を癌化させる方法の一端が明らかになり、MALTリンパ腫を初めとする悪性リンパ腫の新たな診断、治療法の開発が期待できます。       非小細胞癌の6-7割は、すでに手術不能の段階で発見されます。手術適応になる人は、そう多くはありません。また、術後の5年生存率は、術後病期で見て1:80%2:60%3:40%4:10%未満です。転移しやすく、再発率の高い癌早期の発見し難いばかりではなく、他の臓器や骨に転移が多く見られる癌です。また、幸いに手術ができたとしても、再発率の高い癌です。手術後で約2割に局所再発、56割に遠隔転移が見られるほどです。転移のルート肺がんの特色は、いろいろな臓器に遠隔転移(がん細胞が血液に入って流れて行き、離れた臓器に転移をつくること)をおこしやすいことです。肺がんが遠隔転移をおこしやすい臓器は肺、脳、骨、肝臓、副腎などが代表的です。腫瘍が小さいうちは症状がありません腫瘍がある程度大きくなると血尿やわき腹の疼痛などが出てきます。血尿は自然に止まることもよくありますが、血尿が止まっていても病状は進行するのが一般的です。 外科手術によって腎臓を摘出する方法が中心です腎臓は二つあり。片方を取り去っても残りが機能します。ただし残る腎臓に障害がある場合、病巣部とその周囲だけを部分的に取り去ることもあります。まで浸潤発育し、骨盤内・傍大動脈リンパ節や骨への転移を起こすので、全ての癌の場合と同様に、早期発見・早期治療の基本概念は一番大切にしなければならないことである。 治療法には、内分泌(ホルモン)療法、手術切除、放射線照射、化学療法などがあるが、癌の進展状況(臨床病期)によって適応方針は異なっている。例えば、早期癌のA1(偶然発見された、片葉に少量だけ限局している高分化腺癌)では、そのまま定期観察を続けて、もし進行するようならその時に局所的治療を加えればよく、A2(中・低分化腺癌)では、手術や照射の単独治療、B1(片葉に限局)も同様、局所進展癌のB2(両葉に限局)C(被膜外浸潤)では、所属リンパ節への転移の可能性が多くなるので、ホルモン併用の手術か照射、進行癌でリンパ節や骨への転移の明らかなD期では、ホルモン療法が中心となる。    ホルモン療法は男性ホルモン(テストステロン)を制御することで、癌病巣を退縮させる。除睾術(外科的去勢)LH-RHアゴニスト注射、エストロゲン内服(内科的去勢)などが行われている。この療法の問題点は、治療開始後34年で再燃現象(ホルモンに耐性の癌細胞が新たに出現する)40%程に出現すること、また、身体のホルモンのバランスが崩れることで、更年期障害様の     体調不良(汗かき、筋力低下など)が生ずること、である。 放射線治療では、腺癌細胞に対する高線量の照射が必要なので、周辺臓器の直腸や膀胱に余計な線量を照射しない、限局線量分布の照射方法が行われている。以前から高エネルギーX線によるBox型照射が行われてきたが、最近は3次元原体照射、小線源照射などが盛んになってきた。線量分布に優れた特徴をもつ陽子線や重粒子線は最先端の治療方法であるが、いまだ限られた施設のみしか可能でない。    現在の重粒子線治療プロトコールでは、患者を病期・PAS値・病理組織分化度(グリアソン値)によって、低リスク・高リスクの2群に分類し、前者は重粒子単独、後者はホルモン併用の治療方針で、より患者の状態に合わせた臨床試行を行っている。    放射線治療の5年生存率は、A期で90%以上、B期で80%前後、C期で60%前後、D期で30%前後が標準的値といえる。B2期・C期ではホルモン併用の有無での成績の差は明らかで、併用の方が40%以上も良好な生存率が発表されている。    前立腺癌は臨床経過が長く、予後の比較的良好な疾患であるが、その経過中の症状・体調の変化にはかなりきついものがあり、家庭や社会の中心で働いている人の病気ということを考えると、単に患者自身の問題では済まなく、家族・職場を含めた精神面・経済面などのサポート体制をしっかりと築くことが大切と考える。重粒子線治療の成績が良い方に評価され始めたことにも起因する最近、前立腺癌患者の来院が多くなっている。が、発生頻度が急激に増加していることも確かである。 昭和35年度と平成11年度の全国の部位別癌死亡統計と比較すると、男女とも胃癌は大幅に減少、女性では子宮癌も減少、男女とも肺癌が増加、全体として男性は増加しているが、女性は減少。前立腺癌は4倍弱の増加であり、結腸癌の4倍強に次ぐものである。      肺癌の確定診断には、病理医の手で顕微鏡標本による細胞病理組織診断が行われる。ほとんどの肺癌は、肺癌の約20%)(  肺癌の約80%)の、主な2つの型に属する。この分類は、腫瘍細胞の大きさという、実に単純な病理形態学的診断基準によるものでありながら、疾患の治療法や予後に大きく関わってくる。小細胞肺癌は肺癌の20%程度を占める。喫煙との関連性が大きいとされ、中枢側の気管支   卵巣癌には様々な種類があります。最も一般的なものは卵巣表層上皮から発生する上皮性卵巣癌です。(その他の種類は発生が稀で本書では扱いません)癌が転移しても、その転移病巣には同じ種類の細胞が認められ、原発病巣と同じ名前で呼ばれます。例えば卵巣癌が大腸に転移しても転移性卵巣癌と呼びます。新しい病巣が大腸にできても大腸癌ではありません。    卵巣癌は初期に発見するのが難しい病気です。普通は初期には無症状であり、多くの場合発見されるまでには広がっているのです。圧迫、痛み、その他の症状をもたらすまでに癌が発育していることが多いのです。症状が出ていても非常にぼんやりとしているため、見過ごされることがあります。   腫瘍が発育すると、お腹がはってふくれた感じや、下腹部の不快感が出現してきます。食欲低下や少量の食事をとっただけでも満腹感を感じたりします。その他、消化不良、吐き気、体重減少がでてきます。大きな腫瘍になると近傍の臓器である腸や膀胱を圧迫し、下痢、便秘、頻尿感がでてきます。腟からの出血は卵巣癌の症状としては稀です。    卵巣癌ではお腹の中に水分が産生され(腹水)お腹がふくれることがあります。水分は肺にたまることもあり、息切れが生じることもあります。こういう症状は癌でも起こりますが、その他重病でなくとも起こります。その診断は医師でなければできません。   診断と進行期別分類   この様な症状を起こした原因を探るためには既往歴を尋ね、内診などの診察を行ないます。腟、直腸、下腹部の触診から腫瘤やその発育を感じとります。子宮頚部細胞診(子宮頚癌の検診に一般的に用いられる)も内診時に行なわれますが、卵巣癌の発見、診断には直接関係はありません。その他、次のような検査が行なわれます。いますので、これはがん細胞でDNAが欠失している(正常なDNAが失われている)ことを意味します。また、同じように下の合成図で緑が濃くなっているところは、がん細胞でDNAが増幅している(一部のDNAが異常に増えている)ことを意味します。 この研究は、がんの遺伝子異常を調べるという基礎的な研究だけにとどまらず、実際の診断や治療法の選択に重要な意味を持つことが、徐々に明らかになりつつあります。これらの遺伝子異常は、がんの治療のための標的としても大きな意味を持つことが予想されます。これからの5年以内には、さらにがんの遺伝子異常の解明が進み、臨床的な実用化を図ることを目標としています。がんセンター研究所研修生を経て研究員として腫瘍免疫学を6年間学んだ。がんの発症機構を明らかにしなければ、根本的な解決につながらないと考え、米国がん研究所客員研究員およびワシンントン大学ハワードヒューズ医学研究所研究員として3年間、血液のがんを対象として分子生物学的研究を行い、がんセンターに再就職。血液のがんは、研究成果日本でのホジキン病の治療は、抗がん剤+放射線によって、6割から8割の長期生存が望めます。抗がん剤は4種類を組み合わせた併用療法(ABVD療法)になります。B細胞かT細胞で分ける非ホジキンリンパ腫非ホジキンリンパ腫は大きく2種類に分けます。B細胞(抗体を作るリンパ球)の癌化したものの中で、月単位で進行する、びまん性大細胞型リンパ腫は日本人の約35%を占めるといわれています。この場合は、3種の抗がん剤+ホルモン剤のCHOP療法や、分子標的治療薬のリツキサンを足した、R−CHOP療法をします。T細胞(細胞性免疫)の癌化したものの中で、最も悪性度が高く、週単位で悪化していく、成人T細胞型リンパ腫。B細胞に比べ、治療が難しく、抗がん剤の多剤併用をしても生存期間は1年前後のため、造血幹細胞移植を行ってから、大量の抗がん剤治療をします。 1)接続して進行するホジキン病ホジキン病の進行は、首のリンパ節から脇の下のリンパ節、脾臓という順番で進行していくのが特徴です。2)飛び離れたところにも出現し、リンパ節以外の臓器や、皮膚、粘膜にも出現します。そのため、部位や臓器によって、さまざまな症状になります。進行がん肝臓、脾臓の肥大消化器系腹部の塊、腹痛、嘔吐、腸閉塞、出血骨髄系貧血、感染症、皮膚からの出血泌尿器系腎不全脳、目、耳、鼻皮膚および、脳内の腫瘤移植による副作用生着不全。免疫不全 QOLを考える!悪性リンパ腫の治療は、種類によってさまざま。特に悪性度が高い場合は、すばやく治療を開始しなくてはならず、悩む時間はありません。移植のドナーと出会える確立は、とても低いのが現状です。その間、何を基準に考えていけばいいのでしょうか。それはQOL(生活の質)をいかに守り、暮らしていくことではないでしょうか。治療中も、また治療後もQOLを下げず暮らしていける生活を基準に、治療に当たっていくことと考えます。骨髄中の造血幹細胞の癌血液細胞の遺伝子レベルの異常により引き起こされ、異常な白血球が無制限に増殖します。しかし、遺伝子が関係していても、遺伝はしないと考えられています。血液検査でしかわからない癌白血病は、癌化した血液が全身にまわりますので、からだ全体に症状が出始めます。初期では、風邪に似た症状で、だるさ、疲れ、貧血、出血などが出ます。しかし、画像ではわからないため、血液検査で初回診断をします。さらに、骨髄穿刺、染色体検査、免疫検査などを行い、急性か慢性か、骨髄性かリンパ性かを診断します。発症頻度はとても少ないが、年齢層は広範囲の癌発症年齢は小児から高齢者まで、どの年代にも発症します。しかし高齢者ほど発症頻度が高くなっています。強力抗がん剤・造血幹細胞移植・グリベック白血病の治療法は種類によって、少しずつ異なります。急性は、強力な抗がん剤で完全完解を目指し、完解後に造血幹細胞移植を行います。しかし、移植を行うためには、骨髄の中の細胞を空にしなければならず、様々な副作用に耐えうる体力が必要となり、一般的には50歳以下とされているのです。また、どんなに希望しても、ドナーが見つからなければ移植は成立しません。さらに移植後も、リンパ球が体を攻撃する病気(移植片対宿主病)が起こります。高齢者や臓器に障害がある場合は、この病気の利点を利用した、ミニ移植という方法も一部行われています。慢性の場合は、抗がん剤治療に、グリベック(イマチニブ)という分子標的治療薬を服用することで、完全完解に導く割合が多くなってきました。.初期の段階では、風邪に似た症状で、だるさ、疲れ、発熱、貧血、出血などがあります。.診断時から4期に相当する癌

胃がん病態

他のがんと異なり、診断したときから全身に拡がっているので、4期に相当します。
したがって、進行による転移という表現はしません。

胃がん病態

から生ずることが多い。悪性度が高く,急速に増大・進展し、またリンパ行性にも血行性にも早いうちから他の臓器に転移しやすいため、発見時すでに進行がんである事が多い。がん遺伝子としては L-myc が関わっている。免疫染色によるのまーかー同定や電子顕微鏡撮影により、カルチノイドなどど同じく神経内分泌上皮由来であることがつきとめられている。転移が見られることが多いため、化学療法、放射線療法が行われることが多い。放射線療法、化学療法に対


胃がん病態

して比較的感受性があるものの、多くは再発するため予後はあまり良くない。しばしばランバート・イートン症候群などの傍腫瘍症候群を合併する。血液検査では、ProGRPや神経特異的エノラーゼ(NSE) が腫瘍マーカーとなる。肺扁平上皮癌(はいへんぺいじょうひがん、は、気管支の(厳密には扁平上皮化生した細胞。生理的には、正常な肺のどこにも扁平上皮は存在しない)から発生する癌。喫煙との関係が大きく、中枢側の気管支から生ずることが多い。喀痰細胞診


胃がん病態

では、パパニコロウ染色にて扁平上皮細胞から分泌されたケラチンがオレンジに染まることが特徴的である。
病理組織学的検査では、扁平上皮細胞の球から内側に分泌されたケラチンが纏まり真珠のように見られることがあり、癌真珠とよばれる。血液検査ではSCC、 シフラ (Cyfra) が腫瘍マーカーとなる。肺腺癌(はいせんがん、は、肺の腺

胃がん病態


細胞(気管支の線毛円柱上皮、肺胞上皮、気管支の外分泌腺など)から発生する癌。発生部位は肺末梢側に多い。喫煙とも関連するが、非喫煙者の女性に発生する肺癌は主にこの型である。病理組織学的検査では、がん組織が腺腔構造(管腔構造)を作っていることが特徴的である。血液検査ではCEA(癌胎児性抗


胃がん病態

原)、SLX(シアリルルイスX抗原)などが腫瘍マーカーとなる。
肺大細胞癌は、扁平上皮癌にも腺癌にも分化が証明されない、未分化な非小細胞癌のことである。発育が早く、多くは末梢気道から発生する。
胃がん病態

カルチノイド  、円柱腫  、粘表皮癌 など。
全身から右心系に集まってきた血液が肺へ送られるため、血行性転移の好発部位となる。ただし癌とは100以上もの疾患の総称です。いずれも体の最小構成単位である細胞に障害を及ぼします。癌が発生するのは、個々の細胞が正常を逸し無秩序に分裂しはじめるときです。
胃がん病態



他の臓器と同様に卵巣も様々な細胞からできております。普通は必要に応じて細胞分裂が起こり、多数の細胞が産生されます。この秩序が守られてこそ健康が保たれるのです。必要もないのに細胞が勝手に分裂を起こすと余分な組織が形成されます。この過剰な組織
(腫瘍と呼ぶ)には良性と悪性があります。 

胃がん 病態

胃がん病態

子供を産んだことがある人は、頚管の状態で、入れないこともあります。この前処置は、子宮頚管を3mmぐらい開く必要があるため、痛みを伴います。しかし、この処置のおかげで、子宮頚管は開くやすくなり、手術が安全に行えます。妊娠4ヵ月(妊娠12週)以上は、日帰りの手術は難しくなり、入院して子宮口を開いてから、陣痛をつけて分娩の形をとります。でが細胞死に深く関わっていることが知られているTRAF2, Smac HtrA2などと結合することで、細胞が死ににくくなっていることを証明しました。さらに最近が巧妙なシステムで自分自身の量を増やすことも明らかにしました。このようにが細胞を癌化させる方法の一端が明らかになり、MALTリンパ腫を初めとする悪性リンパ腫の新たな診断、治療法の開発が期待できます。   び慢性リンパ腫とBCL6遺伝子異常  B細胞リンパ腫のなかでは、約半数を占めるびまん性大細胞型リンパ腫には、BCL6遺伝子が異常をきたしています。その異常を引き起こす遺伝子の一つにリンパ球をつくるときに大切な働きをするイカロスという遺伝子も関係していることを見つけました。このリンパ腫の原因であるBCL6遺伝子が活性化していることはわかっていますが、その結果、なぜ、がんになるのかもまったくわかっていません。この理由をあきらかにするために、ヒトゲノム計画の成果の一つである新しい研究方法、cDNAマイクロアレイ法を用いた解析 をはじめています。BCL6遺伝子が活性化したときとそうでないときを比べて、どのような遺伝子が変化しているかをしらべ、がんの原因を探ろうとするものです。この2つの状態を比べて、変化する遺伝子を丁寧に調べていけばがんに関係する直接の原因遺伝子をあきらかにすることができるかも知れません。下の図4に見られるように、色の変化を比べることで変化した遺伝子がわかります。どのような遺伝子ががん化に関係するのか、悪性度に関係するのかなど、激しい勢いで進む科学の進歩をうまく取り入れながら成果言われています。 自覚症状自覚症状に乏しく、発見されたときにはすでに、リンパや腹膜播種などである場合が多いがんです。転移のルート卵巣がんのうちの上皮がんは腹膜に転移し、そこから肝臓の表面や大網に広がります。適応とされています。この治療は脳の病巣の治療方法としては、動静脈奇形、原発性良性脳腫瘍、転移性脳腫瘍、手術的操作が難しい頭蓋底腫瘍(とうがいていしゅよう)等に応用されています。脳以外の病巣への応用としては、後述のように頭頸部や肺の病巣(肺がんや転移性肺がん)に応用され、他の部位に対しても検討がはじまっています。 この治療が個々のケースに適しているかどうかは十分検討する必要がありますので、主治医および放射線腫瘍医にご相談ください。1.ガンマナイフによる定位放射線照射 ガンマナイフとは、201個のコバルト線源をヘルメット状の照射ヘッドに半球状に配置した放射線照射装置です。おのおのの線源から放出される放射線(ガンマ線)がヘルメット内の小さな穴を通過することでペンシル状のビームとなり、小領域に集まるように設計されています。このようにして、多方向から一点に高線量の放射線を集中させることができます。 治療法は、「レクセルのフレーム」というジ、好中球等の細胞です。 リンパ球は、B細胞とT細胞に大別されます。B細胞は抗原に対して特異的に結合することのできる抗体(免疫グロブリン)を産生します。  もう一方のT細胞には、さらに大別して2種類が存在します。1つは、ウイルスに感染した細胞やがん細胞を殺傷する能力を持っている細胞傷害性(またはキラー)T細胞です。 もう1つは、種々のサイトカインを産生してB細胞の抗体産生を活性化したり、他のT細胞を活性化させる働きを持つヘルパーT細胞です。  その他、ナチュラルキラー(Natural KillerNK)細胞はウイルス感染細胞や、がん細胞を殺傷する働きがあります。マクロファージは細菌などの異物を貪食(どんしょく)し、殺菌したりする作用があります。   好中球もマクロファージと同様に細菌を貪食し、殺菌する作用を持っています。このように多くの種類の細胞が、免疫現象にかかわっています。定位放射線照射とは、病巣に対し多方向から放射線を集中させる方法です。通常の放射線治療に比較し、周囲の正常組
織に当たる線量を極力減少させることが可能です。定位放射線照射には、ガンマナイフに代表される1回照射の定位手術的照射と、数回に分割して照射する定位放射線治療に大別されます。定位放射線照射では、治療装置や患者さんを固定する精度をmm単位で管理しています粒子線治療の現況と将来国立がんセンターでは、サイクロトロンを用いた陽子線治療システムが1998年末より稼働し、主に頭蓋底(とうがいてい)、頭頸部、肺、肝臓、前立腺等のがん例に使用されています。病院に附属した陽子線治療装置としては国内ではじめての装置で、2001年7月に高度先進医療(医療の名称:悪性腫瘍に対する粒子線治療)の認可を受けて治療を行っています。治療の費用(2883000円)は自己負担です。国立がんセンター東病院以外に、わが国での陽子線治療は、筑波大学陽子線医学利用研究センター、兵庫県立粒子線医療センター、若狭湾エネルギー研究センター、静岡県立静岡がんセンターの4ヵ所で行われています。また、独立行政法人放射線医学総合研究所では、炭素を使った重粒子(重イオン)線治療が行われていて、200310月に高度先進医療として認可されました。これら粒子線治療は、国内でも今後さらに数ヵ所での建設が計画されています。  これらの治療法の対象は小さな病巣で、おおむね3cm以下の病巣が良い適応とされています。この治療は脳の病巣の治療方法としては、動静脈奇形、原発性良性脳腫瘍、転移性脳腫瘍、手術的操作が難しい頭蓋底腫瘍(とうがいていしゅよう)等に応用されています。脳以外の・野菜、くだものに含まれる食物繊維は発がん物質を吸着する。
・緑黄食野菜のなかのβ(ベータ)カロテンなどが発がんの原因である活性酸素を抑制し、発がんを抑える。
 しかし、不飽和脂肪酸およびβカロテンを多くとれば、必ずがんの予防になるというものではなく、何よりもバランスのよい食事が重要です。                                                                                      最も多いのは血便です。そのほかしました。肺がんや大腸がんの術後において、フルオロウラシル(抗がん剤の1つ)との併用で延命効果が得られたとの報告がありますが、臨床効果は確立されていません。 [効果]上記のとおりで、一部のがんで有効性が認められています。 [副作用]一部のBRM療法で発熱や白血球増多が認められますが、重篤な副作用は報告されていません。  [問題点]特定の免疫担当細胞にのみ作用するわけではないので、作用機序が必ずしも明確でありません。作用機序の科学的な解明や、評価法の見直しが必要と考えられます。6.抗体療法抗体とは、抗原に対して特異的に結合できるタンパク質で免疫グロブリンと呼ばれ、B細胞が産生します。多種多様の抗原に対して、特異的な抗体が存在します。ある抗原に対して特異的な単一の抗体を、モノクローナル抗体と呼びます。近年、モノクローナル抗体を作製する方法が確立され、この技術は医学や生物学の分野で多大な貢献をもたらしました。がんに特異的な抗原に対するモノクローナル抗体なども多数つくられ、がんの研究、治療に広く用いられてきています。 抗体は一般に、補体(抗体の反応を補って、殺菌や溶血反応を起こす血清中の因子)を介して抗体が結合した細胞や細菌等を破壊したり、マクロファージやキラー細胞による細胞の破壊を助けるなどの働きがあります。モノクローナル抗体は、ある特定のがん細胞にだけそうした作用を及ぼすわけです。また、は腺葉というちょうどブドウの房のような単位を作って一つの腺葉から1本の主乳管が乳頭に開口しています。このような腺葉が15~20個集まって一つの乳腺となっており、前からみるとひとつひとつの腺葉は乳頭を中心とした扇状に分布しています。ほとんどの乳がんは乳管の壁から発生し、乳管の中を広がる「乳管内進展」と、乳管の壁を破って乳管の外に広がる「浸潤」という、2パターンの発育をします。乳管内進展は腺葉に沿って進むので、扇形に広がることが多くなります。浸潤の部分は腫瘤として触れやすいのですが、乳管内の部分は触診では全く触れない(非触知)かぼんやり硬くふれるだけのことが多く、マンモグラフィや超音波などの画像検査が重要となります 乳がんの種類 乳がんは、非浸潤がん、浸潤がん、パジェット病の大きく3つに分けられますが、普通のしこりを触れる乳がんのほとんどは浸潤がん(前述の「浸潤」が一部にでもあるがん)で、硬がん、乳頭腺管がん、充実腺管がんなどの一般的ながんと、粘液がんなどの特殊型とがあります。非浸潤がんは、前述の「乳管内」の部分のみから成り立っているがんで、しこりを触れない段階で乳頭分泌や画像検査で見つかったがんが多く含まれます。非浸潤がんは転移をおこさないごく早期のがんですが、日本ではとても少なく、1997年の全国統計で5%程度、癌研ではかなり多い方ですが2000年で13%です。マンモグラフィでの検診が進んだ欧米ではこの非浸潤がんが20%をしめており、このようなごく早期の発見が増えることをめざしています。パジェット病は、乳頭のびらんでみつかり多くはしこりを触れない早期のがんで、全乳がんの1%未満の稀なものです。 Chapter.2: 乳がんの進行度と生存率   乳がんの進行度(病期分類) 乳がんの進行度は主に腫瘤の大きさとリンパ節転移の有無で0~4期に分けられます。0期と1期が「早期乳がん」と呼ばれますが、0期は100%1期なら90%の生存率が期待でき、早期発見がきわめて重要と言えましょう。 2000年からの新しい病期分類]      リンパ節転移が進んでいる場合、しこりが5cmをこえてリンパ節転移もある場合、しこりが皮膚や胸壁に及ぶ場合、炎症性乳がん(乳房全体が赤くなる、特殊な乳がん)、などが含まれる(さらに細かく、とに分かれる) 鎖骨の上のリンパ節に転移があるか、他の臓器(肺、骨、肝臓などが多い)に転移がある 進行度の変還 1は、10年ごとにみた、癌研での乳がん手術時の触診径(しこりの大きさで表す)別の変遷を示します。早期発見のめやすとなるT0(しこりを触れない)T1(しこりが2cm以下)例は、残念ながら60年代以降ほとんど増加しておらず、が多いのが分かります。手術後、組織検査によって診断されたリンパ節転移(n)別の年代別変遷を表2に示します。転移のなかったn0例は、7090年とわずかに増えてはいるものの、大きな変化はみられません。このように、情報のな東京にある癌研病院でも、乳がんの早期発見があまり増えているとはいえないのが現状で、日本の女性の乳がんに対する意識はまだまだ足りないと感じられます。      乳がんの生存率 次に乳がん手術後の生存曲線をみましょう(3)。年代毎に生存率は向上しているのがよく分かり、90年代では、乳がん全体の5年、お薬が実際に患者さんに処方される前には、治験が行われます。 この治験の結果によって、その薬の安全性とか副作用とか効果とかをしっかりとチェックするわけです。治験の結果が思わしくなければ、治験の段階でその医薬品の承認は見送りになりますので、治験が滞りなく行われるというのは、非常に重要なことだったりします。 ところで、この治験にはいくつかの決まった段階があり、それを順序良くクリアしていくことで、初めてお薬として承認されます。この段階のことをフェーズといいます。治験中のお薬やフェーズの段階については、製薬メーカーさんのIR情報で見れたりします。 ガン治療には手術や抗がん剤による化学療法や放射線療法だけではなく、「免疫療法」というものがあります。免疫療法とは、「NKT細胞」を利用するガン治療のことです。NKT細胞の働きを高めて、ガン細胞を攻撃させるのです。また、これと似たようなガン治療として「ワクチン療法」も存在します。ワクチン療法とは、全てのガンに共通して存在する「WTI」というたんぱく質の断片をワクチンとして利用するガン治療のことです。さらに、ワクチン療法の進化版として「HER2」というたんぱく質を利用したワクチン療法もありますこの他、クローン技術を利用して作られた「モノクーロナル抗体」を利用してガン治療を行う研究も進んでいるようです。ちなみに、モノクロナール抗体を使った治療を行う上で大切な「ヒト抗体」についてですが、免疫療法は、現段階では大きな副作用もないため、患者さんへの負担も少ないガンの治療法です
ので、今後一層の普及が待たれます。
ところで、このガンの免疫療法ですが、確か保険適用はなかったように思います。健康保険適用されないということは、多額の治療費を全額自己負担しなければならないということになりますので、金銭的には結構辛いような気がします。ただ、お金や財産はあの世には持っていけないですので、もし、免疫療法を行うことになったら、財産は全て医療費として支払っても良いかと思います。海外では承認されている薬が日本には承認されていないケースは多いです。例えば、抗がん剤の新薬「アバスチン」です。アバスチンは、米国ジェネンテック社(日本ではロシュグループである
「中外製薬」が開発・販売独占実施権を取得)の開発した商品で、大腸ガンに治療薬としてアメリカで承認されている医薬品です。このアバスチンは、
胃がんは、外科手術、放射線治療、抗がん剤という三大療法が標準治療となっております。 しかしながら、胃がんでは外科手術、放射線治療、抗がん剤という標準治療だけでは、  太刀打ちできないケースがあることも事実です。 免疫細胞療法には、活性化リンパ球療法や樹状細胞療法、自家がんワクチン療法など 多くの治療法がありますが、胃がんに対しては、NK細胞療法が有効との症例がすでに 報告されています。取り組み、患者様とともに明るい未来を築いていきたいと熱望しています。胃がんは肺がんと並んで死亡率の高いがんですが、最近20年間で死亡者数は半減しています。その背景には早期発見の増加があります。早期の胃がんは、外科手術により、90パーセントの方が完治します。 ただ、残念な事に進行がんの場合の手術による治癒率は50パーセントにとどまっています。一種を、動注療法といいます。この治療法は局所療法なので、原則として全身に広がったがんには行いません。しかし全身に広がったがんでも、そのうちの一部が特に生命に影響を及ぼすと判断される場合には、その部位に対し動注療法を行うことがあります。この療法を行うためには、目的箇所の栄養動脈にカテーテルを挿入する必要があります。臓器固有の太い動脈がある肝臓や腎臓に対して、動注療法が適用されます。また、上顎(じょうがく)がんなどの頭頸部(とうけいぶ)がん、骨腫瘍、卵巣がん、膀胱(ぼうこう)がん、前立腺がん、膵(すい)がん、さらには進行した乳がん等にもこの動注療法が用いられることがあります。 経口投与は患者さんにとって便利な投与方法ですが、消化管からの吸収量に個人差が大きいため、開発が難しいとされています。また、飲み忘れといったことも起きやすいため、患者さんの十分な理解が必要になります。7.がん治療における薬物療法の目的がん治療の最大の目的は、患者さんの生命を保つことです。場合によっては、がんの増殖を遅らせること、がんによる症状から解放すること、全身状態(QOL:クォリティ・オブ・ライフ:生活の質)の改善等を目的とすることがあります。治療内容は、最善のものが選ばれるようになっています。どんな治療が最善かは、その方の生活信条や生活習慣により異なります。がんの治療は、日々進歩しています。治療方針を決定するため、治療法についての正確な知識が主治医より説明されます。いろいろな治療法が登場していますが、どの治療法にも適応(有効)と限界があり、すべてに有効という完全な治療法はまだありません。1つの治療法では完治が望めない場合には、いくつかの治療法を組み合わせ、それぞれの限界を補いあって治療しようという研究が行われています。このような治療法を、「がんの集学的治療」と呼んでいます。 8.化学療法で治癒可能ながん抗がん剤で完治する可能性のある疾患は、急性白血病、悪性リンパ腫、精巣(睾丸)腫瘍、絨毛(じゅうもう)がん等です。の抗がん剤の投与については、まだ研究途中の段階です。エトポシド、シスプラチン、カルボプラチン、塩酸イリノテカン等の薬剤が主に使われています。現在、わが国で広く用いられている組み合わせは、以下のとおりです。 1.シスプラチンと塩酸イリノテカンの2剤併用 2.PE療法:シスプラチン、エトポシドの2剤併用
これらの併用療法を、3〜4週間隔で4〜6回繰り返し行うのが標準的です。また、多数の抗がん剤を毎週使用する方法が検討されています。

代謝拮抗剤
増殖の盛んながん細胞に多く含まれる酵素を利用して、増殖を抑え込もうとする薬です。代謝拮抗剤はプロドラッグと
いって、本来の働きをする前の化学構造を持った薬として投与されます。これががん細胞の中にある酵素の働きを受けて活性化され、抗がん剤としての効果を発揮するようにつくら

胃がん病態
れています。しかし、この酵素は正常細胞にも存在する
ので、ある程度の薬物有害反応は避けられないことになります。この薬はがん細胞が分裂するときに効果を発揮するため、個々のがん細胞が分裂するときをねらって、長時間、持続

胃がん病態
的に薬を投与する必要があります。
具体的には、「DNAメチル化」と「ヒストン修飾」の変化です。特に、DNAメチル化の変化はヒトがんの多くで認められ、多段階発がんのステップとして関与している場合もあることが知られています。 遺伝子の暗号のもとであるG、A、T、Cの4つの文字は、細胞が分裂するときには、

胃がん病態


そのとおりに新しい細胞に受け継がれます。
DNAメチル化(図の中の赤丸印)も、塩基配列と同じように、もとのとおりに受け継がれます。   これに対して抗がん剤は、効果を表す量と薬物有害反応を出す量がほぼ同じ、あるいは場合によっては、これが逆転している場合さえあります。   すなわち、投与量が少ないところですでに薬物有害反応が出て、さらに投与すればやっと効果が出るといったような場合です。したがって、抗がん剤で効果を得るためには、薬物有害反応を避けられないことが多いのです。 「この抗がん剤はよく効く」と書いてあれば、おそらく「これでがんが


胃がん病態

治る」と考えられるかもしれません。しかし多くの場合、そういうことはありません。
 抗がん剤で治療して、画像診断ではがんが非常に小さくなり、よく効いたように感じたとしても、残念ながらまた大きくなってくることがあります。  それでも見た目には著明に効いたようにみえますので、「効いた」といわれるわけ人。どちらが病気になりやすいか? 答えは明白です。

胃がん病態

が、世の中は明白ではありません。
ストレスを受けずに生きていくなんて可能でしょうか?
胃がん病態


要は、いかにストレスをためず、日々、いかに発散できるかです。好きな音楽を聴いてリラックスするのもよし、ゆっくりとお風呂に入るのもよし。また休日には楽しい気分でウォーキングするなど、適度な運動もいいでしょう。
  腫瘍マーカーとは、体内でがん細胞が作り出す特有の物質(糖たんぱく質やホルモン、酵素など)またはがん細胞と反応して正常細胞が作り出す物質のことです。
胃がん病態


いわば、がん細胞が体内にあることを示す目印
(マーカー)というわけです。   これらの物質は、血液中や排泄物(尿、便)中に流れ出します。したがって、血液中や尿中などに腫瘍マーカーが含まれているかどうかを調べることによって、体内にがん細胞があるかどうか反応が、他の薬に比べて非常に強いことは確かです。悪心(おしん)、嘔吐(おうと)、脱毛、白血球

胃がん病態


減少、血小板減少、肝機能障害、腎機能障害等の症状が現れます。薬によって薬物有害反応の種類や程度は異なり、また個人差もあります。これらの薬物有害反応を何とか軽くしようという努力、あるいは一人一人の状態での薬物有害反応を予測し、軽く済ませるための努力が行われていますが、完全になくすことはまだできていません。
 なぜ、普通に使われる薬と抗がん剤と

胃がん 病態

胃がん病態

日本の製薬メーカーのWEBサイトを見てみると、治験の募集のお知らせが出ていることがあります。そのWEBサイト上の治験募集に自分の病気が上手く合致して、首尾よく治験に参加できれば、新薬をいち早く投与してもらえる可能性があるわけです。でも、よくよく考えてみると、その新薬の効果を調べる為に、新薬を投与される患者さんと、まったく効果の無い新薬ではないダミーのお薬を投与される患者さんがおられるわけですので、必ずしも新薬を投与してもらえるわけではないという辺りが、大いに引っかかります  がん治療で私は、がんの化学療法を行っている病院に行くように勧めました。抗がん剤は、その副作用や効果などによって様々な使い治療抵抗性とは、一度も寛解を得られない状態を指します。再発とは、いったん縮小したリンパ節が再び大きくなっ
てきた状態をいいます。いったん良くなった悪性リンパ腫が再発したときの心痛は、非常に大きいものです。しかしながら再発の場合、一度は寛解を得られたわけですから、最初から化学療法が効かない治療抵抗性とは、その後の治療効果が少し異なります。
再発した悪性リンパ腫に期待できる治療効果は、やはり病理組織学的分類、すなわち病気のタイプによって大きく異なります。したがって、医師とともに目標をどこに設定するかを考える必要があります。

1)ホジキンリンパ腫の再発

初回治療の内容や、治療を終了してから再発までの期間などによって、治療選択と予後が異なってきます。初回治療が放射線療法であった場合には、再発後の化学療法の治療効果が期待できます。初回寛解持続期間が1年以上あった場合には、化学療法を再開することにより、長期生存が一定の割合で期待できます。また、自家末梢血幹細胞移植を用いた大量化学療法が有効
であることも知られています。

2)非ホジキンリンパ腫の再発(1)低悪性度群リンパ腫
化学療法や抗体療法によって、病勢をコントロールすることが主な目標になります。根治をねらって自家末梢血幹細胞移植療法や同種造血幹細胞移植療法が行われることがありますが、適応や有効性についてまだ一定の見解が得られていません。(2)中悪性度群リンパ腫

化学療法や抗体療法によって、再度寛解を得ることが目標となります。救済療法としての化学療法はいろいろなものが開
発されていますが、どれが最も優れているかについてはまだよくわかっていません。再発後の治療により腫瘍が縮小した場合は、自家末梢血幹細胞移植療法が有益であるとする報告があります。(3)高悪性度群リンパ腫根治を目指して、同種造血幹細胞移植療法を行うことがあります。

悪性リンパ腫の病態と治療に関する知見は、過去10年間にかなり集まりました。しかしながら、まだまだすべての患者さんを治癒できるというレベルには程遠く、さらなる治療法の改善が望まれます。そのための手段の1つが臨床試験です。がんにお
ける標準的治療は何か。この問いは、より良い治療を探し求めている医療者と患者さんたち双方にとって、永遠に未解決な課題であるともいえます。臨床試験について主治医から説明があった場合には、この趣旨をご理解のうえ、よく話を聞いていただきたいと思います。そして、治療選択肢が複数あるときは、遠慮なく担当医師に相談してみてください。
国際的な発生頻度は欧米に比べると日本はまだ低い。アメリカの黒人と比べると10%程度(1985)であるが、しかし近年は食・生活環境の欧米化に伴い、ハワイ在住の日本人(40%)並みには増加
しているのではないかと考えられる。年齢的には50歳代までは少ないが、加齢に伴った男性ホルモン分泌減少により、60歳以降は急激に多くなっている。これは癌が臨床的に確認されるのがこの年
代から多くなるということで、それ以前の症状のない時期(いわゆるラテント癌)は約10年間で、癌細胞の発育は非常にゆっくりしたものと考えられている。胃がんに関しては、ことに進行がん、再発がん、転移がんといった場合、ほとんどのケースで 根治治療(完全治癒を目指す治療)としての外科手術が適応外となり、化学療法(抗癌剤治療)が中心となります。しかしながらこの抗がん剤治療は、治癒を目指すものではなく、腫瘍の縮小が その目的となります。腫瘍の断面積が2分の1になった状態が4週間続けば、奏功したと表現されます。 残念な事にその奏効率自体も、患者様にとって満足のいくものではないのが現状です。 標準治療としての化学療法は、患者様の耐えられる最大限の抗がん剤を投与します。 その結果、仮に奏功したとしても、甚大な副作用を及ぼし、QOLの低下を余儀なくされます。 さらに患者様自身のがんと戦う力=免疫力を低下させてしまいます。 奏功しなかった場合には、抗がん剤の毒性のみを受けてしまうということにもなりがちです。 結果、全体としての延命期間が平均するとごくわずかということにもなっています。あきらめない治療の3つの特徴 1.クリニックのNK細胞療法には副作用はほとんどありません。患者様自身の免疫力を 低下させるのとは逆に、強化する事によってがんと戦っていきます。2.抗がん剤には、耐性がよく起こります。つまり、一定期間をへて薬が効かなくなってしまうのです。その点、NK細胞療法にはその耐性が起こることがありません。 ゆえに、効果が見られた場合、継続的に治療が続けられます。仮に 完全治癒に至らなくても、がんを慢性病ととらえて、QOL(生活の質)の高い生活を続けられる可能性があります。3.手術、放射線による治療は局部治療ですが、NK細胞療法は点滴による全身治療です。つまり、遠隔転移、または潜伏がん(画像上現れないごく小さながん細胞)にも効果を発揮する可能性があります。 治療効果 免疫治療の効果を示す上で、一般的には以下のような基準が考えられています。 完全寛解(CR)画像上、腫瘍消失が4週間以上にわたって見られる。 部分寛解(PR)腫瘍の断面積が1/2以下に縮小した場合。 長期不変(SD)増大も縮小もしない期間が6ヶ月以上継続した場合。  上記の3つのケースを加えたパーセンテージを有効率とする基準が一般的です。 クリニックと同様の、NK細胞療法を行っている施設においては、22%〜30%の有効率が報告されています。   全身転移にいたっている末期がんの患者様を含め標準治療の治療限界を超えてしまった患者様も多く含まれている中での有効率です。   海外における臨床データを見ても、だいたい30%内外の報告がなされています。また、確率は別として、余命宣告を受けた末期がんの患者様が、完全寛解(CR)をとげた例も報告されています。   クリニックと同様の自律神経免疫療法を行っている複数の施設においては、60%〜70%の有効率が報告されています。三大療法との併用例も含まれているとはいえ、驚くべき成果が上がっています。 上記の2つの療法を併用することにより、より高い治療効果の実現を目指します。    新免疫の特徴 NK細胞療法は、近年急速に広がってきた西洋医学の先端治療法ですが、クリニックではさらに自律神経免疫療法との併用によってより高い治療効果を目指しています。自律神経免疫療法によって、患者様の身体を副交感神経優位の状態にもって行きます。   その状態のほうが、より免疫細胞療法の効果を引き出せると考えられるからです。 進行がん、再発転移がんに限らず、標準治療に加えてもう一つ、力強い治療を受けたいと お考えの患者様に有力なご提案をしていきます。胃がん患者様とともに…胃がんに関しては、他にも新しい治療法、治療薬、それらの併用療法が次々と 開発されています。クリニックでは前述の「複合免疫療法」以外にも、新しい治療法に 方や種類や組み合わせがあるからです。ですので、もし化学療法を行わなければならなくなったときに、しっかりとした治療を受けられると思ったからです。ですので、ご自身やご家族の方にがんが発見されるケースが発生した時に備えて、がん治療を受ける・受けかなりの熟練を要し、誤判定がありえます。 針生検では特殊な針を用いて腫瘤から組織を一部採取し、病理組織診断を行います。細胞診よりは正確さで勝りますが、太い針を用いるために正確に腫瘤を穿刺しないと組織が得られません。そのため、乳頭腫のような良性と悪性との境界病変、非浸潤がんか浸潤がんかの区別がつかないものがあります。また、良性か悪性かの診断がついても、病変の広がりはわかりません。 乳がんが乳腺内にどのくらい広がっているか、あるいはリンパ節、肺、肝臓などへの転移があるかどうかを調べるには、造影CTが用いられています。MRIを用いた広がり検査もありますが、一方の乳腺しか検査できなかったり、偽陽性(ぎようせい)の所見がかなりあることから、一般化はしていません。そのほか乳管内視鏡検査なども行われていますが、消化管の内視鏡検査ほどの有用な情報は得られません。腫瘍マーカー、骨シンチグラムなどの全身転移を検査する方法もありますが、以前ほどは重視されなくなりました。これらの検査が陽性であれば、すでに全身転移が起こっていることを意味します。 以上の検査により乳がんの臨床病期(ステージ)が決まります。このステージにより、治療方針や予後が異なります。乳がんのステージを表1に示します。   治療の方法  2期までの乳がんであれば、乳房の温存療法も可能です。乳房の部分切除、腋窩(えきか)リンパ節の郭清(かくせい)(きれいに取り除く)、放射線照射、薬物治療(抗がん薬、内分泌療法薬)を組み合わせた集学的治療です。 乳がん組織のホルモン受容体が陽性なら、内分泌療法をメインにします。受容体が陰性の場合やリンパ節転移がある場合、腫瘍の組織学的悪性度(グレード)が高い場合は、抗がん薬治療を考慮します。閉経前の患者さんは受容体陰性でグレードが高いことが多いので、抗がん薬治療が行われることが多い傾向にあります。閉経後の患者さんでは内分泌療法が有効であることが多いようです。ただし、日本の多くの施設ではグレードについて検査をしていません。 多発腫瘤(たはつしゅりゅう)や、乳腺内に広汎に広がった乳がんの場合は、非定型的乳房切断術(ひていけいてきにゅうぼうせつだんじゅつ)を行います。3期以後の乳がんであれば、まず薬物治療を行い、有効な症例については手術を行うことがあります(術前化学療法)。4期は根治的治療の対象とはなりません。 乳がんは術後5年以上経過してからの再発もめずらしくないので、治療成績は10年生存率で計算されます。   病気に気づいたらどうする    乳腺の専門医がいる総合病院を受診します。病理医が常勤し、放射線治療まで可能な施設が望まれます。いちばん重要な役割を担う化学療法医がいる施設は限られています。乳がんの治療は長期にわたるので、担当医との信頼関係が重要です。他の医師のセカンド・オピニオンも活用し、納得のいく施設で治療を受けるべきです。乳がんは、女性のがんでは、患者数第一位です。日本人女性の乳がんにかかる割合は、欧米にくらべると低いといわれています。しかし、年々増加傾向にあり、10年後には、年間5万人近くになるといわれています。乳がんのもっとも多い年齢は、40代後半、次いで50代前半、40代前半の順です。25才以下はきわめてまれです。乳がんは、全体的にみると、死亡率の高いがんではありません。しかし、乳がんは、進行はゆっくりですが、転移しやすいという特徴があります。  乳がん 早わかり(1)乳がん 症状乳がんの症状には、乳房のしこり、乳房のえくぼなど皮膚の変化、乳頭にみられる変化などがあります。乳がん 検診 乳がんの検診は、自己検診だけではなく、定期的に医師による検診を受けておくことも大切です。医師による視触診のほか、乳房のエックス線撮影であるマンモグラフィーや、超音波を当てて、乳房内の様子を調べる超音波検査などの画像検査があります。画像検査では視触診でわからない小さながんも見つけることができます。乳がん 症状 しこり 乳がんの症状のひとつに、乳房のしこりがあります。乳がんは、5mmぐらいから1cmぐらいの大きさになると、自分で注意深くさわるとわかるしこりになります。しかし、しこりがあるからといってすべてが乳がんであるというわけではありません。乳がん 症状 写真 乳がんの症状の写真を閲覧するには、yahoo!の画像検索やgoogleのイメージ検索を利用すると便利です。検索窓に「乳がん 症状」などキーワードを入力し、画像、または、イメージというところをクリックすれば、でてきます。乳がん 症状   乳がんの症状には、次のような特徴的な症状があります。いずれも、自分でわかるものですので、乳がんの早期発見に努めてください。 乳房のしこり 乳房内にしこりをさわれます。乳房の大きさにもより、直径1cm以下では発見されることは、ほとんどないでしょう。しこりといっても、良性のものもあります。しこりの性状だけでがんと判断することはできません。しこりがあったら、しかるべき医療機関で精密検査をうける必要があります。  皮膚のひきつれ 鏡でみて、ひきつれや、反対側の乳房と違う変形があったときも、乳がんの可能性があります。多くの場合ひきつれの下にしこりがあります。なかには、しこりは小さくてさわれず、ひきつれだけで発見されることもあります。 乳頭の陥凹(かんおう) 乳頭の近くにがんがあると、乳頭が陥凹することがあります。陥凹とは引っ込むことです。乳管拡張症などでも同じような症状があるので、精密検査が必要です。  乳頭のびらん 乳頭のびらんを起こす特殊な乳がんがあります。びらんとは、皮膚や粘膜の上層の細胞がはがれ落ち、内層が露出している状態になること。ただれです。特にかゆみがないときには、この病気疑って精密検査が必要です。  皮膚のむくみ 片方の乳房、あるいはその一部だけにむくみや、痛みを伴い発赤が見られるときは、かなり進行した乳がんの可能性があります。良性の可能性もありますので、むやみに悲観しないで、検査を受ける必要があります。  乳がん 早わかり(2) 乳がん 石灰化乳房内にできたカルシウムの沈着物を、乳房内石灰化と呼びます。腫瘤を触れずに、マンモグラフィ検査の石灰化のみで、発見される早期乳がんが増えています。  乳がん 治療 乳がんの治療方法には、外科療法、放射線療法、ホルモン療法、化学療法、分子標的療法があります。限局線量分布の照射方法が行われている。以前から高エネルギーX線によるBox型照射が行われてきたが、最近は3次元原体照射、小線源照射などが盛んになってきた。線量分布に優れた特徴をもつ陽子線や重粒子線は最先端の治療方法であるが、いまだ限られた施設のみしか可能でない。 現在の重粒子線治療プロトコールでは、患者を病期・PAS値・病理組織分化度(グリアソン値)によって、低リスク・高リスクの2群に分類し、前者は重粒子単独、後者はホルモン併用の治療方針で、より患者の状態に合わせた臨床試行を行っている。 放射線治療の5年生存率は、A期で90%以上、B期で80%前後、C期で60%前後、D期で30%前後が標準的値といえる。B2期・C期ではホルモン併用の有無での成績の差は明らかで、併用の方が40%以上も良好な生存率が発表されている。 前立腺癌は臨床経過が長く、予後の比較的良好な疾患であるが、その経過中の症状・体調の変化にはかなりきついものがあり、家庭や社会の中心で働いている人の病気ということを考えると、単に患者自身の問題では済まなく、家族・職場を含めた精神面・経済面などのサポート体制をしっかりと築くことが大切と考える。重粒子線治療の成績が良い方に評価され始めたことにも起因する最近、前立腺癌患者の来院が多くなっている。が、発生頻度が急激に増加していることも確かである。 昭和35年度と平成11年度の全国の部位別癌死亡統計と比較すると、男女とも胃癌は大幅に減少、女性では子宮癌も減少、男女とも肺癌が増加、全体として男性は増加しているが、女性は減少。前立腺癌は4倍弱の増加であり、結腸癌の4倍強に次ぐものである。1)病理組織学的分類悪性リンパ腫には、大きく分けてホジキンリンパ腫と非ホジキンリンパ腫の2つがあります。ホジキンリンパ腫は日本では少なく、約10%です。非ホジキンリンパ腫はリンパ腫の顔つき、すなわち顕微鏡でわかる形態学的特徴(病理学的分類といいます)、細胞系質的特徴(“B細胞性、T細胞性、NK細胞性”)、そして染色体・遺伝子情報などをもとに分類されます。それが腫瘍細胞の悪性度とその後の臨床経過、予後を推定し、治療法を選択するために大変重要になります。図1 悪性リンパ腫の種類:
がん細胞の起源により非ホジキンリンパ腫は複数に分類されます。(2)進行のスピードによる分類非ホジキンリンパ腫は、発症してからの病気の進行速度によって分けることができます。進行のスピードによる分類は、「診断された病気を、治療しないで放置した場合に推測される予後」と言い換えることもできます。一方、上記の「病理学的分類」は、それぞれのがんの顔の特徴をつかまえているといえるでしょう。それぞれの患者さんに適した治療法を決めるうえで、両者を組み合わせることが重要であると考えられています。進行のスピードが速いタイプを高悪性度、ゆっくりなものを低悪性度と分類しますが、強力な化学療法や造血幹細胞移植などの進歩した現在においては、高悪性度とされるリンパ芽球性リンパ腫やバーキットリンパ腫も根治が期待できます。 首、腋(わき)の下、足のつけ根などのリンパ節の多い部位に、痛みを伴わないしこりが触れるなどの症状がよくみられます。全身的な症状として、発熱、体重の減少、盗汗(顕著な寝汗)を伴うことがあり、これらの3つの症状を「B症状」といい、特に重要視されています。体のかゆみを伴うこともあります。その他、皮膚の発疹(ほっしん)、しこり、いろいろな場所の痛みで気づくこともあります

悪性リンパ腫の診断に用いられる検査には、以下のようなものがあります。(1)リンパ節生検大きくなっているリンパ節のすべて、あるいは一部を、いろいろな検査に用いるために局所麻酔を行って採取します。採取された組織は、病理医が顕微鏡で腫瘍の顔つきを調べて、病理学的分類を行うのに用いられます。また組織の一部は、診断に重要な染色体検査や遺伝子検査にも使われることがあります。遺伝子検査といっても、親から子へ遺伝する病気の有無について調べるものではなく、がん細胞が持っている特有の遺伝子の異常を調べるものです。診断ばかりでなく、治療の手がかりとしても非常に重要です。これらの検査によって、リンパ腫の病型(タイプ)が決定されます。(2)病気の広がりをみる検査悪性リンパ腫に対する最適な治療を選択するために、病気が体のどこに、どれくらい広がっているかを知ることが大変重要です。病気の状態が進んでいるかどうかは、予後に大きく影響します。このため、以下のような検査が重要になります。 3)全身状態と、原因となるウイルスをみる検査悪性リンパ腫の中には、ウイルス感染を契機に発生するものがあります。このため、さまざまなウイルスの感染状況を調べることも重要になります。  4)病気の広がりや勢い、治療効果を反映する検査以下の血液検査をチェックすることが重要です。悪性リンパ腫の治療法を選択するうえで、病理組織、進行のスピードによる分類のほかに、臨床病期、年齢、全身状態、リンパ節以外の病変、血清LDHの値等の血液検査の値が重要とされています。

1)びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫における治療選択

非ホジキンリンパ腫の中で最も多いタイプとされるびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫では、国際予後因子(International Prognostic Index:IPI)を用いることで、標準的治療法による治りやすさを予測することができます。国際予後因子に含まれるもの(1)年齢患者さんの年齢が60歳以下であるか、それより上であるかによって予後が変わってきます。60歳を超えた場合に、リスクファクター(危険因子)1点を加えます。(2)臨床病期病気の進行状態が進んでいるほど予後に悪い影響を与えるのは、他のがんと同じです。臨床病期がIII以上でリスクファクター1点を加えます。図2 臨床病期(4)リンパ節以外の病変病気がリンパ節およびその関連臓器に限られているか、あるいはそれを越えて広がっているかによって、予後が異なります。リンパ節以外にある病気のかたまりを「節外病変」といいます。例えば、もともとリンパ節が少ない骨髄、消化管、皮膚、甲状腺、肝臓、中枢神経、肺、泌尿(ひにょう)生殖器、骨等にリンパ腫が発生した場合は節外病変といいますが、脾臓や扁桃を含む咽頭(いんとう:のど)の組織 (ワルダイエル環(かん)といいます)はリンパ節と同等と見なされますので、節外病変とはいいません。節外病変が2ヵ所以上ある場合には、リスクファクター1点を加えます。(5)LDH(乳酸脱水素酵素):正常か異常高値か?血清LDHの値は、病気の勢いや腫瘍の大きれます。そのための補助的画像診断としては乳房X線撮影(マンモグラフィ)、超音波検査を行います(図3)。X線撮影で腫瘍の陰影や石灰化など典型的な所見があれば、乳がんが強く疑われます。超音波検査では、特徴のある不整形の腫瘤像が認められれば乳がんが疑われますが、典型的な所見を示さない乳がんもあるので、理学的診断や画像診断のみに頼るのは危険があります。 乳がんの疑いが濃厚であれば、細胞診、針生検などの顕微鏡的検査を行います。細胞診は腫瘤を注射針で刺して細胞を注射針内に吸引したり(穿刺吸引細胞診(せんしきゅういんさいぼうしん))、乳頭分泌物を直接プレパラートに付けて(スメア)、顕微鏡で観察して良性か悪性かを推定する診断法です。比較的容易に検査ができるので乳がんの診断に広く用いられていますが、正確な診断には  乳がん 検診 マンモグラフィ マンモグラフィー(乳房X線診断)は、触診では見つからないような小さながんが見つかることがあります。乳がんの定期検診として、50才以上の女性は、年1回のマンモグラフィー検査を実施している市町村もあります。  乳がん マンモグラフィ マンモグラフィー(乳房X線診断)は、触診では見つからないような小さながんが見つかることがあります。乳がんの定期検診として、50才以上の女性は、年1回のマンモグラフィー検査を実施している市町村もあります。 乳がん 手術 乳がんの手術は、乳房にできたがんを切除するためにおこないます.がん組織を含めた周りの正常組織を同時に切除しますが、切除される正常組織の範囲は乳がんの病期により異なります.一般的には、早い時期に見つかった乳がんほど狭い範囲の正常組織を切除するだけで済みます。   

胃がん病態

乳がん
検診  乳がんは視診と触診で、ほぼ診断できるがんです。さらに確定するために、画像検査や細胞検査がおこなわれます。画像検査には、超音波検査とマンモグラフィ検査があります。特にマンモグラフィ検査は有効です。マンモグラフィ検査は、プラスチックの板で乳房を上下、左右からはさんで、X線撮影す


胃がん病態

る方法です。ごく小さながんや、しこりになる前のがんも発見できます。細胞検査は、乳房に針をさして組織を採取して検査します。しこりがないときは、乳管造影検査がおこなわれることもあります。さらに、乳がんは転移しやすいがんです。骨シンチグラフィや
CT検査で全身を調べる必要があります。

胃がん病態

乳がん
早わかり(3) 乳がん 抗がん剤
胃がん病態


抗がん剤を用いた化学療法は、がん細胞を死滅させる効果がある治療法です。手術のあと、術後薬物療法として、画像では確認できないような体内に残っているがん細胞を殺し、再発を防ぐためにおこなわれます。
  乳がん 症状 痛み

胃がん病態

乳がんの場合、一般には痛みの症状は見られません。ただし、痛みがあるから乳がんではないという自己判断は禁物です。
  乳がん しこり

胃がん病態

乳がんが
5mm1cmくらいの大きさになると、自分で触れて気が付くしこりになります。定期的な自己検診による早期発見に努めるようにします。乳房に、しこりがあるからといって、すべてが乳がんであるというわけではありません。  乳がん 再発

胃がん病態

乳がんを手術した場所や、その近くだけに再発した場合には、その部分だけを手術で切除したり、放射線治療をする事もあります。遠隔転移や再発が認められた場合には、通常ホルモン療法や化学療法を行い、全身に散らばったがん細胞が増えるのを抑える必要があります。
     乳がん 治療 

胃がん病態

乳がんはリンパ節の転移が早くからみられます。また、血行性なので、遠い臓器にまで転移しやすいという特徴があります。そして、転移がすすむほど
 治療成績は悪くなります。乳がん全体の手術後の10年生存率は、6070%です。乳がんのもっとも確実な治療方法は手術になりま

胃がん 病態

胃がん病態

身体の他の場所に広がり、 新しい腫瘍を作ることを転移といいます。・再発:原発腫瘍を切除しても、すでに ガン細胞が全身に広がっている場合や、切除した場所に ガン細胞が残っている場合、ガンが再び発現することになります  そもそもミネラルは人体構成の元素であり、命のみなもとなのです。生命は海から発生し、数千万、数億年と進化し続け、強いもの、抵抗力があるものだけが生き残って来ました。人類はその1つです。その人間は免疫システムを確立し免疫細胞によって殆んどの病気に対して抵抗力を持っていることがわかってきました。そして免疫システムが正常に働いてい現れてきた場合には、患部を冷たい水や湿布で冷やし、病院へ連絡してください。 中心静脈に挿入したカテーテルから点滴する場合 患者さんによっては、腕からの静脈ではなくて、中心静脈という体の太い静脈へ点滴するために、鎖骨の下の静脈、首の静脈からカテーテルを入れる場合があります。カテーテルを外に出したままにする方法と、ポートといってカテーテルごと皮下に埋め込んでしまう方法があります。ポートは、一度埋め込むと半永久的に使うことができますので、長期間点滴を行う場合や、腕からの血管が確保しにくい場合などに便利です。 腕からの点滴と同様に、点滴の刺入部に痛みがあるときや、刺入部の周りが腫れているときは、すぐに看護師に連絡してください。 4.抗がん剤治療の副作用について1)どんな副作用が起こるのか?抗がん剤(とくに化学療法に用いられる薬剤)は、どんどん分裂して増殖しているがん細胞に作用する薬です。正常な細胞でも、分裂速度の速い血液細胞や口腔(こうくう)粘膜、胃腸粘膜、毛根の細胞などは、抗がん剤の作用の影響を受けやすく、感染しやすくなったり(白血球減少による)、貧血・出血・吐き気・口内炎・下痢・味覚の変化・脱毛・皮膚の障害・爪の変化などの症状が副作用として現れます。また、心臓、腎臓、膀胱(ぼうこう)、肺や神経組織の細胞が影響を受けることや、生殖機能に影響がおよぶこともあります。 これらの副作用のうち、最も頻繁に現れる副作用は、(1)吐き気、(2)脱毛、(3)白血球減少の3つですが、副作用の起こりやすさは抗がん剤の種類によっても違いますし、また個人差もかなりあります。 抗がん剤治療においては、体のことや薬の副作用を患者さん自身がよく知り、私たちと一緒に治療し、つらい副作用を防いだり、少なくしたりして、安心できる日常生活を送ることが最も大切です。安心してがん治療を続ける方法を、私たちと一緒に見つけていきましょう。 ここでは、「がん」と「抗がん剤治療」がどのようなものかということや、代表的な「抗がん剤の副作用」とその具体的な「対策」について紹介します。 また、「日常生活における注意点」も参考にして、より安全に、安心して抗がん剤治療を受けることに役立てていただければ幸いです。 内容は簡単にまとめてあるため、ここに書かれていないこともあります。 疑問や質問がありましたら、どうぞ遠慮なく医師や看護師、薬剤師などの医療スタッフにお尋ねください。副作用には自覚症状の無いものもあります。抗がん剤治療を行っている間は、尿や血液などの定期検査を実施して、目に見えない副作用の早期発見に努めます。 あらかじめ予想される副作用を知り、対策をたてておくことで、心の準備ができ、過剰な不安を取り除けます。 また副作用の予防ができますし、実際に副作用が起こったときにも、早く適切に対処できるので症状が重くなるのを防げます。 副作用の予防については、患者さん自身が生活上注意したり工夫したりすることで、十分に効果を上げられるものも多くあります。また、抗がん剤の特徴にあわせ、副作用を少なくするための薬がいろいろと研究・開発され、実際の診療で用いられています。ワンポイントアドバイス 医師に伝え忘れたことはありませんか?次のような方は医師にあらかじめ伝えておきましょう。薬や食べ物に対してアレルギーのある方 妊娠中、授乳中の方 これから子供をつくろうと思っている方(女性も男性も) すでに薬を使っている方(他の診療科や病院でもらった薬、薬局で買った薬を飲んでいる方 民間療法や健康食品を利用されている方 今までに薬による副作用を経験したことのある方 今までに放射線治療や化学療法を受けたことのある方 3)抗がん剤治療の副作用と発現時期抗がん剤による主な副作用の発現時期甲状腺の場所と働き   甲状腺は首の気管前面にくっついた形で存在し、いわゆる「のど仏」の下方にある臓器で重さは約15gです。男性では女性に比べてやや低い位置にあります。甲状腺の後両側には反回神経という声を出すのに必要な神経が走っており、気管後面には食道が、またすぐ近くに頚動脈、頚静脈などがあります。  甲状腺は甲状腺ホルモンという日常生活に必要不可欠なホルモンを分泌する臓器です。そして、そのホルモンレベルは脳にある下垂体という臓器の指令により調節されています。なお、甲状腺の裏側には副甲状腺というやはりホルモンを分泌する米粒大の臓器が左右上下計4個存在し、血清中のカルシウム値を一定に保つ役割を担っています。   甲状腺の病気としては、バセドウ病、甲状腺腫瘍(良性・悪性)、慢性甲状腺炎など多彩なものが含まれますが、ここでは悪性の甲状腺腫瘍、すなわち甲状腺がんについて解説します。  甲状腺がんの特徴      甲状腺がんには他のがんと比べていくつかの特徴があげられます。  まず、性別ですが男女比が1:5と圧倒的に女性に多いのが特徴です。次に、年齢層ですが、若年者から高齢者まで広い年齢層に分布し、20歳台やあるいはもっと若年者でもさほど珍しくありません。また、後述する未分化がんを除き、一般に進行が遅く治りやすいがんであるのも大きな特徴でしょう。特に若年者のがん(乳頭がんというタイプが多い)でたちがいいのも一般のがんの常識とかけはなれています。   乳がんなど多くのがんではリンパ節転移の程度などがんの進行程度により治癒率が大きく左右されますが、甲状腺がんの場合後述する組織型(顕微鏡検査での分類)が最も運命を左右する因子です。  甲状腺がんのうち1%程度を占める髄様がんというタイプのがんは遺伝性のことがあり、また副腎や副甲状腺の病気を伴うことがありますので治療にあたって特別な配慮が必要になります。   甲状腺がんの種類     甲状腺がんは組織型により乳頭がん、濾胞がん、髄様がん、未分化がんに分類されますが、このいずれであるかによって病態や悪性度が大きく異なります。このうち、乳頭がんが全甲状腺がんの約80%を占め、ついで多いのは濾胞がんです。この両者(分化がんるうちは、難病であるエイズも発病しません。 しかし、年と共に抵抗力がなくなると発病する事がわかって来たのです。若者にガン患者が少ない事で理解出来るものと思います。人は生まれつきガン細胞を殺す能力を持っているのです。その免疫を左右するのが遺伝子ミネラル(微量元素)です。ガン細胞は毎日5000個も出来ているのです、免疫力が強いうち(若者)は全て殺すので発症しません。 ですから悪い所を切除しても放射線で焼き切ってもまたガンにかかるのです、再発は防げません。免疫力を強くしなければ この先数十年 体を切り刻むだけです。どんどんミネラル水を飲むことです。特に日本人はこの40年間にミネラル欠乏症になりました。がん手術方法足したものを補えば改善されるのは当たり前なのです。ミネラルが補充されると、NK細胞が劇的に活性化され結果として腫瘍細胞、結石細胞を排除するわけです。ですからガンなら肺ガン、胃ガン、大腸ガン、肝臓ガン、乳ガン、子宮ガン、卵巣ガン、前立腺ガン、食道ガン、膵臓ガンなど全てのガンに有効です。 残念なのは殆んどの医者はミネラルが「生命のみなもと」であることに気付いていないことです。又、一般の方は医者にはどんな方法でも病気を治せるのであれば手を尽してもよいと言う使命が与えられているのを知りません。一種の免疫療法ですので殆んどのガンに効果を発揮します。充分に遺伝子ミネラルが補充されていれば発病自体を防ぎます。 緊張、怒りの時の顆粒球は危険怒りの時には、顆粒球が増殖、活発化する。交感神経の緊張によるアドレナリン分泌は、いっせいに自身へ顆粒球の攻撃が始まり、胃がキリキリ痛む。これがストレスによる胃かいようです。交感神経の緊張は、さまざまな障害を連鎖的に起こっていきます。これが、ガンになる体質への始まりと言われています。  ガンの大半は、生き方が原因?「ガンは交感神経の緊張で起こる」。私たちの身の回りには様々な発ガン物質があふれている。タバコの煙のベンツピレン、野菜の農薬、電磁波、紫外線などこれらは、細胞分裂をコントロールするDNAを傷つけて細胞を異常発生させるガン細胞に豹変させる。夥しい環境汚染物質がガンを急増させていることも事実です。  医学博士も「抗がん剤拒否のススメ」著書星野仁彦医師の本を手にした。食事療法でガンを完全に克服した医師として有名なようです。その星野先生が、「抗ガン剤の拒否」宣言を発表したとあります。ガンにかかった医師は、強い副作用で苦しむであろう抗ガン剤などを全て拒否し、生き抜くためにまったく違った治療法を行う、とあります。このことを考えると、もっと声を大にして、全国の患者さんに伝えて、もっと生かすことは、出来ないのだろうかと思います。抗ガン剤の生命を殺す「毒作用」星野医師は語る抗ガン剤は、「ガンを治癒させる」というものではなく、強い副作用という犠牲を払って「一時的にガンを小さくする」もの。ガンの治療に抗がん剤が使われるのは、それ以外に有効な治療法が、見つかっていない、という理由によるのです」と言い切っています。初めから医師がそのことを言い切ると言うことは、衝撃でした。治療方法がないと言われると、やっぱり温熱療法、健康食品などで免疫をアップさせて、ガンに挑むしかないのか? なぜ抗ガン剤を拒否するのか?免疫力が落ちる。白血球が減る。吐き気や下痢がおこる。そんな強い副作用に苦しみながら、効果を疑う抗ガン剤を使用しても、らちがあかない。と抗ガン剤の分かっているガン患者はこういいます。更に別の医師によると、他の医薬品は、少なくとも生命を救うために投与している。しかし、抗ガン剤はまるで違う。細胞を殺すために投与する。といってます。あ〜恐ろしい。  ガン食事療法も「健康保険」に・・・ガン治療の第一歩は、ガン体質の改善です。そのために食事療法は、絶対不可欠といえます。いくら薬で治療していても結局、口から入れるものを根本から見直していかないことには、悪循環です。どうしてガンになってしまったのか、患者さんのほとんどの方は、食生活だとも言っています。このガン患者の食事を健康保険制度にながあるのであれば、納得も出来ますが、なければ意味がありません。  抗ガン剤の「効く」は「治癒」ではない「アエラ誌」抗ガン剤が「効く」というとき、一部を除いて「治癒」することを意味しない、とあります。ガンの種類によって異なるが、腫瘍を一定の比率以上に小さくする効果があれば、抗ガン剤と承認されることが多く、小さくなれば「効いた」というそうです。医師が「この抗ガン剤は効きますよ」といっても患者、家族は、勘違いして「治る」と思ってしまうそうです。調べれば調べるほど、あ〜分からない事だらけです。  カラクリ「オリンピック選手」並みの治験者ある抗ガン剤で余命が延びるなら治療を受けたいと、ワラにもすがる患者はいるでしょう。しかし、生存延長の効果が確かめられている抗ガン剤は多くないと言われている。猛毒物だから当然だとの意見もある。つまり効くか効かないかは、試してみないと分からない。副作用はほぼ全員に出て運の悪い患者は、治療によって命を落としてしまう。これだったら治療を受けなければ、もっと長生きできたのにと、後悔する人もいるといわれている。  抗ガン剤は「ガン応援剤?」抗ガン剤が「患者の免疫細胞を攻撃してしまう」という致命的欠陥という記事がある。抗ガン剤は、「ガン細胞の増殖が盛んであるという共通点に着目し、増殖が盛んな細胞を無差別に攻撃する」増殖の盛んな細胞は、ガンだけではない。身体の細胞は皆活発なため抗ガン剤に痛めつけられる。だから毛が抜け、免疫が落ちていくと、あります。  病を治すのは、本人自身病気を治すのは、本人に備わった自然治癒力である、という真理に気がつかない方が結構多い。その真理に気がつけば、その自然治癒力を高めることが真の治療であると、専門家は指摘します。それは、「食」「体」「環境」の歪みを正すことにあるといわれています。  抗ガン剤は有害無益今まで、いろいろな専門誌、出版物を読みあさり、何が本当に正しいのか分からなくなって来ています。また、ガン患者さんにもいろいろ聞いてみたら、本人達もよく治療方法も分からず医師のいいなりになっていることも事実のようで、やっぱり何が生率が高まります。ただ、なぜそうなるのか、そのメカニズムは実は現在解明中。食塩は「焦げ」のように、それ自体が遺伝子をと自分の考えだけを押す医師も多いようです。患者の立場になって考えず(医師は)自分の行っていることは、当たり前で正しいと思っているに違いありません。そのような治療方法では患者さんは、不安で今の治療法が正しいのか、誤りなのかも分かりません。決して、今の治療をけなしているわけではありません。がんの治療も確立されずに、がん治療に限界があるのです。それが不安になり病院を転々とする68万人の数字に出ているのでしょう。(以上は、実際のがんの患者さんの言葉です)不快はガンに、快感は健康に自律神経とは、2種類の交感神経と副交感神経があります。前者は昼間、後者は夜間に優位となります。不快感情で交感神経が優位となると不快ホルモン(アドレナリン)が分泌され白血球の一種、顆粒球が急増し炎症・ガンなどを引き起こすと指摘されています。一方で快感感情は、副交感神経を優位にして快感ホルモンが分泌され、リンパ球(NK細胞など)が急増し健康に向かわせます。   「外敵」・・・アドレナリン外敵を認識すると交感神経に緊張が走り、瞬時に体内にアドレナリンが放出される。アドレナリンは、猛毒物質です。緊張により、大量の血液で血圧は、急上昇し、筋肉には大量の酸素が供給される。その過剰な酸素で顆粒球は、活性酸素により細胞、組織を傷つけ、リウマチなど自己免疫疾患やガンなどを引き起こしてしまうようです。「薬をやめる」と病気は治る「薬をやめると病気は治る」(マキノ出版)という痛快な書がある。薬物療法の本質は、このように患者に毒を投与するもの。毒を盛られた患者は、その毒に生体反応する。病気治療としては、最低手段と言うしかない。その薬物療法がいまや近代医療を制覇してしまった。と書かれています。 現代医療で「効果あり」は10人に1人現場医師による衝撃告白があります。100人の患者さんのうち治療効果を得られるのは、10人程度と言われています。残りの約90人は、なんの効果も得られなく、むしろ薬の悪影響を受けているのホルモンを産生する下垂体腺腫は稀であり、むしろ下垂体機能が障害されることによる症状を呈することが主となります。下垂体後葉から分泌される抗利尿ホルモンが障害されると、大量の尿が出る尿崩症(にょうほうしょう)になります。尿崩症で発症する腫瘍も稀ではありません(胚細胞腫)。下垂体前葉から分泌される甲状腺刺激ホルモンや副腎皮質刺激ホルモン、成長ホルモンの分泌障害も成長期には大きな問題となりますが、これらのホルモンは幸い薬によって補充することが出来ます。  <水頭症> 頭蓋内圧が亢進するもう一つの大きな要素として水頭症があります。小児の脳腫瘍は正中部あるいは小脳や脳幹に発生しやすいことから、高率に水頭症を伴います。例えば小脳正中部に発生した腫瘍のために髄液の流れが妨げられることにより、脳室が拡大します(図7)。症状は頭蓋内圧亢進症状を呈します。   脳は髄液に浮かぶように存在します。脳の中には髄液に満たされた複雑な形をした脳室が存在します。脳室系は側脳室、第3脳室、第4脳室の異なった部屋に別れており、側脳室内に存在する脈絡叢という組織で作られた髄液はモンロー孔という狭い穴を通って第3脳室に移行し、次に中脳水道という最も狭い管状の構造を経て第4脳室に移行した後、脳室から出て脳表のくも膜下腔で吸収されます(図8)。成人では脳室内の髄液量は150ml、1日の産生量500ml 近くになるとされます。モンロー孔や中脳水道などの狭い部位の近くに腫瘍が発生すると、容易に髄液の流れがせき止められて、上流に髄液が貯溜するため水頭症が発生します。 水頭症の治療は、髄液の流れを止めている腫瘍を取り除く手術、貯まった髄液をお腹の中に導いて吸収させる脳室?腹腔短絡術(のうしつーふくくうたんらくじゅつ、シャント手術)、あるいは、第3脳室の底に内視鏡で穴を空けて髄液が脳表に直接流れるようにする手術があります。それぞれに一長一短があり、個々の条件に最も適した方法を選択します。 6.  脳腫瘍の診断法 診断には症状から診断する臨床診断、様々な機器を用いる画像診断、腫瘍組織による病理診断という段階があ勧められた治療が標準治療かどうかを聞くとともに、疑問があるなら、その治療法の化学的根拠をたずねることもできます。 標準治療以外の治療を進められたとき標準治療が確立しているガンに対しても、医師が標準治療以外の治療法を勧めることは少なくありません。病院や医師にも、治療法の得意・不得意があります。たとえば内視鏡治療やレーザー治療を日常的に行っている病院では、一般にはその治療の対象とならない病期でも、技術に自身のある治療法を勧めることがあります。逆に、内視鏡治療が標準治療に含まれていたとしても、内視鏡治療の経験の少ない病院で治療を受ければ、リスクを覚悟しなくてはなりません。そこで、標準治療以外の治療を勧められた場合にはとりわけ、医師任せにしてはなりません。医師にその治療の経験がどのくらいあるか、治療の利点や問題点、リスクなどについて十分にたずねたり調べたりすべきです。できれば、他の病院でセカンド・オピニオンをとったほうがよいでしょう。このように、標準治療以外の治療は、標準治療よりもいっそう患者・家族側の判断と、リスクと結果を受け入れる覚悟が求められます。   第三章がんの手術がんが早期で発見されれば、すぐに手術もできがんを完治する可能性も大きいです。しかし、ほとんどのがんは、初期症状がなく早期発見が難しく発見された時には、すでに手術ができない状態も多いようです。手術をする場合でも、がんが転移している可能性もあり、がんをすべて取り除くことも厳しいようです。ここで一番大切なことは、あなたの執刀医が経験豊富かどうかということです。実際の医者の言葉で手術の経験豊富な医者は、安心できるが、経験を積んでない医者は失敗する可能性が高いとの事。医者も人間ですから経験を積まないと上手くはならない事は分かります。しかし、我々は実験材料にはなりたくないです。  がんの免疫療法がん免疫療法とは、免疫担当細胞、サイトカイン、抗体などを活性化する物質を用いて免疫機能を目的の方向に導く治療法です。がんの治療においては、現在広く行われている外科療法、化学療法、放射線療法に続き、免疫療法が第4のがんの治療法として期待されています。 免疫細胞を用いたがんの治療は、がん患者さん自身のリンパ球を体外で培養して、がん細胞を殺傷する作用の強いリンパ球を大量に増やして、この活性化したリンパ球をがんの患者さんに戻す活性化キラー細胞療法と呼ばれています。副作用のほとんどない先進的ながん治療と言われています。  通院でガンの治療を行うこともできます内視鏡手術の普及で入院期間が短縮少し進行したガンでも、内視鏡を用いてガン病巣やガンのできた臓器全体を切除する手術が始まっています。この場合、腹部や胸部を数ヵ所それぞれ2〜5センチ程度切り開き、そこから内視鏡を体内に入れて手術します。胃ガン、大腸ガン、前立腺ガン、腎臓ガンなどでよく用いられています。開腹手術を受けると手術から退院まで2週間〜1ヶ月かかりますが、内視鏡手術では手術後1週間ほどで退院できます。ただし、内視鏡手術は技術的な熟練が必要とされるので、どこの病院でも受けられるという治療ではありません。放射線治療も、体の外から放射線を照射する治療なら、ほとんどの患者は通院治療が可能です。この場合、平日はほぼ毎日治療を受けることになりますが、2回目以降は、治療室にいる時間は30分以内です。体内に小さな放射性物質を入れてガンを照射する小線源治療でも、必ずしも入院を必要としません。 通院で抗ガン剤を投与 化学療法(抗ガン剤治療)も、いまでは通院が主流
です。抗ガン剤のプログラムは1週間〜1ヶ月単位で組まれることが多く、週のはじめや1ヶ月の最初の数日間に病院に行けば、後は自宅で過ごしたり、仕事を続けることもできます。この場合、あらかじめ医師や看護師の指導を受ければ、患者は決まった時間に点滴針をつけてもらいに病院に行
き、点滴が終了したら自分で針を抜くことができます。通院で化学療法を行えるようになったのは、ひとつには以前に比べて抗ガン剤の副作用対策が充実してきたためです。抗ガン剤の種類に合わせて、効果の高い吐き気止めや下痢止めが処方されるので、かつてのように治療後に副作用でしばらく
動けなくなるといったことは多くはありません。抗がん剤治療でもっとも心配されるのは、白血球の減少によって免疫力が低下し、重い感染症にかかることです。今では、必要に応じて白血球を増やす薬を注射することにより、感染症の危険が減少しています。しかし、白血球の数が著しく下がって
感染症にかかりやすくなっている患者は、人との接触を避けなくてはならないため、退院が許されません。また血小板の数が減っている患者は内出血を起こしやすく、体内で大出血したときには緊急の治療が必要になるため、入院で管理することになります。ほかにも、体が弱っていたり、抗ガン剤
や放射線治療の副作用が強く現れれば入院が必要です。
  抗ガン剤治療を通院で受けるときに気をつけることは?投薬について自己管理が必要通院しながらガンの治療を受けるときには、患者は自分の体に責任をもつという意識をもたなくてはなりません。定期的に病院で検査を受けて体の状態や治療
効果を調べるとしても、体の異常や変調には、医師ではなく患者自身が最初に気づくことが多いからです。医師や薬剤師は薬の処方時に、それぞれの薬をどんなタイミングで服用するかを説明してくれます。病院によっては、薬の服用予定のスケジュール表を渡してくれることもあります。日々の体
の状態や投薬後の副作用についても、できるだけ記録するようにします。抗ガン剤の副作用は患者によって異なり、医師は患者からどんな副作用がいつ現れたかを聞いて、副作用を抑える薬を変えたり量を調整したりするからです。副作用が強すぎる場合には、治療計画を見直す必要も生じます。そ
こで、患者や家族が副作用の現れ方を記録しておき、それを医師に見せれば、医師はその患者により適した副作用対策や治療法を立てられるようになります。抗ガン剤治療を受けている患者はたいてい免疫力が低下しているので、ウイルスや細菌に感染しやすくなってい

と総称します)は予後も良好です。髄様がんはリンパ節転移を起こしやすく約1/4が遺伝性です。髄様がんは分化がんに比べるとをやめれば、いつでも妊娠可能な状態にもどります。結構、魅力的な薬ですよね。          第二回 最近多いおりものが臭いやつ  癌  細菌性膣症について    正常な膣内の環境は、膣にいるという細菌により、酸性の状態にし、他の細菌の侵入を防いでいます。何らかの原因でこれが破綻し、複数の細菌に置き換わった状態が細菌性膣症です。な生臭い悪臭があるおりものがある時もあります。しかし、さらっとした帯下のためには放置されています。なぜ膣炎でなく膣症かというと、膣の中は、真っ赤っかにもならず、はっきりとした炎症所見がないためです。  性交との関連は大きく、性交で膣内がアルカリ化が起こり、悪化します。精液が強アルカリのため、性交時は、骨盤内感染症や妊婦さんは、流早産の原因になります。治療は、抗生剤の膣錠や抗菌剤の内服で治ります。          第一回 最近とても多い性行為感染症(性病) 癌手術傷      トラコマチスは、約20年前のベトナム戦争ごろに流行し、日本に上陸した病原菌です。ベトナムなどのジャングルにすむ鳥の口中から発見されたとされています。クラミジアは、0.3ミクロン程度の大きさで、細菌とウイルスとの中間的な病原体(細菌の一種)です。クラミジアは現在3種類ありますが、性行為感染症の原因として問題になるのは、クラミジア・トラコマチスという種類です。   世界的に増加している性病、性行為感染症とも言います)で、世界中で今一番多い性病です。19歳以下の女性では、に感染があるというデータがあります。ほぼ4人に1人ということです。あまり症状がでないため、どんどん広がっていきます。特に男性はあまり症状がでず、次から次の女の子に移します。女性も子宮の出口にいるときは、あまり症状がひどくなく、少しおりものが増 えたぐらいのことが多いようです。それが、子宮頚管、子宮内腔、卵管を通って卵管炎や、骨盤内の炎症を起こすとお腹が痛くなります。ひどくなれば、入院したり、手術になることがあります。もちろん不妊症の原因にもなります。この腹痛を虫垂炎と間違えて外科で手術をしてしまった話は、時々あります。    特に最近増えている感染ルートは、風俗店で、口でするものがありますが、ここでもらうルートです(口でする場合は、)。忘年会の帰りなどに、気軽に行ってしまうケースがあるようです。クラミジア感染は、一度感染すると、ずっと骨盤内にとどまっています。検査は、女性は、子宮頚管からクラミジアそのものをみ


胃がん病態

る、抗原検査と血液  でクラミジアの抗体を見つける検査を同時に行うのが一番いいのですが、保険では、同時に検査はできません。一方のみが保険適応です。そのため、抗原検査を始めに行うことが一般的です。ガンとは遺伝子がうまく機能しない為に起こる病気です。人間の体は、60兆個もの


胃がん病態

細胞のかたまりで出来ています。それらの細胞は遺伝子と呼ばれるものによって働きが制御されています。細胞の中には、一度成熟するともはや分裂しなくなるものもありますが、消化管粘膜や皮膚、血液細胞等多くの細胞では、どんどん分裂して自分と同じ細胞を作る一方、新しい機能をもった細


胃がん病態

胞を作っています。又、そこでは古い細胞は壊されていくといったことが繰り返されています。細胞は通常その数を増やす必要が生じた時だけ、一定の法則に従って分裂増殖します。これによって身体を健康に保つことができるのです。細胞の複製を正しくコントロールするための遺伝子が障害を受

胃がん病態


けると、その結果、無秩序に細胞が増殖します。もし必要がないのに、細胞が勝手に分裂増殖すると、大量の組織が生じます。これが“ガン細胞”です。ガンはそれが発生した細胞ごとに分類されるため、百以上のガンの種類があります。遺伝子が障害を受けるということは遺伝子を作っているDNA

胃がん病態


と呼ばれる遺伝子の設計図の情報を書き換えられてしまうことを意味します。尚、ごく一部のガンは遺伝します。変異は生殖細胞まで持ち込まれ、世代から世代へと受け継がれ、体全体の細胞の中に存在することになります。しかし、殆どのガンは、日常生活の中で起こる偶発的な変異によって引


胃がん病態

き起こされます。例えば細胞分裂の過程での複製の間違いや、放射線や化学物質のような環境要因による障害を受けた場合があります。ガン細胞は増えるに従って発生した臓器の周囲の臓器や血流・リンパ流等に乗って遠くの臓器にも拡がり、細胞が弱っている部位を見つけると、そこに定着し


胃がん病態

て増殖を始めます。これがガンの転移です。そしてガン細胞によって作られたしこりを腫瘍と呼びます。腫瘍には良性と悪性があります良性腫瘍は身体の他の部分に広がることも、生命を脅かすこともありません。 > 多くは外科的に切除されますが、再発することは殆どありません。ガンとは悪性腫


胃がん病態

瘍のことです。悪性腫瘍には次の三つの特徴があります ・浸潤:周囲の健康な組織や器官に染み込むように発育し破壊します。 ・転移:ガン細胞が腫瘍から分かれて、血管やリンパ系に入ることがあります。その結果、

胃がん 病態

胃がん病態

しかし、移植を行うためには、骨髄の中の細胞を空にしなければならず、様々な副作用に耐えうる体力が必要となり、一般的には50歳以下とされているのです。また、どんなに希望しても、ドナーが見つからなければ移植は成立しません。さらに移植後も、リンパ球が体を攻撃する病気(移植片対宿主病)が起こります。腫瘍マーカーは、腫瘍細胞だけでなく正常細胞でも作られますので、健常な人体内にもわずかに存在します。 また、悪性腫瘍(がん)だけでなく、良性の疾患でも上昇することがあります。     検査で腫瘍マーカー値が上昇したからといって、必ずしもがん細胞があると確定することはできません。 また、腫瘍マーカー値は、がんの早期の段階では必ずしも上昇するとは限らないので、   マーカー値が低いからといって、がん細胞が存在しないと確定することもできません。
このように、腫瘍マーカー値は健常な人でもゼロではなく、ある一定の範囲内の値を示します。この状態を「陰性」といいます。そして、体内にがん細胞ができたり、良性の疾患が起きたり、その他の要因によって、値が上昇します。  腫瘍マーカーには「これ以上の値の時は癌である場合が多い」という値があります。これを基準値といい、基準値を超えた状態を「陽性」といいます。また、良性の疾患が原因で基準値を超えた場合を「偽陽性」といいます。 しかし、前にも述べたように、腫瘍マーカー値は様々な要因で上昇するので、基準値を超えたからといって、すぐに何らかの病気であるということはできません。病気があるかどうか、さらに、その病気が癌であるかどうかを確定するには、画像検査や生検など、その他の複数の検査結果から総合的に判断する必要があります。腫瘍マーカーの内、体内の特定の臓器細胞でのみ作り出されるものがあります。これを「臓器特異性が高い」といいます。例えば、肝細胞がんに対する「AFP」、前立腺がんに対する「PSA」がそれです。この種の腫瘍マーカーが異常値を示した時には、すぐにその臓器の疾患を診断することができます。しかし、多くの腫瘍マーカーは複数の臓器で作り出されるため、ある特定の腫瘍マーカー値が上昇したからといって、その臓器と疾患を特定することはできません。まずはがん細胞の成長・進行を止めることが先決です。いきなりがんを消すことは考えません。基礎的な体力、元気、食欲を取り戻すことによって、今以上に悪くならないことを目指すのです。 たとえがんが体に
残っていたとしても、それ以上大きくならなければそれでいいのです。体に悪さをしなければいいのですから。がんを消すのではなく、がんの周りに壁を作り、囲んでいくのが、漢方の抗がん剤の効き方です。
がんを囲い込むことにより、がん細胞をじわじわと締め付け体に害のない「線維細胞」に変質させてしまうのです。甲状腺は甲状腺ホルモンという日常生活に必要不可欠なホルモンを分泌する臓器です。そして、そのホルモンレベルは脳にある下垂体という臓器の指令により調節されています。なお、甲状腺の裏側には副甲状腺というやはりホルモンを分泌する米粒大の臓器が左右上下計4個存在し、血清中のカルシウム値を一定に保つ役割を担っています。 甲状腺の病気としては、バセドウ病、甲状腺腫瘍(良性・悪性)、慢性甲状腺炎など多彩なものが含まれますが、ここでは悪性の甲状腺腫瘍、すなわち甲状腺がんについて解説します。   2.甲状腺がんの特徴     甲状腺がんには他のがんと比べていくつかの特徴があげられます。   まず、性別ですが男女比が1:5と圧倒的に女性に多いのが特徴です。次に、年齢層ですが、若年者から高齢者まで広い年齢層に分布し、20歳台やあるいはもっと若年者でもさほど珍しくありません。また、後述する未分化がんを除き、一般に進行が遅く治りやすいがんであるのも大きな特徴でしょう。特に若年者のがん(乳頭がんというタイプが多い)でたちがいいのも一般のがんの常識とかけはなれています。  乳がんなど多くのがんではリンパ節転移の程度などがんの進行程度により治癒率が大きく左右されますが、甲状腺がんの場合後述する組織型(顕微鏡検査での分類)が最も運命を左右する因子です。   甲状腺がんのうち1%程度を占める髄様がんというタイプのがんは遺伝性のことがあり、また副腎や副甲状腺の病気を伴うことがありますので治療にあたって特別な配慮が必要になります。  3.甲状腺がんの種類      甲状腺がんは組織型により乳頭がん、濾胞がん、髄様がん、未分化がんに分類されますが、このいずれであるかによって病態や悪性度が大きく異なります。このうち、乳頭がんが全甲状腺がんの約80%を占め、ついで多いのは濾胞がんです。この両者(分化がんと総称します)は予後も良好です。髄様がんはリンパ節転移を起こしやすく約1/4が遺伝性です。髄様がんは分化がんに比べると悪性度は高いのですが、未分化がんほど悪性度は高くありません。一方、未分化がんはおそらくあらゆるがんのうちでも最も増殖スピードの速いもので、治療成績も大変悲惨なものです。未分化がんはこのように恐ろしいがんですが幸いその頻度は低く、もとからあった分化がんが長年のうちに変化したものと考えられます。 なお、本来リンパ系の腫瘍である悪性リンパ腫が甲状腺にできることもありますがここでは詳細に触れないことにします。   4.甲状腺がんの症状     甲状腺がんの症状は通常前頚部にしこりを触れるだけです。長年放置して大きなしこりとなると目でみただけでわかるサイズになりますし、また周囲臓器への圧迫症状を呈することもあります。ただ、前頚部のしこりで甲状腺の腫瘍と判明してもそのすべてががん転移のある場合は外科療法に放射線療法や免疫療法を併用します。うか。攻撃的な癌治療から、病人を守るディフェンス的な治療へ、そして癌を休眠させ、最終的に共存共生を行い、癌があってもQOLを下げず暮らしていける生活を基準に治療に当たっていくことと考えます。早期は症状がありません早期では無症状ですが、進行すると前立腺肥大症と同じで、夜中に何度も排尿したり、排尿の勢いが弱くなったり、排尿そのものに時間がかかるようになります。 手術とホルモン療法前立腺ガンは男性ホルモンが症状を悪化させ女性ホルモンが症状を改善します。そのため薬や手術で男性ホルモンの分泌を抑えたり、女性ホルモンの投与を長期間行います。早期なら前立腺を摘出する手術によって完治も可能です。  病状が進行すると、昼間で10回以上、夜間で3回以上の頻尿、残尿感が見られることがあります。血尿と腰痛が見られることもあり、前立腺肥大症とほぼ同じ症状が出ます。また精液に血が混じることもあります。QOLを考える!さて、今後何を基準に考えていけばよいのでしょうか?それは、QOL(生活の質)をいかに守り、暮らしていくことではないでしょうか。癌とは100以上もの疾患の総称です。いずれも体の最小構成単位である細胞に障害を及ぼします。癌が発生するのは、個々の細胞が正常を逸し無秩序に分裂しはじめるときです。  他の臓器と同様に卵巣も様々な細胞からできております。普通は必要に応じて細胞分裂が起こり、多数の細胞が産生されます。この秩序が守られてこそ健康が保たれるのです。必要もないのに細胞が勝手に分裂を起こすと余分な組織が形成されます。この過剰な組織(腫瘍と呼ぶ)には良性と悪性があります。   30才以下の女性では、卵巣の腫大でも通常は良性であり、水溶液の貯留した袋状になり、いわゆる嚢胞と呼ばれています。この嚢胞は、女性の性周期の中で起こり、治療せずとも消失します。嚢胞でも自然消失しない場合、特に問題があったり、嚢胞に変化が見られる場合その摘出をすすめられることがあります。また時には、超音波その他の検査法により、経過を観察することもあります。  悪性腫瘍とは癌のことです。近傍の正常組織や臓器に浸潤しこれらを破壊してゆきます。   また癌細胞は卵巣の腫瘍本体から離れ、腹腔内の他の臓器にたどりつき新しい腫瘤を形成します。卵巣癌は特に大腸、胃、横隔膜などに進展します。癌細胞はまた、リンパ経路や血行路にも入りこみ、これを伝って他の部位へも移行します。この癌の移行を転移と呼びます。   卵巣癌には様々な種類があります。最も一般的なものは卵巣表層上皮から発生する上皮性卵巣癌です。(その他の種類は発生が稀で本書では扱いません)癌が転移しても、その転移病巣には同じ種類の細胞が認められ、原発病巣と同じ名前で呼ばれます。例えば卵巣癌が大腸に転移しても転移性卵巣癌と呼びます。新しい病巣が大腸にできても大腸癌ではありません。    卵巣癌は初期に発見するのが難しい病気です。普通は初期には無症状であり、多くの場合発見されるまでには広がっているのです。圧迫、痛み、その他の症状をもたらすまでに癌が発育していることが多いのです。症状が出ていても非常にぼんやりとしているため、見過ごされることがあります。   腫瘍が発育すると、お腹がはってふくれた感じや、下腹部の不快感が出現してきます。食欲低下や少量の食事をとっただけでも満腹感を感じたりします。その他、消化不良、吐き気、体重減少がでてきます。大きな腫瘍になると近傍の臓器である腸や膀胱を圧迫し、下痢、便秘、頻尿感がでてきます。腟からの出血は卵巣癌の症状としては稀です。    卵巣癌ではお腹の中に水分が産生され(腹水)お腹がふくれることがあります。水分は肺にたまることもあり、息切れが生じることもあります。こういう症状は癌でも起こりますが、その他重病でなくとも起こります。その診断は医師でなければできません。   診断と進行期別分類   この様な症状を起こした原因を探るためには既往歴を尋ね、内診などの診察を行ないます。腟、直腸、下腹部の触診から腫瘤やその発育を感じとります。子宮頚部細胞診(子宮頚癌の検診に一般的に用いられる)も内診時に行なわれますが、卵巣癌の発見、診断には直接関係はありません。その他、次のような検査が行なわれます。   超音波検査では、高周波の音波が用いられております。この人間では聞き取れぬ音波が卵巣に当てられます。その反射波が造り出すパターンによって超音波画像が得られます。健常組織、水分の貯留した嚢腫、そして腫瘤はいずれも異なった反射波を出します。   下部消化管検査、バリウムによる注腸検査は大腸、直腸のレントゲン検査になります。バリウムを含む白いぬるぬるした液を腸に注入した後、レントゲン写真をとります。バリウムが大腸、直腸の輪郭をレントゲン上で描き、腫瘤や腹腔内の状況を判定する手助けとなります。  経静脈的腎盂撮影は、造影剤を注射した後に腎臓や尿管のレントゲン写真をとります。又、よく血液中のCA-125という物質を測定します。これは腫瘍マーカーといわれ卵巣癌細胞で作られています。しかし、は卵巣癌の女性に必ずめられるとは限らず、良性の卵染色体転座は、悪性リンパ腫の診断にとって、とても大切な意味を持っていますが、悪性リンパ腫は染色体転座というひとつの遺伝子異常だけでは起こりません。染色体転座が詳しく研究されて明らかになったことは、染色体転座以外の遺伝子異常も重要な役割を果しているということです。これまでは、なかなか研究をすることが難しかったのですが、ヒトゲノム計画の完成により、がんのゲノム異常(遺伝子異常)を調べることができるようになりました。ヒトゲノム計画の情報を元に、私たちの研究室では、がんに存在する遺伝子異常を調べる方法として、(アレイCGH)法を確立しました(図7)。この方法はゲノム異常をより詳細に調べることができます。  図7.実際の 右上にの拡大図を示しています。a)はがん細胞由来のDNAを緑で標識しているので、各点が緑色に光って見えます。一方、b)は正常細胞由来のDNAを赤で標識しているので、各点が赤に光って見えます。これらは同じところに反応しているので、実際の反応は、両者がひとつに重ね合わせられた状態です(下図)。1つのスポット(丸い点)に着目すると、がん細胞由来のDNAは、点が緑に光っておらず、正常細胞由来のDNAでは赤く光っているスポットは、この2つを合成した下図では点は赤く光っていますので、これはがん細胞でDNAが欠失している(正常なDNAが失われている)ことを意味します。また、同じように下の合成図で緑が濃くなっているところは、がん細胞でDNAが増幅している(一部のDNAが異常に増えている)ことを意味します。 この研究は、がんの遺伝子異常を調べるという基礎的な研究だけにとどまらず、実際の診断や治療法の選択に重要な意味を持つことが、徐々に明らかになりつつあります。これらの遺伝子異常は、がんの治療のための標的とし  ても大きな意味を持つことが予想されます。これからの5年以内には、さらにがんの遺伝子異常の解明が進み、臨床的な実用化を図ることを目標としています。 がんセンター研究所研修生を経て研究員として腫瘍免疫学を6年間学んだ。がんの発症機構を明らかにしなければ、根本的な解決につながらないと考え、米国がん研究所客員研究員およびワシンントン大学ハワードヒューズ医学研究所研究員として3年間、血液のがんを対象として分子生物学的研究を行い、がんセンターに再就職。血液のがんは、研究成果日本でのホジキン病の治療は、抗がん剤+放射線によって、6割から8割の長期生存が望めます。抗がん剤は4種類を組み合わせた併用療法(ABVD療法)になります。B細胞かT細胞で分ける非ホジキンリンパ腫非ホジキンリンパ腫は大きく2種類に分けます。B細胞(抗体を作るリンパ球)の癌化したものの中で、月単位で進行する、びまん性大細胞型リンパ腫は日本人の約35%を占めるといわれています。この場合は、3種の抗がん剤+ホルモン剤のCHOP療法や、分子標的治療薬のリツキサンを足した、R−CHOP療法をします。T細胞(細胞性免疫)の癌化したものの中で、最も悪性度が高く、週単位で悪化していく、成人T細胞型リンパ腫。B細胞に比べ、治療が難しく、抗がん剤の多剤併用をしても生存期間は1年前後のため、造血幹細胞移植を行ってから、大量の抗がん剤治療をします。 1)接続して進行するホジキン病ホジキン病の進行は、首のリンパ節から脇の下のリンパ節、脾臓という順番で進行していくのが特徴です。2)飛び離れたところにも出現し、リンパ節以外の臓器や、皮膚、粘膜にも出現します。そのため、部位や臓器によって、さまざまな症状になります。進行がん肝臓、脾臓の肥大消化器系腹部の塊、腹痛、嘔吐、腸閉塞、出血骨髄系貧血、感染症、皮膚からの出血泌尿器系腎不全脳、目、耳、鼻皮膚および、脳内の腫瘤移植による副作用生着不全。免疫不全 QOLを考える!悪性リンパ腫の治療は、種類によってさまざま。特に悪性度が高い場合は、すばやく治療を開始しなくてはならず、悩む時間はありません。移植のドナーと出会える確立は、とても低いのが現状です。その間、何を基準に考えていけばいいのでしょうか。それはQOL(生活の質)をいかに守り、暮らしていくことではないでしょうか。治療中も、また治療後もQOLを下げず暮らしていける生活を基準に、治療に当たっていくことと考えます。骨髄中の造血幹細胞の癌血液細胞の遺伝子レベルの異常により引き起こされ、異常な白血球が無制限に増殖します。しかし、遺伝子が関係していても、遺伝はしないと考えられています。血縁者の中に大腸がんにかかった人がいる。 長い間潰瘍性大腸炎にかかっている。 治りにくい痔瘻(じろう)。 などの因子が指摘されています。大腸内視鏡を用いた精度の高い検査では、大腸ポリープはかなりの頻度で見つかります。一部のポリープはがんになることがありますが、多くはがんにはなりません。ポリープが見つかった場合は専門医に相談し、大きさ、かたち、色調を診てもらい、内視鏡的ポリープ切除などの適切な処置を受ける必要があります。 大腸癌(大腸ガン)の症状 早期のがんは、症状はまずありません。血便のある場合はがんの注意信号です。がんの表面が潰瘍で出血しやすくなっているためです。肛門に近い部位にがんができた場合排便の際に肛門から出血する場合もあります。この症状は痔核と思われて放置されることがあります。がんによる血便では肛門痛がなく、暗赤色の血液が便に混じったり、ときに黒い血塊が出るなどの特徴があります。痔核と診断するためには大腸がんでないことを確認する必要があります。大腸は長い臓器であるため、部位によって症状が異なります。大腸を右結腸、左結腸、直腸の3つに大別して比較してみると、右結腸では腹部症状(腹鳴、腹満など)が多く、次いで貧血、便通異常であり、左結腸では下血、便通異常(便秘、下痢)、腹部症状、の順であり、直腸では大半が下血で、便通異常、肛門部症状です。症状によって病気のおおよその部位の見当をつけることができます。腸閉塞をきたすのは左結腸で、右側の貧血と併せて大きな特徴でもあります。また,大腸の症状も嘔吐などの腸閉塞症状がはじめての症状であったり,腹部や頚部の腫瘤が初めて気づく症状であることもありますがこれらの症状はがんがかなり進行していることを意味しています。最近は検診の普及で、便潜血反応検査で陽性に出たことで発見される率が増加してきています。いわゆる、無症状検診発見例です。90年後半では,半数近くが無症状で発見されています。 大腸癌(大腸ガン)の検査 大腸がんは、早期に発見されればほぼ100%近く完治しますが、一般的には自覚症状がないため、無症状の時期に発見することが重要となります。大腸がんの検診の代表的なものは、便潜血反応検査で、食事制限なく簡単に受けられる検査です。この検査だけでは大腸がんを確定することはできませんが、健康な集団の中から、大腸がんの精密検査が必要な人を拾いあげる最も有効な検査法です。大腸がんの確定診断のためには、注腸X線と大腸内視鏡が必須です。どちらの検査も下剤で便を全部排出しないと精度の高い検査はできません。また、レントゲンや内視鏡ができる状態でない腸閉塞状態でも、CT検査で腫瘍の状態を把握することができます。術前検査で大事なことは、がんがある周囲のリンパがはれていないかを検査すること、また肝や肺に転移していないかを検査することです。これらはCT,MRI,超音波などを用いて検査します。 便潜血反応検査 大腸がんでは、大腸粘膜にできたがんに便が接触し、出血するため、便に血液が混ざる特徴があります。便潜血(べんせんけつ)検査はこの出血を見つける検査です。  直腸指診・肛門直腸鏡検査 排便時の出血や便潜血反応検査の結果により、大腸がんの疑いがあれば、直腸指診と肛門直腸鏡検査が行なわれます。直腸がんの約80%は直腸指診によって見つかるといわれています。直腸がんだけでなく、膀胱や子宮、卵巣、前立腺の異常も調べられます。肛門直腸鏡検査は長さ約10センチの金属筒状の肛門鏡を挿入し、直腸内を直接観察するものです。  注腸X線検査 肛門からバリウム溶液と空気を入れて膨らませ、大腸にバリウムを付着させ、X線写真を撮る方法で、様々な大腸疾患の診断に役立っています。大腸の形、大きさ、内径、位置、粘膜の様子から大腸の全体像を診断できます。正常な大腸はその輪郭が滑らかな曲線を描きます。これに対して、腫瘍があると腸管の壁が変形していたり、粘膜のひだや模様の異常を見つけることができます。注腸X線検査の欠点として、盲腸や直腸、S状結腸の病変で腸の重なりのある場合やバリウムがたまっていると病変を見逃す危険があります。  大腸内視鏡検査 内視鏡検査はファイバースコープや先端にCCD(固体撮影素子)を搭載した電子スコープを用いて、直接、消化器粘膜を観察する方法


胃がん病態

です。
内視鏡検査は病巣(びょうそう)部を直接観察できることが大きな特徴です。主病巣の位置や大きさだけでなく、病巣の拡がりや表


胃がん病態

面の形状(隆起(りゅうき)や陥凹(かんお))、色調などから、病巣の数やある程度の深達度(しんたつど)が判断できます。もう1つの内視鏡検査の大きなメリットは、直接細胞を採り(生検)、病理検査ができるため、病気の判定に役立っています。


胃がん病態

大腸内視鏡検査は、事前に腸内を空にしてから行います。肛門から大腸内視鏡を挿入し、腸粘膜表面の様子をモニターで観察します。大腸がん、大腸ポリープ、大腸炎などの疑いがあれば、一部を採取し組織検査をします。進行型大腸がんの約
80%は潰瘍型なの


胃がん病態

で、潰瘍とそれを囲む堤防様にがんができていることが発見できます。しかし、全体像をとらえにくく、がんで腸管のなかが狭くなってしまっている場合は、挿入不可能なこともあります。また、大きな腫瘤(しゅりゅう)型がんの場合は接触して出血することも


胃がん病態

あります。さらに、粘膜下層への進行の深さを調べるため、大腸用超音波内視鏡が用いられることもあります。
 CT検査・MRI検査・超音波検査

胃がん病態

CT検査は身体にあらゆる角度からX線照射し、得られた情報をコンピューターで解析するものです。造影剤を使う場合と使わない場合がありますが、造影剤を用いる方法では病変がより鮮明に描き出され、検査したい臓器やその周辺をミリ単位の断層写真として


胃がん病態

観察できます。CT検査の結果はX線検査や内視鏡検査の結果と総合的に判断することに役立っています。また、がん治療(化学療法や放射線療法など)の効果の把握などにも用いられています。

胃がん病態


MRI検査は磁気による核磁気共鳴現象を利用して画像に描き出すものです。患者さんが被爆しないこと、いろいろな断層面が撮影できるというメリットがありますが、血液の流れや呼吸、消化管の動きがノイズとなって影響し、画質が劣化する欠点もあります。

胃がん 病態

胃がん病態

で、免疫増強効果があることが判明しました。肺がんや大腸がんの術後において、フルオロウラシル(抗がん剤の1つ)との併用で延命効果が得られたとの報告がありますが、臨床効果は確立されていません。 [効果]上記のとおりで、一部のがんで有効性が認められています。 [副作用]一部のBRM療法で発熱や白血球増多が認められますが、重篤な副作用は報告されていません。  [問題点]特定の免疫担当細胞にのみ作用するわけではないので、作用機序が必ずしも明確でありません。作用機序の科学的な解明や、評価法の見直しが必要と考えられます。6.抗体療法抗体とは、抗原に対して特異的に結合できるタンパク質で免疫グロブリンと呼ばれ、B細胞が産生します。多種多様の抗原に対して、特異的な抗体が存在します。ある抗原に対して特異的な単一の抗体を、モノクローナル抗体と呼びます。近年、モノクローナル抗体を作製する方法が確立され、この技術は医学や生物学の分野で多大な貢献をもたらしました。がんに特異的な抗原に対するモノクローナル抗体なども多数つくられ、がんの研究、治療に広く用いられてきています。 抗体は一般に、補体(抗体の反応を補って、殺菌や溶血反応を起こす血清中の因子)を介して抗体が結合した細胞や細菌等を破壊したり、マクロファージやキラー細胞による細胞の破壊を助けるなどの働きがあります。モノクローナル抗体は、ある特定のがん細胞にだけそうした作用を及ぼすわけです。また、がん細胞のモノクローナル抗体を用いた治療としては、増殖を抑える働きのあるモノクローナル抗体も存在します。 がん細胞に特異的なモノクローナル抗体に細胞毒、抗がん剤あるいはアイソトープを結合させ、がん細胞を殺してしまおうという治療(ミサイル療法)が試みられています。また、ある種の白血病や乳がんに対する抗体療法も行われています。さらにがん組織にがん細胞を殺す作用のあるT細胞やNK細胞を集結させるため、T細胞やNK細胞とがん細胞の両方に対する抗体(双特異性抗体)なども開発されています。 [効果]造血系がんである白血病に対し、細胞表面抗原に対する抗体療法が行われています。その中の報告で、成人T細胞白血病において、IL-2レセプターα鎖に対する抗体療法によって、一部の症例が完全寛解したというものがあります。また、大腸がん細胞由来のがん抗原に対するモノクローナル抗体(17-1A)を用いた、大腸がんおよび膵臓(すいぞう)がんの治療例も報告されています。そして、大腸がん手術後の補助療法として有効であったとの報告もあります。最近、がん遺伝子の1つであるErb-B2に対するモノクローナル抗体を用いた臨床応用がはじまり、注目されています。わが国でも、臨床試験が現在進行中です。 [副作用、問題点]モノクローナル抗体は、全身投与すると肝臓などの臓器に集積し、がん組織への特異的な集積可能性を現時点では否定できないことから、判定は「反対」という結果になっています。6.症状を和らげる効果についての判定もう1つの有効性である、「吐き気や倦怠感など、症状を和らげるための相補代替療法」についての判定はどうでしょうか。こちらもやはり、勧める度合いがもっとも高い「推奨」という判定がされているものは1つもありません。 「容認、場合により推奨」と判定されている治療法の例として、「化学療法による悪心嘔吐に対する鍼灸」、「不安、悪心、リンパ浮腫に対するマッサージ」、「運動療法」が挙げられています。腫瘍ワクチン療法がん細胞にサイトカインや接着分子等の遺伝子を導入し、がん細胞が増殖しないように放射線を照射した後に患者さんの体内に戻す方法です。現在までに悪性黒色腫、腎がん、線維肉腫等で数多く試みられていますが、T細胞のがん内への浸潤、がん細胞特異的免疫担当細胞の誘導あるいは遅延型過敏反応等は確認されているものの、臨床的有用性が確認されたものはまだありません。また、補助刺激分子(T細胞受容体からのシグナルを増強するのを助ける補助分子)の1つであるB7遺伝子を、がん内部に直接接種する遺伝子治療も行われています。これに関してもほぼ同様の結果で、治療効果は確認されていません。  ワクチン療法がん特異的抗原の遺伝子を患者さんの体内(その多くは筋肉細胞内)に接種し、その抗原に対する抗原特異的免疫反応を誘導する試みで、臨床応用が進められています。しかし、現時点ではその臨床的有効性は証明されていません。 また、樹状細胞(参照してください)にがん特異的抗原遺伝子を導入することによって、抗がん活性が高まることが期待されています。動物実験では、腫瘍ワクチン、DNARNA)ワクチンを上回る治療効果が報告されていて、臨床試験が計画されています。 [効果]他の遺伝子治療と同様、これら免疫遺伝子治療の臨床応用も現在第I相試験を終了した段階で、有用性の有無を結論づけるには至っていません。  [副作用]腫瘍ワクチンあるいはDNARNA)ワクチン接種部位に痛みが認められる以外に、重篤な副作用は報告されていません。  [問題点]I相試験から期待されている効果を得ることは難しいと予想されていますが、免疫遺伝子治療は研究の段階で、その治療効果を期待するにはさらなる解析が必要と思われます。また「容認」と判定されている治療としては、「痛みに対する鍼灸痛みに対するマッサージ」があります。   以上が、がんの相補代替療法の有効性と安全性について、研究グループが判定したまとめです。  この論文では、安全性と有効性の評価だけではなく、リスクの程度、使ってはいけない禁忌の状況などについても、具体的に特定しているので、参考にしてください。   なお、総合判定の3番目にあたる「容認」については、正確に理解しておく必要があります。  この判定に分類された治療法は、「効果の可能性があるので承認する」というように「積極的」に認めているわけではありません。決して、有効性が科学的に確認されている、という意味ではないのです。  生命にかかわるような大きな有害作用が現時点で報告されておらず、かどうかの結論はまだ出ていません。5.生体応答調節剤(Biological Response ModifiersBRM)療法BRMは、1980年代になって新しくつくられた言葉です。米国立がん研究所のBRM委員会によれば、BRMとは「腫瘍細胞に対する宿主(患者さん)の生物学的応答を修飾することによって、治療効果をもたらす物質または方法」と定義されています。このBRM療法は患者さんの免疫系をはじめとして、体全体の働きを調節することにより、治療効果を得ようとする治療です。つまり、がんを治そうとする患者さん自身の持つ力を応援し、手助けし、強めるものです。このように、BRMは通常の抗がん剤とは基本的に考え方が異なっています。この治療法は単独で行われるよりも、むしろ免疫能が低下してしまう外科療法や放射線、化学療法等と併用することによって、患者さんの防御能力が低下するのを予防したり、より高めることを目的に行われます。したがって、その効果は従来の化学療法とは異なった観点から評価すべきと考えられています。実際に米国では、他の確立された治療法と併用することによって効果が認められれば、そのBRMは有効であると評価されています。しかしわが国での臨床評価は、今までの化学療法と同じように、BRM単独での抗がん効果で評価されています。より客観的、科学的、倫理的な評価法を確立すべきと考えられます。(1)BCG(ビー・シー・ジー)BRMが注目されるようになったのは、1970年に行われた悪性黒色腫に対するBCG生菌による治療以来のことです。非特異的免疫療法の草分けであり、現在に至っても多くの報告が出されています。膀胱(ぼうこう)がん、悪性黒色腫で有効であったとする報告がありますが、その他の固形がんでは有効例はほとんど認められていません。 (2)OK-432(オーケー-432)ある種の細菌(溶連菌)からつくられたもので、好中球、NK細胞、マクロファージ等を活性化します。わが国で広く用いられてきましたが、現在では胃がん、肺がん、がん性胸腹水、他剤無効の頭頸部(とうけいぶ)がん、甲状腺(こうじょうせん)がん等に用いられています。 (3)PSK(ピー・エス・ケー)担子菌(たんしきん)カワラタケ(サルノコシカケ)の菌糸体より抽出精製した物質(タンパク多糖複合体)です。内服で用いられます。副作用がほとんどない反面、作用は弱いのが特徴です。適応は胃がん(手術例)、治癒切除例の結腸直腸がんへの化学療法との併用に限定されています。 (4)Lentinan(レンチナン)シイタケより抽出されたものです。キラーT細胞、マクロファージ、NK細胞等を誘導、活性化すると考えられています。がん患者さんの悪液質やQOL(クォリティ・オブ・ライフ:生活の質)を改善するという報告がありますが、適応は手術不能または再発胃がんにおけるテガフール(抗がん剤の1つ)との併用に限定されています。 (5)Bestatin(ベスタチン)細菌(放線菌)由来です。適応は成人非リンパ性白血病に対する完全寛解導入後の維持、強化で、化の動脈血管に直接抗がん剤を注入する化学療法の一種を、動注療法といいます。この治療法は局所療法なので、原則として全身に広がったがんには行いません。しかし全身に広がったがんでも、そのうちの一部が特に生命に影響を及ぼすと判断される場合には、その部位に対し動注療法を行うことがあります。この療法を行うためには、目的箇所の栄養動脈にカテーテルを挿入する必要があります。臓器固有の太い動脈がある肝臓や腎臓に対して、動注療法が適用されます。また、上顎(じょうがく)がんなどの頭頸部(とうけいぶ)がん、骨腫瘍、卵巣がん、膀胱(ぼうこう)がん、前立腺がん、膵(すい)がん、さらには進行した乳がん等にもこの動注療法が用いられることがあります。 経口投与は患者さんにとって便利な投与方法ですが、消化管からの吸収量に個人差が大きいため、開発が難しいとされています。また、飲み忘れといったことも起きやすいため、患者さんの十分な理解が必要になります。7.がん治療における薬物療法の目的がん治療の最大の目的は、患者さんの生命を保つことです。場合によっては、がんの増殖を遅らせること、がんによる症状から解放すること、全身状態(QOL:クォリティ・オブ・ライフ:生活の質)の改善等を目的とすることがあります。治療内容は、最善のものが選ばれるようになっています。どんな治療が最善かは、その方の生活信条や生活習慣により異なります。がんの治療は、日々進歩しています。治療方針を決定するため、治療法についての正確な知識が主治医より説明されます。いろいろな治療法が登場していますが、どの治療法にも適応(有効)と限界があり、すべてに有効という完全な治療法はまだありません。1つの治療法では完治が望めない場合には、いくつかの治療法を組み合わせ、それぞれの限界を補いあって治療しようという研究が行われています。このような治療法を、「がんの集学的治療」と呼んでいます。 8.化学療法で治癒可能ながん抗がん剤で完治する可能性のある疾患は、急性白血病、悪性リンパ腫、精巣(睾丸)腫瘍、絨毛(じゅうもう)がん等です。わが国におけるこれらのがんによる死亡者数は、1年間に15,00016,000人です。胃がんや肺がんの年間死亡者数は、それぞれ70,000人と50,000人ですから、それらに比べると比較的まれな疾患ということができます。また、病気の進行を遅らせることができるがんとしては、乳がん、卵巣がん、骨髄腫(こつずいしゅ)、小細胞肺がん、慢性骨髄性白血病、低悪性度リンパ腫等があります。投与したうちの何%かで効果があり症状が和らぐというのが、前立腺がん、甲状腺がん、骨肉腫、頭頸部がん、子宮がん、肺がん、大腸がん、胃がん、胆道がん等です。効果がほとんど期待できず、がんが小さくなりもしないというがんに、脳腫瘍、黒色腫、腎がん、膵がん、肝がん等があります。 ところで、治療を受ける前に抗がん剤が効くか効かないかを予想できれば理想的です。例えば感染症に対する抗生物質では、あらかじめその抗生剤が感染症の原因となっている病原菌に効くかどうかを検査したう


胃がん病態

えで、投与する場合があります。そのようなことが抗がん剤でできないのかという疑問が、当然出てきます。投与する前に行う「抗がん剤感受性テスト(がん細胞と抗がん剤を拠もあるし、安全性を支持する根拠もある


胃がん病態

ので、勧める」ということです。ただし、「推奨」のほうが、「容認、場合によっては推奨」よりもお勧めする程度が強いことを意味しています。具体的な裏づけとしては、ランダム化比較試験が3件以上あり、そのう


胃がん病態

ちの
75%以上の研究で効果が認められるような場合に、この判定がされることになっています。 「容認、場合によっては推奨」は「推奨」よりも弱い判定で、1つ以上のランダム化比較試験があり、そのうちの50%

胃がん病態


超える研究で効果が認められたような場合が当てはまります。「容認」と「反対」は消極的に認める、あるいは反対ということ「容認」には、お勧めするという意味合いはありません。「有効性については、きちんとし


胃がん病態

た根拠はない。けれども、安全性については、重大な危険はない。だから、がん患者がその利用を望むのであれば、あえて否定せずに容認する。つまり認める」という判定です。「反対」は、「効果がない。または、重


胃がん病態

大な危険性がある」ので、利用には反対するという判定です。4.がんの進行、生存についての判定まず、「がんの進行を遅らせ、生存率を高める」ことについての検討はどうでしょうか。ここで「推奨」、つまり


胃がん病態

「勧める」と判定されているものは、1つもありません。意外に思われるかもしれませんが、がんの相補代替療法の中で、がんの進行を防ぐとか、生存率が上がるという効果を、この研究グループが認めて推薦するもの

胃がん病態


は、1つもないということです。
 「容認、場合により推奨」と判定されているのは、「前臨床期の前立腺がんに対するビ

胃がん 病態

胃がん病態

な投与が、末期がん患者においてがんの退縮や余命の延長をもたらす、と言うテータが数多く発表されています。ゴンザレスらは、アスコルビン酸(ビタミンC)の抗腫瘍効果について、過去25年間の医学文献を再検討し、アスコルビン酸のがん予防効果、その作用機序等についてまとめ、特に静脈点滴による高用量のアスコルビン酸投与ががん治療に有効であると結論づけています1)。 ドリスコらは、2例の進行した卵巣がん患者において、標準治療(手術・化学療法)とともに、点滴による高用量のアスコルビン酸投与および経口の抗酸化物質(ビタミンCECoQ10βカロテン・ビタミンAなど)の摂取などの補完治療を行ったところ、腫瘍マーカーの陰性化、診断から3年が経過しても再発を認めていないことを報告し、これらの治療が標準治療の効果を高め、安全性を増し、予後を良好にしている可能性について述べています2)。 またNIHのレビンらは、パダヤッティ、リオールダン、ヒューイットなどによる、主にアスコルビン酸の高用量の投与によって目覚しい治療効果を出したがん患者の3症例について報告しています3)。 胃がんについては、分子整合栄養医学を実践する日本のグループにより、標準治療に分子整合栄養療法を加えた「栄養療法群」と、「標準治療群」、「免疫療法群(標準治療+免疫療法)」の予後を比較検討したデータがあります4)。 対象はステージ2期および3期の胃がん患者群で、雑誌「ランセット」で発表された愛知県がんセンターの中里博士の論文の同ステージの患者群と、栄養療法群とを比較しています。 条件としては全く同一とは言えませんが、分子整合栄養療法の補完療法としての延命効果を表す結果と捉えることができます。 (*この場合の免疫療法とはタン白結合多糖類を使った治療法)  ++なぜ分子整合栄養医学ががんに効果的なのか++ なぜ「栄養による治療」が、がんにこのような効果をもたらすのでしょうか?  アメリカの栄養によるがん治療の権威であるパトリック・クイリン博士は、栄養療法によるがん治療の目的を以下のように述べています5)。  化学療法と放射線療法の効果を高めつつ、かつその副作用を減らす。 栄養的に問題があるために、平均的ながん患者に起きる口内潰瘍、疲労、吐き気、脱毛、器官の薬物中毒などを、劇的に減らす。 患者自身の免疫能力を高めて、体全体を通じて、がんと戦う免疫細胞の能力を強化する。 体脂肪以外の体の組織が失われる悪液質という一般的な副作用をなくしたり、劇的に少なくする。 食事の改善を通じて、がんの細胞だけを選択的に餓死させるのを促す。 がんの拡がるのを抑えるような、自然自信のガン・ファイターを、植物から導入する。 がん細胞だけを選択的に攻撃する栄養物質の大量投与によって、がんの活動を低下させる。 化学療法や放射線療法そのものが、新たながんを生み出すことを防ぐ。 遺伝的にがんになりやすいことがわかっている患者に、がんが再発するリスクを減らす。 そもそもがんを起こす原因になった背後条件を変えることによって、がんの完全ないしは部分的退縮を起こさせるチャンスを顕著に増やす。 栄養療法のもっとも素晴らしい点のひとつは、患者様の体力・抵抗力・免疫力を高め、患者様の治る力を最大限に引き出す、と言うことです。  がんそのものが、栄養欠乏などにより起こるホメオスターシス(生体恒常性)の乱れ、免疫力の低下、酸化ストレスによる細胞のダメージなど、悪化した体内環境に基づいて発生するものですから、それらを調整し整えることはより自然で根本的な治療であると言えるのです。 組織型と治療戦略
漿液性腺がんは抗がん剤の最もよく効く卵巣がんの代表格であるが、通常使用される抗がん剤は、TJ療法(パクリタキセル+カルボプラチン)が最も多い。この治療は一日で治療を終えることができ、諸条件が整えば外来でも使用可能で、治療する側、治療を受ける側双方に有益性が高い。この治療以前にはシスプラチンを中心とした抗がん剤レジメ(抗がん剤の組み合わせのこと)が使用されていたが(CP療法、CAP療法など)、この方法は現在でも有力で、上記の方法と2本柱のような存在といえる。後者は外来での使用が難しい難点があるが、効果的には前者を上回ると考えている施設も少なくない。
この他には、TP療法(パクリタキセル+シスプラチン)DP療法(ドセタキセル+シスプラチン)などを、第一選択とする施設もある。類内膜腺がんにおいては、基本的には漿液性腺がんと変わりないが、アドリア


胃がん病態

マイシン系の抗がん剤レジメ(CAP療法、AP療法など)を重視する施設もある。抗がん剤のよく効く組織型の卵巣がんでは、いずれの抗がん剤レジメも概ね良好な成績が期待できる。

胃がん病態


問題は、抗がん剤の効果が期待しにくい、明細胞腺がん、粘液性腺がんである。特に明細胞腺がんは頻度的にも増加傾向にあるので、有力な抗がん剤レジメの確立が待望されている。これらの卵巣がんに対して


胃がん病態

は、漿液性腺がん、類内膜腺がんで使用されている抗がん剤以外に、カンプトテシン、マイトマイシン、ドセタキセルなどの組み合わせが使用されている。当科では著効例も経験されているが、奏功する率が全


胃がん病態

般的に低く、現在さまざまな模索が行われている。 
卵巣がんと腫瘍マーカー


胃がん病態

卵巣がん治療と切っても切れない関係に、腫瘍マーカーの存在がある。腫瘍マーカーとは、"がんの人に高くて、正常の人で低い血液中の物質"のことである。採血で測定することができる。がんの種類によって、


胃がん病態

測定する腫瘍マーカーも異なることが多く、卵巣がんの場合は通常CA125 が最も重要で、CA19-9も有用な場合も多い。これらの臨床的な使い道としては、1)卵巣が腫れている場合に、良性腫瘍か悪性腫瘍かの

胃がん病態


判定(治療前)2)長期間治療中における治療効果の判定もしくは病勢の把握(治療中)3)再発の有無の判定(治療後)、がある。このように、腫瘍マーカーは卵巣がん治療の全ての過程において頻用されている。


胃がん病態

特に、III-IV期卵巣がんの長期治療中は、CA125の値がほぼ正確に病状を数値で反映することが多く、モニターとしての役割を果している。

胃がん 病態

胃がん病態

[ 腫瘍・癌 > 癌・白血病 ]  全快 05/10/29

膀胱がん再発3

[ 腫瘍・癌 > 癌・白血病 ]   全快05/10/292回目のBCG。その夜そんなに尿が無いのに出たい感。しかも、トイレに行った後すぐ行きたい感。しかも、AM4:00頃まで寝られない。尿と一緒に、血や皮?の固まり。非常につらいけど、翌日はなんとも無い。

勃起力改善

[ 性の悩み・性感染症 > その他性関連 ]  Innocent man 07/07/09

原因

[ 性の悩み・性感染症 > その他性関連 ]   Innocent man07/07/09...よって糖尿病や高血圧などの生活習慣病を患う人が多くなることも原因の1つです。原因として最も多いのが,糖尿病や心臓病,高血圧,高脂血症などの生活習慣病です。脳出血 ,脳腫瘍,脳外傷,パーキンソン病,アルツハイマー病などの疾患も原因となります。また,前立腺がん,膀胱がん,直腸がんなどの摘出術で,その周囲にある血管や神経を損傷したり,交通事故などによる脊髄損傷も原因となることがあります。前立腺肥大などの泌尿器科系の疾患や腎不全,陰茎の先天性の疾患なども原因となることがあります。 3)ある特定の薬剤を服用している場合 一部の薬...

膀胱がんについて

[ 腫瘍・癌 > 癌・白血病 ]  kurarakumi 08/02/06...ま自然に膀胱の亀裂がふさがっていくのを待つ。
2
全身麻酔で開腹手術を行い亀裂をふさぎ膀胱の外側にあるドレーンで取ってる膿をきれいにする。
3 2
に加え膀胱を摘出する...の結果はG3がんといわれました。転移があると聞きましたし、膀胱自体にどのような処置も有効でない、と聞きましたが、そうなのでしょうか?
であるなら膀胱摘出が一番と思われるのですが、膀胱摘出しても転移の確立は変わらないのでしょうか? 78才男性です。よろしくお願いします。(50 男性...腫瘍・癌 > 癌・白血病 ]  kurarakumi 08/02/07山田先生ありがとうございます。
今夜担当医と話す機会があり
膀胱摘出を試みると動脈瘤に衝撃を与える可能性があり少し模様を見ることになりそうです。もし1になるか、2を行って退院できればカテーテルで動脈瘤の手術を行える可能性あ
るそうです。先生の"危険度が高い"とは上記の衝撃で破裂の危険性がある、とのことでしょうか? 現在の状態としては精神的な部分は別として点滴も外せそうですし、食事も取れています...
[ 腫瘍・癌 > 癌・白血病 ]  kurarakumi 08/02/08山田先生ありがとうございます。
やはり破裂の危険ですか、、。
今夜担当医の説明があり膀胱摘出は動脈瘤破裂の危険度が高いので一時中止し、動脈瘤をカテーテル治療というもので治療できるところがありそれが可能になれば先に動脈瘤を治せる、がそれにはまず12をクリアした上で手術できる病院での検査をクリアしなければならないそうですが、問題になるとすればどのようなことでしょうか? 現在入院中の院内血管外科では大丈夫だろうと言ってくれているようです
が、、。場所は腎臓に行く動脈の近く(どの程度かは不明です) タイプは欠陥の層...[ 腫瘍・癌 > 癌・白血病 ]  kurarakumi 08/02/13山田先生ありがとうございます。
いまのところ膀胱の穴というのか裂け目というのか尿が漏れ出しているところが塞がらない為にドレーンも尿道の管も取れない状態ですからただ、今はひたすら栄養をつけて穴が塞がるのを待っている状態です。膀胱がんの進行状況もわかりません。削った後どのくらいで再発又は転移するものなのでしょうか? 早い遅いは個人差なのですか...間質性膀胱炎は自己免疫性疾患が疑われていますが、現在のところ原因不明の疾患群です。
通常は自己免疫疾患にはステロイドが奏効するのですが、間質性膀胱炎ではあまり効かない...好酸球性膀胱炎等)などとの違いです。
間質性膀胱炎と過活動膀胱は疾患の定義が違います。
過活動膀胱は尿意切迫感を呈する疾患群の総称です。
過活動膀胱の原因の一つとしして、間質性膀胱炎があるとお考えになってください。
間質性膀胱炎から癌に移行すると言う報告はありませんが、間質性膀胱炎に似た症状から始まり、実は膀胱がんだったという症例...尿潜血や蛋白について [ 検査・薬について > 検査と検査結果 ]  クランチ 07/09/08_0000803267...は尿検査できないので、もうしばらくしてから来て みてください」ということで終わったのですが、その後すぐ転職したので 尿検査はしてないままです。
私としては昨年のことがあるので、今回のそれももしかして生理直後のせいで なく、何か原因があるのでは、、まさか膀胱ガン?などと不安でいっぱいです。 体調はずっと悪くはないのですが・・・ちなみに40歳女性です。 どういうことが疑われるでしょうか。。。 で、心配で今日婦人科に定期健診いったついでに尿検査もしてきました。 1週間で検査結果出るとのことですが、潜血...尿潜血や蛋白について [ 検査・薬について > 検査と検査結果 ]  ホソジー 内分泌・糖尿病内科 07/09/08尿潜血 [ 検査・薬について > 検査と検査結果 ]   ホソジー 内分泌・糖尿病内科07/09/08尿の潜血反応は良く、陽性に出ます。その、潜血の程度によりますが、強ければ、膀胱の異常も念頭に置かなくてはいけないでしょう。生理の後に、検査しても、全く、意味ありませんので、時間を経てから検査してください。疑う疾患は、膀胱がん、腎臓がん、腎結石、膀胱炎などです...経尿道的膀胱腫瘍摘出手術 [ 腫瘍・癌 > 疼痛 ]  山田 太郎 06/06/02若年性膀胱がん [ 腫瘍・癌 > 疼痛 ]   山田 太郎06/06/02若年性膀胱がんといわれるカテゴリーに分類されますね。
再発率は50%前後と思っていただければいいともいます。ただし、再発しても10回以上早期発見で膀胱腫瘍を内視鏡的に削り続けている人もいますので、生命予後は今後のメンテナンスしだいだと思います。結婚や子供のことは、婚





約者?のひととしっかり話されたほうがいいと思います...QOL [ 腫瘍・癌 > 疼痛 ]  エスパー 07/09/19

 

 

..
父も膀胱がんから骨盤に転移しましてはたまた肝臓にまで転移してます。私の父も骨盤に転移した場所から痛みをかなり訴えております。最近ではもはや自力でベッドから起きる ことさえできなくなりました。モルヒネのほうも1日二回一錠ずつだったのが今では四錠ずつになりました。そのほかの痛み止めを朝、晩一錠ずつ飲んでます。それでもまだまだ 痛みから解放してません。それどころか最近はベッドで寝てるほうが多くなりました。まれに話




してても会話はあわふやで何話してるのかわかりません。私は直樹さんのおつらい 気持ちはよくわかります。お互いにがんばりましょう...

膀胱がん手術後の変わりの膀胱について






[
先生 教えて下さい > その他病気について ]  マサキチ 06/10/18いくつか方法があるみたいですが、それぞれのメリット・デメリットと、どの方法が本人に負担が軽いか教えて下さい。経過ですが8月半ばより入院し、放射線治療と抗ガン剤治療を行いました。筋肉層まではいっていましたが、





他には転移しておらず、腫瘍もだいぶ小さくなっているけどまだ残ってしまっているので思い切って1カ月後には取ろうということになりました。以上です。先生方ご意見よろしくお願い致します。

膀胱がん手術後のリンパ球移入療法について






[
泌尿器 > 膀胱 ]  ぽーとぴあ 06/05/11

膀胱がんの再発です





[
泌尿器 > 膀胱 ]   ぽーとぴあ06/05/11昨年の3月に膀胱がんがみつかり、内視鏡で切除し、9月に又見つかったのでBCG注入を8週間おこないました。その時も、又膀胱内に出てくるかもしれません。と言われていました。今年の3月にCTで左尿管の出口と途中に影が





あり、左の腎臓もはれて、機能していない。手術をと言われました。膀胱がんは繰り返すと聞いていましたが、早いですし、移入療法が手術の後の体の回復の助けになればとも思います...膀胱がん手術後のリンパ球移入療法について[ 泌尿器 > 膀胱 ]  ぽーとぴあ 06/05/10...左の尿管、左の腎臓摘出手術を、腹腔鏡手術でします。3日前のCT検査で、左のリンパに1センチのハレが見つかり、術後抗がん剤も視野に入れて、といわれました。高齢ですので、抗がん剤は避けたく、免疫療法の活性化自己リンパ球移入療法を考えています。主治医の先生にも話しましたが、あまりごぞんじなく、悪いから避けたほうが良いというものでもない。 とのことでした。本によると、再発防止には、術後早い時点で開始したほうが。とのことです。この療法に関するアドバイスをお願いします。
尚、父は15年前に大腸がんで横行結腸を40センチ切っています...

血尿の原因は…

[ 泌尿器 > その他泌尿器の病気 ]  うろたろう 06/09/22

無症候性肉眼的血尿

[ 泌尿器 > その他泌尿器の病気うろたろう06/09/22最初の血尿のエピソードは無症候性肉眼的血尿にあたり、膀胱がんなどの悪性疾患も否定できません。他の先生もおっしゃる様に他にも様々な可能性がありますが、とにかく早急に泌尿器科、腎臓内科などに受診をお勧めします。

排尿型人工膀胱

[ 泌尿器 > 膀胱 ]  Yoshihiro 07/05/05先日テレビで、膀胱がんで膀胱を全摘した後、排尿型人工膀胱を作る手術を紹介していました。
膀胱を全摘した時は前立腺も切除するそうですが、その際、括約筋はどこまで切除するのですか?
確か膀胱括約筋は膀胱と前立腺の間に有ると聞いていますので、前立腺まで切除したら括約筋は無くなるのではないでしょうか? 60 男性... 肝臓・腎臓・その他臓器 > 腎臓 ]  うろたろう 08/06/07

血尿の疑い

[ 肝臓・腎臓・その他臓器 > 腎臓 ] うろたろう08/06/07血尿の疑いがありますが、若い方の場合、膀胱がんなどの頻度はきわめて低いので、ほかに症状が出る、再度起こるといった場合は検尿をお受けになってはいかがでしょう。50歳以上の方の場合は、すぐに病院にかかることをお勧めしています。

尿潜血について

[ 泌尿器 > その他泌尿器の病気 ]  kurarakumi 08/01/19

尿潜血について



胃がん病態


[
泌尿器 > その他泌尿器の病気 ]   kurarakumi08/01/19...せん。(そこまでは尋ねませんでしたが、あくまで安心料と年齢からということで)



胃がん病態

いずれにしろその確立と必要性、メリットとデメリットを考え自分で判断するのだということは良く理解できました。検査を積極的に行う必要はないが、決してする必要がないと いうことではない、という事ほんとに良く理解できます。


胃がん病態


知人に御両親、兄弟ともがんで亡くされ、残った彼があらゆる検査を徹底して毎年行っている理由が今になって良くわかるんですが、直系の親兄弟、伯父、叔母ががんにかかっていると確率はやはり上がるのでしょうが、多少ではなく大きく違うのでしょうか...



胃がん病態

膀胱がん再発

[ 腫瘍・癌 > 癌・白血病 ]  全快 05/10/19_
胃がん病態


54
歳男性。51歳で膀胱がんが発ガン、表在性のため、内視鏡による手術。その後、2,3年目と再発、54歳で4回目の内視鏡による手術。今まで1年間隔であったが、3回と4回目の間隔が4ヶ月と短いので、予防にBCGを行うことにした。1週間毎に8回実施予定。副作用は排尿痛(その他)や、ごくまれにひどい時は結核。完治の可能性は60%(インターネットより)今後の方針について、参考に何か教えて頂けませんか。



胃がん病態

膀胱がん再発

[ 腫瘍・癌 > 癌・白血病 ]  全快 05/10/21



胃がん病態

膀胱がん再発2

[ 腫瘍・癌 > 癌・白血病 ]   全快05/10/21


胃がん病態

BCG
40mL膀胱内に抽入。2時間くらい病院にいて、その後排尿し、帰宅。特に副作用はない。翌日、風の初期症状みたいな感じ。排尿時、若干痛み...

膀胱がん再発

胃がん 病態

胃がん病態

超音波 皮膚にゼリーを塗ってプローブ(探触子)をあてて内部を観察する検査で、腹部や婦人科の超音波と同様ですが、乳腺では、体の表面の浅いところを見る専用のプローブを使います。ベッドサイドで手軽に検査でき、数ミリの小さなしこりをみつけたり、しこりの中が詳しくわかるのが特徴で、若い人では、マンモグラフィよりも診断しやすい場合があります。    細胞診:しこりに細い針を刺して注射器で細胞を吸引して、細胞ががんか良性かを顕微鏡で調べます。細胞が十分とれればかなり正確に診断がつきますが、細胞だけではがんかどうか微妙な場合や、細胞がうまくとれない場合は、次の組織診が必要になります。  しこりや石灰化の部分を針で細く採ったり(針生検)、メスで切り取ったり(外科的生検)して、顕微鏡で組織を観察して、最終的な診断をします。いずれも通常、局所麻酔でできますが、の検査を十分行った上でやるべきで、もし、しこりを触れるからといって他の検査をせずにすぐ「切って調べましょう」といわれたら、病院をかえて検査をしっかりしてもらいましょう。また、外科的生検は、もしがんだった時のことを考えて、最終的な治療を受ける病院でやってもらう方がよいでしょう。        乳がんの治療    乳がんの治療法には、手術、放射線治療、薬物療法(化学療法やホルモン療法)があり、これらを適宜組み合わせて治すのが普通です。このうち、最も基本となるのが手術で、よほど進んだがんで手術できない場合や手術しても意味がないような特殊な場合を除いては、必ず手術は必要です。ただし、進行度によっては、先に薬物療法等でがんを小さくしてから手術する場合もあります。 まず乳房を観察し、や皮膚の変化がないかを見ます。次に、乳房にしこりがないか注意深く触診し、さらに乳頭からの分泌や出血乳頭のびらん(ただれ)やかさぶたわきの下のしこりなどをチェックします。              マンモグラフィ乳腺専用の、X線撮影装置を用い、乳房を圧迫して薄く平らにしながら撮影するレントゲン検査で、腫瘤(しこり)の他に、しこりを触れないごく早期の乳がん(非浸潤がんを含む)を石灰化で発見できるのが特徴です。閉経後や高齢者の乳房で特に診断しやすく、2000年から日本でも、50歳以上の検診ではこれを使うことがすすめられています。  超音波 皮膚にゼリーを塗ってプローブ(探触子)をあてて内部を観察する検査で、腹部や婦人科の超音波と同様ですが、乳腺では、体の表面の浅いところを見る専用のプローブを使います。ベッドサイドで手軽に検査でき、数ミリの小さなしこりをみつけたり、しこりの中が詳しくわかるのが特徴で、若い人では、マンモグラフィよりも診断しやすい場合があります。    細胞診:しこりに細い針を刺して注射器で細胞を吸引して、細胞ががんか良性かを顕微鏡で調べます。細胞が十分とれればかなり正確に診断がつきますが、細胞だけではがんかどうか微妙な場合や、細胞がうまくとれない場合は、次の組織診が必要になります。  しこりや石灰化の部分を針で細く採ったり(針生検)、メスで切り取ったり(外科的生検)して、顕微鏡で組織を観察して、最終的な診断をします。いずれも通常、局所麻酔でできますが、の検査を十分行った上でやるべきで、もし、しこりを触れるからといって他の検査をせずにすぐ「切って調べましょう」といわれたら、病院をかえて検査をしっかりしてもらいましょう。また、外科的生検は、もしがんだった時のことを考えて、最終的な治療を受ける病院でやってもらう方がよいでしょう。        乳がんの治療    乳がんの治療法には、手術、放射線治療、薬物療法(化学療法やホルモン療法)があり、これらを適宜組み合わせて治すのが普通です。このうち、最も基本となるのが手術で、よほど進んだがんで手術できない場合や手術しても意味がないような特殊な場合を除いては、必ず手術は必要です。ただし、進行度によっては、先に薬物療法等でがんを小さくしてから手術する場合もあります。 早期のがんですが、日本ではとても少なく、1997年の全国統計で5%程度、癌研ではかなり多い方ですが2000年で13%です。マンモグラフィでの検診が進んだ欧米ではこの非浸潤がんが20%をしめており、このようなごく早期の発見が増えることをめざしています。Chapter.2: 乳がんの進行度と生存率    乳がんの進行度(病期分類)  乳がんの進行度は主に腫瘤の大きさとリンパ節転移の有無で0~4期に分けられます。0期と1期が「早期乳がん」と呼ばれますが、0期は100%1期なら90%の生存率が期待でき、早期発見がきわめて重要と言えましょう。 2000年からの新しい病期分類]       リンパ節転移が進んでいる場合、しこりが5cmをこえてリンパ節転移もある場合、しこりが皮膚や胸壁に及ぶ場合、炎症性乳がん(乳房全体が赤くなる、特殊な乳がん)、などが含まれる(さらに細かく、とに分かれる)   鎖骨の上のリンパ節に転移があるか、他の臓器(肺、骨、肝臓などが多い)に転移がある    進行度の変還  1は、10年ごとにみた、癌研での乳がん手術時の触診径(しこりの大きさで表す)別の変遷を示します。早期発見のめやすとなるT0(しこりを触れない)T1(しこりが2cm以下)例は、残念ながら60年代以降ほとんど増加しておらず、が多いのが分かります。手術後、組織検査によって診断されたリンパ節転移(n)別の年代別変遷を表2に示します。転移のなかったn0例は、7090年とわずかに増えてはいるものの、大きな変化はみられません。このように、情報のな東京にある癌研病院でも、乳がんの早期発見があまり増えているとはいえないのが現状で、日本の女性の乳がんに対する意識はまだまだ足りないと感じられます。       乳がんの生存率  次に乳がん手術後の生存曲線をみましょう(3)。年代毎に生存率は向上しているのがよく分かり、90年代では、乳がん全体の5年、10年生存率はそれぞ


胃がん病態

れ、にも達しています。これをT別にみたものが表4です。がんが大きくなるにつれて生存率が低下し、T4(皮膚が変化したり胸壁に固定しているしこり)は成績が不良です。

胃がん病態

リンパ節転移別の生存曲線でも、転移が増加するに従って歴然と生存率が低下します。以上見てきたように、乳がんはしこりが小さい(またはしこりを触れない)うちに発見して手術をうけ、リンパ節転移がない、あってもできるだけ少数であ


胃がん病態

ることが望まれるのです。           乳がんの診断    乳がんの症状  胃がん病態


乳がんの初発症状(発見のきっかけ)は、が乳房のしこりであり、他に乳房の疼痛がほど、さらに全体からみると少数ですが、乳頭分泌(乳首から液体とくに血液などがでる)、腋窩腫瘤(わきの下のリンパ節を触れる)(パジェット=乳首のただれなど)もあります。マンモグラフィや超音波による検診で発見され


胃がん病態

た患者は昨年でもわずか7%でした。マンモグラフィを使った検診の普及による早期発見がぜひ必要です。  乳がんの検査  胃がん病態

乳腺の主な検査法を表6に示します。この中で、視触診、マンモグラフィ、超音波(エコー)、細胞診は、乳がんの診断に必須の、いわば「4本柱」とも言うべきもので、乳房にしこりを触れる場合、視触診→マンモグラフィと超音波→細胞診の順にこれら4つを全て行うことが原則です。これら4つで診断がつか

胃がん病態

ない場合や互いに矛盾する結果が出る場合には、生検(組織診)が必要となります。どんなベテランの医師でも、触っただけでがんか良性かの診断を正確につけることはできないので、触診だけで「大丈夫」

胃がん病態

外科的生検 といわれても、安心してはいけません。また、視触診だけではみつからない乳がんもあるため、異常なしと思っても、マンモグラフィまたは超音波で確認しておくことが望ましいといえましょう。

胃がん 病態

胃がん病態

一方、宿主(患者さん)の免疫が、病原体と同じようにがん細胞を特異的に認識し、排除することができるのかどうかは不明でした。しかし1991年に、がん細胞に特異的な抗原が存在することが明らかになりました。それ以降、数十個のがん特異的抗原が同定されました。これらの発見により、がん細胞も病原体と同様に、宿主(患者さん)の免疫によって排除されることが明らかになってきました。これらの研究成果をもとにして、がんの樹状細胞を用いた細胞療法の項を参照が試みられるようになってきました。  T細胞が抗原提示細胞の存在下にがん抗原を認識し、がん細胞を殺すメカニズムを模式的に表したものが右の図です。  この他に、免疫担当細胞を活性化したり、それ自身でがん細胞を殺す作用のあるサイトカインを用いた治療法(項を参照してください)や、B細胞が産生する抗体を用いた治療法(項を参照してください)、免疫力を賦活(ふかつ)するような薬物を用いた治療法(参照してください)等が行われています。また、最近の遺伝子工学技術の発達に伴い、抗がん活性を増強するような遺伝子をがん細胞に導入したり、サイトカイン遺伝子を免疫担当細胞に導入したりする「免疫遺伝子療法」も試みられています。 図中用語の説明CD2B7CD40CD40L等は、T細胞や樹状細胞などの抗原提示細胞の膜表面上にある補助刺激分子(項を参照してください)です。IL-2Rは、T細胞などのリンパ球表面上にあるIL-2に対する受容体です。IL-2は、この受容体を通してリンパ球の増殖、活性化刺激を伝えます。パーフォリンは、キラーT細胞やNK細胞などの細胞障害性リンパ球がつくるタンパク質です。これらのリンパ球ががん細胞などの標的細胞に接触するとリンパ球から放出され、標的細胞に穴が開き、標的細胞は破壊されます。2.細胞免疫療法1)非特異的免疫療法(1)リンフォカイン活性化キラー細胞(LAK)療法インターロイキン2IL-2)は、1970年代にT細胞の増殖を促進する因子として見出されたサイトカイン(あるいはリンフォカイン)の一種です。IL-2は、T細胞のほかにも、がん細胞を殺傷する作用のあるナチュラルキラー(NK)細胞も活性化と増殖させる作用があります。1980年代前半に、患者さんのリンパ球を体外に取り出して高濃度のIL-2とともに培養すると、がん細胞をよく殺傷するようになることが報告されました。これをリンフォカイン活性化キラー細胞療法と名づけました。わが国でも、このLAK細胞を大量に培養し、増殖あるいは活性化させた後に生体内に戻す治療法がすでに試みられています。この方法は、一度リンパ球を体外に取り出し、培養増殖してから再び体内に戻すので、養子免疫療法とも呼ばれています。 [効果、副作用、問題点]LAK細胞を維持するために、患者さんの体内にLAK細胞を戻すと同時に、大量のIL-2を静脈注射することが行われました。しかしその結果、血管壁から血液が漏れ出たり、発熱、悪寒(おかん)、震え等IL-2によると思われる副作用が多くみられました。またその後の検討で、LAK細胞はがん内部への集積性が悪いことが明らかになりました。ばくだいな経費と人手がかかることや、期待されたほどの効果が確認されなかったため、広く普及するには至りませんでした。しかし、手技が比較的煩雑(はんざつ)ではないので、高度先進医療の一環として続けている施設があります。このような反省から、対象症例を絞って他の薬剤や治療法と併用したり、がん内部への高い集積性を期待して、次項に述べるような腫瘍組織浸潤リンパ球(しゅようそしきしんじゅんりんぱきゅう:Tumor-infiltrating LymphocyteTIL)を用いた養子免疫療法へと引き継がれていきました。 (2)腫瘍組織浸潤リンパ球(TIL)療法がんに対する特異性を高める(がんだけにより強く作用させる)ために、末梢(まっしょう)の血液ではなく、がん組織そのものに集まっているリンパ球を採取します。それを、LAK療法と同じようにIL-2とともに数日間培養した後に、再び患者さんに投与する治療法です。LAK療法と比べ、がん細胞をより特異的に認識して攻撃するのではないかと期待されました。実際の臨床での成績はまだはっきりしませんが、TILの中にはがんを特異的に攻撃するT細胞も実際に含まれていて、これらの細胞の利用が、後のがん特異的抗原の発見に結びついた側面もあります。手技が比較的煩雑ですが、高度先進医療の一環として続けている施設があります。 [効果、副作用]Rosenberg博士らは、悪性黒色腫20例中11例で有効であったと報告しています。乳がんの局所再発、がん性胸水、腹水の制御に有効であったとする報告や、肝細胞がん、大腸がん、非ホジキンリンパ腫に有効とする報告もみられます。副作用はLAK療法と同様です。 [問題点]手術で取り出したがん組織からリンパ球を回収する方法が煩雑であり、長期間培養することでがんへの集積性、抗腫瘍活性が低下してしまうことや、抗がん効果を逆に抑制してしまう細胞が出現するなどの問題が指摘されています。有効性を改善するために、種々の工夫がなされています。TIL細胞を患者さんのがん細胞と一緒に培養したり、抗がん剤と併用したり、あるいはある種の抗体(例えば、がん細胞とリンパ球を同時に認識できる双特異性抗体)と併用することによって、TIL細胞ががんにより強く集積するようにする方法が試みられています。また、サイトカイン遺伝子を導入する遺伝子治療との組み合わせも試みられています。 2)樹状細胞(Dendritic CellDC)療法抗原に特異的なT細胞が活性化してキラーT細胞になるためには、抗原提示細胞と呼ばれる細胞によって刺激される必要があります。抗原提示細胞は抗原をペプチドに分解して、HLAクラスI、あるいはクラスIIに結合させて提示します。また、T細胞を活性させるのに必要な補助分子と呼ばれるものを発現しています。抗原提示細胞の中で、特に抗原を提示する能力が高い細胞は樹状細胞と呼ばれています。1個の樹状細胞で数百から数千個のリンパ球の刺激が可能なことから、従来免疫療法で用いられてきたリンパ球よりも、むしろ樹状細胞を用いるのが効果的ではないかと考えられるようになっています。樹状細胞は生体内の臓器に広く存在しているものの、末梢血には白血球の0.10.5%程度と少数しか存在せず、治療に必要な量を採取するのは困難であると考えられてきました。しかし、血液中から樹状細胞を大量に採取する技術が発達し、さらに樹状細胞を増殖、活性化させる培養方法も進歩したため、がんの治療に樹状細胞を使用できる環境が整ってきています。また、がん細胞に対して免疫反応を引き起こすがん特異的抗原なども明らかとなってきていて(項を参照してください)、これらの知識や技術を利用した樹状細胞療法が、最近の話題となっています。 患者さん本人から採取した樹状細胞を、体外でがん特異的抗原ペプチド、あるいは破壊したがん細胞とともに培養し、樹状細胞のがんに対する免疫誘導能力を増強します。その後に患者さんの体内に戻し、患者さんの体内でがんを攻撃するリンパ球を誘導し、がんを排除する免疫力を高めることを期待するものです。動物実験では悪性リンパ腫、悪性黒色腫、前立腺がん、大腸がん等でがんの発育を抑える効果や生存期間の延長等が報告されています。欧米をはじめとして、わが国でもヒトの悪性黒色腫、前立腺がん、悪性リンパ腫等で臨床試験がはじまっています。  樹状細胞の採取方法は、患者さん本人の血液から血液成分分離装置を用いて樹状細胞そのものを採取する方法と、まず未熟な細胞を採取し、それをサイトカインの一種であるGM-CSFIL-4TNF等を用いて樹状細胞へ分化させる方法とがあります。どちらの方法で採取した細胞がより有益であるかは、今のところ不明です。 この治療法は、免疫能力の保たれていると思われる患者さんが対象として想定されています。また、外科的な療法で病巣を除去した後の再発を予防する効果も期待され、従来の治療法と併用した臨床試験も検討されています。 [効果、副作用、問題点]樹状細胞療法は欧米でも前立腺がん、悪性リンパ腫、悪性黒色腫等で臨床試験がはじまったばかりです。一部の患者さんでがんの縮小を認めたとの報告がありますが、今のところその効果と副作用についての評価は定まっていません。また、患者さん自身に対して不利益な免疫反応を引き起こす可能性が指摘されています。3.ワクチン療法1)腫瘍細胞ワクチン患者さんのがん細胞そのものを破壊したり、あるいは殖えないように処理してから本人に接種し、がんに対する特異的な免疫を誘導する治療法です。しかし、がん細胞のみではT細胞の活性化に必須である分子が存在しないので、がん特異的抗原に対する免疫反応の誘導が十分に行われない可能性があります。最近では、がん細胞に免疫反応に必要な補助分子などの遺伝子やサイトカインの遺伝子を導入し、治療に用いる試みが行われています(項を参照してください)。2)がん特異的抗原ペプチドによる免疫療法患者さん本人の免疫ががんを排除できるかどうかは、長い間わかりませんでした。しかし、TIL中にがんを認識するキラーT細胞が存在することが明らかになり、続いて、このキラーT細胞が認識することのできるがん細胞に特異的な抗原のあることが明らかになりました。現在までに、数十種類のがん特異的抗原が見つかっていて、その遺伝子も明らかとなってきました。最近では、さらにがん特異的抗原の中でHLAに結合しやすいペプチドや、がん特異的抗原そのものを用いた新しい免疫療法が行われるようになってきました。先に述べたような樹状細胞を用いてがんに特異的なキラーT細胞を誘導する方法や、がん特異抗原あるいはそのペプチドを、免疫反応を増強させる補助物質(アジュバントと呼びます)とともに皮下に投与する治療法もあります。 [効果]主に、悪性黒色腫を対象にしています。がん特異的抗原による治療によって、肺にあった転移巣が消失した例や、IL-2の併用によってがんが消失した例等が報告されています。しかし、臨床的有用性に関する結論はまだ得られていない状況です。 [問題点]がん特異的抗原ペプチドはHLAクラスIによって提示されるために、HLAクラスIを発現していないがんに対しては効果が期待できません。免疫反応の主役的な役割を果たしているT細胞が抗原を認識するには、抗原をT細胞に提示する機能を持った抗原提示細胞と呼ばれる細胞が必要です。この抗原提示細胞の表面には、主要組織適合性抗が提示されます。ヒトの場合は、これを特にヒト白血球抗原(Human Leukocyte AntigenHLA)と呼び、大きく分けてクラスIHLA-ABC)とクラスIIHLA-DRDPDQ)があります。また、HLAは他人からの臓器移植の生着率に影響します。このHLAに抗原がペプチド(アミノ酸がいくつか結合したもの)の形で結合し、T細胞に提示されると、T細胞はその表面にあるT細胞レセプターと呼ばれる受容体(抗原とぴったり凹凸が合致するようになっている)によって、これは抗原だと認識します。ただし、T細胞が活性化するにはこれだけでは不十分で、抗原提示細胞上にあるいくつかの補助分子(細胞表面に存在し、細胞と細胞の接着に関与する分子や細胞内に刺激を伝える分子等)を介する作用が必要となります。すべての条件がそろうと、例えばHLAクラスIに結合した抗原ペプチドは、特にCD8陽性T細胞と呼ばれるT細胞に提示され、これを認識したT細胞は、活性化してキラーT細胞に変身します。また、HLAクラスIIに結合したペプチドはCD4陽性T細胞に提示され、ヘルパーT細胞を活性化させます。抗原提示細胞としては、マクロファージ、B細胞、あるいは樹状細胞(Dendritic CellDC)がありますが、その中でも特に樹状細胞は、最も強い抗原提示機能を持っています。   また、HLAの種類によって結合するペプチドが限られているために、特定のHLAを持つ患者さんにしか使用できないという問題点があります。4.サイトカイン療法   サイトカインは、免疫を担当する細胞がつくる物質です。免疫応答を調整するものや、免疫担当細胞を活性化、あるいは増殖させる作用のあるもの等があります。また、直接がん細胞を殺傷する作用を持つものもあります。 1)インターロイキン2(Interleukin-2IL-2)によるサイトカイン療法   IL-2は、T細胞を増殖させる物質として最初に発見されました。しかしそれだけでなく、ナチュラルキラー細胞ががん細胞を破壊する作用を強めることも明らかとなっています。   このような効果を期待し、IL-2によるがん治療が試みられてきました。  胃がん病態 実際には、IL-2を直接患者さんに投与し、生体内でがん細胞を殺傷する作用を高めようとする試みと、患者さんのリンパ球を生体外でIL-2とともに培養して、がん細胞を殺傷する能力のあるLAK細胞を誘導して体内に戻す方法があります(これは項で既に述べました)。また、LAK細胞とIL-2を併用する治療法も試みられています。  胃がん病態 悪性黒色腫や、腎がんを対象として行われてきました。IL-2単独あるいはLAK細胞と併用することにより、若干の効果が認められたとの報告があります。  胃がん病態 大量のIL-2をがんの患者さんに持続的に投与するIL-2単独療法は、がん性胸膜炎などへの局所投与や、悪性血管内皮腫等で有用性を示唆する成績が得られています。  胃がん病態 副作用として、IL-2の投与量によって血管壁の透過性の増進(血管から体液が漏れることです)による体液貯留と臓器機能不全、体重増加、低血圧、肺浮腫(はいふしゅ)、呼吸困難等があり、重篤(じゅうとく)な場合は死亡例の報告

胃がん病態

もあります。
免疫療法とは、免疫担当細胞、サイトカイン、抗体等を活性化する物質を用いて免疫機能を目的の方向に導く治療法で

胃がん病態

す。がんの治療では、現在広く行われている外科療法、化学療法、放射線療法に続き、免疫療法が第4の治療法として期待されています。
 胃がん病態

免疫担当細胞を用いたがんの治療は、T細胞を増殖、活性化させる因子であるインターロイキン2(
Interleukin-2IL-2)と呼ばれるリンフォカイン(サイトカインの中で特にリンパ球が産生するもの)の発見により、発展してきました。

胃がん病態

がん患者さん自身のリンパ球を体外で
IL-2と培養して、がん細胞を殺傷する作用の強いリンパ球を大量に増やして、この活性化したリンパ球を患者さんに戻す治療法は「リンフォカイン活性化キラー細胞(Lymphokine Activated Killer cellsLAK)療法と呼ばれています(項を参照してください)。

胃がん 病態

胃がん病態

多くの種類とタイプがある癌

悪性リンパ腫には、多くの種類とタイプがありますが、種類によって、悪性度も治療法も違いがあります。

大きく分けると、非ホジキンリンパ腫とホジキン病に分けられます。

違いは、リード・シュテルンベルグ細胞といわれる、異常におおきなリンパ球がない場合は非ホジキンリンパ腫。ある場合はホジキン病です。

日本人は圧倒的に非ホジキンリンパ腫が多く、ホジキン病は10%程度です。

 抗がん剤が効くホジキン病

日本でのホジキン病の治療は、抗がん剤+放射線によって、6割から8割の長期生存が望めます。抗がん剤は4種類を組み合わせた併用療法(ABVD療法)になります。

B細胞かT細胞で分ける非ホジキンリンパ腫

非ホジキンリンパ腫は大きく2種類に分けます。

B細胞(抗体を作るリンパ球)の癌化したものの中で、月単位で進行する、びまん性大細胞型リンパ腫は日本人の約35%を占めるといわれています。

この場合は、3種の抗がん剤+ホルモン剤のCHOP療法や、分子標的治療薬のリツキサンを足した、R−CHOP療法をします。

T細胞(細胞性免疫)の癌化したものの中で、最も悪性度が高く、週単位で悪化していく、成人T細胞型リンパ腫。

B細胞に比べ、治療が難しく、抗がん剤の多剤併用をしても生存期間は1年前後のため、造血幹細胞移植を行ってから、大量の抗がん剤治療をします。

 1)接続して進行するホジキン病

ホジキン病の進行は、首のリンパ節から脇の下のリンパ節、脾臓という順番で進行していくのが特徴です。

2)飛び離れたところにも出現し、リンパ節以外の臓器や、皮膚、粘膜にも出現します。

そのため、部位や臓器によって、さまざまな症状になります。

進行がん・・・肝臓、脾臓の肥大

消化器系・・・腹部の塊、腹痛、嘔吐、腸閉塞、出血

骨髄系・・・・貧血、感染症、皮膚からの出血

泌尿器系・・・腎不全

脳、目、耳、鼻・・皮膚および、脳内の腫瘤

移植による副作用・・・生着不全。免疫不全

 QOLを考える!

悪性リンパ腫の治療は、種類によってさまざま。特に悪性度が高い場合は、すばやく治療を開始しなくてはならず、悩む時間はありません。

移植のドナーと出会える確立は、とても低いのが現状です。

その間、何を基準に考えていけばいいのでしょうか。

それはQOL(生活の質)をいかに守り、暮らしていくことではないでしょうか。

治療中も、また治療後もQOLを下げず暮らしていける生活を基準に、治療に当たっていくことと考えます。

骨髄中の造血幹細胞の癌

血液細胞の遺伝子レベルの異常により引き起こされ、異常な白血球が無制限に増殖します。

しかし、遺伝子が関係していても、遺伝はしないと考えられています。

■血液検査でしかわからない癌

白血病は、癌化した血液が全身にまわりますので、からだ全体に症状が出始めます。

初期では、風邪に似た症状で、だるさ、疲れ、貧血、出血などが出ます。

しかし、画像ではわからないため、血液検査で初回診断をします。

さらに、骨髄穿刺、染色体検査、免疫検査などを行い、急性か慢性か、骨髄性かリンパ性かを診断します。

■発症頻度はとても少ないが、年齢層は広範囲の癌

発症年齢は小児から高齢者まで、どの年代にも発症します。しかし高齢者ほど発症頻度が高くなっています。

 ■強力抗がん剤・造血幹細胞移植・グリベック

白血病の治療法は種類によって、少しずつ異なります。

急性は、強力な抗がん剤で完全完解を目指し、完解後に造血幹細胞移植を行います。

しかし、移植を行うためには、骨髄の中の細胞を空にしなければならず、様々な副作用に耐えうる体力が必要となり、一般的には50歳以下とされているのです。

また、どんなに希望しても、ドナーが見つからなければ移植は成立しません。

さらに移植後も、リンパ球が体を攻撃する病気(移植片対宿主病)が起こります。

高齢者や臓器に障害がある場合は、この病気の利点を利用した、ミニ移植という方法も一部行われています。

慢性の場合は、抗がん剤治療に、グリベック(イマチニブ)という分子標的治療薬を服用することで、完全完解に導く割合が多くなってきました。

 .初期の段階では、風邪に似た症状で、だるさ、疲れ、発熱、貧血、出血などがあります。

.診断時から4期に相当する癌

他のがんと異なり、診断したときから全身に拡がっているので、4期に相当します。

したがって、進行による転移という表現はしません。

.その他の病状

血液の異常細胞の増加、正常細胞の低下による症状。抗がん剤による副作用

貧血、出血、感染症、全身疼痛、肝障害、腎障害、消化器障害、心筋障害、皮膚・粘膜障害など

移植による副作用

生着不全。免疫不全

表皮や真皮などの細胞に発声するガンです。

40歳代以上から発生率が高くなり、70歳代くらいでピークになります。

主に顔など、露出している皮膚によく発生します。

皮膚ガンには有棘細胞ガン、基底細胞ガン、悪性黒色腫(メラノーマ)、ページェット病などの種類があります。

 ■手術でガンを取り除く方法が中心

その際には実際のガンより大きく、深く取り除くことが必要なので皮膚移植が行われることも少なくありません。

またレーザー照射治療や、放射線療法、化学療法なども行われます。

皮膚ガンは紫外線や放射線、外傷などによる誘発があるほか、傷、やけどの跡や色素性乾皮症から皮膚ガンを生じることもあります。

西欧人は紫外線に弱いタイプの皮膚を持つために皮膚ガンになりやすい傾向があります。

 QOLを考える!

さて、今後何を基準に考えていけばよいのでしょうか?それは、QOL(生活の質)をいかに守り、暮らしていくことではないでしょうか。

攻撃的な癌治療から、病人を守るディフェンス的な治療へ、そして癌を休眠させ、最終的に共存共生を行い、癌があってもQOLを下げず暮らしていける生活を基準に治療に当たっていくことと考えます。

皮膚は私たちの全身を温度や湿度の変化、紫外線、ほこりなど様々な外部の刺激から守っています。

皮膚の構造は上から表皮、真皮、皮下組織の3層から成り立っています。

大人の皮膚の総面積は約1.6平方mであり、厚さは表皮が約0.060.2mm、真皮を合わせると、0.41.4mmです。

日本では、年間1000人から1500人ほどの人が悪性黒色腫に罹っており、年々増加傾向にあります。

 

20歳代からやや多くなり、40歳代から急に増えてきます。60歳代がピークですが、最近は70歳代の方も多くなっています。

 

男女比では、女性の方が若干多くなっています。

(1) 平滑筋肉腫

平滑筋はいわゆる不随意筋に属するもので、消化管・子宮など臓器や血管に付随する筋肉です。従って全身いたるところに発生する可能性があります。

中年以降に多く、小児ではまれに発生します。化学療法の効果が余り期待できないため、切除手術が中心となります。

(2) 線維肉腫

線維組織ががん化するもので、中高年に多く発症します。

(3) 脂肪肉腫

中年以後に多い肉腫です。脂肪腫に似た外観のものは悪性度が低く、転移・再発の危険性が余りありません。その他のものは、切除した後化学療法を行います。

(4) 悪性線維性組織球種

軟部肉腫の中ではもっとも多い肉腫です。中年以降に多く、高齢者の軟部肉腫の大部分を占めます。この中でも悪性度の高いものから低いものがあります。

(5) 横紋筋肉腫

小児に多く発生する腫瘍で、リンパ節転移や肺転移の頻度も高い腫瘍です。

悪性度が高く、化学療法と切除手術を行います。特に小児では化学療法の効果が高いため、比較的長期にわたり化学療法を行ってから切除します。

 

(6) 悪性末梢神経鞘腫瘍

手術前より抗がん剤治療を行うのが標準的です。

(7) 滑膜肉腫

関節の近くに多く発生しますが、関節そのものには発生しません。悪性度は高く、早期治療が望ましいものです。

(8) 血管肉腫・血管外皮腫

血管から発生する腫瘍で、骨にも軟部組織にも発生します。悪性度が高く、化学療法は一般的にあまり効果がありませんが、放射線治療は有効な場合があります。手術は骨肉腫と同様です。

   胃がん病態

どうすればがんを克服することができるのか?

医療の進歩がうたわれている今日においてもこの難問への取り組みは、西洋医学、東洋医学を問わず、いまだに世界中で議論が続いています。

 

 胃がん病態

現状では「がん」に対して100%効果がある特効薬はまだみつかっていません

  胃がん病態

私たちはこれまで10年以上にわたり「東洋医学からのがんの治療法」を提唱し続けております。東洋医学のがんに対する治療法をひと言で言うとすれば、「病気ではなく病人に対する治療」ということになります。

  胃がん病態

西洋医学による「がん治療」

他にもガンの種類によって様々な「治療法」が有りますが、これらはどれもがん細胞を切除、消滅させることが、その目標です

  胃がん病態

ですから、がんという病気に侵されていない部位については基本的に無関心です。その意味で「病気に対しての治療法」といえるでしょう。

  胃がん病態

抗がん剤の目的はがん細胞を消すことが第一目的であり、強い副作用が幾つ出たとしても、延々と「熱が出たら解熱剤。痛みが出たら鎮痛剤…。」といった対症療法を繰り返す他はありません。

東洋医学による「がん治療」

  胃がん病態

東洋医学による「がん治療」は、東洋医学では上記の西洋医学に対して「病人の治療」を念頭に考えます。病人の体全体を、トータルにとらえるのです。

  胃がん病態

そしてまず体力があるかないか、食欲があるかどうかに注目し体力、食欲がない場合は第

一段階としてその回復にあたります。

胃がん 病態

胃がん病態

ヒトパピロ-マウイルスは、子宮頚癌の原因ウイルスであり、ほぼ全ての子宮頚癌の組織から検出されます。ヒトではこれまで100以上の型が報告されていますが、HPVは型により子宮頚癌に高率に検出される型(ハイリスク)から病因と関連性がないと報告されている型まで確認されています。子宮頚癌の検診は、まず、子宮頸部の細胞診で行います。結果は、 Vと分けられます。 は正常。は、軽度異形成。高度異形成。は、上皮内癌。Vは、浸潤癌とクラス分けします。までが、良性。からが悪性となります。つまり軽度異形成は、ほぼHPVの感染所見のことが多く、が自然治癒し、11%がくなり、最終的に0.3%が癌になります。32%が自然治癒し、56%が存続、14%が進行するとされています。HPVの型には、より子宮頚癌になりやすい型(ハイリスク)とそうでない型があります。そのハイリスク型は、。HPVの感染率は、統計により異なりますが、10〜20代は、約50%、30〜40代は、約30%。そのHPV陽性者の約半分にハイリスク型HPVが検出されております。HPV陰性例においては、異形成から癌の存在は、きわめてまれであるとされています。このため、子宮頚癌検診では、特に細胞診と思われます。ですが、このHPV型測定は、保険適応なく、で行っております。また、型はわかりませんが、ハイリスク群のみの測定は、。           第四回 人工妊娠中絶術    妊娠3ヵ月(妊娠11週6日)までは、通常、静脈麻酔下で日帰り手術を行っております。朝手術し、お昼過ぎに帰れます。手術は、吸引法による子宮内容除去です。その手術の前に、まだ子供を産んだことがない人は、子宮頚管(子宮の出口、子宮口)が硬く開きずらいので、前日の夕方子宮頚管にラミセル(硫酸マグネシウムを含む高分子材料。スポンジを圧縮したような棒)を入れます。その日は帰ってもらって、次の日の朝手術します。手術の時は、頚管は柔らかくなり拡張しやすくなっています。子供を産んだことがある人は、頚管の状態で、入れないこともあります。この前処置は、子宮頚管を3mmぐらい開く必要があるため、痛みを伴います。しかし、この処置のおかげで、子宮頚管は開くやすくなり、手術が安全に行えます。妊娠4ヵ月(妊娠12週)以上は、日帰りの手術は難しくなり、入院して子宮口を開いてから、陣痛をつけて分娩の形をとります。ですから、2-3日の入院が必要となり、金銭的にも精神的にも大変です。本院では、この12週を超える中絶は行っておりません。その時は、分娩をお願いしている病院へ紹介します。          第三回 低容量ピル    避妊目的に造られ、なるたけホルモン量を減らし、副作用を少なくしたのが、低容量ピルです。この低容量ピルは、主な目的は避妊ですが、それ以外にも生理痛(月経困難症)の軽減と生理量の減少に効果があります。また、子宮内膜症の悪化、再発防止や自覚症状の改善に使われます。最近は、この使い方が増えてきました。子宮内膜症は、手術しても一時的には、改善しても、すぐ再発することが多く、手術後や、内膜症の保存治療後に低容量ピルを使います。 低容量ピルの作用メカニズム低容量ピルは、エストロゲンとプロゲステロンの合剤です。外から投与すると、視床下部のホルモンが出てるよと命令がきます。そうすると下垂体から卵巣にホルモン刺激がなくなり、卵巣は、排卵も起きず、ホルモンも分泌せずに、お休みします。子宮は、卵巣からホルモンが出ないため、外から投与された低容量ピルのホルモンでコントロ-ルされます。このホルモンの作用で子宮内膜は、あまり増殖せず、その結果出血量は少なくなり、少なくなれば、子宮はそれほど収縮しなくてすみますから、生理痛が減ります。この子宮内膜が増殖しないことが、子宮内膜症にいいわけです。子宮内膜症は、異所性にある子宮内膜が増殖する病気ですから。 現在低容量ピルは、ホルモンの種類で3種類あります。卵胞ホルモンはすべて同じで、黄体ホルモンの違いです。 また、ホルモン量が一定のと三相性のとがあります。 あと21錠と28錠のタイプがあり、、ダミ-が7錠あります。、1週間休薬します。 人により、どれにするか相談します。こっち。に生理が来てほしくない人はこれ。生理調整が楽なのは、これ。というように。 また、低容量ピルは生理の調節がとっても楽です。早くするのも、遅らせるもの。低容量ピルを何錠飲むかで決めれます。 低容量ピルの副作用クラミジアや淋病の予防はできません。あたりまえですね。低容量ピルを飲むと、吐き気や嘔吐、乳房の痛みやむくみがでることがあります。このような症状は一時的なことが多く飲み続けるとしだいになくなってきます。また、食直後に飲む方が、吐き気は比較的おきません。血栓症が一番の問題です。心臓の血管につまれば、心筋梗塞ですし、頭では、脳梗塞です。しかし、その頻度は、あまり高くありません。また、肝臓で分解されるため、肝障害がありますが、低容量ピルでは、あまり起こりません。そして、低容量ピルで避妊ができるため、いろんな人と性交すれば、低容量ピルのためではなく、HPV(パピロ-マ ウイルス)の感染で子宮頸ガンが増えることがありますが、そんなことをしなければ、子宮頸ガンは増えません。 <strong>胃がん病態 </strong>  35才以上で、ヘビ-スモ-カ-(15本以上)の人は、血栓症の確率が、17倍ぐらい増えます。低容量ピルの服用をやめれば、いつでも妊娠可能な状態にもどります。結構、魅力的な薬ですよね。          第二回 最近多いおりものが臭いやつ   <strong> 胃がん病態</strong>  細菌性膣症について    正常な膣内の環境は、膣にいるという細菌により、酸性の状態にし、他の細菌の侵入を防いでいます。何らかの原因でこれが破綻し、複数の細菌に置き換わった状態が細菌性膣症です。な生臭い悪臭があるおりものがある時もあります。しかし、さらっとした帯下のためには放置されています。なぜ膣炎でなく膣症かというと、膣の中は、真っ赤っかにもならず、はっきりとした炎症所見がないためです。 <strong>胃がん病態 </strong>  性交との関連は大きく、性交で膣内がアルカリ化が起こり、悪化します。精液が強アルカリのため、性交時は、骨盤内感染症や妊婦さんは、流早産の原因になります。治療は、抗生剤の膣錠や抗菌剤の内服で治ります。          第一回 最近とても多い性行為感染症(性病)   <strong>胃がん病態 </strong>     トラコマチスは、約20年前のベトナム戦争ごろに流行し、日本に上陸した病原菌です。ベトナムなどのジャングルにすむ鳥の口中から発見されたとされています。クラミジアは、0.3ミクロン程度の大きさで、細菌とウイルスとの中間的な病原体(細菌の一種)です。クラミジアは現在3種類ありますが、性行為感染症の原因として問題になるのは、クラミジア・トラコマチスという種類です。    <strong>胃がん病態 </strong>   世界的に増加している性病、性行為感染症とも言います)で、世界中で今一番多い性病です。19歳以下の女性では、に感染があるというデータがあります。 ほぼ4人に1人ということです。あまり症状がでないため、どんどん広がっていきます。特に男性はあまり症状がでず、次から次の女の子に移します。女性も子宮の出口にいるときは、あまり症状がひどくなく、少しおりものが増 <strong>胃がん病態 </strong> えたぐらいのことが多いようです。それが、子宮頚管、子宮内腔、卵管を通って卵管炎や、骨盤内の炎症を起こすとお腹が痛くなります。ひどくなれば、入院したり、手術になることがあります。もちろん不妊症の原因にもなります。この腹痛を虫垂炎と間違えて外科で手術をしてしまった話は、時々あります。   <strong>胃がん病態 </strong>  特に最近増えている感染ルートは、風俗店で、口でするものがありますが、ここでもらうルートです(口でする場合は、)。忘年会の帰りなどに、気軽に行ってしまうケースがあるようです。クラミジア感染は、一度感染すると、ずっと骨盤内にとどまっています。 検査は、女性は、子宮頚管からクラミジアそのものをみる、抗原検査と血液 <strong> 胃がん病態</strong> でクラミジアの抗体を見つける検査を同時に行うのが一番いいのですが、保険では、同時に検査はできません。一方のみが保険適応です。そのため、抗原検査を始めに行うことが一般的です。

胃がん 病態

胃がん病態

ガンとはどのようなものなのか?
ガンの成長速度と大きさ
よく、ガンは猛烈な速さで成長するといわれます。
猛烈な速さとは、どのくらいの速さでしょうか?
どんなガンも、はじめはただ1個の目に見えない小さな細胞です。それが1回分裂すると2個になり、2回分裂すると4個、3回で8個、4回で16個と、倍々に増えていきます。20回分裂するとがん細胞の数は100万個、30回で10億個、40回で1兆個になります。50回分裂したら、ガンは私たちの体よりはるかに大きくなってしまいます。
実際にはそうなるよりずっと前に、ガン患者はさまざまな合併症を起こして死亡します。
人間の細胞の大きさは、臓器などによって異なるものの、おおむね直径が100分の数ミリ、つまり数十個並べてやっと1ミリになる程度です。したがって、ガン細胞が100万個ほどの段階では、現在の最良の診断技術でもがんを見つけることは困難です。

ガン細胞100万個で重さ0.01グラム
最初に発生した1個のがん細胞は、20回分裂すると100万個以上となり、直径数ミリのかたまりとなります。これを悪性腫瘍(がん腫または肉腫)と呼びます。この段階ではまだ患者には自覚症状がなく、また通常の検査では見つけられないか、あるいは最新の画像診断で幸運なら発見できるという状態です。

ガン細胞1億個で重さ1グラム
分裂を27回くり返すとがん細胞は1億個以上となり、がんの直径は1センチメートル、重さは1グラムほどになります。この大きさになると、いろいろな画像診断技術でかなり正確にがんを見つけることができます。多くのガンでは、患者自身にはまだ明らかな自覚症状がないかもしれません。

ガン細胞10億個で重さ10グラム
分裂回数30回で10億個以上のガン細胞のかたまりとなります。直径3センチメートル以上、重さ10グラム。がんの種類によってはさまざまな自覚症状が現れ、転移が生じている可能性が高くなります。ガンはかなり進行しています。

胃がん病態

ガン細胞1兆個で重さ1キログラム
1個のガン細胞が40回分裂すると、1兆個のガン細胞の固まりになります。直径10数センチメートル、重さ1キログラム。

胃がん病態

しかし、ガンがここまで成長する以前に、患者は全身的な転移とさまざまな合併症によって死亡します。ガン細胞は自分自身のコピーを無限に生み出そうとし、その結果宿主(患者)を殺し、自分も死滅するのです。

胃がん病態

ガン細胞の増殖のしかた
1個の細胞が2つに分裂・増殖するとき、そのはじめから終わりまでを「細胞周期」といいます。細胞周期はほぼ次の4つの段階と時間を経て行われます。

胃がん病態

@伝子の本体(DNA)をコピーするための準備に10〜12時間。
ADNAのコピーに6〜8時間。
B細胞分裂の準備に3~4時間。
C分裂に1時間。

胃がん病態

つまり、細胞が分裂を始めてから終了するまでに、約24時間(1日)かかることになります。そして、正常な細胞の多くは、分裂を数十回くり返すか、またはDNAのコピーにミスが蓄積すると、それ以上の分裂能力を失ったり、あるいは「自殺(細胞死。アポトーシス)」するように設計されています。これは、不要な分裂や増殖を回避するためです。

胃がん病態

しかし、DNAに異常のあるがん細胞は、分裂をやめず自殺もしません。栄養さえ供給されれば、いつまでも分裂・増殖を続け、ついには宿主(患者)を死に至らしめます。

胃がん病態

がんの早期発見がもっとも大切なこと
ひとつのがん細胞が30回以上分裂をくり返した状態を「早期がん」といい、さらにがんの病巣が大きく深くなったり、他の臓器や組織に広がった状態を、その進行具合によって「進行がん」、「末期がん」と呼ぶそうです。

胃がん病態

他の臓器にがんの転移が起こると治療が困難になるため、早期の段階での発見ができれば90%以上治るデーターもあるようです。

胃がん 病態

胃がん病態

(ヘリコバクター・ピロリ)が起こす基本的な病態は、好中球と多量の単核細胞の浸潤を特徴とする組織学的活動性胃炎である。(図1)臨床的には、消化性潰瘍、慢性萎縮性胃炎の発症と進展、胃癌、low-grade Maltoma(低悪性度粘膜関連リンパ腫)などと深く関わっている。

消化性潰瘍のHp除菌療法の意義
 消化性潰瘍のおよそ80〜95%がHp感染と関与している。図2は私たちが92年から96年2月までに除菌療法を施行した462例の消化性潰瘍患者の累積非再発率を示している(q)。Hp除菌成功例は、制酸剤の維持療法を行わなくても長期にわたって潰瘍再発が少ない。このようにHp除菌療法はきわめて有効であるため、すでに欧米では制酸剤からHpの除菌に潰瘍治療の中心が移っている。わが国でも今後、保険適応になる見通しである。

H.pylori による慢性活動性胃炎(左)と除菌後に正常に復した胃底腺(右)

Hpと胃粘膜萎縮・腸上皮化生と胃癌
 WHOは、94年にHpを「確定的な発癌因子」と結論していたが、動物実験で癌との直接の因果関係が証明されたのはつい最近のことである(w)。しかしなぜ、同じようにHp感染の多い国の中でも日本に慢性萎縮性胃炎や胃癌の発症が多いのかなど不明な点が多い。
 現在の最大の関心事は、はたしてHp除菌によって胃粘膜の萎縮や腸上皮化生の進行が防止できるか、胃がん病態またその延長線上にあるとされている胃癌の発生が予防できるかという点にある。図3は私たちが302例で検討したHp除菌後の胃粘膜萎縮と腸上皮化生の経年的な変化である(e)。A群B群C群の群分けはこの順に胃粘膜萎縮の程度が進行した群であることを示し、縦軸のスコアは生検組織での萎縮・胃がん病態腸上皮化生の程度を示している。Hp除菌によって、少なくとも組織学的には萎縮・腸上皮化生ともに長期的には改善するというのが現時点での私の評価である。日本では96年からHp感染と胃癌発生の関係について大規模な前向き介入試験が始まっている。胃がん病態

除菌法の問題点胃がん病態
 現在日本で治験が進行しているHp除菌法は、プロトンポンプ阻害剤(強い制酸剤)の倍量に抗生物質であるAMPCとCAMを組み合わせた新3剤療法である。胃がん病態問題は、すでにわが国ではCAMへの一次耐性が欧米に比して多いこと(10%前後)、また除菌の失敗例では高率にCAM耐性が獲得されることである(二次耐性)。また除菌治療後の問題として、胃がん病態胃・十二指腸のびらんの発生や逆流性食道炎(逆食)の発生がある。逆食の発生はわが国では数〜10%程度であるが、私たちは胃粘膜萎縮の度合いによってこの逆食の発生頻度が異なり、B群すなわち胃体部での中等度の萎縮を示す群に多いことを報告している(r)。(図4)除菌法や耐性菌の問題、除菌後に出現する病変など、今後解明すべきことが多くある。胃がん病態
 WarrenらがHpの存在を世に知らしめてから(t)15年が経過し、上部消化管疾患の概念はすっかり塗り替えられてしまった感がある。しかし、この分野はまだまだ発展途上であり、課題が多い。私たち民医連は今後、全国組織の利点を生かしてHpについての全国的な共同研究を行っていく予定である。胃がん病態
 将来みなさん方がこの分野で、臨床研究に意欲を持ってとりくまれることを期待している。胃がん病態

胃がん 病態

胃がん病態

胃ガンは長いあいだ日本人のガン死亡原因のトップを占めていました。1907年(明治40年)には、ガンで死亡した男性の60%が胃ガンであったといいます。しかし、1970年頃から徐々に死亡者数が減り、男性に限っては93年に肺ガンに抜かれ2位となり、そしてとうとう98年には、男女総数で肺ガンにトップの座を譲りました。
 しかしながら、依然として日本人の胃ガンによる死亡率は、世界的に高いほうに属します。一般に、胃ガンは発展途上の段階にある国々で多く見られるという傾向があります。アメリカでは1945年まではガン死亡原因の第1位でしたが、その後急速に減少し、現在では稀な部類に属するガンとなっています。
 日本の胃ガンの早期発見・診断法は世界でもトップレベルですので、今後も死亡者数が減少していくのは間違いないでしょう。
 日本の胃ガン患者数は地域により差があり、秋田、山形、新潟など東北地方の日本海側に多く、西日本、特に沖縄は少なくなっています。これは食生活の影響、特に塩分の摂取量と関係すると見られています。興味深いことに、胃ガンの発生率は、日本に住む日本人を100とした場合、ハワイに移住した日本人が70、アメリカ本土に移住した人が50と、日本から遠ざかるにつれ低くなるというデータがあります。
 胃ガンの症状は、胸やけ、胃部不快感、食欲不振、体重減少、食べ物の好みの変化、貧血症状などがあります。
 胃ガンは適切な治療を受ければ根治は可能です。


 医療技術の発達により、胃ガンは治るガンになりつつありますが、手術後の再発予防のために行う経口抗ガン剤については、あまり多くは期待できず、副作用を考えると慎重にならざるを得ません。医療の適切な処置に加えて、姫マツタケ加工食品「AB.P101」を飲むことは大変効果的であり、姫マツタケ加工食品「AB.P101」は消化器系のガンに最適です。
 姫マツタケ加工食品「AB.P101」を1日50粒前後を経口服用することで、抗ガン剤の副作用が軽減され、術後の回復も早まり、早い時期での社会復帰が可能になります。五年生存率は実に九五%以上から100%に近いといえます。
 そのためには生活の改善も大事ですから、今までの非健康的な生活はぜひ改めてください。

■胃ガンの治療法
 胃ガンの治療は外科療法、すなわち手術が基本になります。早期胃ガンのうち最も浸潤が浅い初期のものであれば、5年生存率は99%を超えています。進行ガンの場合でも発見が早く適切な治療をすれば、80%ほどになります。やはり早期発見、早期治療が原則です。
 従来、胃ガンに抗ガン剤による化学療法や、放射線療法はあまり効果がないとされてきましたが、最近では手術前の抗ガン剤投与により、ガンが縮小したというケースも増えています。しかし、あくまでも補助的な治療であり、抗ガン剤単独での治癒は期待できません。
 最新の外科療法で注目を集めているのが、腹腔鏡下手術です。これはおなかに小さな穴を3、4ヶ所開け、そのうちのひとつから腹腔鏡を入れ内部を映し、他の穴から鉗子やメスを入れ、画面を見ながら手術するものです。
 70年代後半から始まり、早期胃ガンの場合、現在ではほとんどの病院で行われている、内視鏡を口から入れての手術を、さらに一歩前進させたものが腹腔鏡下手術といえます。手術後の穴はほとんど縫合する必要もなく、従来の開腹手術に比べ痛みも少なく、患者に与えるダメージが格段に少ないため、早期の社会復帰も可能になります。
■胃ガン手術はどう行われるか
 手術方式は胃ガンの性質、病態によってかなりの違いがあります。
 胃切除の場合、その切除範囲は、ガンの部位や進行程度の両方を特定したあとに決定され、局所切除と部分切除、全摘出があります。
 局所切除は、胃を切除する必要がないほど微小なガンの場合に行い、胃のごく一部を切断する方法です。
 部分切除では、幽門近くにガンがあるような場合・幽門側から胃の3分の2から5分の4程度を切除。噴門近くにガンがあるような場合・噴門側から胃の3分の2から5分の4程度を切除。またガンが大きく広がっている場合・噴門から幽門までの胃のすべてを摘出、などの方法があります。
 また、部分切除や全摘出を行う場合は、転移を予防するために、胃に近接するリンパ節や大網も一緒に切除します。リンパ節転移の可能性があれば、リンパ節につながる脾臓も同時に切除します。胃の上部の膵臓の尾部に近接したリンパ節に転移があるときは、膵臓を合併切除します。
 切除が不可能なほど症状が進行している場合、それもガンが幽門をふさいで食物や胃液が十二指腸に流れないとき、胃と小腸(空腸)を直接つなぐバイパス手術を行うことがあります。また、胃を切除しても根治は不可能なほど広がっていれば、レーザー光線でガン巣を焼き切ることもあります。

■肺ガンの種類と原因
 今や世界的な増加傾向にある肺ガンは、日本では1994年に胃ガンを抜いて、男性の死亡原因の1位になりました。
 近年、胃ガンが減少傾向にあるのに対し、肺ガンは急速に増加を続けています。これは胃ガンの早期発見と治療成績が向上したのに比べ、肺ガンでは早期発見率が低い上、発生部位や種類により性質が異なり、治療法が複雑なためといえます。
 肺ガンの発生部位は、肺の入口あたりの肺門部ガンと、肺の奥にできる肺野部ガンがあります。ガン細胞の形で分類すると、小細胞型と非小細胞型があります。非小細胞型はさらに扁平上皮ガン、腺ガン、大細胞ガンに分けられます。
 発症の最大原因は喫煙で、非喫煙者に対する喫煙者の死亡率は、四・五倍です。女性に増加傾向があるのも、女性の愛煙家が増えているからと考えられます。その他には、発ガン物質による大気汚染、環境要因の悪化も原因にあげられます。
 肺ガンの初期は、ほとんど無症状ですが、やがて、咳(せき)、胸痛、背部痛、痰(たん)に血が混じる、呼吸が苦しい、喘鳴、発熱、ばち状指などがあらわれます。さらに、ガンが血管や神経を圧迫するようになると、顔や首のむくみ、声がれなどがあらわれるようになります。
 小細胞型の肺ガンは、発見時には進行していることが多く、一般的には抗ガン剤と放射線の併用治療が標準です。男性ならそれだけ抗ガン剤や放射線への反応がよいとされますが、3年後の生存率は20%以下で、決して高くはありません。
 非小細胞型の肺ガンは、あまり抗ガン剤の効果が上がらず、基本はやはり手術です。ただ、ガンが広がっていれば手術は不能です。
 症状緩和を目的とする治療の場合では、5年生存率はT期が70%、U期が50%、W期が5%未満です。

 肺ガンの反応性が良く、たまには熱が出ますが、38度以下なら心配することはありません。姫マツタケ加工食品を1日に50粒前後飲むことで、肺ガンが完治したケースが多々あります。
 たとえ、肺ガンの末期であったとしても、姫マツタケ加工食品を飲むことで、症状を改善し、治療できる状態にすることを十分目指せます。風邪などをひいたり、肺炎の併発を絶対起こさないように注意して治療を続けることが大切です。

■肺ガンの化学療法
 肺ガンのなかでも患者数の多いのは腺ガンと偏平上皮ガンで、喫煙との関係が強く、男性に多いとされます。進行速度は中程度で、転移はあまりありません。また、大細胞ガンは発生頻度は5%程度ですが、小細胞ガンと同様進行が早く、そのうえ化学療法や放射線療法の効果がなく、最も悪性度が高いといえます。
 このなかで小細胞ガンだけは化学療法が効きやすいという性質があり、片肺に限局したもので他に転移がなければ、治癒率は約30%となっています。使用される抗ガン剤はシスプラチン、イリノテカンなどで、それらを基本に何種類かを組み合わせて多剤併用で治療にあたるのが一般的です。
 しかし、非小細胞ガンでは化学療法はあまり効果が上がっていません。したがって、治療の基本は手術になりますが、それも実際に治療効果が上がるのは、初期の局所的なものに限られます。というのも、肺はその機能上、生命を維持するためには全摘出ができない臓器ですから、ガンが肺全体に広がっている場合には手術は不可能になります。
 また、肺は血管やリンパ節が多く、全身から血液が流れ込みますから他臓器への転移も起こりやすくなります。そうして全身にガンが転移してしまった場合や、体力のない高齢者などの場合は手術は不可能となります。
 こうしたことから肺ガンは難治ガンと呼ばれ、5年生存率はわずかに約13%ほどです。しかし、早期であれば80%以上が完治しています。
■肺ガンの最新治療法
 早期の末梢型肺ガンの最新治療法に、胸腔鏡下手術があります。これは胃ガンの腹腔鏡下手術と同じ原理で、胸や背中に小さな穴を開けるだけですむため、従来の開胸手術と比べはるかに患者のからだに負担がかからずに済みます。
 また、中心型肺ガンの早期であれば、光線力学的治療(PDT)という療法も行われています。これは口から内視鏡をガンのできている気管支まで入れて、先端からレーザー照射をしてガン細胞を破壊するものです。
 さらに、同じように気管支に挿入した内視鏡の先端から放射線を照射する、腔内照射という療法も始められています。
 つい先頃、東京で開かれた日本遺伝子治療学会の場で、医学部第一外科が始めた肺ガンの遺伝子治療で、ふたりの患者がともに重い副作用もなく、ガン病巣が縮小したものと見られる、と発表しました。これは、ガン抑制遺伝子p53を組み込んだアデノウイルスベクターを肺ガンの病巣に注射する方法です。
 日本のガンの遺伝子治療はまだ始まったばかりですが、これらの最先端技術は今後徐々に普及していき、肺ガン克服に大きく貢献するものと思われます。

■肝臓ガンの特徴と手術適応
 肝臓ガンには、初めから肝臓にできる「原発性ガン」と、ほかの臓器からの転移によってできる「転移性ガン」とがあります。肝臓ガンと診断されるものは、転移によって起こったものが圧倒的に多いようです。つまり、肝臓は肺とともに、ほかからのガン細胞が転移しやすい臓器なのです。
 また原発性ガンの場合、80%ぐらいの確率で肝硬変や慢性肝炎を合併しているという特徴があります。そうなると肝機能が低下していて治療がやっかいになったり、肝臓ガンと肝臓病の症状の区別がつきにくかったりします。早期発見という目的なら、肝障害のある患者を注意して観察していれば発見しやすいという利点がありますが、手術ということになると、この肝障害のために手術を見送らなければならないこともあります。
 治療の主力は手術ですが、ガンの進行度とともに、肝機能の低下の度合いによって、手術を実施するかどうか、施術するならどの程度まで行うかが決まってきます。ガンが小さくても肝機能障害が高度で、腹水や黄疸がみられるときは手術不可能と判断される場合が多いようです。逆に、ガンがかなり大きなものでも、肝機能が良好に保たれていれば手術の対象になりうるのです。
 早期に発見され、かつ肝機能の低下が少なく、腹水や黄疸などの症状が見られなければ、なるべく早く手術をするのがよいでしょう。超音波やCTなどの画像診断の普及によって、早期発見の可能性もずいぶん高くなってきました。

 姫マツタケ加工食品の服用は肝機能を改善し、免疫力を増強するので、肝臓ガンの治療に対して非常に効果的です。1日に50〜60粒の服用が適量です。早期に肝機能が改善できた場合の手術成績は良好で、5年生存率は90%以上に達しています。なお、たんぱく質は十分補給してください。

治療戦略が立て易い肝臓ガン
 肝臓ガンも日本では大変多いガンのひとつです。特に働き盛りの男性では、胃ガンと並ぶほど患者数が多く、今後も増える傾向にあります。
 しかし、肝臓ガンは原因がかなりはっきりしていますので、その点では治療戦略が立てやすいガンといえます。というのは、肝臓ガンのほとんどは、C型かB型のウイルス性肝炎による肝硬変を元に発生しているからです。
 すなわち、慢性肝炎や肝硬変を患っている患者を定期的に検査することで、ガンの早期発見・治療が可能になるということです。
 肝臓ガンの治療法は手術が主力になりますが、手術の適応は肝機能の状態とガンの大きさにより決まります。つまり、肝臓ガン患者の多くは、もともと肝硬変などで肝機能が低下していますので、たとえガンが小さくても、極度に肝機能がある程度保たれている場合には、手術の適応になります。
 また、肝臓ガンは再発しやすく、手術をした場合でも5年で約60%の人に再発が見られます。しかし、再発しても早期に治療をすることにより、長期生存も可能ですので、あきらめずに治療に取り組むことが重要です。
■肝臓ガンの手術療法
〔肝切除術〕
切除範囲、腹水の有無、血清総ビリルビン値、ICG値などを検査し、肝機能の状態を調べて決められます。ガン以外に問題ない肝臓なら70〜80%切除しても1ヶ月程度で元通りの機能に回復します。慢性肝疾患がある場合は、3〜6カ月かかります。

この条件に該当して、とくに大腸からの転移性肝ガンは、早期なら切除で根治する可能性が十分にあります。

〔根治につながらない手術〕
肝硬変が進んでいなくても、ガンが広範囲に広がっていたり、多発している場合、肝切除手術は行われません。ただ、ガンを少しでも縮小させて苦痛を抑えたり、延命を目的にする場合、この手術を行います。
 例をあげると、肝動脈や門脈をしばって血流を遮断すると、ガン細胞に酸素や栄養が行かなくなり、ガンにダメージを与えます。
肝臓ガンの保存療法

〔経皮的エタノール注入療〕
一般にガンの大きさは3センチより小さく、ガンの個数は3個以下が対象です。
 方法は、腫瘍に穿刺針を刺して、腫瘍内に100%エタノール液を注入し、ガン細胞を死滅させます。
経カテーテル的肝動脈塞栓術
カテーテルを上腕または大腿の動脈から大動脈を経て肝動脈内に入れ、1〜2ミリリットルの角のゼラチン小片を肝動脈に注入、血脈を遮断すると、ガン細胞への酸素が断たれるため、死滅へと導きます。

〔持続肝動注法〕
抗ガン剤を直接、持続的に肝動脈に注入してガン細胞を死滅させる方法です。
局所麻酔をかけて鎖骨近くの皮膚を切断し、鎖骨下動脈から肝動脈にカテーテルを挿入、限定・留置します。次に抗ガン剤を持続的に注入するための薬液注入装置をカテーテル挿入部近くに埋め込み、持続的に抗ガン剤を流します。

■肝臓ガンの治療法
 最近の治療法として、ガンの大きさが2センチ以下のものに対して、エタノール注入療法が増えつつあります。これはエタノールのタンパク凝固作用を利用して、ガン細胞を壊死させるものです。超音波診断装置で観察しながら、腹部に針を刺してエタノールを注入します。開腹する必要がありませんから、からだへの負担が少なく、肝機能が低下している患者へも実施することができます。
 また、同じく局所療法として、マイクロ波凝固療法が急速に広まりつつあります。これは直径二ミリほどの電極を腹部から肝臓へ刺し入れ、通電を繰り返しガン細胞を凝固させる方法で、エタノール注入療法と同じく患者への負担が少なく、再発時にも繰り返し治療が可能なことなどの利点があります。
 これらの治療ができない場合には、肝動脈塞栓術があります。これは血管カテーテルを肝臓に向けて挿入し、肝動脈にゼラチンスポンジを注入して血管に栓をするというものです。肝動脈からの血流をストップしてガン細胞を兵糧攻めにする方法です。
 これらの治療法を組み合わせて行うことにより、さらに治療効果が上がるケースも増えています。肝臓ガンには抗ガン剤はあまり有効ではなく、他の治療法が行えない場合や補助的な目的で使われます。

■腎臓ガンの特徴と診断
 腎臓ガンの発生数は、ガン全体のなかで1%程度の、年間5000例ほどですが、これもやはり増加の傾向にあります。50歳代の男性に多く見られます。
 初期の段階では自覚症状が乏しく、早期の発見が難しいガンですが、進行していても適切な治療を行えば、治癒率は決して低くはありません。
 腎臓ガンには血尿、肝臓の腫れ、痛みの三大主徴とよばれる症状があります。ただし、この3つの症状が同時に出てくる人はまれで、血尿も腎臓ガンのすべてに見られるわけではないため、早期発見はかならずしも容易ではありません。いずれにしても一度でも血尿が出た場合には、必ず泌尿器科で診察を受けてください。
 また腎臓ガンの特徴として、腫瘍マーカーがないということもあり、これまでの治療成績はかならずしも良いとはいえませんでした。しかし、超音波やCTなどの画像診断の進歩により、人間ドックなどで偶然発見されることが多くなり、以前よりも早期の発見例は増えてきています。
 治療の中心はやはり手術で、広範囲にわたるリンパ節の摘出も含めて、拡大手術が一般化しています。治療成績は向上してきていますが、腎臓ガンの場合、骨など遠隔部位への転移が起こりやすく、全体として予後は決してよいとはいえません。手術以外には、あまり効果をあげている治療法がないのが実状です。
 放射線治療は、手術の補助療法として用いられる場合はあまり有効とはいえませんが、骨転移などの疼痛(とうつう)の除去などには有効です。
 化学療法(抗ガン剤の投与)には、ほとんど有効なものがありません。インターフェロンは腎臓ガンのある種のものに対しては有効性があるものもありますが、かならずしも効果があるとはいいがたいのが現状です。
 姫マツタケ加工食品を1日に50粒〜60粒前後飲むことで、手術をせずにガンを克服した例も数少なくありません。
 姫マツタケ加工食品には腎臓の機能を改善する働きがあり、インターフェロンや放射線治療、抗ガン剤などの治療と併用して、術後の回復促進、腎臓ガンの予防など、大きな効果を期待することができます。
■腎臓ガンの治療法
 治療の中心はやはり手術です。広範囲のリンパ節郭清も含めての拡大手術が一般化し、治療成績も向上してきていますが、骨などの遠隔への転移が起こりやすく、全体として予後は決していいとはいえません。
 手術療法は、原則として根治的腎摘術が行われます。最近は、腫瘍が小さくて腎臓の一部が残せる場合は、一部を残す手術も行われるようになりました。
 根治的腎摘術では、腰部斜切開、上腹部正中切開が用いられます。手術は、腎臓を露出したら、腎臓の血管をしばり、切断します。これでガン細胞が血液を介して周囲に広がるのを防ぎ、出血も少なくします。それから腎臓と周囲の脂肪組織を摘出します。
 転移がある場合、原発巣である腎臓の症状(血尿、疼痛など)が強い場合、症状を緩和するために腎臓を摘出します。
 転移巣が1ヶ所の場合、生存期間の延長を期待して、完全摘除術を行います。また、延命効果がなくても、痛みを取り除くために手術を行う場合もあります。
 その他の治療法として、化学療法、免疫療法、ホルモン療法、放射線療法があります。
 化学療法では、抗ガン剤はいろいろ用いられていますが、延命効果があるかどうかは明らかではありません。
 免疫療法では、免疫賦活剤のインターフェロンやインターロイキン2を使うと腫瘍の縮小が見られることがあります。しかし、治癒までには至らない一方で、強い副作用があります。
 最近はインターフェロンと抗ガン剤を併用した治療も試みられて効果が報告されていますが、それでもガンが縮小するのは30%程度です。
 ホルモンによって発育が促進されるガン細胞の場合、そのホルモンの働きを抑えるホルモン剤でガン細胞の発育を抑えるのがホルモン療法です。その効果は明らかではありませんが、副作用が比較的少ないため、術後によく用いられます。
 放射線治療は、手術の補助療法として用いられる場合はあまり有効とはいえませんが、骨転移などの疼痛の除去などには有効です。
早期発見が難しい膵臓ガン
 膵臓ガンの死亡率は、この四半世紀で約5倍という急激な上昇傾向にあります。
 膵臓ガンはもともと欧米に多い病気でしたが、日本でも近年増加傾向にあります。これも大腸ガンや乳ガンと同じく、高脂肪・高タンパク質の欧米的
 症状は、初期にはあまりありません。また、発生部位によって特徴があります。膵頭部に発生するガンでは黄疸(おうだん)があります。膵体部や膵尾部のガンでは、腹部や背中の激痛、体重減少が主な症状です。
 また、腹痛や腰痛が長引いての体重減少、腹部の膨満感、食欲不振、全身の倦怠感、吐き気、下痢、便秘、白っぽい便などの症状が出た時には、ガンはかなり進行している可能性が高いといえます。
 一般的な治療の中心は手術です。膵頭部ガンの場合は、膵頭部と十二指腸、場合によっては胃の半分を切除することもあります。膵体部ガンと膵尾部ガンの場合、膵臓の左半分を切除する手術が行われます。
 ガンが進行していれば、膵臓の全摘手術が行われます。その場合、膵臓の内分泌・外分泌機能を失うため、糖尿病を招くことになります。
 手術適応率は約20%、5年生存率は15%という厳しい数字もあります。抗ガン剤はあまり効果がなく、放射線治療やバイパス手術に注目する関係者もいます。

■膵臓ガンの三大症状と治療
 特徴的な初期症状がないといわれますが、膵臓ガンに最も多く見られる三大症状と呼ばれるものがあります。黄疸、体重の減少、腹部・背中の痛み、これらの症状が出るのはすでにガンが進行してからになりますが、少しでも早い発見が、完治の可能性を高めるのは他のガンと同じです。日頃から体調のチェックを心掛け、何らかの気になる徴候が現れたら、徹底的に検査をする必要があります。
 発見の難しい膵臓ガンですが、検査方法の向上により、かなり微小なガンでも発見できるようになっています。
 治療の主力は手術になります。最近の技術や周辺機器の進歩により、以前ほど危険ではなくなっていますが、すい臓周辺は構造が複雑なため、技術的にもかなり難しい手術になります。また、十分な配慮がなされるはずですが、不可抗力による合併症もあることを頭に入れておくべきしょう。
 手術中に放射線を直接照射することも有効です。また、手術が難しい場合にも、開腹して直接放射線を照射する、開窓照射も行われます。抗ガン剤はほとんど効果がないといえます。
 膵臓ガンは、現代医学の枠をもってしても治りづらい病気ですから、あらゆる手段を尽くして立ち向かう必要があります。だからこそ姫マツタケ加工食品が有効なのです。
■膵臓ガンの治療法
 膵臓は解剖学的にみて、十二指腸、総肝管、門脈、上腸管膜動静脈などの重要器官に隣接しているため、治療の主力はやはり手術です。
 切除術には、膵頭部切除術、膵尾側切除術、膵全摘術などの方法があります。同時に膵臓近辺のリンパ節を切除する標準手術、遠いリンパ節も合わせて切除する拡大手術があります。
 おもな治療法は次のとおりです。

@膵頭十二指腸切除術・膵頭部は、十二指腸や胆管と一体になっているため、膵頭部ガンは、これらを合併切除します。
A膵尾側切除術・膵体尾部にガンが限られている場合、膵頭部を残して切除します。膵尾の病変は初期にみつかることが少ないため、実際に手術できる例は少ないといえます。
B膵全摘術・全摘すればすい臓の内分泌・外分泌機能を失うため、消化酸素の服薬やインスリンの自己注射などを必要とし、生活の質が大きく損なわれます。延命が期待できて、社会復帰も可能なら、手術に踏み切ってもいいでしょう。
C放射線療法・手術でガンが摘出できなかったり、取りきれなかった場合、手術中にガン組織に放射線を照射することもあります。黄疸や痛みを軽くするために放射線療法を行うこともあります。
D化学療法・手術できないほど進行している場合に多剤併用療法を行いますが、効果はそれほど上がっていません。免疫活性を高める薬剤を用いることもありますが、効果ははっきりしていません。
E温熱療法・ガン細胞が四二・五度以上の高熱で死滅する性質を利用する治療法です。放射線療法や化学療法と合わせて補助的に行われます。

 ただ、膵臓ガンの場合、腫瘍マーカーや超音波、CTなどの画像診断が進歩した現在でも、早期発見の最も遅れている領域です。発見されたときは進行が著しく、切除することができないことが多いものです。幸いに切除できてもかなり大きな手術になるため、免疫機能や消化機能の低下はまぬがれられず、術後の補助療法も十分に遂行できないことが多いようです。
 膵臓ガンは、CTの画像診断上で早期発見を喜んでも、開腹すると予想以上に進行していることが多く、医師も落胆してしまうことも少なくありません。

 膵臓ガンは、術後の回復がよくない傾向にあるので、姫マツタケ加工食品はなるべく空腹時に飲み、できるだけ体内吸収率を高めることが重要です。量は最低でも1日50粒前後を摂取して、免疫力の活性効果と自然治癒力をアップすることを目指します。

■胆管ガンと胆のうガン
 肝臓から十二指腸に胆汁が流れる管が胆管です。その胆汁を途中でためる場所が胆のうです。この胆管ガンと胆のうガンの総称が、胆道ガンです。
 胆道ガンの場合、早期発見が難しく、人口10万人当たり3.2人がかかる胆道ガンは、発生早期に周辺組織に広がりやすい特徴があります。また、早期発見が難しいことから、年間約1万人が死亡しています。
 胆のうガンの発症は女性に多く、男性の約2倍といわれます。それも中高年女性に多く見られます。一方、胆管ガンは中高年の男性に多く発症します。
 胆道ガンは、発生する部位によって乳頭部ガン、総胆道ガン、総肝管ガン、三管合流部ガン、肝門部ガン、肝内胆管ガンなどがあります。
 胆道ガンの多くは、胆汁の刺激による胆のう炎が原因と考えられています。
 特に、コレステロール結石ができる過程で、胆のう壁に生じる変化が発生原因に密接に関わっているといわれています。
 胆道もからだの深部にあるため、かつては診断が難しくガンの発見も遅れがちでした。しかし最近は、超音波検査やCT、MRIなどの画像診断技術の進歩により、早期発見も可能となりました。
 胆道ガンの場合、初期のうちはこれといった症状はほとんどありませんが、激しい腹痛を起こすことがあります。この他には発熱、吐き気、嘔吐(おうと)、食欲不振、全身の倦怠感などがあります。
 胆管ガンの特徴は黄疸(おうだん)で、右脇腹の圧迫感、不快感があります。これが進行すれば、食欲不振、全身の倦怠感があらわれるようになります。
 胆のうガンの多くが胆石症を合併していますが、胆のうガンと胆石症の因果関係は今のところはっきりとしていません。しかし、胆石のある人は念のため、定期的に検査を受けるようにしましょう。腹部の超音波検査が発達した現在では、容易に検査ができるので、早期に発見ができるようになっています。

 抗ガン剤は胆のうガン、胆管ガンともに期待できません。姫マツタケ加工食品を1日に50粒前後飲むことで、十二分に治療が期待できます。
 また、抗腫瘍作用などを高めて症状を改善する強い効果があります。

■胆道ガンの治療法
 胆道ガン治療の主体はやはり手術です。
 早期治療でガンが胆道内にとどまっている場合は、患部摘出による治癒率は高くなります。手術不可能な場合は放射線治療を行いますが、化学療法の効果はほとんどないといってもよいでしょう。

〈手術療法〉
胆管ガンの場合、開腹してガン組織のある部分と同時に周囲の臓器やリンパ節を取り除く手術が基本です。術前の検査で、予想以上にガンが広がっていてそのまま閉じるしかない場合、化学療法や放射線療法、黄疸軽減のための対症療法が行われます。
早期胆管ガンの術後の五年生存率は40〜70%、早期中下部胆管ガンはほぼ100%の5年生存率となっています。
一方、胆のうガンは粘膜内に限られるT期の場合、手術ではほぼ100%根治します。早期ガンで固有筋層まで広がっている場合でも、5年生存率は70〜80%と良い治療成績がえられています。ガンが腹膜にまで広がっていたり、ほかの臓器に遠隔転移している場合、手術は行いません。

〈放射線療法〉
開腹手術中に目に見えないガンを死滅させるために1回に大量の放射線を照射することがあります。さらに進行ガンの痛みを軽減させるため、放射線照射を行うこともあります。

〈化学療法〉
術後の再発予防や手術不可能なほど広がったガン細胞の縮小を目的とします。単独よりも、複数の薬剤を組み合わせた多剤併用療法が行われます。

■子宮頸ガンと子宮体ガン
 子宮ガンには、子宮の入り口あたりにできる子宮頸ガンと、奥の部分にできる子宮体ガンがあります。
 日本における女性の子宮ガンの8割を占める子宮頸ガンは、成人女性であれば、誰でもかかる可能性のあるガンです。また、家系の中にこのガンにかかった人がいる場合、統計的にみて、かかる可能性がやや高いことも指摘されています。発見は容易ですから、治癒率は高いといえます。
 日本ではこれまで子宮頸ガンが圧倒的に多く、子宮ガンの約90%を占めていました。最近では子宮体ガンが増加の傾向にあり、子宮頸ガンが約80%、子宮体ガンが約20%といわれています。
 子宮頸ガンは30歳代からが多く、40〜50歳代がピークとなりますが、最近では20歳代の若い人にも多く見られるようになりました。ヒトパピローマウイルスが発症原因に関与しているといわれます。
 一方、子宮体ガンは若い人には稀で、50歳代後半が最も多くなります。罹りやすい条件として、乳ガンと似た傾向があり、女性ホルモンのエストロゲンが関係していると考えられています。
 子宮ガンの原因は、はっきり分かっていませんが、危険因子としては、@パピローマ・ウイルス(HPV)への感染、A外因性ヘルパスへの感染、B18歳前後からの性交
 子宮ガンの自覚症状は不正出血です。おりものの異常や月経不順なども症状に含まれます。下腹部痛、腰痛ななどの症状も出ます。また、完全に閉経していない年代の女性は、月経と間違うために、発見を遅らせることもあります。
 一方、子宮体ガンは子宮頸ガンの5〜10%程度ですが、最近では増加の傾向にあります。このタイプのガンは、子宮頚ガンと違って発生部位が肉眼では見えないために、発見はやや遅れがちです。
 子宮体ガンの増加は、現代女性の栄養状態がよくなったことが一因とも考えられます。もともと子宮体ガンの危険因子として、高血圧・糖尿病・肥満があげられていましたが、肥満とは無関係とする考えもあります。
 もともと子宮体ガンも治癒率は高いのですが、発見が遅れて進行すると、ほかへ転移して、病院治療での治癒は困難になります。ただし、姫マツタケ加工食品はガンの部位は問わないので、十分期待できます。

■子宮ガンの手術療法
 治療の基本は手術と放射線治療ですが、治療法の選択はガンの病期と組織型、患者の状態を考慮して決めます。一般には進行度の低いものには手術を、進行度の高いものには放射線治療が原則です。化学療法はあくまでも補助的手段です。
 手術ができないほど進行している場合や重い合併症があったり、高齢者で手術に耐えられない場合、放射線療法が主体になります。
 手術療法での切除範囲はガンの浸潤程度に合わせて、子宮だけ、膣、卵巣、周辺のリンパ節まで拡大して切除したりします。手術方法は切除範囲によって違い、病期に従って決められます。

〈手術療法〉
 子宮頸ガンの0期では、単純子宮摘出術を行います。1a期では単純子宮全摘出術か準広汎子宮全摘出術、45歳くらいまでの比較的若い人なら卵巣を残します。1b期、2a期、2b期、3a期の一部では、広汎子宮全摘出術が用いられます。3b期の一部には超広汎子宮全摘出術、稀に4a期に骨盤切贓術が行われます。
 また、0期で妊娠の希望がある人には、手術を行わずに黄体ホルモンによる内分泌療法を行い、経過を見る方法もあります。
■子宮ガンの治療法
〈放射線療法〉
子宮頸ガンの大部分を占める扁平上皮ガンには効果があります。腺ガンでは効果が劣るので、腺ガンである子宮体ガンでは手術療法が優先されます。

〈化学療法〉
この療法で抗ガン剤を用いるのは、転移のある進行ガンや再発したときに限られます。病院によっては術前に化学療法でガン組織を小さくしてから手術を行うこともあります。

〈ホルモン療法〉胃がん病態
子宮体ガンの増殖には女性ホルモンのエストロゲンが関係しているといわれます。手術で切除した組織を検査してエストロゲン受容体が陽性の場合、エストロゲンと反対の作用がある黄体ホルモンを服用させてガン増殖を抑えます。
胃がん病態
〈レーザー療法〉
早期の頸ガンにレーザー治療(内視鏡手術)も行われるようになりました。この方法だと子宮が温存でき、治療後の妊娠・出産も可能です。

 放射線療法や黄体ホルモン療法などと姫マツタケ加工食品を併用することで、胃がん病態子宮頚ガンの完治率は90%以上になっています。1日に50粒前後の姫マツタケ加工食品を五回に分けて飲むことで免疫力が上がり、手術をしても予後の回復が早くなります。化学療法との併用もよいでしょう。その際は、1日の量を60粒に増やして使用します。

■卵巣ガンの原因と確定診断 胃がん病態
 日本人女性の卵巣ガン罹患率は、欧米女性と比べ5分の1ほどですが、近年は増加の傾向にあります。これも食生活の変化が影響していると考えられています。発症は40〜50歳代に多いものの、20歳代にも見られ、すべての年齢層で注意が必要です。
 発生率は低いのですが、予後は厳しく、難治ガンのひとつとされます。というのも、卵巣は骨盤の奥深いところにあるため、検査が困難で早期発見が難しいことと、自覚症状がないまま進行し、発見された時には、すでに腹膜に転移していることが多いためです。胃がん病態
 卵巣ガンの原因としては、食生活の変化による高カロリー、高脂質食品の過剰摂取があると思われます。危険因子としては、「閉経後の発症が多い」「長期にわたり排卵誘発剤を服用、それでも妊娠しない」「12歳以前に初潮を迎えた」「未出産」「初産が30歳以降」「50歳以降で閉経」「母親や姉妹が卵巣ガン患者」「自分が乳ガンである」などがあげられます。
 卵巣ガンには特有の症状はありません。かなり進行してからの不正出血や、腹部や胃のあたりの張り、下腹部痛や張り、腰痛、頻尿、排尿障害、便秘などの症状があらわれてきます。胃がん病態
 検査方法は、画像診断や腫瘍マーカーが使われますが、最終的な確定診断は、開腹手術をして決定されます。ガンと確定するとそのまま手術が続行されます。このような診断と治療の特性から、卵巣ガンの場合、診断のため、あるいは治療効果判定の目的で試験的に開腹することが多く、この試験開腹が卵巣ガンの治療方式のなかで重要な役割を果たしています。これは他の臓器のガンと異なるところですから理解しておいてください。
胃がん病態
 姫マツタケ加工食品を1日に50粒前後飲むことで、抗ガン作用および抗ガン剤の副作用抑制に大きな効果があります。体力の維持や術後の体力回復にも有効で、免疫力のアップにも貢献します。なお、放射線治療に際しては、放射線から身体を守るために、姫マツタケ加工食品の量を10粒前後増やして臨んでください。胃がん病態

■卵巣ガンの治療法
 まず開腹して腹腔内の様子を見たり、卵巣その他の組織を摘出して病理組織学的な検査を行ないます。患者の状態が許すかぎりは手術を行ないます。それだけでは根治の可能性は少ないのですが、抗ガン剤のシスプラチンの開発で良い効果が得られるようになりました。
 手術でガンの全てを切除できなくても、できるかぎり残存部を少なくして、術後にシスプラチンを投与する方法や、術前にシスプラチンをまず投与して、腫瘍を縮小してから手術をして根治性を期待するなど、手術と抗ガン剤の併用によって治療成績が向上してきました。また、保存手術では片方の卵巣と子宮が残るので、妊娠・出産も可能となります。
 治療開始後や、すでに腹腔内にガンが点在していたり転移している場合、手術後に化学療法を行ないます。前述のようにシスプラチンなどを主体にして、いくつかの薬剤を組み合わせる多剤併用療法です。
 一般に卵巣ガンにはあまり放射線は効果がなく、あくまで補助療法として用いられます。
 卵巣ガンは、治療後も長期の経過観察が必要になります。しかし、今後の早期診断法の確立や、さまざまな治療法の発達により、治癒率も向上することが期待されます。

■乳ガンの発症原因
 日本での乳ガンの死亡率は、先進諸国のなかでは群を抜いて低く、アメリカの約4分の1、イギリスの約5分の1となっています。早期の乳ガンであれば、手術後の10年生存率は95%にもなります。
 しかし、患者数は年々増加の一途をたどり、今後もその傾向は続くと予想されます。その原因はいうまでもなく、食生活や生活環境などの欧米化にあります。
乳ガンになりやすい人のタイプを簡単に列挙すると次のようになります。

 
 乳ガンは、ガンのなかでは珍しく、体の表面近くにできる腫瘍ですから、自分で発見することは比較的に簡単です。T期といわれる直径2センチ以下のしこりであれば、まず90%以上の確率で治りますので、早期発見・早期治療が重要です。

■乳房温存療法
 乳ガンの手術というと、従来はハルステッド法と呼ばれる、乳房とともに大胸筋、少胸筋、腋の下のリンパ節をすべて切除する手術が行われていました。しかし、この方法は日常生活に影響が大きく、外見的にも女性にとって精神的な苦痛を強いるものでした。
 最近では、患者の生活の質(クオリティー・オブ・ライフ)を高めることを考慮して、胸の筋肉をできる限り残す手術が主流になっています。胸の筋肉を残すことにより、運動などもできるようになり、日常生活もかなり改善されることになりました。
 しかし、それでもまだ乳房を失うということは、女性にとってつらい決断であることは変わりありません。そこで登場したのが、乳房温存療法です。
 これは、ガンを局所的に切り取り、乳房をできるだけ残す方法で、欧米では80年代から盛んに取り入れられていました。アメリカの調査では、乳房切除手術と温存手術での生存率に差がないことが証明されています。
 日本では乳房温存手術は、基本的にガンの大きさが3センチ以下で、リンパ節転移がないものが対象となります。しかし、実際には病院や医師の判断によりかなり違いがあり、現状では、温存手術は全体の30%ほどとなっています。
■乳ガンの手術療法
 早期発見、早期治療が可能なことから、ガンのなかで最も予後の良好なものの一つです。治療の中心はなんといっても手術ですが、女性にとっていやがる人も多く、他の治療方法でも一定の成果が上げられます。
 最近の乳ガン手術は、手術範囲も縮小化の方向に向かっています。主な手術の方法は次のとおりです。

<非定型的乳房切除術>
もっとも広く行なわれる手術法で、大胸筋は残して乳房切除と腋の下のリンパ節郭清を行ないます。小胸筋は切除する方法としない方法があります。
 胸の筋肉が残るので、肩や腕の運動制限などの機能障害も少なくなり、なだらかなふくらみも保てます。乳房再建術は格段に行ないやすくなります。

<定型的乳房切除術(ハルステッド法)>
乳房とともに大胸筋、小胸筋を切除、腋の下のリンパ節を取り除く郭清術が行なわれます。現在はこの方法はほとんど用いられませんが、胸壁までガンが浸潤したり、腫瘍が大きい症例に対して適用されます。

<拡大乳房切除術>
定型的乳房切除術をさらに拡大したもので、肋骨の一部を切り取り、肋骨の裏にあるリンパ節まで切除するものです。乳頭より内側にまで進行したガンに対して行なわれます。

 現在は、以上の方法がとられる乳ガン手術ですが、身体の表面の手術ですから、術後合併症の心配はほとんどないといってよいでしょう。ただ、女性としての美容面、あるいは心情的な理由で、手術を嫌がる人も少なくありません。
 その場合は放射線治療や化学療法を行うのですが、これも一定の効果を示しています。さらに、内分秘療法も有効といわれています。

 姫マツタケ加工食品「AB.P101」は、1日50粒を五回に分けて使用すると、特にリンパ節への転移を防ぎ、ガンそのものにも大変有効な効果が期待できます。化学療法との併用もよいといえます。その際は、1日の量を60粒に増やして使用しましょう。

■食道ガンの原因と治療
 食道ガン患者の男女比は、約5対1で圧倒的に男性に多く、60歳代をピークに高齢者に集中しています。患者数は、胃ガンの約10分の1と多くはありませんが、進行が早く、リンパ節に転移しやすく手術不能の場合が多いので、早期発見・早期治療が決め手です。先進諸国の中では日本が目立って多く、これからも増加の傾向があります。
 固形物が飲み込めないなどの食道閉塞症状を訴えて発見されることが多くあります。また、食後に胸に染みる感じがあることが多いものです。
 明らかな原因はわかっていませんが、統計では、喫煙者に発生することが多いというデータがあります。食道の粘膜を刺激して炎症を起こしたり、粘膜がはがれやすくなるため、このような障害が繰り返されると、食道粘膜が変性してガン化すると考えられます。
 早期のガンでも、手術後の5年生存率は75%程度です。食道ガンの治療も手術が中心に行われてきました。しかし、その傾向が少しずつ変わろうとしています。
 というのも、食道ガンの手術は大変大掛かりで、経験と熟練した技術を必要とします。日本の手術成績は世界の最高レベルにありますが、それでも難しい手術であることは間違いありません。その上、手術後の患者に与える負担が大きく、胃の全摘手術よりもダメージが大きいといわれます。
 そこで、最近ではガンの進行度に応じて、縮小手術も行われるようになりました。リンパ節転移のない初期のガンであれば、内視鏡を使って切除することが可能です。開胸手術に比べ、患者への負担は格段に軽くてすみますし、たとえ再発しても繰り返し切除することが可能です。

 姫マツタケ加工食品とプロポリスなどの健康食品との併用が、非常によい結果をもたらした例はたくさん報告されています。食道ガンの場合、1日50粒前後の姫マツタケ加工食品を水に溶かし、数回に分けて飲みます。プロポリスと併用される場合は、姫マツタケ加工食品を先に飲むようにしてください。そうすることで、抗ガン作用はもちろんのこと、放射線治療や抗ガン剤による副作用の軽減、術後の回復促進に効果があります。

■食道ガンの手術療法
 現在では技術的な進歩や術後管理の向上によって、昔のように大手術ということはありません。それでも高齢者が多いことや、リンパ節への転移率が高いなどのために、総合的な治療戦略が必要です。
 病巣がひとつで2センチ以下の粘膜固有層内にとどまり、リンパ節に転移していない場合、内視鏡でガンと周囲の粘膜だけを切除します。その他の手術療法は次のとおりです。

〈食道切除術〉
表在ガンで転移していないガンは、のどと腹部を切開して食道を抜き取る非開胸食道抜去術が行なわれます。ガンが粘膜下層まで達しているときは、食道切除と広範囲頭摘除術、甲状腺全摘術などの拡大手術が行なわれます。
 食道ガンが胃に浸潤している場合、胃も一緒に切除します。

〈食道再建術〉
一般に、胃の噴門側を3分の1ほど切除して筒状に縫い合わせ、胃管をつくり、それを頸部食道につなぐ頸部食道胃吻合術を行ないます。すでに胃切除がされている場合、空腸や結腸を使って頸部食道につなぎます。下咽頭頸部食道ガンでは、食道切除後に、空腸や皮膚、筋肉を用いて食道を再建します。

〈根治につながらない手術〉
高齢や体力的な問題で手術に耐えられない人や、他の臓器への転移で根治が難しい場合、食道のガンをレーザーで切除して人工食道を留置する食道挿管法が行なわれます。
また、手術のときにできるだけ広い範囲のリンパ節を郭清(剔出)する方法もあります。この方法で5年生存率を上げるといわれていますが、多くの問題点があり、拡大郭清手術が従来の手術に比べてすぐれているかどうかの評価はまだ定まらないというのが現状です。
■食道ガンの放射線化学療法
 以前から食道ガンには放射線療法が有効とされてきましたが、数年前からがんセンターでは、放射線治療に抗ガン剤(プレオマイシンおよびシスプラチンが比較的有効です)を組み合わせた、放射線化学療法が実施されています。欧米では、80年代からすでに放射線化学療法が盛んに行われていました。
 従来、日本では放射線や化学療法は、手術の補助的な役割にとどまっていました。なぜかというと、食道ガンの場合、手術自体が大掛かりなものですし、高齢な患者が多く、十分な効果があるほど放射線や抗ガン剤を使うことができなかった、という事情があるためです。
 ここ数年の実績から、放射線化学療法による生存率は手術と変わらない、という結果が出ています。今後の治癒率の向上が期待されます。

■舌ガンの診断と治療
 口腔ガンには口唇(こうしん)ガン、舌(ぜつ)ガン、歯肉(しにく)ガン、唾液腺(だえきせん)ガンがあります。口腔ガンの約60%を占めているのが舌ガンです。40〜60代の男性に多く起こり、腫瘍は舌の辺縁の奥のほうに多く見られます。初めは小さなコブ状の腫瘍が、大きくなると表面が潰瘍になり、舌の運動障害や激痛が起こり、食物を飲み込むのが不自由になります。難治性口内炎としばしば誤診されます。感染が起こって、強い口臭もあります。早期に顎下腺や首に転移が起こるのは、舌にはリンパ管が発達しているためです。
 舌ガンは放射線に反応しやすい偏平上皮ガンです。治療の第一選択枝は放射線療法です。ラジウム針をガン組織に刺し入れて放射線を照射する、組織内照射法が有効です。最近では、ラジウムの代わりにセシウムやイリジウムも使われています。
 また、切除手術を行う場合でも、近年の再建術の進歩によりある程度機能の温存が図れ、術後の生活の質も向上しています。

 1日50粒前後の姫マツタケ加工食品を5回に分けて飲むことで、放射線療法や抗ガン剤での治療で起こる副作用を軽減します。また、再発防止や術後の患者さんのQOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)の維持と向上にも大いに役立つことがわかっています。

〔参考〕上顎ガンの診断と治療
高齢の男性に多く、鼻づまりや鼻出血などの症状が起こり、進行すると眼球突出や咀嚼が困難になったりします。副鼻腔にできるガンのほとんどが、この上顎ガンです。
治療は、まず放射線療法と化学療法を行い、腫瘍が残っている場合に手術を行う、三者併用療法が一般的です。近年、治療成績がめざましく向上しています。

 頭頸部ガンに対しても、姫マツタケ加工食品「AB.P101」は素晴らしい効果を発揮します。術後のクオリティ・オブ・ライフ(QOL・生活の質)の維持と向上にも、姫マツタケ加工食品「AB.P101」は強い味方となってくれるはずです。

■甲状腺ガンの種類と治療法
 甲状腺ガンは、乳頭ガン、濾胞(ろほう)ガン、未分化ガン、髄様(ずいよう)ガンに大別されます。また、悪性リンパ腫を発生することもあります。
 このうち乳頭ガン、濾胞ガンは30〜50歳代の女性に多く、男性の5〜7倍に達します。ガンの成長は遅く、早期で治療を受けた場合、10年生存率が90%を超えています。
 細胞がまだ成熟しきらないうちに発生する未分化ガンは日本での発生率は低いのですが、50歳代以上に多く、男女差もありません。特徴としてあげられるのは、急速に増大して、リンパ節や脳、肺、胃、肝臓への転移が多く、悪性度が高いことです。治癒率も10%以下となっています。
 髄様ガンは、遺伝子異常が主な原因のため、特定の家族に高率的に発生すると考えられています。
 甲状腺ガンの中の髄様ガンも遺伝子の異常が原因ですが、その他のガンは、原因をこれといって特定できません。しかし、一九八六年のチェルノブイリでの原子力発電所の事故では、甲状腺ガンにかかる人が増えたことから、放射能などの環境汚染との関係も指摘されるようになっています。
 症状としては、喉仏(のどぼとけ)の少し下あたりにシコリができて気がつくケースが多いといえます。その他には、喉の圧迫感、声がれなどの症状も起こります。
 未分化ガンでは、呼吸困難、体重減少、ものが飲み込みにくいなどの症状もあります。
 治療は、乳頭ガン、濾胞ガンは手術が基本で、甲状腺の一部や全部を切除します。未分化ガンや悪性リンパ腫は、手術と放射線治療、または抗ガン剤療法などを併用します。
 5年生存率でいうと、乳頭ガンで95%以上、濾胞ガンと髄様ガンで50〜80%です。しかし、未分化ガンの場合では、ほとんどが一年以内の死亡という報告があります。

 甲状腺を全摘した場合や、一部切除でも再発予防に甲状腺ホルモンを服用します。さらに、姫マツタケ加工食品を1日に50粒前後飲めば、術後の回復が促進され、再発の予防にも大きな効果が期待されます。

■前立腺ガンの特徴と診断
 前立腺ガンは、60歳以上の高齢男性に頻発するガンで、日本人男性の平均寿命の高齢化にともなって増加しています。
 症状の出ない潜在ガンは、50歳代で約40%、70歳以上で約50%の男性にあるといわれます。進行が遅く、発病まで時間を要します。
 前立腺ガンは膀胱や精嚢、骨や肺に転移しやすく、早期発見が難しいとされていましたが、最近ではPSA(前立腺特異抗原)という腫瘍マーカーによる診断、CTやMRIによる画像診断で、早期発見が可能になりました。
 発症の原因としては、大半が中高年期の男性であることから、機能の老化との関係は否定できないところです。
 前立腺ガンにはこれといった特有の症状はなく、頻尿、排尿困難、残尿感、尿失禁などの排尿障害が大きな特徴です。ちなみにこれらの症状は前立腺肥大のときとまったく同じですが、前立腺肥大と前立腺ガンはまったく別の病気です。
 他には、血尿、むくみ、足の痛みなどが出ることもあります。排尿障害があらわれる場合には進行していることが多く、あまり症状がないまま骨に転移していることもあります。

前立腺ガンの治療法

〈根治を目的とする手術療法〉
病期A2〜Cで、ガンが前立腺内に限られていれば、前立腺だけを摘出するか、前立腺と精嚢を摘出してから膀胱と尿道をつなぐ前立腺全摘術を行ないます。
 A2〜B1の病期は、勃起障害を防ぐために両側または片側の神経血管束を保存する神経保存前立腺全摘術を行ないます。
 ガンが膀胱にまで浸潤していれば、前立腺や精巣をすべて摘出する膀胱前立腺全摘術を行ないます。直腸壁までガンが浸潤していたら、骨盤内臓器全摘術が行なわれます。

〈根治を目的としない手術療法〉
根治手術ができないほどガンが進行しているか、尿路狭窄が強い場合、膀胱に穴を開けて体外に尿を誘導する尿路変更手術か、尿道を塞ぐ腫瘍を切除する経尿道的切除術が行なわれます。

 姫マツタケ加工食品を1日に50粒前後を十二分に食事の直前と食間にバランスよく摂取することで、転移防止、ガン細胞の縮小促進の効果が期待できます。
 また、術後の早期回復や痛みの鎮静にも姫マツタケ加工食品は高い効果をもたらすことがわかっています。ホルモン剤との併用で、より高い効果が期待できるという報告もあります。動物性脂肪などを控えることも治療と再発防止にもきわめて重要です。

■膀胱ガンの症状と治療法
 上皮組織でおおわれている膀胱(ぼうこう)の内部に発生するのが膀胱ガンです。膀胱ガンの95%は粘膜にできて多発します。とくに、50〜60歳代の男性に多くみられます。
 膀胱ガンの70%が表在ガン(ガンが膀胱膜内にとどまり転移はほとんどしない)と浸潤ガンに分けられます。表在ガンは再発を繰り返すのが特徴です。
 膀胱ガンの発生する原因は、ベンゼンなどの化学製品工場の労働者に多いという報告はありますが、まだはっきりとは分かっていません。
 膀胱ガンの70%以上に、突然、自覚症状のない血尿があります。血尿は1〜2週間で透明になり、これが数ヶ月間隔で繰り返されます。
 ガンと同時に膀胱炎を併発することもあります。このために尿道口の内側がふさがれれば排尿異常が起こり、頻尿や排尿痛、脇腹痛や腰痛などもあらわれることがあります。
 一般的な治療では、表在ガンは、再発の場合も含めて、尿道から内視鏡を入れてガン組織を切除します。浸潤ガンはガンの部分だけを切除しても再発することが多く、通常は開腹して膀胱摘出手術を行ないます。
 最近では、膀胱ガンに栄養を送っている動脈に合成樹脂製のカテーテル(細い管)を入れ、高濃度で大量の抗ガン剤を注入してガン細胞を攻撃する方法があります。この方法だと膀胱を失わずにすみます。約80%のガンが縮小し、50%はガンが完全に消失します。
 他の膀胱機能温存療法では、放射線療法が効果があります。

 抗ガン剤と姫マツタケ加工食品を併用することで、進行度の低いものに十分な手術のできた場合の予後はきわめて良好ですが、その他の例ではさらに総合的な措置をとる必要があります。
 膀胱ガンは再発しやすいので、防止のために術後2〜3ケ月は1日50粒前後、その後は1日30粒前後の姫マツタケ加工食品を飲むことをお勧めします。とくに膀胱ガンは長期の闘病になることが多いため、免疫力の向上を図りながら闘病に備えるのが賢明な方法だといえます。

■早期大腸ガンの治療
 近年、日本の大腸ガン患者数は、食生活の欧米化にともない増加傾向にあります。脂肪とタンパク質の摂取量を減らし、食物繊維を多く摂って腸の活動を活発にすることが、大腸ガンの予防に役立ちます。
 大腸は盲腸、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸、直腸からなっています。大腸ガンの発生比率は、結腸が約60%、直腸が約40%となっています。以前は直腸ガンの比率がもっと高かったのですが、検査技術の進歩と普及により、結腸ガンの発見が容易になったためです。
 しかし、痔だと思っていたり、肛門の診察はなんとなくイヤだと先延ばしにしたりして、早期発見の機を逸することも多いようです。
 さて、大腸壁は内側から、粘膜、粘膜下層、固有筋層、漿膜の四つの層から成り立っています。大腸ガンは粘膜から発生し徐々に深部へと浸潤していきます。ガンが粘膜下層までにとどまっているものが早期ガンです。それ以上に浸潤が進んでいるものを進行ガンと呼びます。
 早期ガンの場合そのほとんどは、内視鏡による切除で根治できます。ガンがあるかどうか肛門から内視鏡を入れて調べ、病巣が発見されたらその場で切除してしまう、ポリペクトミーという療法が多く行われています。
 早期ガンの手術後の五年生存率は、ほぼ100%近くになります。

■大腸ガンの治療法
 早期大腸ガンで最も多いのはポリープ状になっているものです。進行性大腸ガンは1型から5型までに分類されます。
 大腸粘膜下層上部3分の1以内のガンは、リンパ節への転移がないことが多いため、身体的負担の少ない内視鏡的腫瘍切除術でガン組織を取り除きます。
 内視鏡的腫瘍切除術ができない粘膜下層を越えているガンの場合は、開腹してガン組織と腸壁を合わせて切除します。
 なお、腸の内腔を塞ぐくらい大きな結腸ガンは腸閉塞を起こす恐れがあるので、すみやかに手術を行ないます。肝臓に転移している場合、原発巣と転移巣を同時に切除するか、段階的に切除します。
 放射線治療は、局所の再発防止に温熱療法と併用されることもありますが、適応範囲は限られています。
 抗ガン剤治療も他の固形ガンと同様、あまり期待できませんが、試しに使うのはよいでしょう。これらの療法は、いずれも強い副作用があります。
 また、大腸から肝臓に転移しやすいので、必ず肝臓の検査を行ないます。もしも、肝転移していたら、初期ならエタノール直接注入法あるいはTAE療法を勧めます。それらの方法で肝臓転移ガンへの有効例は少なくありません。
直腸ガンの治療法
 直腸は肛門より約10センチ上にあります。その上のS字結腸のガンも、一般に直腸ガンと呼びます。直腸ガンは大腸ガン全体の約60〜70%を占め、すべてのガンからみると約五%を占めています。最近、増加する傾向にあるのは、食生活の欧米化に原因があるとされています。
 なお、直腸ガンの90%が手術できる率の高いガンです。発症しやすい年齢は、50歳代、40歳代、60歳代と続きます。
 直腸ガンの初期は無症状の場合もありますが、もっとも多いのは肛門からの出血や粘液便です。早期のもので約90%に下血が見られます。つづいて、便秘と下痢を交互に起こします。
 直腸ガンがある程度進行した場合は、肛門も含めて直腸を切除し、人工肛門をつくるのが一般的です。
 直腸の上部にあるガンや、下部でも進行していないガンは、病巣部だけを切除して腸をつなぎ、人工肛門までにはいたらないこともあります。

 姫マツタケ加工食品を1日に50粒前後飲むことで、抗腫瘍作用とともに抗ガン剤の副作用を軽減し、術後の回復を早め、再発防止にも大きな効果があります。
 また、健常者の方でも、姫マツタケ加工食品を1日10粒前後飲むと、便秘をしにくくなり、大腸ガン予防の効果も期待できます。

■脳腫瘍の種類と症状
 脳腫瘍には30以上の種類があり、年齢層を問わず発生します。また、種類によって、かかりやすい年齢や発生部位、症状が異なります。
 腫瘍には悪性(ガン)と良性がありますが、たとえ良性だからといって放って置くわけにはいかないのが、他のガンと違うところです。良性でも死に至る確率は高くなります。というのは、脳は頭蓋骨のなかに一定の容量で収まっていますが、腫瘍が増大し容積を増すと、頭蓋内の圧力が高くなり脳を圧迫し、やがては重大な障害をもたらします。したがって、良性腫瘍でも悪性と同様に摘出する必要があります。
■脳腫瘍の治療法
 治療の基本は手術で患部を摘出することです。それと、放射線療法、化学療法、免疫学的療法などを組み合わせた集学的治療が行なわれます。
 悪性腫瘍は、残念ながらきれいに摘出することが難しく、術後には放射線療法、化学療法を併用します。将来的には遺伝子治療の可能性も視野に入れられています。

〈導入治療〉
神経膠腫は脳実質の中で増殖してくるので、これを全部切除することは不可能です。また、脳の機能上、ほかの臓器のように正常な部分も含めた大きい摘出をすることもできません。そこで、できるだけ多くのガン細胞を切除することと頭蓋内圧を減じることが、手術の主な目的となります。
 術後は、放射線治療と化学療法の併用によって効果を高めることができ、進行の遅い分化型の場合では半数以上の患者が回復しています。

〈維持療法〉
一定の計画のもとに化学療法を繰り返して、導入治療の効果を維持していくことと、多剤併用や動脈内投与法などの工夫がなされています。

〈根治を期待する治療〉
 免疫療法が主となります。最近では、インターフェロンにTNFやインターロイキンなどが加わります。
予後は腫瘍の種類によって違いますが、導入治療の成果いかんが大きな因子となります。つまり、手術でどのぐらい切除できるかによって変わってきます。たとえば分化型神経膠(こう)腫の場合、手術時に100%切除できたものの5年生存率は80%ですが、50%切除例の五年生存率は40%台となります。

 姫マツタケ加工食品を1日に50粒前後飲むことで、治療効果が飛躍的に上がったという報告は、これまでに数多く寄せられています。姫マツタケ加工食品を飲み続けることで、免疫力や自然治癒力が上昇して、治療の成果が大きくなったものと思われます。

■悪性リンパ腫の診断と治療
 白血病と同じく「血液のガン」といわれます。悪性リンパ腫は、白血病より発生頻度が高く、とくに50〜60歳代の中高年に多く発生していることがわかっています。
 リンパ球に発生する悪性リンパ腫は、ホジキン病と非ホジキンリンパ腫に大別され、日本では非ホジキンリンパ腫が90%以上を占めます。
 また、悪性リンパ腫は、体のどの部分からでも発生します。リンパ球は体の各所にあるものであり、体内に侵入してきた病原体や異物を排除する免疫機能だからです。
 悪性リンパ腫の起こる原因としては、まだ不明なところが多いとされています。しかし、なかにはウイルスが原因と確定されつつあるものもあります。
 症状は、ホジキン病の場合、首、脇の下、下肢の付け根、胸の中央部(縦隔)などのリンパ節が腫れますが、痛みはありません。腫れ方や大きさはいろいろです。
 非ホジキンリンパ腫も同じようなところが腫れますが、腹部のリンパ腫の腫れは自覚症状はほとんどありません。進行するにつれて、腹部膨満感や倦怠感、体重減少など全身症状があらわれます。
 治療の中心は、放射線療法と抗ガン剤です。
 なお、ホジキン病と非ホジキンリンパ腫は治療法が違い、治療への反応も違ってきます。
 両者ともに、発生した部位が限られている時の治療は、放射線療法単独で高い治癒率が得られています。
 部位が広がっている場合には、放射線療法と化学療法の併用が用いられます。

 姫マツタケ加工食品を1日に50粒前後飲むことで、抗ガン作用を促進するだけでなく、放射線療法と抗ガン剤での副作用を軽減する効果があります。
 またこれまでに、姫マツタケ加工食品を飲みつづけたことにより、治療成績の向上と治癒の促進をもたらしたという報告が多数あります。

胃がん 病態

胃がん病態

年間約50,000人が死亡する胃の悪性腫瘍です。胃がんは50〜60歳代に多い病気で胃がんの発生は他臓器の癌と同じく、いまだ解明されていない部分が多いのが現状です。現在遺伝子レベルでの治療法が研究されていますが、臨床的に応用されるまでにはまだ時間がかかりそうです。
【胃がんの疫学】日本は世界1位の胃がん多発国ですが、定期検診の普及、治療法の進歩にて死亡率は減少してきています。(がんの臓器別年次死亡率 参照)胃がんは早期に発見し、早期に治療を受ければ、5年生存率も非常に高くなります。しかし自覚症状が出てから、がんが見つかった場合は5年生存率は50%以下になってしまいます。
分類 胃がんの進達度
進行胃がんの肉眼分類         

進行胃がんの分類  

症状 早期胃がんは症状を呈することが少なく、検診にて偶然見つかることが多いです。
進行胃がんは食欲不振・体重減少・全身衰弱が主な症状です。
急に体重が減ったりして、徐々に全身状態が悪くなってきます。

検査 内視鏡検査を施行し、病理組織検査(疑わしい部分の組織を取って顕微鏡で診断します)で確定診断をつけます。胃がん(グループ・)であることが確認されたら、その深達度(どのくらいの深さまで浸潤しているか)を調べます。病理組織検査で、胃の壁への浸潤が浅ければ早期ガン・深ければ進行ガンと分類します。
深達度の判断には超音波内視鏡も使用されます。
転移の有無を調べるために全身の検査(CT,超音波)を施行します。
治療 内視鏡手術(内視鏡下粘膜切除術):早期の癌のうち、さらに粘膜の表面に、がんが留まっており、リンパ節転移が無いと考えられる場合は内視鏡にて切除することが可能です。内視鏡で治療できるサイズについては施設によって多少基準に幅があるようですが、隆起型で直径2cm・陥凹型で直径1cmが目安です。手術に比べればずいぶん安全な治療法ですが、出血や穿孔(胃の壁に穴があく)などの危険はあります。
外科的手術:
1)腹腔鏡下手術:内視鏡で取れない小さな胃がんは、腹腔鏡下手術でとることができます。胃がん病態腹部に約1cm程の穴を2、3箇所開け、そこから腹腔鏡や鉗子類を挿入し胃がん部分を切除します。胃がん病態
一般の開腹手術よりおなかを大きく開けなくて済みますから患者の負担は少なく、回復も早い治療法です。

胃がん病態
2)開腹手術:胃がんの治療法で最も効果が高く、基本となるものです。がん周囲の拡がりや型から手術の方法が決定されます。

化学療法: いわゆる「抗がん剤」です。進行がんや再発がん、転移の激しいがん、手術不可能な場合に適応されます。抗がん剤はがん細胞の増殖を抑え、がん細胞を死滅させるように働きますが、正常な細胞にも影響し強い副作用があります。

放射線療法: がんの病巣部に高エネルギーの放射線を照射し、細胞分裂をコントロールしている染色体を破壊してがん細胞を死滅させる方法です。放射線療法単独では行なわれるケースはなく、胃がん病態手術前に病巣を縮小させる目的や、術後に転移を防止する為に行なわれたりします。しかし、胃がんは放射線の効果が低いのが現状です。

免疫療法: 身体の免疫力を高めることでがん細胞を消失させようという方法です。人間の身体には外からの侵入物に対し排除したり、無害な物質に変えたりする働きがあります。これを「免疫」といいます。人間の体内で、免疫の機能を担っているのは血液の中にあるリンパ球です。リンパ球は異物を破壊する力のあるキラーT細胞と免疫力を高めるヘルパーT細胞があります。また直接がん細胞と闘う働きをもつマクロファージ、胃がん病態ナチュラルキラー細胞などもあります。このような免疫細胞を活性化してがん細胞を死滅させようというのが免疫療法です。免疫賦活剤という薬剤が使用されますが、胃がん病態副作用が少ないかわりに、胃がん病態効果の現れるまで時間を要する為、化学療法との併用や、手術療法の補助手段として用いられます。

胃がん病態

胃がん 病態

胃がん 実態

胃がん 実態は、発見されたときには、すでに進行している場合が多いのが胃がん 実態のようです。手術を行った場合でも、多くの場合、その後、胃がん 実態として再発や転移が生じますが放射線療法と化学療法によって、ある程度の延命が可能になることが胃がん 実態にあります。温熱療法や健康食品などの代替療法を試している患者さんも多くいることも胃がん 実態です。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。